TOP > なりきり > Sadistic night【非募集】

Sadistic night【非募集】

最終更新 2018/01/20 00:17:37
レス数 98
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス98中:1-20

1:名無しの萌語り 2017/09/26 00:46:05 作成

とある殺人鬼と、青年の物語。



※お声掛け頂いた975さまをお待ちしています。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

80:レオ・フォレスト 2017-12-01 21:42:23

一旦上げとく。

81:レオ・フォレスト 2017-12-07 21:49:43

今週一杯、月曜になるまでは待ってる。

82:名無しの萌語り 2017-12-11 12:53:20

お相手様のご連絡が無いので、打ち切りと判断させて頂きます。

改めてお相手様募集いたします。
念の為、募集要項も載せて置きます。
無言放置が多いので、必須条件として1週間以上遅れる際は一言でも良いのでお伝え頂ける方とさせて頂きます。

募集要項

※狂愛、暴力的、倒錯的要素などが含まれるので苦手な方はご注意下さい。

募集:年上受け
提供:年下攻め

設定:
貴Cは普段は社会に溶け込む殺人鬼。
当Cが幼い頃、当Cに一目惚れし(殺害対象として気に入った)、両親を殺害して当Cを攫うとあたかも両親を亡くした当Cを保護してるかの様に育てる。完成された青年期に己の手で殺す為に。
当Cは大きくなるに連れ貴Cが思った様に端麗な顔立ちへとなっていく。当Cが16歳を迎えた年、機は熟したと手を掛ける事に決めたある日。リビングのソファでうたた寝をしていた当Cの首へ手を伸ばすと、眠って居ると思っていた当Cは突如目を開けて伸ばされた手を掴み、

「何してんの?」

と、貴Cに問い掛ける。
改めて機を伺う為に誤魔化すでも、正直に言うでも、実は情が芽生えて本気で殺せなくなっていたでも、この後の反応・展開はお任せします。
どんな展開でも、前提として貴Cは当Cを自分のモノとして認識し自分の手の中に収めて居るのだと思っていたが、実は当Cは貴Cが殺人鬼なのを気付いており、寧ろ貴Cは自分のモノだと認識している歪んだ二人となります。

貴C条件
普段は冗談も口にするような余裕の有る大人、その裏は猟奇的な殺人鬼(殺人を犯す理由は自由)
高身長で男らしい、抱く側しか経験の無いバイ
二十代後半以上、四十代半ばまでの年齢


メインCの死、後スカ、汚喘ぎ、ロル内の露骨表現、女々しい、治癒不可能な怪我や病気、修復不可能な喧嘩、終止形ロル、短文過ぎ(100字以下)、無言放置(1週間以上遅れる際は要連絡)

設定上、メインC以外の死ネタや猟奇的描写、二人の間での暴力や殺人未遂等が含まれます。それが萎の方はご遠慮下さい。

当Cプロフィール
レオ・フォレスト16歳
175cm/白髪に近いプラチナブロンドの髪/アイスブルーの瞳/目鼻立ちしっかりした端麗な顔立ち/着痩せして細身に見えるが筋肉は付いている方/貴Cが殺人鬼であるのは現場を目撃したか、痕跡を見つけたかで途中で気付いた(両親の殺害迄は知らない)/小さい頃から大切に育てられてたので貴Cを畏怖する事はなく、心情を察する為に己も人を殺めた事が有る。それにより、貴Cを受け入れられるのは自分しか居ない、貴Cは自分が守り管理してやらねばならないと歪な感情を抱く様になる。そこに愛情が含まれて居るのは自覚していない。
未だ性格は子供っぽく、我が儘で生意気。異質な家庭環境は周りにも薄々勘付かれてるのか異端の目で見られる事が多く、その所為か喧嘩っ早く育った。


ロルテ(貴Cが此方を殺めようとした所から)
(何時もと変わらぬ昼食後の穏やかなひと時、相手との会話も無くソファに座って居れば自然とやって来る睡魔に特に抗う事無く瞳を閉じて。寝息を立て始めた頃、己の目の前へと恐らく気配を殺して近付いて居るのだろう人の気配を敏感に感じては元より浅い眠りだっただけに眠りから覚めて、瞳だけは閉じたまま動向を探り。己の首元に指先が触れるか否かの所でその手を捕まえるように掴むと、パッと目を開けてゆっくり瞬きしながら相手を見据えて臆する様子も無く訊ねて)
…何してんの?

以上、長くなりましたが…こんなサイコパス設定にお付き合いいただける優しい方がいらっしゃいましたら、貴Cプロフ、萎、ロルテを添えてお声掛け下さい!宜しくお願いします。

83:Vincent Felix 2017-12-11 23:58:24

今更戻って来て本当に申し訳ないって気持ちは山々で、正直声を掛けようか迷ったんだけど。結局掛けちゃったな。
もし俺の事覚えてたら、もし良かったら、また相手してくれないか?勿論嫌だったら断ってくれて構わないし、次が見つかるまで、の条件付きでも呑むさ。
取り敢えず、元気そうな姿を確認できただけでも本当、嬉しいっていうのかな。急にひょっこり出てきて勝手に言う事でもないけどな。はは。

84:レオ 2017-12-12 23:41:32

ヴィンス!今までどこほっつき歩いてたんだよ。…もう、居なくなったのかと思った。
条件…そうだな、二度と黙って居なくならない。それが呑めるなら、…またアンタとの生活をやり直したい。後はどうするか、アンタが決めてくれ。

85:ヴィンス 2017-12-13 00:06:48

ホント、どこ行ってたんだか。
随分な事覚えてやがるじゃねぇか。なら鎖にでも繋いで四六時中監視してくれよ、出来るならなァ?
トントン拍子に運んで少し怖ぇ気もするが、そう言ってくれて嬉しいよ。俺もレオとやり直したい。

86:レオ 2017-12-13 08:30:11

随分他人事だな、オッサン。アンタが居ないとメシ、食えねえんだから居なくなるなよ。
鎖ね…止めておく。アンタには無意味そうだし。
なら、断った方が良かったか?…馬鹿な事言ってないで、リスタートはどうする。続きからにするか?少し場面飛ばして始めるか?

87:ヴィンス 2017-12-13 23:07:18

レオなら適当に引っ掛けて飯でも服でも、好きなように出来そうだけどなァ?なんて。
じゃあレオが寂しそうだし、家に帰る所から始めようか。最初はどっちから回そうか?次、無かったら俺からやっても構わないから。

88:レオ 2017-12-14 09:19:02

適当に引っ掛けてって…俺が媚びる性格じゃないの知ってるだろ。絶対ェ無理。
寂しい?アンタが家を空けてる位で寂しがる程ガキじゃねぇよ。始まりの場面はそれで良い、他に何も無かったらアンタから始めてくれ。

89:ヴィンス 2017-12-17 06:28:43

...ただいま。
(あの後元のバーに戻ってはいかにも狙ってますという雰囲気を纏わせ声を掛けてきた同性と飲み直し。無論相手の思惑通りになるつもりはなかったが、敢えて引っ掛かりそうなフリをしながら適当に躱したりしては相手の反応を面白がったり内心からかってみたり。そんな少し上機嫌なほろ酔い気分で帰宅するが、ちゃんとレオに見られるまえに赤の付いたコートを脱いで。)

90:レオ 2017-12-18 18:49:19

(夜が深まるに連れ退屈から訪れる睡魔に身を任せて暫く、本格的な睡眠とは違った其れなので相手の帰宅する物音や掛けられた声で目を覚ましてゆっくり開眼し。不必要な仮眠は逆に体を怠くさせたのか、上体起こして伸びをしてからソファより降り立って。玄関先の方へ向かうと間も無く相手の姿が目に付き、己の勘が正しければ恐らく殺って来ただろう彼を瞳細めて見つめて冗談で迎え)
…なんだ、帰って来たのか。女の所で一晩過ごして来るのかと思ったのに。

91:ヴィンス 2017-12-18 19:26:26

はは、今日は男運がツイてたよ。俺を喰おうとしてやんの。逆に喰ってやろうかと思ったぜ。
(帰宅早々なかなか勘の良い相手の言葉に現在の気分も相まって思わず吹き出しては、バーでの事を思い返すと楽しそうに顔を歪めながら返して。多少面倒な構造の靴を脱ぎ払い家へ上がると、ぽんとレオの肩を叩きながらその横を通り。気怠そうに首元に手を添え左右に動かしながら部屋へ向かって。)

92:レオ 2017-12-19 23:59:19

…楽しかったみたいで何よりだな。
(何処まで本気かは分からない相手の戯言を流し聞いて上機嫌に横を通り過ぎるのを横目に見遣り。二人の距離が一番近付いた瞬間、相手の話に出た男のものとは思えぬ女性物の香水の移り香が仄かに鼻をつくと矢張りバーでのひと時以前に何かあった事を察して、部屋に向かう後ろ姿を見送り。相手を真に理解するのはバーで言葉遊びをした男ではない、自分だと、子供染みた嫉妬心を抱いては舌打ちを漏らして)

93:ヴィンス 2017-12-22 22:26:14

(部屋に入るとクローゼットを開きコートを掛けようとすると未だ香水のキツい匂いが花を掠めれば、若干の女への呆れと、レオを前に無防備に匂いを撒き散らした自分の失態に苦笑いし。少し間を置いて捨てようと思っていたが、後で洗濯してまた使おうかと思い直しては椅子の肘当てへと放り投げて。先程から断続的に睡魔に襲われていたが、家へ帰り緊張感が弛んだ事もあるのか、ベルト等締め付けを外し固めた髪も乱雑に解すとベッドに体を預け目を閉じ。)

94:レオ 2017-12-25 23:45:02

…クソ、…今日は寝るか…。
(年齢的に確かに己は未だ子供だが、相手にだけは安易に子供だと括られ保護される存在にはなりたく無く、強さの誇示として相手と同等の行為を行おうかと玄関先にて立ち止まって居たが、少し間を置いて冷静になると一つ息を吐いて踵を返し自分の部屋へと戻って飛び込むように寝台へ体を沈めて枕に顔を埋めて)

95:ヴィンス 2017-12-26 14:14:13

(カーテンを揺らす冷たい風に軽く眉を顰め、ゆっくりと瞼を持ち上げる。どれくらい寝ただろうか。昨夜の格好変わらず寝ていた事を思い出せば、怠そうに体を起こし大きく伸びて。僅かに開かれた窓を閉じるが、未だ外は闇が深い。時計を見るとまだ4時を回った頃で、思ったよりは寝てはいないんだなと。取り敢えず風呂に入ろうと考えては衣類を持って、拭いきれぬ微睡を引き連れながら浴室へ向かい。)

96:レオ 2017-12-27 22:05:14

(横になって暫くは晴れない気持ちが睡魔を遠ざけ、仰向けになってぼんやり天井を眺めて居たが、ふと見た時計の針が夜更けの時刻を指しているのを見ると眠る努力として双眸閉じて睡眠に集中し。最初こそは頭の中で考え事をしていたが気付けば辺りは朝を迎えて居り、カーテンの隙間から射し込んだ光が顔を照らせば表情歪めて小さな呻き漏らしつつ寝返り打ち)

97:ヴィンス 2018-01-04 22:30:50

(ある程度目が醒めるまでお風呂に入った後、頃合いを見て朝食を作ろうとキッチンへ向かい。視界を塞ぐ前髪を、わざわざセットするのも面倒だと軽く留め、陽も差してきた時刻になればカーテンを開け小鳥の囀りに此方も僅か上機嫌になり。そろそろレオが起きる頃だろうと踏んでは蒸し焼きにしていたフライパンの蓋を取り、ふわりと香りを広げて。)



あけましておめでとうございます!
遅れてしまってすみません!汗
これからも度々遅れると思いますが、事前に連絡するなり出来るようにしますね。汗
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

98:レオ 2018-01-10 23:42:02

(陽の光の眩しさよりも未だ眠りたい欲求の方が強く暫くは布団の中で浅い眠りについたまま動かなかったが、徐々に覚醒してはゆっくり瞳を開けて。顔面に降り注ぐ光を遮るように掌かざしてそのまま伸びをしてから上体起こすと、ようやく良い匂いがする事に気付いて朝食の時間迎えた事を理解して行き。大きな欠伸をしながらリビングへ向かうと恐らくキッチンに居るだろう相手に向けて一言挨拶投げ掛け)
……はよ。




明けましておめでとうございます。
遅れる事はリアルが優先なので全く問題ありません。ただ、やはり1週間以上遅れる時は一言でもお伝えいただけると幸いです。不安になってしまうので…。
どうぞ、宜しくお願い致します。

99:ヴィンス 2018-01-20 00:17:37

あぁ、起きたか。今日はサーモンを焼いてみたんだけど、どうかな。和食を作ってみたかったんだ。
(五感を最大限に使うキッチンで料理を作りながらでさえ相手が部屋の中で動いた、即ち起きた事を理解出来ていたのだが、もちろんそれを言うような失態を犯す訳もなくいつも通りの朝を迎えて。眠気を引き連れた彼をくすりと笑っては、毒を盛り込んで綺麗なままで息を引き取るのも悪くないなんてすました顔で物騒な事を考えたかと思えば、ホワイトソースを足そうか和食であるからには止めるべきか悩んで。)


早速遅れてしまいました。ごめんなさい。
もし其方がレスペが合わず不満を感じるようでしたら、遠慮なく切って頂いて結構です。
早々に不安にさせ、不快にさせてしまい、申し訳ございません。

レスを書き込む