TOP > なりきり > 好奇心旺盛が故に【非募集】

好奇心旺盛が故に【非募集】

最終更新 2017/10/23 16:26:25
レス数 600
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス600中:1-20

1:山姥切国広 2017/07/31 19:24:24 作成

ここは近侍である俺と、新入りの長谷部以外立ち入り禁止だ。

…長谷部、待ってるぞ

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

582:へし切長谷部 2017-10-16 16:24:52

…ならば戻ろう、いつまでも此処を占領している訳にもいかんしな…
(隣で静かにはしゃぐ声が無いことに少し物足りなさを覚えている自分にどうしてだろうかと首を傾げつつも、手慰みにゲームを弄っていたが相手が戻ってくれば操作を中断して顔を上げて。
休めと言われてはいるが手入れの終えた自分が何時までも居座るものでも無いだろうと立上がり、身体を起こした事で僅かに目眩を覚えつつも一度眼を閉じてやり過ごし、壁に掛けられた己の上着や武具を回収したりと部屋に戻る準備を整えつつ、相手をチラチラと見て言おうか少し迷ったそぶりを見せ心なしか不安げな様子で話し掛け)

…………次、の出陣が何時になるかとか…聞いていたりするか…?

583:山姥切国広 2017-10-17 07:33:41

明確に日取りは言っていなかったが十分に回復したらまた練度上げのために出陣してもらうとは言っていたな
…安心して部隊を送り出すにはあんたと鶴丸の報告書は大事なものになるからな、まずはそっちからだ

(長谷部の今回の戦での頑張りは主も理解していてだからこそ無理はして欲しくないとも言っていたため今は次の出陣よりも報告書だと意識を其方に向けようとしていて相手が部屋に戻る準備をしている間に布団を畳み押し入れへと戻して)

…主が褒めてたぞ、重症をおったものの勝利して帰ってきたからな

584:へし切長谷部 2017-10-17 10:18:57

…そうか、そうだな…まずはそちらに最善を尽くすのが先だな
(明確なものではないものの次の出陣を示されるとホッとしたように頬を緩めて気が急いていた自分に苦笑し、主に褒められていたと聞くと嬉しく思いはするが自分の中では中々に無様な有り様だったという認識をしているものだから少し複雑な心境で)

……帰ってこれたのはお前の功績だ
俺ひとりでは恐らく帰れなかった…

585:山姥切国広 2017-10-17 22:26:54

…だが俺がついた頃には敵は壊滅状態だっただろ…?
あぁ、…あと勝手に誉の褒美はげえむにしてもらったぞ、それでまずは他の刀達と親睦を深めなければな

(助けに行ったとはいえ敵を倒したのは間違いなく長谷部でそういえばと誉の褒美のことを思い出し勝手に主に頼んでおいたことを告げると段々と声が小さくなっていきながら)

……俺はあまり得意ではないから、最初のうちは俺と共に…その…やはりなんでもない…

586:へし切長谷部 2017-10-18 00:24:39

(たとえ最後の大太刀も己で倒していたとしても二振目を託して捨て置いてくれと自ら宣言したも同然の、もう既に次の自分がいるかもしれない場所にひとりでのこのこと帰れただろうかと、不思議そうにしている彼に向かいに来られて手を引かれたから安心して帰れたのだと告げれば怒られてしまうだろうかと思っている内に話題は移り、既に主にも手を回して理由も付けつつ先ほどから自分に強くゲームを推してくる割には最後の最後で言い淀んでいる彼に思わず苦笑を漏らすと、上着を羽織り武具も手で抱えながら少しの笑いが交じったからかう時のような少しわざとらしい声音で返して)

なんだ?
……あまり慣れない物を持たされて慣れない事に放り出されても俺はうまく出来るかどうか分からんのだが…お前は見ててくれないのか?薄情な奴だな

587:山姥切国広 2017-10-18 07:33:38

…!
あ、いや…そ、その時は俺も一緒にやろう…、…すまない、ありがとう

(恥ずかしげに布を引っ張りながらこくりと頷いて自分の言いたいことを察してくれた相手に素直に礼を言いながら準備ができた様子の相手を見ると部屋の襖を開けて先に通れと手で合図して)

あんたを部屋に送ってから鶴丸たちの様子も見てくる…

588:へし切長谷部 2017-10-18 10:25:41

礼をするべきは俺の方なのだが…まぁ、その言葉は受け取っておこう…
(ゲームの事やその他に関しても借りがあるのは自分の方だとは思いながらもなかなか口に出す機会も掴めなかったものだから相手から礼を言われてしまうと少し居たたまれなくて苦笑で誤魔化し開けて貰った襖を通り、彼が他の者達もこの後で見に行くときけば、話には無事だと聞いてはいるが担がれながら見た光景は皆気を失っているものだからやはり少し気に掛かっていたようで)

そうか……手入れ前に少し見掛けはしたがアイツ等も大事無かったか…?

589:山姥切国広 2017-10-19 08:22:34

心配ない、…先程覗いた時鶴丸以外はまだ眠っていたが、髭切もいたし…
他の奴らもそろそろ起きているかもしれないな、怪我の具合もやはり気になるところだ…

(手入れもしっかりされて問題なさそうだったため大丈夫だろうと頷きただ鶴丸以外直接話を聞いたわけでもないため少し様子を見に行くだけでもしておこうと考えていると長谷部の部屋へついてまた襖を開け相手を先に通し)

布団、敷かないといけないな

590:へし切長谷部 2017-10-19 10:51:43

……鶴丸が最初ならその騒がしさで嫌でも目が覚めるだろうな…
(鶴丸も重傷で常識はずれに騒ぐような者でも無いことを知ってはいるが、普段が普段なものだからその印象で肩を竦めつつ、部屋まで自分に付き添って布団にまで気を回そうとする相手に有難いとは思うがあっちこっち見て回ろうとして無理をしてないか少し心配でもあって)

布団くらいは敷けるぞ…?
…甲斐甲斐しいのも結構だが、あいつら全員起きている所に入っていくなら少しは何処かで休んでいけ
会話の収拾をつけるのに骨が折れるから

591:山姥切国広 2017-10-20 09:07:55

……そうだな…

(相手に言われた通り考えてみると収拾のつかないことになっていそうではあ、と深く溜息をついては一度部屋に戻ってからもしくは厨で茶を貰ってからにしようと決めれば相手を部屋までちゃんと送り届けたからもう大丈夫だろうと判断して)

じゃあ俺は様子を見てくる、…ちゃんと休んでおけよ

592:へし切長谷部 2017-10-20 15:05:15

はは、何かしようにも難しいというのは此処まで歩いてみて悟ったから心配するな
…他の者の邪魔になるつもりは無い
(お互いに休め休めと牽制し合っているのが可笑しくて小さく笑いを溢しつつ、実際に立ち上がって身体を動かしてみれば自分が思っていたよりも作業効率の悪そうな調子に口惜しく思いながらも軽口染みた口調で話し肩を竦め。
立ち去ろうとする相手をそのまま見送っていたが自分に背を向けて翻って揺らめく彼の布の端をおもむろに捕まえて)

593:山姥切国広 2017-10-21 10:16:10

…?
(強くはないが布を引かれる感覚に振り返って相手の手に掴まれた布を見てから不思議そうに相手を見詰め他に何か用事があったのかと)

なんだ?…なにかあったか?

594:へし切長谷部 2017-10-21 10:49:12

えっ、あっ…、すまん…なんでも、ない…
(声を掛けられてほんの一瞬きょとんと呆けた表情をするがすぐにハッとしたように布から手を離し、無意識に相手を引き留めた自分の手を意外そうに見た後に拳を握って手を下ろしては何か言うことも思い付かずにばつが悪そうに言葉も尻すぼみになって)

595:山姥切国広 2017-10-21 10:57:53

……そうか、また後であんたのところに邪魔をする

(相手の珍しい姿にやはり普段よりも弱っているからだろうかと想像しつつもなんとなく自分が必要とされている気がしてじわりと胸が暖かくなり鶴丸たちを見に行ったあとも今日は休めと主から言われており何もすることがないためまた戻ってこようと)

596:へし切長谷部 2017-10-21 15:58:46

…ほんとに、なんでもないぞ?
まぁ、来るなとも言わんが…もてなす物すらまともに無いからな?
(自分への用事は恐らくもう終わっただろうにまた来ると言ってきた相手に気を使わせてしまったなと思えば、微苦笑と共に同じ言葉を繰り返して念押しし遠慮を見せるが、来られるのを嫌がっている訳でも無いため、冗談めかして
何も無いと言った上で結局は相手の好きにさせようとして)

597:山姥切国広 2017-10-22 12:38:37

ふ、俺が茶でも持っていく…今日はあまりやることがなくてな
(薄く微笑むとすぐに隠すように布を引っ張りじゃあ後で、と言えば振り返ってすたすたと鶴丸たちの居る粟田口部屋へと歩き始めて道中何人かとすれ違い長谷部の怪我の具合を聞かれたりもして顕現してからあまり時間は経っていないが仲は悪いわけではないようだと安心していて粟田口部屋につくとそっと静かに襖を開け)

598:名無しの萌語り 2017-10-22 18:58:45

鶴丸:だうとっ!鶯は今度こそだうとだ!2回も一度に4枚出せるものか!
鶯丸:そうか、だが残念だったな…一巡前ならばバラバラだったのだが…
鶴丸:ぐうっ…何故だ、なんで俺がだうとした時に限っていつも正当なんだ…!

膝丸:5、だ…兄者、次を出しても構わんぞ
髭切:ん?ん~どうしようかなぁ……ありゃ?さっきぶりだね、どうかしたかい?

(先程までは眠っている者が多かった部屋も今では起き上がっている者の方が多く、くっ付けた布団の上で男士4振が円坐でトランプゲームに興じていて。
その中で髭切が山姥切に気がつけば声を掛け。

そこに参加していない出陣組の江雪左文字は既に布団も片付けられ姿はなく、明石国行はいまだに布団を頭まで被って寝入っているようで)

599:山姥切国広 2017-10-23 00:15:58

あんたら何……、はあ…いや、様子を見に来ただけだ
長谷部ももう問題ない、自室で休ませている…あんたらも程々にして自室で休めよ

(マイペースすぎる部隊の面々に溜息をつき頭を手で支えてこの場にいない江雪左文字は恐らく自室に戻り兄弟が面倒を見ているだろう明石はよくこの場で眠れるものだと呆れてすっかり元気そうな者達を見れば呆れてはいるものの安心したのがほとんどで腰を下ろして)

げえむをするくらいだ、怪我の具合はもういいんだろう?

600:鶴丸国永 2017-10-23 03:01:39

まぁな、だが手入れ後というのは物寂しさというか…なんかこう…他の奴らの気配が恋しい感じがしやしないかい?
だからと言って今回は派手にやってしまったからなぁ…光坊達相手だとまだ気にさせ過ぎてしまいそうで……夕餉に影響でもしたら本丸中に恨まれかねんからこいつらと景気づけさ

(長谷部の事を聞けばそうかそうかと各々度合いに差はあれどホッとした様子を見せ、髭切と鶴丸が互いに場所を開けてはパフパフ布団を叩いて間に山姥切を招き入れて。
具合については頷き肯定しつつも本調子程でもないのだと冗談めかして肩を竦めた所で髭切が「6!あがり!」とカードを出しすかさず「だうとっ!」と阻止にかかるが「残念でした」とカードを捲られると崩れ落ちて布団に伏せながら悔し気にうめき声を上げて)

601:山姥切国広 2017-10-23 16:26:25

…燭台切は何も言っていなかったがかなり心配しているようだったぞ、…随分とそわそわしていた

(確かに鶴丸の言っていることは理解できて厨に行った時に平気そうに夕餉の準備をする燭台切は長く本丸に居る自分にはすぐに鶴丸のことを心配していることを察することができて調子が良くなったら顔を見せてやれと伏せる鶴丸の背に話しかけてここに居る面々を見ているとゲームのことを思い出し)

…あぁ、そういえば…頼みがあるんだが

レスを書き込む