TOP > なりきり > 禁断の番 非募集

禁断の番 非募集

最終更新 2017/08/27 22:05:32
レス数 65
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス65中:1-20

1:798 2017/08/20 23:53:49 作成

αの俺には双子の弟がいる。Ωのせいで昔からいじめられていた、可愛い弟。家計が厳しかったせいでΩの弟ばかり両親から虐待されて、ひどく心を病んでいる、今でも。
もう親から離れているし弟だって他の人と普通に話せるようにはなった。Ωの人間がいじめられて虐待されることなんて別に不思議な事じゃない。でも俺達には他の人とは違うところがある。双子で、番だってこと。

αの兄(提供)×Ωの弟(募集)

αだけの家計という厳しい中生まれた双子。兄がα、弟がΩというその差だけで兄ばかりが優遇され弟は家でも学校でも酷い偏見を受けてきたせいで性格が歪んでしまう。Ωだとしても自分の弟だ、といくら優遇されても弟に冷たく接さず寧ろ可愛がっていた兄。いつも離れなかったせいで発情期が来た弟にあてられ高校に入ってすぐそのまま番となってしまう。
呆れられたせいで親から二人とも捨てられ、仕送りはあるがそれからというもの片時も離れずに過ごす。
ただし歪んでしまった2人。兄は弟が自分以外と話しているのを許せない束縛DV男。弟は兄が見ていないところで自傷を繰り返しとにかく兄がいないと生きていけないヤンデレ。

799様、おまちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

47:立花 優司 2017-08-24 10:08:50

…ふ、…名前、呼んで
(兄さん、と呼ばれるのは普段通りだが、行為中ばかりは名前を呼んで欲しいのか下腹部を撫でて蕩けている為大丈夫そうだと思えばゆっくりとだが腰を揺らして此方も興奮が止まらず首筋に顔を近づいてガリ、と遠慮なく噛んで)

48:立花 優太 2017-08-24 11:58:06

あ…ッ、あ、ん、優司…っ!優司、ゆう、じ…っ、いっ…!
(相手の言われるとおりに名前を何度も呼び、ゆっくりとだが始まる律動に甘い声を上げてシーツをぎゅっと掴み。首筋に走る痛みに噛まれたのだと分かればズキズキと響き、上げていた甘い声もやみ。しかしどこか嬉しそうな表情で受け入れて)

49:立花 優司 2017-08-24 13:14:43

なに、…、ッ痛い、?
(こうやって向き合っている状態だと貪るように相手を抱くことができないなと思い、噛んだことで甘い声が止まると痛みのせいかと問いかけて。ぐりぐりと前立腺を抉るようにして先端で押し上げて、反応を見るためにその顔を覗き見て)

50:立花 優太 2017-08-24 19:39:29

いたい…っ、けどきもちぃ……んぁあッ!
(まだズキズキと痛む首筋に恍惚の表情を浮かべていて。前立腺に抉るように当てられるとあまりの快感に目がチカチカとして、口をぱくぱくと開いてだらしなく唾液を口の端から垂らし。)

51:立花 優司 2017-08-24 21:48:58

そ?…、っじゃあ、もっと噛んであげる、
(痛いけど気持ちいい、と言われれば笑顔を浮かべて、前立腺を一度抉っただけで唾液をこぼして喘ぐ姿に興奮して、もっと見たい、とぐりぐり前立腺ばかりをえぐり始めて。まるで番いになった時のように首筋を噛み、こちらも興奮が止まることはなく)

52:立花 優太 2017-08-24 22:12:41

~~ッ!も、だめ…っ、イきそ…ァ、あ…兄さ、好き、大好き…!
(一度抉られただけでも鋭い快感が襲うそこを重点的に責められれば喘ぐことしか出来ず、首筋に伝わる痛みも伴って全身が気持ち良く、達しそうだと首を横に振り。興奮してくれている相手に嬉しそうに涙を浮かべ何度も叫ぶように好きと言い)

53:立花 優司 2017-08-25 09:28:19

…いいよ、…、ッはあ、…イって、
(叫ぶようにして何度も好きと言われればさらに興奮して、首筋を噛むのをいい加減やめて相手と向き直れば中の収縮と伝えられたことに笑顔を浮かべて許可を出しそれでも遠慮なく締め付けられるのが気持ちいいと自分の快楽も貪るようにして前立腺を責め立てるのをやめず)

54:立花 優太 2017-08-25 12:18:37

あッ、も、…ッぁ、あ…_ッッ!ひ、ぅ、だめ、…ぇ…!
(許可を出されたすぐ後に身体を大きく震わせ中をきゅっと締め付け、ぴゅるっと自身から少量の白濁を吐き出してはそのままビクビクと震え続け。達してもまだ前立腺を責められる苦痛にイヤだと首を振ってしまいながら萎えつつある性器を突かれる度に震わせ)

55:立花 優司 2017-08-25 20:38:36

ふ、…、ッほんと、かわい
(びくびくと震えているのを見て可愛いとまた呟いて、収縮し嫌々とされても逃げられないように相手の腰を掴んで遠慮もなく前立腺を攻め立ててはそのまま奥に腰を打ち付けて白濁液を放ち)

56:立花 優太 2017-08-25 21:04:30

…~ッ!…ん、ぅ…兄さ…
(遠慮なく責められる苦痛にまたじわじわと快感が戻ってきて、相手が自分の中で達したのが分かると体を仰け反らし自身は萎えたまま軽く達して。中に広がっていく相手の熱に目をとろんとさせ幸せそうにしていて)

57:立花 優司 2017-08-25 21:45:49

……終わり。…家帰ったら、またね
(いつのまにか名前で呼ばれ亡くなったことに少し不満を感じながらとろりと蕩けている様子のそれに笑顔を浮かべればそのまま唇を軽く重ねてゆっくりと離れ自身を抜いて)

58:立花 優太 2017-08-25 22:00:08

…家…。
(嬉しそうにキスを受け、抜かれる感覚に小さく声を漏らしながら行為後の余韻に浸るようにぼーっとしていて。家、と聞けばそういえば相手は飲みに行くと言っていたな、とぼんやりと考えて。行為で疲労した自分の体を無理矢理起こし、脱いだ服をもぞもぞと着ていき)

59:立花 優司 2017-08-27 10:13:35

(そういえば飲みに行くと言いながら友人に返信していなかったなと思い、自分も身だしなみを整えてだるそうな相手を見て少し激しくしてしまっただろうかと相手に近づいて軽く唇を重ねて)
…大丈夫?腰、痛い?

60:立花 優太 2017-08-27 11:47:44

…ん…。大丈夫、もう出なきゃね
(相手が心配してくれることが嬉しく、大丈夫だと少し口元を緩ませながら言って。事後の冷静になった頭で先ほどの自分の痴態を恥ずかしく思いつつしっかりと服を着ればゼミ室を出なきゃ、とベッドからおりようとして)

61:立花 優司 2017-08-27 19:30:46

そうだね、行こっか。…次、授業同じだもんね
(大丈夫と言われれば本当に大丈夫だろうか、と心配しながらも相手が大丈夫と言うくらいなのだから大丈夫だろうと流石に外で手をつなぐことはできない為手をつなぐことはしないが 隣に来るように促して)

62:立花 優太 2017-08-27 19:46:27

…ぁ、そうだったっけ。ふふ、じゃあ早く行かなきゃ。
(すっかり次が一緒だということを忘れていたのか嬉しそうに笑いを零し、ベッドから降り相手の隣に並んで部屋から出て。外に出れば他の学生で溢れて騒がしく、時たま相手へと話しかける者もいて)

63:立花 優司 2017-08-27 20:29:12

……ああ、うん。…今日は行こうかな
(偶に話しかけて来る人になんの嫌そうな表情もせずに会話を軽いながらしていたが、自分のことを飲みに誘った人物と偶々会うと、相手が隣にいるのにできるだけどう言う話はしたくなかったのか小さくため息をついて。返事をしないわけにもいかず少し困りながらも笑顔を浮かべて頷き)

64:立花 優太 2017-08-27 21:06:05

(相手へ話しかけてくる学生達を長い前髪の下でじっとりと睨みながら歩き。自分の兄との時間を奪う飲みに誘ってきた人を見れば今までより更に鋭く睨み、今にでも手をとって走って行ってしまいたい衝動を堪えながら唇をぎゅっと噛んで。飲みの誘いに乗った兄に、誘った人物は嬉しそうに兄の肩に触れたりなどしていて)

65:立花 優司 2017-08-27 21:43:33

……一回家に帰ってからでいい?
(隣にいる相手が鋭く睨んでいるのに気づいて、肩に触って来る手を軽く離させてから、学校が終わったらすぐに出かけよう、と言われると少しだけ悩んだ後買えっ絵から、と伝えて。早く相手をなだめてあげたいが、今この状態ではそれを行うことはできず早々と話を終わらせて教室に行き)
…優太

66:立花 優太 2017-08-27 22:05:32

(相手が話を切り上げたのを見ては先程まで話していた人物にぺこりと頭を下げて相手と共に教室に向かい。席に座りふと名前を呼ばれればそのことに嬉しく思うも、先程のことがあるためかまだどこか暗い雰囲気で相手のことを見ずに返事をして)
…ん、なに?

レスを書き込む