TOP > なりきり > 執着と 【非募】

執着と 【非募】

最終更新 2017/09/11 21:16:01
レス数 4
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス4中:1-4

1:ヤンデレ神父 2017/09/10 21:19:26 作成

募集板にてお声かけ頂いた901様をお待ちしています。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:ヤンデレ神父 2017-09-10 21:20:38

提供 聖職者 ヤンデレ 攻め
「 崩れ落ちた貴方を救い出して、私しか見えないようにして、 ちゃんと閉じ込めて。 それから2人で生きていきましょう 」
×
募集 英雄 受け
「 閉じ込められたことは理解している。この状態が、良くないものだと理解している。 それでも、閉じ込められている方が楽だから 」


世界を救う為に戦って、戦いが終わって都合が悪くなったら捨てられた可哀想な英雄と、眩しい英雄に心を奪われ執着心を抱いた、やさしい辺境の聖職者。物語の終わりから始まる、薄暗くて光の見えない恋のお話。

なんらかの要因で処刑されかけた英雄さんを助け出した聖職者。処刑に反対していた英雄の仲間が英雄を探していることを知りながらも、英雄と2人で逃避行を開始する。英雄はぼんやりとそれに気付きながらも、精神的に弱っていたためか、徐々に絆されて行き……。

ロルは100〜500。ロルテは長めに書いていますが、サクサク言っても良いかと思ってます。
背後様成人済み女性のみで無言失踪は厳禁とさせていただきます。
ストーリーと裏の割合は6:4、もしくは5:5程度となっています。

萌え: ギャグ、いちゃいちゃ、ほのぼの、シリアス、泣き顔、射精管理、羞恥、中イキ、お漏らし、前立腺攻め、トラウマ、

萎え:修復不可能なケンカ、グロ、死ネタ、女々しい、

【提供pf】

名前/ グレイス・スペンサー

性別/男

容姿/柔らかな色合いの金髪は襟に付く程度。全体的に柔らかな髪質だが癖はない。目は少し釣り目気味だが、きつい印象はなくむしろ穏やか。常に穏やかな微笑みを浮かべているため、とにかく人のよさそうな雰囲気を持つ。職業柄服装は基本的にカソック。足元は革靴であり、決して動きやすい恰好ではないため、外で作業をするとき外套は脱いでしまっていることが多い。

性格/だれに対してもわけ隔てなく接し、人と話すときには常に柔らかな微笑を浮かべている好青年。優しく親切で教会に来る人々の話も親身に聞く理想的な神父。だが芯は強いため正義感が強く、不正は見過ごさない。
大切なものは自分の手元に置いておきたい、自分だけの宝物にしてしまいたいと考えるため、好んだものへの執着心は異常。常識人だが英雄を閉じ込めようとしていること自体には罪悪感は覚えていない厄介な人。動機は不純だが基本的には善良なため英雄に対しても非常に親切に接する。

備考/ 王都から遠く離れた片田舎で、小さな教会の神父を務めている。ふだんは悩みを持ってやってくる人々の話を聞くカウンセラーのような程風。
 王都で神父となるべく勉学に励んでいたころに、初めて英雄を直に見かけ人に囲まれ笑顔で凱旋している様子に憧憬を覚えてしまう。彼が憧憬を覚えるというのはつまり仄暗い独占欲を抱くということではあるのだが、この欲求が叶うことはないと諦めていた。しかし人々が彼を見捨てたことを知り、処刑前に彼を救い出し自分のものにしてしまおうと思い立ち、実際に助け出した。こうなったら徹底的に自分のものにしてやると画策している。

……酷い顔だよ、ほら。
(彼を処刑場から救い出して漸く一週間。首都の連中は神からの裁きが下っただの適当なことをのたまって、英雄を本気で捜索する気は無いらしい。処刑場 は所詮、国の正しさを示すためのプロパガンダ的な見世物に過ぎなかったのだろう。特に助け出したことかバレる様子もなく安堵していて。その上自らの自宅兼教会で二人暮らしする準備はすっかり完了しており、自身が昔抱いた密かな理想を叶える準備は万端と言っても良い。しかし、肝心の英雄の様子は芳しくなく。ちらりと様子を伺えばベッドに腰掛け、泣くでもなく、どこか虚ろな顔をしているのが見えて。そんな彼からはかつて直情的だった面影は見られない。それは悲しくもあるが、今すぐどうこう出来るものではないだろう。細かい作業をしているとつい考え事をしてしまう。ケーキの盛り付けに凝って、フルーツを細かく切って飾り付ける作業に没頭していたのだか、完了したところで意識がはっと浮上して。これではいけないと首を振って思考を振り払い、意識して明るく微笑みなケーキの盛り付けられた皿をテーブルに置いて)
甘いものは好きかい?


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
募集要項を置いておきますね、これからよろしくお願いします。

3:堕落騎士 2017-09-10 23:26:47

⚪簡易PF
【名前】
ランドルフ・オースティン

【年齢】
20~30代(要相談)
【容姿】
身長178cm程度。鍛え上げられた身体はしなやかで背筋はピンと伸びている。
戦闘時に邪魔にならぬよう短く切られていた筈のプラチナブロンドの髪は投獄後一切髪を切る事すら許されず、前髪は瞼にかかるくらいにまで伸び、後ろ髪も手入れなどしておらず首にかかるまでの長さで伸ばしっぱなし。猫っ毛で全体的に緩いパーマをかけたよう。
鼻筋が通り凛々しくつり上がった眉と顔立ちは整い、人当たりの良さそうなたれ目の瞳は深いモスグリーンを持つ。かつての鮮やかな光と色を映すことのない瞳はどんよりと暗く厭世的。
※服装については相談させていただきたいです。

【性格】
かつては勇猛果敢に悪と名の付くものは許さず立ち向かい、誰に対しても紳士的で凛とした佇まいだった。敵味方に公平を期す真の騎士、真の英雄の鑑として民からの名声を受けていた。自分自身でもその英雄視されることを受け入れ、王都に忠誠を誓う自らの信念と誇りのもと行動してきた。
しかし、いざ王都を救ったと思えば忠誠を誓った王都から裏切られ、投獄されてしまった後、世界の全てに疑いの目を持つようになり、自分自身の生き甲斐を失ったことで虚無感に支配されてしまっている。
人を盲目的に信じることがトラウマとなっており、優しくされること善意を受けるなど、ちょっとしたことで一種の発作のようにかつての裏切りがフラッシュバックして手が震え錯乱状態に陥る。
自らの生命は価値のないものと考えており、無茶な事や簡単に生命を投げ出すような行動に陥ることも多い(予定)。

【備考】
かつては王直属の騎士団において一番の功績を残したある一つのエリート部隊を抱える部隊長だった。多くの仲間と共に王都を守るべく奔走し、幾度の苦難も乗り越え、王都を救った英雄として民からも王からも祝福、礼讚を受け誰からも慕われる男だった。

⚪ロルテスト

…どうして、まだ俺は生きているのだ。どうして…この手にまだ血潮が通っているのだろうか。どうして…っ…
(罪人と謳われ人々から受ける称賛や礼讃が一日にして罵倒と批難の声に曝されるようになってからというもの、何が正しく何が過ちなのか己の信じ、己を生かしていた信念の揺るぎが大きな精神の揺るぎとなって眠ることも出来ず自分自身を襲い続けていて。信じられたもの何もかもが疑念へと変わった今、信念を否定され処刑台に立つ筈だった日が過去になったことや、王都を襲った敵国の屈強な兵士たちを薙ぎ倒し獲得したかつての名声にすら不信を抱き誰に対するものでもない空虚な呟きを焦点の合わない瞳に何も写すことなく静かに吐き出して。両手指を絡め握れば祈るように己の額にそれを押し当てながらベッドに座ったまま項垂れて、テーブルにある鮮やかなケーキに視線だけを向けるもすぐに目下床を見つめながら未だに理解できぬ相手の一週間前の行動に力ない疑問を投げ掛けて)
…どうして私を救ったのだ。…私が生きていても救える生命は…最早どこにもないというのに…。


―――――――――
お選びいただきましてありがとうございます…!これからよろしくお願いいたします。

当方の参加時に提出したものも併せて貼らせていただきます。
PFで気になる点などございませんでしたでしょうか?苦手な所があれば修正しますので仰ってくださいね。
また、年齢や外見のまだ不完全な状態でしたので、此処で 確定したいと思っています。

年齢については年下年上同い年、年の差…どこを取っても美味しそうな感じはしているのですが、もしご希望があれば教えていただきたいです。

服装については、処刑台から連れ出された後、ということですので貴Cから支給されたものを着ていると想定しているのですが、白のワイシャツに麻のズボンなんかはいかがでしょうか。もし貴Cが当Cに着せそうな服などあれば教えていただければと思います。

4:ヤンデレ神父 2017-09-11 19:20:38

遅くなってしまいすみません…!!

PFに関しましてはとても好みなので変更点等特にありません、高潔な騎士様、大変素敵です。こちらのPFに関してもなにか変更点、付け加えたい要素等ありましたら遠慮なく教えて下さればと思います。

年齢につきましては、よろしければ同い年にしたいと考えています。 個人的に年上年下の上下関係があるよりも、その辺り対等な方がグッとくると言いますか……、 いかがでしょうか?

服装はどこにでもありそうな服装というか、そんな感じのものを買い与えていると想定していたので、おっしゃる通りにしていただければと思います。

それから……当Cから貴Cに対する感情の推移に関してましては、最初「眩しい英雄」の姿に憧れ独占欲を抱いていたのですが、手に入った後はどれだけ落ちぶれていてもいいから手元から離れないでほしい、依存してほしい、だから束縛する……といった具合になっております。地雷等はありませんでしょうか? なかなか捻じ曲がっているのですが……。

5:堕落騎士 2017-09-11 21:16:01

いえいえ、お気になさらずに!当方平日は専ら夜からしか端末に触れないもので…

そうですね…全体としては好みの青年ですので気になるところはありません。ただ、身長はどの程度かは気になります。当C178cmから高いのか低いのかくらいでも良いので教えていただければと思います。

年齢に関しては同い年ということで問題ありません!詰めきれてはいないのですが、同い年ということであれば、かつて幼少の頃にも実は一度会っていたという展開もありかなあと。その時には貴Cは当Cを認識しておらず、当Cが貴Cの名を知らずとも憧れか尊敬の対象として認識していた、というような劇的展開に持っていくのは如何でしょうか。もちろん初めは昔見た尊敬の対象が目の前の神父だとは気付いておらず、ふとした瞬間に面影が一致する、というような感じで。

では、服装については先程話した通りということで。服装に見飽きたとかちょっとしたスパイスとして新しい服をその都度買い与えてもらっても大丈夫です。

問題ありませんよ、むしろそのような歪んだ執着を孕んだ愛情というものに魅力を感じて立候補させていただいた所でもありますので!
依存してほしいとの願望が貴Cにある、という事ですが、万が一貴Cにだけ依存する展開に入った場合ヤンデレとヤンデレのCPが誕生しそうですが、その辺りはいかがでしょうか?まだ決めきれてはいませんが、ヤンデレ堕ち展開も自我を取り戻し、元の凛凛しい性格に戻る展開もあり得ると思いまして…!

レスを書き込む