TOP > なりきり > 戯言語

戯言語

最終更新 2018/01/10 20:11:21
レス数 12
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス12中:1-12

1:ぼく 2018/01/06 21:56:29 作成

ゆるぼの方をお待ちしてます。

一応R-18。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:まっくろくろすけ 2018-01-07 16:15:12

募集板にて参加希望したまっくろくろすけです。
スレ立てありがとうございます!とりあえず顔出しまでに参上した次第です。

扇ちゃんは既存のCとはいえ性転換しておりますし、プロフの方は必要でしょうか…?

3:いの字 2018-01-07 16:46:40

ご移動ありがとうございます!

んー扇ちゃんは女の子でもなく男の子でもない存在なので
そのままおっぱいがなくなって制服が学ランに変わるくらいの差異なので大丈夫だと思います!

4:まっくろくろすけ 2018-01-07 17:16:06

おっぱいは元々無…いえ、なんでもありません。
そう言って貰えるなら助かります!

世界観についてはどうしましょうか。どちらかの世界に片方が入り込んだのか、それとも両方の世界観がごっちゃな世界なのか、どちらでも無い感じなのか。

5:いっくん 2018-01-07 17:52:39

悪として裁かれちゃうぞ……()


西尾キャラが一つの学園に!?みたいな240学園と言うスピンオフ作品もあるのでそちらの世界観でも構いませんし、
同一世界線で直江高校の面々が修学旅行で京都にくる、って設定とかでも差し障りありませんし
逆にいーちゃんが東京に引っ越すーとかでもいいかもですね

6:名無しの萌語り 2018-01-07 18:23:17

くらやみがやって来てしまう…()

ううむ…悩ましいところです。
お話できる関係性に行き着く事を考えると、同じ学校の先輩後輩が一番いいかと思います。…そうなると240学園になるのでしょうか。

7:いーたん 2018-01-07 19:01:15

ではでは学パロでいーちゃんが先輩で扇ちゃんが後輩って感じですかね?

此方ロルが80文字くらいなのですが、大丈夫でしょうか?

8:まっくろくろすけ 2018-01-07 21:51:46

ですね。呼び名はいー先輩…になるのでしょうか。また言葉遊びが出来そうな。

ロルの長さ、了解しました!当方は短〜長まで回せます。

9:いのすけ 2018-01-07 22:15:56

井伊先輩でもとも先輩でもなんでも大丈夫かと。扇ちゃんは人間ではないので、多分いーちゃんの本名を呼んでも死ぬことはないと思うので!此方はどうしましょう?女性的側面も持ってるから扇ちゃんって呼ぶか、男性的側面もあるから忍野と呼び捨てるか、はたまた、コヨミちゃん。アララギ呼びとかも楽しそうですよねぇ

10:まっくろくろすけ 2018-01-07 23:18:09

一応公式ではまだ名前明かされて居ないようですし、そこはまぁ、流れで…
阿暦々木くんの名前で呼ぶのも確かに設定的にありっちゃあありですね!最初の場面は…、ありがちに図書室でいいでしょうか?
同じ本を取ろうとしたとか、扇ちゃんがカウンターで当番してたとか。

11:いーの 2018-01-08 18:35:59

図書室で良いと思います!
扇ちゃんが図書委員でいーちゃんが借りにくる程で初めて行けたらなあと!

12:忍野扇 2018-01-10 02:03:51

では改めて、これからどうぞよろしくお願いします。
何かありましたら遠慮なくお申し付けくださいませー!

ーーーー


あぁ…これも間違ってますねぇ。どうして皆本を元の場所に戻すなんて至極簡単な作業が出来ないんでしょうか。ちゃんとしたくないんですかね、ちゃんと…
(左右の天秤は釣り合うべき、捻じ曲がったものは苦手で、違ったものは正すのがいい、そんな考えを持っている自分に図書委員という仕事は向いているのか向いていないのか。本棚の整頓をしつつ、少しだけ口を尖らせてぶつぶつと愚痴に似た独り言を呟いていて。ふと背後…、カウンターの方に人の気配を感じれば手にした本を足元の籠に放り込み、足早にカウンターの中、パソコンの前へと座り、目の前の人物がなにかを言う前に、さも最初から回答が分かっているという風に手を差し出して)
…んぉ、っとと…ちょっと待ってくださいねー…、…はい、貸し出しですね。

13:ぼく 2018-01-10 20:11:21

(友は今日は画面の向こう側にも登校してない、哀川さんにはパシられいつもと変わらない日常と学ランのぼく。いや、自分は大学生だった気もしないでもない、異なる世界線か記憶操作か。なんでもいい、ここにいるのは高校生のぼく。食堂にてキムチ丼、キムチ抜き大盛。お腹はいっぱい、昼休みはまだまだ時間はあると向かったのは図書室で。広大な蔵書を収納する広大な敷地、室は改め館と言った風である。適当に手を取った本を片手に、カウンターへと。ドス黒い、奥の伺えない瞳。おかしいな、自分はいつだって終わった後の物語にしか関わらないのにとメタ発言を交えて)
…そうだけど。何故君が?彼の物語は終わったはず、君がいるのはおかしいよ、暦ちゃん。

レスを書き込む