TOP > なりきり > 晴れ時々ケダモノ【非募集】

晴れ時々ケダモノ【非募集】

最終更新 2018/02/18 11:00:12
レス数 249
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス249中:1-20

1:205 2017/12/12 21:01:21 作成

「あー、犯したい(今日の宿題やってきた?)」

『セリフと心の声が逆になっとるわ!!!』


(恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。)
(かの作家もそう言っているのだから。)



ーーーーーーーーーーーーーーー
206様お待ちしております!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

231:杉野 涼 2018-02-09 20:18:39

るせー、かわいい猫と遊んでたんだよ(下半身のモノがある程度治まったあたりで大部屋へと戻る。入った途端まだ寝付いていなかった様子の友人たちが不思議そうにベッドの周りへと集まってきて。まるで刑事ドラマの取り調べのシーンのように「お前こんな遅くまで何してたんだよ」とからかいながら携帯のライトの光をこちらへと当ててくる友人たちをかわしながら赤くなった片頬を隠すように枕へと顔を押し付けて)

(このまま次の日いきますか?)

232:松本隆哉 2018-02-09 21:18:51

…っ(かわいい猫、それが自分のことだと分かるのにそう時間はかからずカッと顔が熱くなる。次第に静まっていく部屋の中で自分の心臓の音だけがうるさく響き、夜が更けていった)

ー翌朝ー

あー…良く寝れなかったんだよ(結局一晩中相手のことで頭がいっぱいで眠れずそのまま朝を迎え、着替えを済ませ荷物を纏め食堂でモソモソと健康的な和食を食べていると隣に座っていた友人が自分の目の隈を見て「なんだよその顔」とからかってくるのを眠そうに返し。朝食が終わり荷物を持ってバスに乗れと言う先生の指示にハッとして、相手をキョロキョロと探すと足早に近づきグイッと相手の服の裾を掴み睨むような目を向け)おい。バス、隣に来んじゃねぇぞ…!


((行きましたー!
長いと感じたら適当に切ってくださいね。というか、杉野くんの抜いてあげなくてごめんなさい))

233:杉野 涼 2018-02-10 00:31:09

あっ…えー、なんでー(一日目の朝と同じように裾をくいっ、と引っ張られる。振り返ればちょうど探し人がそこにいて一気にテンションは急上昇するが、相手から投げかけられた言葉によってすぐにどん底へと下げられてしまい。駄々をこねる子どものように眉を顰めて、あからさまに落胆したように肩を竦める。強引にでも隣に座りたいところだが、昨晩のことでだいぶん怒らせてしまったようでこちらを見る相手の目つきかなり鋭い。それでも可愛くて仕方ないのだが。諦めたように他の人物に相席を頼みに行こうとした瞬間、ふと目に入った相手の首筋には自分のつけた赤い印が残っていて、それはまるで自分のマーキングのようで気分は上がり、指先で首筋を軽く撫でながら)他の人に見せちゃだめだよ?

(はい!ありがとうございます!
想いが確認しあえたら存分に手を出させていただきまので大丈夫です!←)

234:松本隆哉 2018-02-10 00:58:37

っ、は…?意味分かんねぇし(自分を目に捉えた瞬間嬉しそうな顔をした相手が直後の言葉を聞いてあからさまにガッカリするのを見るとうっと良心を痛めるも、肩が触れ合うほどの距離にいられてはこちらの心臓が持たないと態度を軟化させることはなく「なんで」という相手の問いに「なんでも!」と返し。渋々納得したような相手が突然指で首筋に触れてくるとピクンと反応し恋する乙女のように頰を赤くし、片手で撫でられたところを押さえるも自分では見えず経験がない為キスマークがついているということも分からず首傾げさっさと相手に背を向けてバスに向かい同じ班の友人と隣に座り。元々乗り物ではしゃぐタイプではないということと寝不足が重なり数分も経たぬうちに友人の肩に側頭部つけ眠ってしまい)


((了解です笑
告白はいつしましょうか?時期的に帰ったら期末テスト→夏休みのイベントかなと思うのですが…))

235:杉野 涼 2018-02-10 15:58:03

、やっぱ違うんだよなあ(恐らく全く理解してないであろう相手の様子に、純粋すぎるのも困りものだなあと肩を竦めて乗車する後ろ姿を見つめる。昨日隣に座るのを断った女子生徒に、今度は無理やり引っ張られながらバス内へと入り松本たちの座る席よりもかなり離れたところへと着席して。隣の友人と密着しすぎていないだろうか、とか無防備に寝顔を見せていないだろうか、なんて後方に座る相手が友人の肩に頭を預けて、すやすやと寝ていることも知らずにモヤモヤと嫉妬心を募らせる。先程から隣の女子生徒から匂う強い香水が鼻孔を擽るたびに、愛しい彼のものとは違うその人工的なきつい匂いに眉を顰めて。上記の台詞を口にしながら窓ガラスへと側頭部をこつん、と凭れかける。)

236:松本隆哉 2018-02-10 16:25:05

ん、あー…ごめん(ガタンッとバスが大きく揺れハッと目を覚まし寝ぼけ眼で隣を見ると友人が肩を貸してくれていたのだと分かり軽く謝ってお礼言い、しかし何故か友人の顔は赤く怪訝そうな表情で見つめていると耳に顔寄せられ「首のキスマーク見え見えだぞ」と小声で指摘され数秒間意味を理解出来ず固まるも、昨夜の杉野との行為と先ほどの意味深な言葉を思い出すと「そういうことか」と分かりやすく頰を赤く染め首を手で覆い離れたところに座って女子とイチャイチャしてるように見える杉野を睨み、とりあえずジャージのチャックを首元まで上げ見えにくいようにし、バスが街に到着するとまた先頭から降り始め班ごとに集まるように号令がかかり)

237:杉野 涼 2018-02-12 15:09:48

、(班ごとに集まるように指示され、それぞれが騒々しく合流していくなかキョロキョロと周りを見渡す。ちょうど同じように友人らを探しているであろう松本の姿を視界に捉えると、忍び足で後方へと近寄りいつもと同じノリでぎゅ、とその背中を凭れかかるように抱きしめて。柔らかなシャンプーの香りと松本自身の匂いが鼻孔を擽り、「ああ、やっぱりこれだなあ」と満足気に瞳を細め。『またやってんのかー、杉野』と少し呆れた様子のクラスメイトの声を軽く流しながら)

238:松本隆哉 2018-02-12 16:49:54

っひゃ…!(ちょうど杉野が自分を見つけたのと同じタイミングで自分も反対側に友人を見つけ、そちらに気を取られていて近づいてくる気配に気付かず無防備な背中晒し、いつも通りに抱きつかれ腕の感じや抱き癖から一瞬でその正体が分かり。そう、周囲も杉野自身もいつも通りであったのに昨夜のことがあったからか好きと自覚したからか、いつも通り呆れたような怒ったような顔で「やめろ」と返すことが出来ず、まるで女子のような高い声出し過剰に驚き赤い頰は誰がどう見ても怒りではなく喜んでいるように見え、先ほどキスマークを指摘した友人が唖然としているのが見えるとハッとして相手を振り払い)い、いきなり触んな!今度やったら肘鉄食らわすからな!

239:杉野 涼 2018-02-12 20:25:26

、ごめんごめん(今までとは違う反応を見せる相手に少しだけ驚いた顔を見せるが、相手の赤くなった耳を確認すると昨晩の出来事が悪い方向へと転ばなかったことを確信して、嬉しそうな笑みを口元に浮かべて。今すぐ抱きしめてキスしたい。手持ち無沙汰になっている相手の手に自分の指を絡めて手を繋ぎたい。そんな邪な気持ちを窘めるように昨日殴られた頬がじくじくと熱を持ち始めて。)

240:松本隆哉 2018-02-12 22:29:01

は、バッカ違ぇし、驚いただけだし(自分の満更でもない反応を見た友人が肩を組み「なになに、何かあったの?」とニヤニヤしながら聞いてきて、焦ったように否定し「暑ぃな」と言いながら赤い顔を手で扇ぎ。担任から集合時間と場所を告げられ自由行動の時間になれば友人同士の班や恋人同士で移動する生徒に分かれ、自分の班員は例え彼女が居ても友情第一と約束している為当初の予定通りの班で行動開始し)

241:杉野 涼 2018-02-12 23:25:45

お土産横丁ってここ?(地図代わりにスマホとにらめっこしながらしばらく移動を続けていれば、すぐにでも目的地へと到着し、同じ学校の生徒たちの姿もちらほらと見える。ご当地のグルメや、キャラクターのキーホルダーなど様々なものが売られており、昔から旅行というものに縁がなくお土産というものがひどく新鮮に思えた。目に映るものすべてが珍しいものに感じて)

242:松本隆哉 2018-02-13 03:04:08

あれ食う(杉野から1番遠い位置をキープしながら歩いていくと両脇に魅惑の店がズラリと並ぶ商店街のような細道に辿り着き、入り口のアーケードに『お土産横丁』と書かれているのを見上げれば早速すぐ近くにあった店の看板に目を引かれ、呟くように一言だけ言ってハチミツ入りのご当地キャラクターカステラを買いに行き。友人は杉野に「地図見てくれてありがとなー」と言いつつ突然自由すぎる行動をとった松本に驚きその後をついて行き)

243:杉野 涼 2018-02-13 21:04:45

うーん、お土産なあ…(自由奔放に動き回る松本のあとを追いかける友人たちの後を同じように追いかけると、綺麗にキャラクターの形に象られたカステラが売られてあり。すぐ側にはそのキャラクターのキーホルダーや、そいつが表示に印刷されてあるノートなどたくさんのお土産が並んでいて、どことなくそのキャラが松本に似ているなあなんて思い。「杉野はお土産とか何か買うの?」と何気なく聞かれた問いかけに曖昧な返事をする。両親とも仕事第一な人でお土産を買ったところで渡す暇もないしなあ、と首の裏を指で掻きながらぼんやりと考え)

244:松本隆哉 2018-02-13 21:36:11

うんめぇ!(ほんのりと甘い味がする柔らかい出来立ての人形焼を頬張りその美味しさに笑顔になり、「うめぇじゃねぇだろ勝手に動くな」と友人にチョップと共に窘められるとぶすっとした顔で人形焼の袋を抱えパクパクと頬張り無視し、そんな中お土産のことを聞かれて気まずそうに言葉を詰まらせる杉野を見ると相手の家庭事情を知るはずもなく首を傾げ、ふと手元にご当地キャラの喜怒哀楽の顔のストラップがあることに気づくと1種類ずつ手に取り1つずつ全員に渡し)な、せっかく同じ班になったんだからさ、これ記念に買おうぜ。

245:杉野 涼 2018-02-13 22:01:38

、ごめんごめん(手渡されたキーホルダーは喜怒哀楽の怒を表していて、まるで自分がちょっかいをだしたときの松本のようだと思わずくすりと笑みが溢れる。お揃い、という響きが気恥ずかしくも、どこか嬉しい気持ちがじんわりとこみ上げてきて。カステラを頬張る相手の口元に食べカスがついているのが見え、無意識のうちに指先でそれをすくい、「あ、怒られるな」と本能的に感じとると上記の言葉を口にしながら手をぱっ、と離し)

246:松本隆哉 2018-02-13 22:44:40

別に…謝りすぎだバーカ(相手はいつも笑顔というキャラとは程遠いが落ち込んだ表情も自分に告白してきた時しか見たことがなく、複雑な顔から笑みが零れれば良かったと内心安堵しつつ不意に口元を指で拭われると少しだけ頰を赤くするも特に怒ったりはせずぶっきらぼうに答え、会計をする為にレジに行き買ったストラップを早速財布に付け満足そうに笑い。その後も買い食いやら家族への土産を買ったり面白いオブジェがあったら写真を撮ったりし相手との距離もいつも通りにしながら横丁を進み、時計を見るとまだ昼前だったがそういえば昼食を食べる場所を決めてなかったなと声かけ)なぁ、昼飯何食う?

247:杉野 涼 2018-02-15 02:58:37

俺はなんでもいいけど(松本に似たキャラのキーホルダーをいそいそとスマホへと付けて小さく揺れるそれを愛おしそうに見つめる。他の人たちがお土産を楽しそうに決めている様子を観察しながら、自身も味見で気に入ったお菓子類などを数個購入したりなどして。何気なしに会話に出された提案に上記の答えを返しながら周りの店をくるりと見渡して、食事の出来そうな店を探してみる。そばやうどんなどといった和食系統のメニューが多い店がちらほらと見え。)

248:松本隆哉 2018-02-16 00:08:46

(なんでもいいと言う杉野とは対照的に友人2人は「ここ!」と譲れない店があるようでスマホを覗きながら数分歩き、2組ほどが待っている一見他と変わらない店に辿り着き列の最後に並び)あのさ、なんでここがいいんだよ?(待つのが好きではないのか少し不機嫌そうに友人に聞き、するとどうやらこの店は数年前に流行ったアニメに登場する店のモデルになったらしくファンの間では聖地として有名で、2人はそのアニメをこよなく愛していて1度は来たかったらしい。阿呆らしい理由に肩を竦め「不味かったら許さねぇからな」と言っていると、店から出てきた店員が待ってる間にどうぞとメニューを2つ渡してきた。2人で1つのメニューを見なければならないが、友人2人はそのアニメの話で異常なほど盛り上がっていて仕方なくメニューを持って杉野の隣に立ちページ開き)…何食う?

249:杉野 涼 2018-02-17 18:04:18

俺は、日替わりにしようかな(連れてこられた店はどうも松本の友人たちの好きなアニメに関わりがあるようだが、松本同様よく知らないため不思議そうに店の外観を眺めて。渡されたメニューを食い入るように見つめる二人を見て小さく笑った後、“当店おすすめ”と横に文字が書かれている日替わり定食を早々に選ぶと、メニューを真剣に見つめる相手の横顔を砂糖を蜂蜜に溶かしたような甘ったるい瞳で見つめて。白いうなじに付けた自分の跡が赤い花のように咲き誇っている様子が、男の征服感を満たし)

250:松本隆哉 2018-02-18 11:00:12

結構すぐ決めるんだな(和食店にしては多種多様なメニューにあちこち目移りしているとさっさと注文を決めてしまった相手になんとなく驚いて。値段とも相談して且つ腹に溜まり美味しそうな物、とかなり複雑な条件下で探していると中々決められずメニュー表とにらめっこし、そんな中隣から注がれる熱く甘い視線に気付くと頰を薄い赤に染めふとキスマークのことを思い出すと文句を言おうと相手を見上げーーその首筋に薄い噛み痕が残っているのに気づきドクンと心臓鳴らし。まるでお揃いのような痕に昨夜のことを思い出し居た堪れなくなりバッと目を逸らし、気を紛らそうとメニュー決めに専念していると4人テーブルに案内されなるべく相手と離れたところに座りたいと思いつつ友人が席に着くのを待ち)

レスを書き込む