TOP > なりきり > 男審神者×薬研【ひぼ】

男審神者×薬研【ひぼ】

最終更新 2018/02/18 09:08:23
レス数 368
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス368中:1-20

1:名無しの萌語り 2017/08/22 18:08:22 作成

803様待ちです。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

350:深海統埜 2018-01-30 22:54:41

俺以外でこんなに乱れていたら、妬けるな…
こんなに垂らして…畳にシミまで作るほど、薬研の蜜壷からいやらしい蜜と匂いがする…俺が欲しくて欲しくて体が火照ってるみたいだね。
じゃあ…もっと乱れてみようか…俺の目の前で誘うように服を脱いで見せて?
どれだけ俺の視線で感じるか…薬研のその体でもっと感じて?
視線だけでイケるか…試してみようか。
(既にズボンの裾から内腿を伝うように愛液が流れているのを見つめながら、畳に雫が落ちているのを相手に教え、更にもっと相手の煽情的な姿で自分を誘ってみせてくれと妖艶な眼差しと声音で囁いてみせる。その最中も再度尻尾を撫で上げ、お尻を手のひらで撫で回し唇でスボン越しに相手自身を食んでみせて)

351:薬研藤四郎 2018-01-31 14:34:08

…っ……あぁ…っ…!
(愛液が流れ落ちていることを指摘されると視線を落としてその様子を視界に映し、羞恥で居た堪れない思いになったも相手に自分で服を脱ぐように言われれば驚きから相手へ視線を向け、見つめられていることがわかると視線を合わせていられず戸惑うように視線を泳がせながらも相手の言葉に逆らうことはなく、相手の前で服を脱ぐのに抵抗はなくなったはずなのだが見つめられていると思うと恥ずかしくて堪らず緩慢な動作で白衣を脱ぎ、ネクタイを解いてシャツのボタンに手を掛けたも尻尾や尻を撫でられているせいかいつもより覚束ない手付きになってしまいなんとかボタンを外して、次はズボンに手を掛けようとしたがズボン越しに自身を食まれればそれだけで軽くイってしまったように身体が跳ねて手を止めてしまい)

352:深海統埜 2018-01-31 22:40:04

俺に見られてると思いながら、少し甘噛みしただけでイッちゃった淫らな俺だけの黒猫薬研?
ほら……薬研の姿を見て声を聞いただけなのに…
俺もこんなになってるんだ……早く薬研の熱い中に入りたくて堪らないんだ…薬研…早く俺のコレをお腹いっぱい頬張る所…見せて?
(ズボン越しに達したせいか前側に湿り気を感じ、更には蜜壷のあたりからとめどなく愛液がこぼれ、畳を濡らして行くのを見やると、名残惜しげに唇を離す。そのまま自分も徐ろに和服の前を寛げ、胸元を露わにしながら限界まで張り詰めた自身によりテントを張っている様子を見せつけ、更にいつも以上に言葉攻めをしつつ妖艶な眼差しで見つめて)

353:薬研藤四郎 2018-01-31 23:09:46

……こっちなら、すぐに入ると思うんだが…
(一度達したものの身体はまだ満足していないのか猫耳と尻尾は出たままで、目の前に興奮して張り詰めている相手自身を見せられると思わずごくりと唾を飲み込み、早く入れさせてあげたいと思ったが後孔の方は慣らすのに時間がかかると思い、濡れている蜜壺の方なら少し慣らせばすぐに受け入れられると考え、ズボンと下着を脱げば下着に糸を引くくらい蜜壺は愛液で濡れていて、相手の手を煩わせるのも悪いと思うと自分で受け入れられるように慣らそうと思い蜜壺に手を伸ばして指を1本入れてみたが感度が高くなっているせいかそれだけで背筋に電流のような快感が走り、それ以上指を動かすのもキツく)
…っ…ひぁっ…!

354:深海統埜 2018-02-01 10:36:14

入口……すごい薬研のいやらしい蜜で大洪水になってるね…
薬研は入口のここ…感じる場所だもんね。
(相手の指に自分の指を添わせるように蜜壷の中へと埋め、入口の所をカリカリと指で引っ掻いて)

355:薬研藤四郎 2018-02-01 19:45:04

…ひっ…んん、あぁ…っ
(相手の指も挿入されれば濡れているため痛みは無かったもののまだ拡がっていないために圧迫感はあり息を詰まらせ、弱い入口を引っ掻かれると快感の方が勝り徐々に力が抜けてきて)

356:深海統埜 2018-02-02 20:39:45

(中を引っ掻きながら相手自身にキスをして、軽く咥えつつ先を舌先でくすぐるように舐めて)
ん……ほら、頑張って立ってないと……
もっと奥まで入っちゃうよ?

357:薬研藤四郎 2018-02-02 21:56:08

…ひっ、んん…っ…あ…っ
(蜜壺への刺激に加え自身も刺激されると立っているのも辛くなったが相手の言葉を聞けば若干ふらつきながらもなんとか足に力を入れて立とうとし)

358:深海統埜 2018-02-03 18:53:34

(更に指の根元まで埋めると最奥を引っ掻くように動かし、水音をわざと派手に立てて)
薬研……聞こえる?この音…どんどん奥から溢れてくるね。
そろそろ俺が欲しい?
言ってくれたなら…すぐにあげるよ?

359:薬研藤四郎 2018-02-03 19:35:28

…んっ、あぁ…っ…欲しい…大将…、はやく…っ
(最奥を刺激されれば立っているのもやっとの状態で足が震え、獣の耳に水音が響き羞恥を煽られては思わず目を瞑り、我慢も限界になってくれば切羽詰まった様子で言葉を発し)

360:深海統埜 2018-02-05 21:57:15

いい子だね…ほら…行くよっ!
(指を一度引き抜き、その場に押し倒し背中に腕を差し入れたまま自身を最奥までズンっと突き入れ、抱きしめたまま律動を始めていく。自身の唇が相手の耳に付くように近づけると甘噛みしたまま、荒い息をついて)

薬研の中……っ、絡み付いて……吸い付いてくる……っ
気持ちよすぎ……

361:薬研藤四郎 2018-02-06 12:48:58

…ひぅ…っ!…あぁっ、んん…っ
(押し倒され最奥を突かれれば強過ぎる快感のせいで一瞬意識が飛びそうになり、律動を開始されると縋り付くように相手の背に腕を回して抱きつきながら喘ぎを漏らし、痛みよりも快感が圧倒的に上回っていて耳を甘噛みされれば身体を震わせながら生理的な涙を流し)

362:深海統埜 2018-02-07 11:21:56

薬研……俺の腰に足、回して?
もっともっと奥まで…突き当たりまで深くあげるから…
(強く抱き締めたままはだけた腹筋で相手自身を擦り上げながら、耳の中を舐めつつ相手に腰に足を回せば子宮口まで埋めてあげる…とささやいて)

363:薬研藤四郎 2018-02-08 22:53:55

…っ…ん、…はぁ…っ
(相手の言葉を聞くと涙でぼやけた視界に相手を映し、緩慢な動作になりながらも言われた通りに相手の腰に足を回して)

364:深海統埜 2018-02-10 08:05:01

っ……ほら、薬研……わかる…っ?薬研の奥……狭い入口……叩いてるの……
(腰に足を回され更に腰が密着し、更に最奥まで突き入れると子宮口らしき入口に先端があたり律動する度にノックをしていると、ふと離れの入口に秋田や五虎退の声が聞こえてきて)

なかなか薬研が出てこないから……様子見に来たのかな?
時間切れ…だね、そろそろイくよ?
(声出したら聞こえるよ?と囁きつつ、先程よりも早く腰を動かしながら、相手の自身を扱くようにお腹で擦り上げて)

365:薬研藤四郎 2018-02-11 09:16:44

っ…んん…、つっ…!
(子宮口を突かれるとその度に快感が背筋に走り、気持ち良さに夢中になっていたため外の声にすぐには気付かなかったが相手の言葉を聞けばやっと気付いて、なんとか声を抑えようと口を手で押さえたも快感が強過ぎるためにどうしてもくぐもった声が漏れてしまい、更に動きを激しくされると耐えきれなくなり身体を震わせながら達して、気絶はしなかったがかなり体力を消耗してしまえば達したあと脱力して荒い吐息をし)

366:深海統埜 2018-02-12 11:11:00

(相手が達すると同時に搾り取るように締め付けられ、自身も相手の子宮口をこじ開け更に奥へと注ぎ入れると、こちらも荒い息をつきながら上に覆いかぶさり)
はぁ……っ……はぁ……や、げん……大丈夫か?

367:薬研藤四郎 2018-02-14 22:30:15

(奥に注ぎ込まれれば小さく身震いしたも表情はどこか恍惚とした様子で、達して満足したために猫耳と尻尾は消えていて、覆い被さってきた心地の良い重さと温もりに表情を緩めながらそっと相手の背に手を回して抱き着き)
…あぁ…大丈夫だ…

368:深海統埜 2018-02-16 10:28:39

これじゃあ、何のために昨日腰揉みほぐしたか…分かんないね…
でも…これで多少無理しても、霊力不足で耳と尻尾が出る心配はないかな。
(遠くで相手を呼ぶ短刀達の声に、ゆっくりするのはまた夜だね…と言いながら、再び腰に負担をかけてしまったことに苦笑しつつ、息が整ったため体を起こして)

さて、あの子達も呼んでるし…一期が来ないうちに、お風呂行こう。
その間換気したりしてもらおうね…
(式符を取り出し、部屋の掃除と換気を頼むと相手を抱き上げ、浴室へと向かって歩いていき)

369:薬研藤四郎 2018-02-18 09:08:23

俺がしてくれと言ったんだ…大将が気にする必要はない
(確かに腰の痛みはあるものの相手が気にしているのを見ては大丈夫だと声を掛け、すぐに歩くのはキツそうだったために抱き上げて運んでもらえるとだいぶ楽で)

レスを書き込む