TOP > なりきり > 黒猫の毛布

黒猫の毛布

最終更新 2017/12/01 20:58:40
レス数 41
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス41中:1-20

1:161 2017/11/23 13:12:48 作成

※162様、170様待ちです。
内容は>>2 へ。
   
※万が一、打ち切りになった際は、このスレの再利用を許可します。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

23:高千穂 夕鶴 2017-11-26 14:32:15

……その時になってみないと…。
(問われた事に目を瞬き、そういえば具体的に何も説明してなかったかと気がつき、自分もどう説明していいか分からずに曖昧な返答をするも、これでは相手を不安にさせてしまうだろうかと考えると一度頷いて)
……取り敢えず、お茶飲んだら初仕事、してみる…?

24:和泉 淳 2017-11-26 16:38:35

あーうん、…そうですよね、その時にならないと……、
(説明ができないことがわかり確かに仕事内容の説明なんてしにくいか、と曖昧なそれに少々不安がっていたが、頷いた後に言われた言葉に表情を明るくさせて)
…うん、もしよければ

25:高千穂 夕鶴 2017-11-26 19:23:50

……そしたら、後でね…。
(話しているうちに居間へと到着すると、田中さんは早速お茶とお菓子の準備を始め、自分は普段のように値が張りそうなソファに座り、隣をポンポンと軽く叩いて相手に座るよう促してみて)

26:和泉 淳 2017-11-26 21:13:50

あ、はい!…、……何ですか?
(居間へと到着し、自分では見たことのない煌びやかな部屋に唖然とし、お手伝いさんはお茶の準備をしに、相手はソファに腰掛けてしまった為どうしようかと困っていたところに隣に座るように促されたことで今度はそちらをじっと見つめ。このまま突っ立っているのも邪魔に感じさせると思えば隣に座り首を傾げ)

27:高千穂 夕鶴 2017-11-27 16:55:33

……ずーみんてさ、…あ。
(相手が隣に腰かけたのを確認しては、探していた疑問を問おうと口を開いたところで、担当者を客間に待たせていた事を思い出すも、寂しくなったら探しに来るだろうと勝手な考えに行きつくと小さく咳払いして気を取り直し。改めて疑問を問おうと口を開き)
……ずーみんはさ、住み込みで働く…? ……それとも通う…?

28:和泉 淳 2017-11-27 20:29:06

…?……あ、そうでした。通えない距離じゃないので、通いかなって思っていたんですけど。高千穂さんが住み込みの方がいいならそれでも問題ないので
(こてりと首を傾げて、名前を呼ばれた後の言葉を待っていたのだが何かを思い出したかのように止まってしまったことで不思議そうに隣のその姿をじっと見つめ。聞かれたことでぱっと表情を明るくさせたが内容を聞き確かに特にそんな話をしていなかったと思うとまた表情を歪めてころころと表情を変えて)

29:高千穂 夕鶴 2017-11-28 15:44:35

……んん…、わかった…。
(正直自分もどちらでも大丈夫だと思っていたので同じ内容の返答をされると、困ったように唸り契約書云々は担当者に任せることにしようと決めて。やがて田中さんがお盆――日本茶が淹れられた湯呑二つと、高級そうなお菓子が入れられた器が置かれている――を手に、笑顔でソファーの前のローテーブルに置き。それを確認すると真っ先にお菓子へと手を伸ばし)

30:和泉 淳 2017-11-28 17:43:52

…ありがとうございます。……えっと、
(お茶菓子とお茶を出されると菓子に真っ先に手を出す相手を見て子供みたいだと思わず笑顔を浮かべて、出してくれたお手伝いさんだと思っていた人にお礼を告げ。だがふと先程相手がお母さんと呼んでいたことを思い出し親なのだろうかと呼び方に困ってしまって)

31:高千穂 夕鶴 2017-11-28 19:58:22

……ほふぁあふぁんまお?
(相手が言葉に詰まっているのを感じ取ると、口の中パンパンにお菓子を詰めたままお母さんだよと伝えるも勿論正確な音にはならず、それを察した田中さんが、ふふふと上品に笑い自分の名前を告げるだけの短い挨拶をしてはお盆を小脇に抱えて浅く頭を下げ)

32:和泉 淳 2017-11-28 21:14:22

え…っと。……田中さん。ありがとうございます。
(音としてはっきり聞くことができず困った様子で表情を浮かべていたのだが、上品な笑い声とともに浅いお辞儀で名前を伝えられればその姿をじっと見つめて真っ直ぐな瞳のままにこりと笑顔を浮かべこちらも同じように頭を下げてお礼を伝えれば出してもらったお茶に口をつけ)

33:高千穂 夕鶴 2017-11-29 18:51:25

(横目で相手の様子を観察しながら良い子そうだと思い、頬張ったお菓子を咀嚼し終わると根こそぎ持っていかれた口の中の水分を補給するように喉を鳴らしてお茶を飲み。やはり田中さんの淹れるお茶は格別だと感じながら笑みを浮かべてはもう一つだけお菓子を口に運んで。)
……そしたら、初仕事いってみる…?

34:和泉 淳 2017-11-29 19:07:39

……はい、やります!
(淹れ方がいいのか、それともお茶そのものが美味しいのか一口飲むと瞳を輝かせ、なんの種類なのだろうかと見つめていたが相手から声が掛かるとまた子供のようにころころ表情を変えて返事をし)

35:高千穂 夕鶴 2017-11-30 15:39:05

……うん。…お母さん、美味しかった…。 ……あと宜しく…。
(やる気満々に見える相手に僅かに圧倒され、期待に応えられるのかと不安が顔をもたげるがもちろん表情には出さずに淡々と田中さんに礼を言い、付いて来いという意味を込めて一度チラリと相手を見ては、そのままスタスタと仕事部屋までの廊下を進み)

36:和泉 淳 2017-11-30 17:41:16

…あっ、ありがとうございました。とっても美味しかったです!
(立ち上がった相手を見つめていれば視線が一瞬絡み、その意図を察し慌てて湯呑みを置けばまたぺこりと田中さんに頭をさげて感想とお礼を口にしてからぱたぱたと小走りで相手の元へ行き)

37:高千穂 夕鶴 2017-11-30 17:51:54

(相手がついてくる足音を聞きながら仕事部屋の扉を開ければ、そこは芸術品にはなれなかった残骸やらが乱雑に散らかっている、いわゆる汚部屋と呼んでも差し支えない場所で。その中で、物が散らかっていないスペースにある机には、スケッチブックやら何かの造形を模した粘土が無造作に置かれてあり、そのスケッチブックと傍にあった鉛筆を手に取ると比較的片づけられたスペースを示して相手にそこへ立つように促しながら、仕事モードのスイッチが入り始めたのか気だるげな眼を少し厳しく細めて相手を見つめ)
……さて。君は、どんな要求でも、応えられる?

38:和泉 淳 2017-11-30 20:15:13

(仕事部屋というよりはほぼ汚れた部屋にしか見えないそこには偶に綺麗な形をした残骸も見受けられ、綺麗なのに、と思わず口にしそうになってしまい。促された場所に近づいて立ち、先程の雰囲気とは変わって問われたことにぴく、と相手のことを見つめて)
……はい、できることであれば。

39:高千穂 夕鶴 2017-11-30 20:44:39

……そう。 ……なら、脱げる?
(返答には少しだけ不服そうに視線を逸らしたがすぐに気を取り直すとスケッチブックを捲って白紙のページを表へ出して。端の方に鉛筆でミミズのような試し書きをしながら相手に問いかけ)

40:和泉 淳 2017-11-30 21:42:57

え?…えっと、脱げます。けど……全部ですか?
(表情に陰りを見つけるとなにか悪いことを言っただろうかと黙りこくって考えていたが、耳に入った言葉に動揺し目を見開いて。多少の羞恥はあれど同性に見せる裸等減るものではないと驚きつつそれを受け入れ、今度は此方から確認する為に問い掛け)

41:高千穂 夕鶴 2017-12-01 18:37:25

そう、全部。 ……風邪ひかないように暖房はつけるから。
(前向きな返答に満足したように僅かに笑みを浮かべてはスケッチブックを一旦机の上に戻し、エアコンの暖房を少し高めに設定すると短い電子音が響き、次いで温風が吐き出され。再びスケッチブックを手に取ると、相手が脱ぐのを待ち)

42:和泉 淳 2017-12-01 20:58:40

…あ、はい。……脱ぎました
(まさか全部だとは思っても見なかったのか、目を見開いて相手のことを見つめたが少々恥ずかしがりながらも全て脱ぎ、縫いだ服を丁寧にたたんでできるだけ幅を取らないよう足元に置いてから声をかけ)

レスを書き込む