TOP > なりきり > 路地裏の奥、秘密の扉

路地裏の奥、秘密の扉

最終更新 2018/01/19 23:51:43
レス数 12
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス12中:1-12

1:クロ 2018/01/14 15:33:31 作成

 
●裏行為中心&重視の、緩ーいお部屋。
●スレ主はリアル優先なので不定期かも。
●世界観は近代から現代までと緩く。国籍自由。
●希望者は名前と簡易プロフを。乱入で3Pなど可。
●ロルは100文字前後から。豆ロル、会話のみ、♡や♪などの記号、句読点のない一般的に読み辛い文章はNG。

《スレ主の紹介》

本名不詳、通称クロ。
黒髪に黒目、黒い服と全身真っ黒な東洋人だが、唯一右目だけは鈍い銀色。常に薄っすらと笑みを浮かべており、余裕そう、または不気味と受け取られる事が多い。
タチネコ両方やるが、ネコの方がやりやすい。従順で受け身な人間より、自分から上に乗るような誘い受け襲い受け、またはタチ喰いや喰い合いなんかが好きな変人。
道具や薬は部屋にあったり持って来られたりすれば使うし、何も使わない時もあるし。嫌がる事を散々やってドロドロにする時もあれば、散々嬲っておいて本番は無し、ということもある非道な悪趣味人間。
媚薬などの薬・道具・拘束・長時間の焦らしや放置・多ラウンドなど注意。
上記にあるように記号を使ったロル・読み辛いロルや豆ロル・完全受け身や女々しい行動態度は萎え。


以上をよく読んだ上で参加を。人を選ぶ内容だけど、良縁を願って。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:クロ 2018-01-14 15:41:28

さーて、今日は何をしようかな(薄暗い路地を進んだ先、知る人ぞ知る秘密の扉の向こう。迷い込んだ黒猫を撫でながら浮かべるのは、獲物を狙う獣の笑み。とろりと黄金の液体の入った小瓶を指先で転がしつつ、今日も快楽を求めやってくる客を待ち)

3:ユキ 2018-01-14 18:00:21

【簡易プロフ】
ユキ、本名不詳。年齢は20半ばくらい。
透き通るような白髪は肩下ほどの長さで、アイスブルーの瞳を持つ欧州系の容姿。身長は174cmほどで細身の体型。ふらりふわりと奔放に生きている。
性に関してはリバ。偶に酷く痛めつけて虐めたい欲に駆られることもあれば、逆に虐められたいこともある、ドSでドM。性欲は強めなので、快楽を求めて渡り歩く傾向有り。



ロル等の点については了承しました。
もし良かったら宜しくお願いします。

4:クロ 2018-01-16 09:21:26

>>3
キャラ口調で失礼、参加ありがとう。こちらこそよろしく、既に部屋にいるから、やり易いように始めてもらえると助かるかな。

5:ユキ 2018-01-16 18:17:09

んーと、ここで合ってるのかな…
(数日の間、いい相手を見つけることが出来ず熱を持て余した身体をどうにか発散させたいとふらふら彷徨い歩き。風の噂に聞いた場所を探し、薄暗い路地裏をゆっくりと歩いて行くと、突き当たりに何やらそのような店を見つけて。ガチャリ…と重さのある扉を開けると、奥に何やら黒づくめの男が座っており、思わず魅入るように見つめて)

6:クロ 2018-01-16 18:37:35

ん?…ああ、(暇に任せて革張りのソファに背を預け、迷い猫の肉球をにぎにぎと弄っていると、今まで抵抗の様子のなかった猫が何かに気付いたように床へと飛び降り、先程までの様子は何処へやら、一目散に夜の帳の落ちた町へと逃げて行った。入れ替わりにやってきた人物を、部屋に置かれた幾つかのランプが煩わしくない程度の光で照らす。暖色の灯りの中、星屑色の髪と美しい容姿を持つ男を視認すれば、無意識の内に獲物を見やるよう黒と銀の瞳を細め、口角を上げては愉しげな声をかけて)いらっしゃい。ようこそ、秘密の部屋へ。なーんて、

7:ユキ 2018-01-17 00:29:54

(自分と入れ違いになるように夜の街に溶けて行った黒猫の姿をそっと目で追えば、部屋の奥から何やら愉しげな声色で声を掛けられ、誘われるように顔を上げて声のする方を一瞥し。後ろ手に扉を閉めながら足を踏み入れると、室内を観察するかのようにきょろきょろと瞳を泳がせ。外面とすると幾分整っている内装を興味深そうに観察し終えると再び相手を見つめ、ゆったりとした足取りでソファに近付いていき) …ここ、貴方しかいないの?

8:クロ 2018-01-17 06:43:37

…今は、ね(氷青の瞳がこちらを見る。外装から受け取る印象とは違うだろう部屋の中、興味を惹かれたように観察する相手をゆるりと弧を描く目で見つめ、一言。さほど広くはない部屋だが、現在は簡易キッチンにも、浴室にも、別室のベッドルームにも、人の気配はない。ゆったりとした足取りで近付いてくる彼に軽く肩を竦めつつ、先程転がしていた小瓶を手の中で弄び、悪戯っぽい声音で)人が居る時は5、6人で乱交、なんて事もあるけど。そちらの方がお好みで?

9:ユキ 2018-01-17 18:15:22

…別に、どちらでも。僕は気持ち良ければ何でもいいの。
(纏う雰囲気はどこか謎めいていて冷たいような印象を与える風貌であるのに、その声色は対照的に明るいもので。よく掴めないなと思いながらも、得体の知れない何かを隠しているような相手に興味が湧いたようで。断りも入れずごく当たり前のように相手の隣に腰を下ろしては、掌に持つ小瓶に目が行き) …それはなーに、?

10:クロ 2018-01-17 20:08:33

…へぇ、そ。(ここに来る人間はやり方に拘りがある者が多いので、久し振りの反応にゆるりと目を細め。成る程、やり方は問わずとも気持ち良くなれれば良いのか。欲に貪欲なことだ、なんて。自然な動きで隣に掛けた相手の言葉に手を目線の高さまで上げれば、小瓶の中の液体をとろりと揺らす。口で説明するのは面倒だと親指で蓋を弾くように外せば、それを一気に煽り。にこり、と意味ありげに笑みを向ければ、流れる動作で相手の口元に顔を近づけ、同意は求めず口付けを落とす。舌で強引に唇を割り開くと、口内に強烈な甘さの液体を流し込む。全ての液体を移し終われば、あっさりと口を離して)身体があつくなって、気持ちよーくなる為のおくすり。

11:ユキ 2018-01-18 20:50:04

っ、ふ……ん、っ (興味深げに見つめていれば突然小瓶の蓋を指で弾き開けられ、驚きに目を丸くする暇もなく唇を重ねられ。唇を抉じ開けようとする舌の動きに合わせて薄く唇を開くと、何やらドロリとした液体が流し込まれ。口付けは自分にこの液体を飲ませる為のものだったようで、すぐ離れる相手を視線で追っては、口の中に甘く広がる味に驚いたように眉を寄せ。喉に張り付くようなその液体を飲み干すと、即効性の媚薬のようなものなのか、すぐに身体の奥が疼き出すのを感じ、思わず熱を帯びた吐息を溢して) …っはぁ、…相手、してくれるんだよね?

12:クロ 2018-01-18 21:21:15

んー…それは勿論、と言いたいところだけど、その前に(口内に残る、蜂蜜と砂糖を煮詰めたような強烈な甘さの残滓。唇に残ったそれを舌で舐め取り、軽く服の端で拭えば相手の方に向き直る。早速効いてきたのか熱っぽい息を吐く相手にくすりと小さく笑えば、黒銀の双眼を猫のように細めて。少し長い相手の髪にするりと指を通し、その流れで喉元を擽る。再び唇を奪えるほど近くに身を寄せれば、その耳元で吐息交じりに問い掛けて)——今日のお客は、こわーい狼さんかな、それとも可愛がられたい子猫ちゃんかな。

13:クロ 2018-01-19 23:51:43

夜も深まってきたし、浮上。のんびり野良猫に餌をやりつつ人待ちをするか。

レスを書き込む