TOP > なりきり > 満月の夜。(非募集)

満月の夜。(非募集)

最終更新 2017/08/16 20:53:43
レス数 47
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス47中:1-20

1:シーナ 2017/08/05 01:34:38 作成

こちらにもストーリーとプロフィールを貼っておきますね

ストーリー的な事です
悪魔、妖怪、獣人、人間…様々な者達が共に暮らす世界。そして満月の夜、貴方と白い髪の男は出会います。白い狼はるか昔に絶滅したと言われる中、貴方は路地裏で倒れている薄汚れたボロ布1枚纏っただけの男を見つけ何となく拾いました、そして次の日目が覚めると男がいたところには白い毛並みの狼がいました……

プロフィール
名前…シーナ
年齢…見た目20
容姿…狼)純白の毛並みにキリッとした赤色の瞳、成人男性の腰あたりまでの大きさで二本足で立つと肩に手を乗せられる位…人)白色の髪色で項が隠れる程度の長さで前髪はアシメで右目が隠れるほどの長さで左側は眉が隠れる程度、2重の瞳は真っ赤な色で染まってる、身長は182
その他…自分の意思関係なく満月の夜だけ人間になれるという普通の獣人とは違うタイプ、今まで山奥で密かに暮らしていたため常識が全くない、学習能力が高くすぐに相手の話す言語を理解できるし他の種族と違くて、獣になっても言葉を話せる

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

29:シーナ 2017-08-12 20:31:31

わかりました…
(入ったら痛いのかと理解すればギュッと目を閉じて耳もペタンと垂れて入らないようして)

30:水月 2017-08-12 20:50:20

(ゆっくりと優しくシャワーを顔に掛けて泡を流し終えると、首もとを撫でながら流しと段々と体へおりていきながら声をかけて)
は〜、顔は終わったぞ目を開けても痛くないか?シャンプーを全部洗い流したつもりだけど…残ってない?

31:シーナ 2017-08-12 21:25:52

大丈夫です…
(目を開けても痛くなることはなく耳もピンと立ててもう泡は無いはずと体を思いっきり振り周りにお湯を飛ばして)

32:水月 2017-08-12 21:39:06

うわっ…っ!ちょ、おい、急にすんなよ、あ〜あベチョベチョ、俺ももう洗うか
(おもいっきり至近距離で水しぶきが身体中に打ち付けられ、濡れてしまった自分の体を見て洗うのに邪魔だなと、張り付いてる腰のタオルを取るとシャワーを浴びようとしはじめ)

33:シーナ 2017-08-13 03:36:49

あ、俺もなにか手伝いたいです
(腰のタオルをとった相手にあれはどんな意味があったのか分からないままで、自分も洗ってもらったからと手伝いたいと無防備になった腰に特に何も気にせず擦り寄り)

34:水月 2017-08-13 13:33:31

ひゃあっ!
(不意に腰を濡れた柔らかい毛で撫でられてカン高い声が出てしまい、風呂場に響いた自分の声も恥ずかしくて赤くなった顔で振り向き)
…な、何?

35:シーナ 2017-08-13 21:00:03

ギャウッ…
(かん高い声に驚き一瞬怯んだがまた頰擦りをして顔を上げてなんで赤くなってるんだろうと思い相手の肩に傷つけないよう爪ではなく肉球で乗り顔を近づけ頬を舐め)
その、俺も洗ってもらったのでなにか手伝えればと思いまして

36:水月 2017-08-13 23:31:57

ああ、ごめん驚かしちゃったな、ははくすぐったい、いいよ〜お前のその身体だとどうする事も出来ないだろ?それとも身体を舐めて綺麗にしてくれるのか?
(相手の鳴き声を聞いてビックリさせてしまったと頭を撫でながら謝り、舐められるくすぐったさに微笑み冗談で返し)

37:シーナ 2017-08-14 12:58:13

…そっか、そうすればいいのか。
(撫でられると尻尾を大きく左右に揺らし、確かにこの体では何も出来ないと落ち込んだが相手の冗談を真に受けいい考えですと笑い肩に手をかけるのを止めて、どうしても胸元はしゃがんでくれないと出来ないためやはり一番近い腰辺りを毛繕いする感覚で舐め)

38:水月 2017-08-14 13:21:10

ひゃ、ぁ、ちょ、や、っ!
(突然ペロペロと腰元を舐められて出た裏返った声が恥ずかしくて慌て、弱い腰の脇を舐められて腰が跳ねて崩れ落ちて、相手の首元に抱きすがるように座り込んでしまい)

39:シーナ 2017-08-14 20:21:08

グゥ…
(座り込む相手にどうしたんだろと思いつつこれなら胸元がやりやすくなったぞと、相手の気持ちもお構い無しに胸元を舐め)

40:水月 2017-08-14 21:43:15

あっ、や待っ、あぁ…、んや、ま、
(腰から舌が離れ深呼吸をしてなんとか落ち着こうとするも、その上下する胸に不意に舌がはいピクンと胸が跳ね、突然の事に内心混乱してされるままで感じた事の無い感触に声をもらし)

41:シーナ 2017-08-15 12:40:22

…よし、ピカピカですよ
(相手の声が聞こえる度耳はピョコピョコ動き、声が漏れるほど気持ち良いって事なのかなと嬉しそうに尻尾を揺らしては念入りに舐めて、人間は毛が無いためどのくらいやればいいかわからないが自分が届く範囲で上半身の前は終わりきっとピカピカだよと満足げに笑い)

次は下半身をやりたいので、立ってくれますか?
(やるからには全身をと言わんばかりに相手を見つめ上半身の次は下半身をとお願いして)

42:水月 2017-08-15 17:45:34

…はぁ、はぁ、も、もういいよ、勘弁して…、
(相手の舌が止まるとくたりと腕が回していた首から落ち、トロリとした顔を上げて少し熱のこもった荒くなった吐息混じりに言うと、早くこの熱くなった身体を落ち着かそうとなんとか風呂椅子に座ろうとし)

43:シーナ 2017-08-15 22:01:07

だ、ダメです…毛繕いは念入りにしないと
(相手の様子にドキッとしたがこの気持ちがわからず一瞬だけ相手と交尾したらと考えると慌てて首を振り相手は人間だし男だと内心自分に言い聞かせ、相手に毛はないが体を綺麗にするのは狼も人も変わらないだろうという考えで、すかさず相手が座ろうとすればお座りをして姿勢を低くし太ももを舐め段々と中心に向かっていき)

44:水月 2017-08-15 22:57:10

へ?あっ、ちょ、ぁまっ、や、ぁだっ、あもっ
(冷たいシャワーでも浴びれば身体の熱が落ち着くかと思っていた為、ダメと言って舐め始めた突然の事に対応出来ず、シャワーに伸ばしていた手を相手の頭にやり押さえようとするも、弱い内腿を舐める感触にピクピクと跳ねて感じてしまい手に力が入らず、このままではと恥ずかしくてもう片手で自身を押さえて隠し)

45:シーナ 2017-08-15 23:35:52

あ、そこは念入りに洗わないといけないところって教わってるんです…ウゥ〜
(段々この反応はもしかして嫌という事なのかなと不安になってくるがもうやり始めてしまってる事を途中で止める訳にはいかないため続けたが毛繕いのなかで大事な部分を隠されてしまうと耳を伏せ手を退かそうと自身を隠してる方の手首を甘噛みして)

46:水月 2017-08-16 00:29:08

い、いい、そこの毛繕いは…あっダ…、やぁ…
(自分で洗うからいいと言う前に隠していた手をどかされ、先程から散々敏感な場所を舐め尽くされて反応し半勃ちしている自身が露になってしまい、恥ずかしさに身体までうっすら赤くなり、耐えれずギュッと目を閉じて顔を反らし)

47:シーナ 2017-08-16 19:09:10

……気持ち良くないですか?
(手をどかせば恥ずかしげもなく舐め始めてしっかり裏も舐めれば心配気に相手を上目遣いで見つめ、ずっと不安だった事を恐る恐る聞いてみて)

48:水月 2017-08-16 20:53:43

やっ、あぁっ、ダっあっ、んっ、
(初めて他人に舐められる快感になすすべもなく感じて声をあげ、段々とその声も甘いものへとなっていき風呂場に響き、すっかり勃起してしまった自身から舌が離れると、ふやけた顔でトロリとしはじめた思考でも相手を安心させようと、不安そうにたずねる相手の頭をくたりと力ない手で撫でながらこたえ)
はぁ、はぁ、き、気持ちいい…、気持ちいいから困るの…

レスを書き込む