TOP > なりきり > 森の魔法店6【非募集】

森の魔法店6【非募集】

最終更新 2018/02/19 20:43:19
レス数 536
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス536中:1-20

1:オズ 2017/07/30 16:59:21 作成

6スレ目突入ありがとうございます!感謝してもし足りません。阿室様お待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

518:沼地 竜生 2018-02-15 22:34:17

(真っ赤な頬を困ったように歪め、はらはらと涙を零れさせつつ入れられないものへの期待を表すように指にしゃぶりつき逃がさないとばかりに握り締めて。恥ずかしくてグズグズ子どものように泣きながら、甘く柔らかな声を掠れさせ酷く卑猥な言葉を溢す様をじっくり眺めて…台詞に煽られたのか先を食む孔が悦び蠢いて、恥ずかしがり一度は拒むその姿がよっぽどいやらしさを増しているのに気付かない彼に酷薄な笑みで舌舐めずりを見せつけて。抜けそうだった剛直をズルンッ!!と躊躇いなく突き戻し、肌を打ち付け腰を重ねれば指を取り上げだらしなく開いた唇に強く食らい付いて)
っン、ぐ…っ、ぁ、ハ…ッッ…ンゥッ、
(口付けの端から荒々しい息が漏れ、言葉にならないもどかしさをぎらつく目の熱さに込めて夢中で舌を絡み付けて。最奥まで埋め込んだ怒張をドクドクと脈打たせ、身を重ねていたくて激しく突き上げない代わりに腰を回してグジュグジュと襞を掻き混ぜ孔を揺さぶって)

519:オズ 2018-02-16 21:52:01

ぁ、ヒ…!?ゃぁ、ぁん…っ!はぅ、ぁぁん…!
(怪しく光る表情が見えれば怖がるように肩をすくめてしまうも期待いっぱいに胸をときめかせてしまい、先端を含んでいた穴をズンっと激しく突かれると目を見開きビクンっと背を反らして大きく喘げば開いた口に開いての舌が入り込み)
んぁっ、ぁうっ、んっんん…っ、んは、…ぁっ、ぁんっ、やぁ、ん…っ!ぐりぐり、きもちぃ…っ、っ、
(深く突き立て腰を回すように奥を相手の勃起で弄られ腰をくねらせビクビク感じ涙を零しながらもどこか嬉しそうに頬を染め穴でヒクヒクと性器を食んで…快楽まみれの思考でも先程の台詞をおさらいするように卑猥を口に)
ぁ、ぁんっ、あん…、えっち、だい…しゅ、き…っ、

520:沼地 竜生 2018-02-17 12:39:31

(濡れた音を立てて捏ねられる孔に応えて身を跳ね上げ、口付けの合間に苦しそうに嬉しそうに悶えつつ身を捩り襞をうねらせて。息苦しそうに離れる唇を追い掛けて無茶苦茶に口付け、舌を引きずり出し付け根から先から啜り上げ擦り倒して、甘噛みを繰り返しては唾液を交わして目を細める彼に視線を注いで…腰を擦り付け怒張で狭い窄まりを捏ね回す動きは、少しずつ前後に揺れ中を打つように押し上げて。腕の中で身を固くし無意識に震える広い背中を両腕で抱き竦め、唇を少しだけ離せば額を擦り付けて息も絶え絶えの泣き顔を視線を絡めて)
っー…ッハァ…ぁ、はぁ…っっ、おず…おれも、俺が好きって…ン、ん゛っ…言って…?
(先程までの意地悪な笑みはなりを潜め、甘えるように唇を尖らせつつ突き上げる屹立の強さは更に重く激しく…低い声で誘うように囁きながら、逃がさないとばかりに腕の力を強めて細い体をたっぷり揺さぶって)

521:オズ 2018-02-17 12:55:48

んぁ、ぁん、っ、ふ、ぁっ…っ!んん…っ、
(縋りつくように両手を伸ばし快楽に溺れ虚れた瞳が相手の声掛けに瞬きをしてようやく姿を捉え見つめ合い深く口付けを交わせば溢れた涎をコクンと飲みこみ…奥を捏ねていた勃起がグチュグチュと音をたて前後に動き始め己も負け時と合わせるように腰を揺らし、細い己の体が広く逞しい愛しい人に包まれればほっと安心したように身体の力を抜いて甘く喘ぎ首筋にすりすりと擦り寄って)
ぁ、あんっ、んっ…、ふ、ふふ、…、たつお、…んっ、だいすき、…っ、すきです、だれよりも…はぅ、…すきぃ…、
(背中に手を回しきゅっと抱き着き顔を寄せ近い距離で視線を合わせ、蕩けるような笑みで喘ぎを挟みながら好き好きと繰り返して思い切り甘えきゅんきゅんと穴を締め付けて)

522:沼地 竜生 2018-02-17 14:41:28

ァッ、クゥ…ッッ…ハッ、ぁ…もっと、もっと言って…、
(痛がられそうなほど強い抱擁に安心しきってゆるりと力を抜き、しかし襞の締め付けは高まるばかりで自ら腰を跳ね上げ大胆にこちらの股間へと擦り付けてきて。悦びに蕩けた表情で喘ぎ混じりに連呼され、きゅんっと胸が高鳴り苦しそうな笑みを見せつつ物欲しげに訴えて。力の入らない足をあられもなく開いて大きなものを飲み込む孔の縁に指を這わせ、互いの精液でドロドロ絡み付き糸を引く感触を少し味わってから両手で腰をわし掴んで…踵がシーツから浮く程腰を持ち上げて抱き、上からのし掛かり腰を強く引けば下へと貫くようにパンッパンッと腰を打ち付け怒張を激しく突き込んで)
ァハ、ぁっ…ア゛ッ、すき、好きっ!!いっぱい、ぁ…いーっぱい、んぐ…っあぃ、してる…っっ!!

523:オズ 2018-02-17 16:18:26

ひゃ…!?ぁひ、…、はげ、ひ…っ、ぁんっ、んっ、ぁ…っ、
(勃起の形に広がった孔を撫でられればひく…っと反応しつつ腰を掴まれ体勢を整えると上から叩きつけるように挿入され胸を反らし少し戸惑い、すぐに快楽に夢中になればぎゅっと抱き着き嬉しいとでも言うみたいに顔中に口付けを落とし)
ん、んっ…、んは、ぁう、…っ、しゅき、…っ、すき…っ、いっぱい、すき…、ぁんっ、あいして、まふ…、ぅ…っ、ずっと、こうしてたい…っ、
(激しい動きに舌を噛みそうになりながらも何とか伝え己の言葉を求める声に胸が締め付けられ、何度も言葉を口にして涙で濡れる視界の中何とか彼を捉え甘く告白を口に乗せ…荒い息の途中に喘ぎを混ぜれば身体が強張っていきそろそろ限界)
あんっ、んっ、ヒ、ぁ…っ、ゃ…っ、もう、らめれす、っ…たつお、あん…っ!きもちくて、…っ、ひぁん……、っ、また、いっひゃぅ……ぅっ、

524:沼地 竜生 2018-02-17 18:29:51

(軋むベッドの音に混ざる肌を打ち付けあう乾いた音と、荒々しい二人の息遣いと掠れつつ高く上がる嬌声、卑猥な水音…抱き合う二人の周りで響いてはまた興奮が高まり、彼の口から溢れる好きに絡み付き鼓膜から甘く痺れて。顔中に触れる口付けに目を細め、お返しに顎先から頬へと舌を這わせて。中を無遠慮に抉る怒張と襞の隙間から泡立つ白濁が溢れ出し、しかしそれも掻き出し尽くしたのか孔の縁を彩る程度で後は打ち付けあう肌の周りで飛び散るばかり。不安定な腰を預けて更に腕を絡め、ガクガクと下肢を揺さぶる彼の悲鳴に限界の近さを感じて…熱い溜め息を乱暴に吐いて小さく舌打ち、腰を少し引いて彼の良いところを狙って擦りつつ、陶然のした表情で目を細め舌舐めずり)
っおず、おず…っっぃって、だいじょ、ぶ…っだから…イって、イけ…っ!!

525:オズ 2018-02-17 20:48:37

(頬を舌がれろりと舐め辿っていきぞくぞく鳥肌を立たせ煽られて生理的な涙がほろっと頬を零れると背中に爪を立てるくらい過ぎる快楽に夢中になって、もうダメだと首を振り大きく身体が痙攣して…)
ぁっ、あ、あぁん、んっ、ふぁ、ぁ…!
(ビクッビクッ!と大きく身体を波打たせ性器の先端から薄くも少量の精液を吐き出すもほぼ空イキになってしまい何度も達する快楽を味わい後ろで相手の性器を強弱付けて締め付けて…力の抜けた腕はゆるゆると相手の体から離れていき、ぱたっとシーツに落ち虚ろに視線を飛ばして小さく喘ぎを繰り返し)
ぁ、ぁ、う…、は、ぅ…、たつお、たつ、お……、

526:沼地 竜生 2018-02-17 22:31:12

(背中にピリッと痛みが走った気がするものの気にする余裕もなく中がうねり、浅ましく脈打つ肉棒が興奮に膨れ先端をビクビクと震わせるのが分かり思わず最奥まで突き上げ自重で中を滅茶苦茶に捏ね回して…甘ったるい嬌声を上げて喉を晒し絶頂を極めた彼の、苦しさの混じる恍惚の泣き顔が嗜虐心と征服欲を大いに満たして熱く見つめて。興奮に上がる息遣いをそのまま、心地良すぎる結合部の締め付けに切羽詰まったように表情を歪めてブルルッと大きすぎる快感の波を下肢に溜め込んで…彼の屹立が弱々しく蜜を吐いて後は何度も反り返る切っ先を振り乱す中、窄の奥で先端を膨らませビュクッと少ない飛沫を浴びせて。量が出ない分中々鎮まらない怒張に眉をひそめつつ二度、三度と突き込み、甘苦しい息を繰り返しつつ彼の上に覆い被さり耳元に囁いて)
っ…ハァ…ぁ、ふぁ…っっ…おず…おきてる?こわしちゃった…?

527:オズ 2018-02-17 23:15:28

ぁ、あぅ…はぁ、はふっ……、ん、…らい、じょぅぶ…れす……、
(ぼんやりとした虚ろな瞳でも何とか相手を捉え舌足らずに呟けば力の入らない手を伸ばし手の甲で相手の頬を撫で、真っ赤な頬でふにゃふにゃの笑みを浮かべて)
ふふ、…ん、ぅ……、また、えっちしちゃいました、ね…。
(実は情事後の戯れのつもりだったのだが結局本気で盛り上がってしまったと照れてれして肩をすくませどこか嬉しそうに言い、少量でも中で弾けた相手の勃起を感じるとうっとりしながらお腹をなで)
は…ぁ、…おなか、いっぱい…、きもちい……、

528:沼地 竜生 2018-02-18 09:17:15

オズが誘うからでしょ…手加減して欲しかったの?
(蕩けた表情で息を乱す彼がゆっくり落ち着いていき、シーツに落ちた腕をそろりと持ち上げ掠めるように頬を撫でられて。手の甲に頬を押し付け頬擦りつつ、仕方なさそうに微笑む彼にツンと言い返し…出来るかどうかはさておき、手加減がいるなら言えと真っ赤な頬をムニッと摘まみ)
お腹…まだヒクヒクしてる。気持ち良いけど…流石に抜くね。
(気持ち良さそうな溜め息を吐く彼につられて下腹部を眺め、浅く上下する白濁まみれのお腹をじっくり見つめて。埋め込む肉棒が少し反応しそうになりつつ、顔を上げて見たカーテンの隙間からうっすらとだが日の光が…一晩中かぁ、なんてしみじみ呟き身を起こし、萎えたものをズルズルとゆっくり引き抜いて)

529:オズ 2018-02-18 10:14:29

いいえ、手加減なし、とっても気持ちよかったれす…
(頬を摘まみツンとした表情を見せる相手にふるふると首を振り機嫌を直してほしくて素直に良かったと伝え、摘む相手の手の上から己の手を重ね撫でて。ずる…と後ろの穴から彼が出て言えばその刺激に小さく喘ぎを漏らし気持ちよさそうに目をつむり、身をよじらせ)
ン……、
(はぁ、と甘く溜息を漏らせば沢山突き立てられ閉じない穴から注がれたものが溢れるのが分かり恥ずかしそうに視線を反らし)
ァ…、っ、…べっど、よごれちゃう…
(逸した視線の先に光が見え、もう朝だと分かり何時間致していたのだと恥ずかしくなって身体が小さくなり)

530:沼地 竜生 2018-02-18 12:32:34

(むにむにと頬の柔らかさを確かめていればそっと手が重なり、ふわりと微笑む彼に難しい顔が保てず…くしゃりと照れ混じりに微笑みかけて。抜けた感触すら敏感に感じ取る彼がフルッと震えてうっとり頬を緩め、すぐに恥ずかしそうに目を逸らしてポソポソ呟いて)
ベッド……は、今更じゃない?
(カパリと開いた孔から白濁が溢れるのが恥ずかしいのは分かるが、ベッドで愉しんだ情事の名残があちこちに残っているのであまり変わらない気もする…しどけなく足を開く彼に身を割り込ませ、ゆっくり閉じようとひくつく孔にそっと指を捩じ込んで。痛くないようなるべく静かに掻き出しつつ、欠伸混じりに声を紡ぎ彼の顔を窺って)
ふぁ~…っん、さすがに、ちょっと眠い…せっかくホテルだけど、掻き出したらソファー行こ…起きたら、お風呂入れたげる…、

531:オズ 2018-02-18 13:09:35

ねむい?私、自分で…っん、…する?
(掻き出すだけの優しい指の動きにでもひくんと敏感に肩を揺らしつつ欠伸をする彼の頭を撫でて心配そうに覗き込み、自分で掻き出そうかと問い)
うん…、寝て、それから、おふろ…はいりましょう…、
(うつったのか己も小さく欠伸をしてカクンと船を漕ぎながら頷きさすがに身体が限界なので、綺麗にするのは後からにしようと承諾し…首元にちゅっと何度か吸い付き思い切り甘えつつ情事後の幸せな雰囲気を味わって)
ん…ふふ、たつお、だいすき…。

532:沼地 竜生 2018-02-18 14:41:31

んー…いいよ。またしたくなっちゃうし…俺のやる気、満々のときにやろうね…起きた後とか。
(刺激しないようゆっくり動かしても感じるのかひくんと身を揺らし、トロリと表情を緩めて小首を傾げる姿に少しだけ思案…想像だけでも堪らないので今回は遠慮しつつ、ちゃっかり次はやらせたいことは推しておいて。首筋に擽ったく口付ける彼に小さく笑いつつ濡れた指を引き抜き、先にベッドを降りて枕やタオルを拾い集めて…意外と大きかったソファーに全部広げて即席で寝床を作り、最後に掛け布団と寝そべる彼を取りに戻れば髪を撫でてそっと覗いて)
ちょっと狭いだろうけど…くっつけば寝れそう。運ぶからオズ、俺に掴まれる…?

533:オズ 2018-02-18 15:23:09

…!そ、そういう意味で、言ったわけじゃ…んぅ、
(少しの間が空き想像するような表情を見せる彼に目を丸くしてぼっと赤面、よく考えれば己でかきだすのはすごく恥ずかしいと分かりそわそわしてしまい。てきぱきと寝床の準備をする様子をベッドに転がったまま眺め優しい行動に愛しげな視線を送り)
ん、狭いほうがくっつけるので嬉しいです…なんて。ふふ、はい。
(気だるい体をゆっくり動かして相手に手を伸ばし抱きつくとソファまで運んでもらい、一緒に寝転がれば二人ギリギリのソファが楽しくてくすぐったそうに笑みを)
ふふ、ぎゅってして寝られますね。

534:沼地 竜生 2018-02-18 16:20:58

(意味にようやく思い至った彼の顔が一気に染まり、アワアワと口ごもる姿を横目に見つつさらっと無視…伸ばされた腕を受け入れて背中と足を抱き、数歩の距離すらイチャイチャとくっついて。ソファーに彼をそろりと下ろせばその上にバフッと倒れ込み、背もたれのある方に彼をグイグイ追いやりぴったり抱き合い布団を被って)
ふぁ、ぁ~…んふふ、そう言えばどっちでもくっついてるなぁ…オズ、あったかくてきもちぃーもん…、

535:オズ 2018-02-18 20:50:34

(上から相手が覆いかぶさりソファの背もたれに挟まれ身動きが取れなくて楽しそうに笑い声を上げて、ぴったりくっつき合えば心地よく胸元に擦り寄り己の髪が相手の首元をくすぐって)
ふふ、竜生と居るとドキドキして…体がぽかぽかするからでしょうか。
(なんて、染まる頬で甘ったるい台詞を平気で吐いて首を伸ばせば顎へ口付け。頬を撫でればそっと目を瞑り顔を向け)
おやすみなさい竜生…。おやすみのちゅー…。

536:沼地 竜生 2018-02-18 21:40:34

(パサパサと擦り寄る度に柔らかな髪が首筋を擽ってきて、手を差し込み前髪を後ろに撫で付けつつ現れた額に小さく口付け。首をいっぱい伸ばして優しい唇が触れれば、眠たげな彼の頬を撫で上げお返しに唇へとしっとり口付け…柔らかく吸って離れれば胸元に頭を寄せさせ、頭上で欠伸を噛み殺し目を閉じて)
ドキドキねぇ…んじゃオズも、俺とくっついてるとあったかいんだ…ぁ~、フフ…あったか…おやすみぃ~…、

537:オズ 2018-02-19 20:43:19

ドキドキして…心地良い…です…、おやすみ…なさ、……、
(最後の言葉が小さく聞こえないくらいの音でおやすみの挨拶を交わし暖かで幸せな胸の中気持ち良くストンと眠りに落ち…すうすう寝息をたてふわふわした雲の上のような夢心地、時折口元が緩みはにかみながら早朝に眠り。日がてっぺんに上る頃までぐっすり眠ってしまい、なかなか起きる事ができずに呻き声をあげ)
んん…ン…ぅぅ……、

レスを書き込む