TOP > なりきり > 満月の夜だけ…【非募集】

満月の夜だけ…【非募集】

最終更新 2017/08/16 19:18:18
レス数 47
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス47中:1-20

1:シーナ 2017/08/05 00:17:53 作成

一応こっちにも載せときますね
ストーリー的なもの
悪魔、妖怪、獣人、人間…様々な者達が共に暮らす世界。そして満月の夜、貴方と白い髪の男は出会います。白い狼はるか昔に絶滅したと言われる中、貴方は路地裏で倒れている薄汚れたボロ布1枚纏っただけの男を見つけ何となく拾いました、そして次の日目が覚めると男がいたところには白い毛並みの狼がいました……

プロフィール
名前…シーナ
年齢…見た目20
容姿…狼)純白の毛並みにキリッとした赤色の瞳、成人男性の腰あたりまでの大きさで二本足で立つと肩に手を乗せられる位…人)白色の髪色で項が隠れる程度の長さで前髪はアシメで右目が隠れるほどの長さで左側は眉が隠れる程度、2重の瞳は真っ赤な色で染まってる、身長は182
その他…自分の意思関係なく満月の夜だけ人間になれるという普通の獣人とは違うタイプ、今まで山奥で密かに暮らしていたため常識が全くない、学習能力が高くすぐに相手の話す言語を理解できるし他の種族と違くて、獣になっても言葉を話せる

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

29:シーナ 2017-08-10 21:02:29

わかった…でも俺は床で寝るだけで充分だよ?
(ベッドを使っていいと言われたが住まわせてもらうのにそんな贅沢は出来ないと相手にベッドを勧め自分は床で寝れると言い)

30:レイル 2017-08-10 23:23:11

床っ?そんなとこで寝たら体痛めるよ。遠慮しなくて良いからベッド使ってよ。明日とかシーナの気に入るベッドとか揃えれば良いんだしさ。
(床でと聞けば固いだろうし、いくら何でもそこまではさせられないと、せめて今日はベッドで寝てほしいと負けじと言い)

31:シーナ 2017-08-11 17:51:19

それなら、ベッドで寝かせてもらうね…うん、レイルは優しいね
(相手をじっと見てこれは何回言っても同じことの繰り返しかなと思えば諦めて、ベッドを揃えてくれると言われれば何から何までお世話になりっぱなしだなと相手の頭を撫でながら優しいねと笑い)

32:レイル 2017-08-11 23:08:06

いや、そんな事ないよ。自己満足みたいなものだし。……これから一緒に暮らすわけだからさ、遠慮しないで思った事は言ってほしいんだ。
(こちらの言い分を聞いてくれた相手にふふっと軽く笑って、そう言う相手の優しさも感じると撫でられたのはどのくらいぶりだろうと感慨深げに目を閉じて。大人しく撫でられているも少し照れくさくなってしまい話題を変えて)
それじゃ、俺は片付けをするから少し待っててくれないか?俺の部屋を案内するから。

33:シーナ 2017-08-12 17:08:18

うん…レイルも言ってね、俺はこの世界の事全く知らないから
(思ったことは言って欲しいと言われたが自分の方こそ色々と思われる事があると思うと上記を言い話題が変わると撫でるのをやめて、部屋に行くなら手を掴みこれで安心と相手の方を見て)
わかった

34:レイル 2017-08-12 23:16:50

うん、分かった。
(この世界を知らないと聞けば、よほど森の深い所で生活していたのだろうなと感心して。簡単に片付けを済ませると掴まれた手を見ては軽く笑い、柔らかく握り返すと部屋に向かって歩き出し。部屋に着くと扉を開けて、部屋の中を見せるが、ベッド、クローゼット、テーブルといった必要最低限の物しかないシンプルな部屋で)
この家、そんなに広くないから大丈夫だよ。階段上がってすぐの扉が俺の部屋。シーナの部屋にする予定の書斎はその隣。……はい、ここが俺の部屋、ここで今日は寝てね。

35:シーナ 2017-08-13 03:39:43

結構物少ないんだね…わかった、でもレイルと一緒に寝たいっ
(部屋に入れば思ってたより家具が少なくシンプルな部屋にキョトンとしてしまうがこの初めての部屋に1人は心細いと相手を抱きしめればそのままベッドにダイブして)

36:レイル 2017-08-13 09:24:28

うん、まぁ…ね。独りだし…そんなに物には拘らないって言うか。
(物が少ないとの言葉に苦笑しながら答えては、抱き締められベッドにダイブされ驚くと可笑しくなって笑い出し。ポンポンと優しく背中を叩き、ずいぶん人懐っこい人だなと思いながら注意をして)
あははっ、うん…分かった。でも、小さなベッドだから落ちないようにね?俺もそんなに寝相悪くないと思うけど。

37:シーナ 2017-08-13 20:54:56

うん、じゃあレイルが落ちないように抱きしめたまま寝る…
(落ちないように注意されるとギュッと抱きしめてこれで落ちないと笑いつつもう少しこっちに来なよと抱き寄せて)

38:レイル 2017-08-13 22:48:26

ははっ、そう?………誰かに抱きしめられて寝るなんて、子供の時以来だ。
(抱き寄せられては笑いながらポツリと零すと、相手の体温や心音が心地よく眠気がやって来てしまい。相手に体をすり寄せたまま目を閉じて眠ってしまい)

39:シーナ 2017-08-13 23:14:05

えへへ…あ、おやすみ
(眠ってしまった相手に気づけばおやすみと言い自分も寝ようかなと目を閉じ自然と眠気がくればそのまま眠り、朝方満月の光が弱まるのと同時に狼の姿に戻っていき、ベッドが窮屈に感じれば目が覚め相手を落としてしまいそうなのに気づけば、狼らしくない寝方で仰向けになり相手を腹の上に乗せ前足で抱きしめて二度寝して)

40:レイル 2017-08-13 23:58:35

ん……。
(朝日が部屋に射し込むと眉を寄せ目を開けてみると、昨日一緒に寝たはずの相手の姿が見えず、ベッドについたはずの手は何やら柔らかな毛に触れて、驚いて下を見るとベッドではなく動物だと気付き起こさないようにそっと抜け出すと少し離れて様子をうかがい)
……犬?いや、狼……?でも、すごく綺麗。白い狼なんて見た事ない。

41:レイル 2017-08-13 23:58:35

ん……。
(朝日が部屋に射し込むと眉を寄せ目を開けてみると、昨日一緒に寝たはずの相手の姿が見えず、ベッドについたはずの手は何やら柔らかな毛に触れて、驚いて下を見るとベッドではなく動物だと気付き起こさないようにそっと抜け出すと少し離れて様子をうかがい)
……犬?いや、狼……?でも、すごく綺麗。白い狼なんて見た事ない。

42:レイル 2017-08-14 00:00:07

連投すみません

43:シーナ 2017-08-14 12:51:14

ん、ふぁ……あ、おはようレイル
(目が覚めれば大きく欠伸をして自分の上に乗せていた相手がいない事にもう起きたのかなと周りを見渡せば何故か離れた場所で見つけ、ベッドを軋ませながら降りておはようと言いながら離れてる理由がわからないがとりあえず近づいて)

44:レイル 2017-08-14 21:32:04

……えっ?シーナ?シーナなの?
(自分の名前を知り、一緒に寝ていた事を結びつけては問いかけるもどこか半信半疑で。ゆっくりと近付いてそっとその毛並みを撫でるとその気持ち良さに微笑んで)
でも、白い狼はもう居ないと思ってた。………俺もさ、実は吸血鬼の血が入ってるんだ。気を付けるけど、満月の日は吸血行動をしちゃうかもしれないんだ。

45:シーナ 2017-08-15 13:52:27

うん、俺だよ
(ニコッと口角を上げて笑い撫でられるともっと撫でてと無意識に頭を下げて尻尾を左右に大きく揺らして上目遣いで相手を見て)
そうなの? へへ、同じだね…俺も満月の日しか人の姿になれないんだ

46:レイル 2017-08-15 20:59:55

そうだったんだ。……可愛い…。
(喜んでいるのが見て分かると、その可愛らしさに思わず目を細めよしよしと頭を撫でてやり。狼の姿であってもこのように話してコミュニケーションが取れるのは助かったと思い)
でも、話が出来るのは嬉しいな。

47:シーナ 2017-08-15 22:04:26

てことは、ここら辺にいる獣人は獣になったら喋れないの?
(相手の言葉に他の獣たちは喋れないのかなと疑問に思い首を傾げ、昨日は自分のことで精一杯だったから他の獣人のことなんか全然気にしてなかったやと呟き)

48:レイル 2017-08-16 19:18:18

うん、少なくとも俺は見た事無いな。殆ど獣人のすがたのままだったから。
(首を捻っては思い出してみて、相手の問い掛けに答えながら頷いて。触り心地の良い毛並みを堪能すると手を離して微笑み、朝ごはんかなと思うもハッと気付き)
どうしよう、シーナ…朝ごはん。やっぱり肉とかが良いかな?

レスを書き込む