TOP > なりきり > 彼の為のゆりかご

彼の為のゆりかご

最終更新 2018/01/28 23:43:18
レス数 28
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス28中:1-20

1:名無しの萌語り 2018/01/18 00:14:07 作成

ゆる募スレの方待ちです。


.

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

10:シフィア=オレウリウス 2018-01-20 23:12:17

うちでは7人も孤児を拾ってないからな。拾う予定もないし…うーん……
(慣れないのか辺りを見回す相手をそのままに、聞かされた名前とその由来に、そのままの名前で行くなら由来が破綻してしまうので良くはなく、軽く考えこんで、屋敷に相手以外に生身のコレクションを置くつもりもないので安直だが異国で「単一」や「唯一」といった意味を持つ名前を授ければ、ちょうど屋敷について。抱きとめたまま入ってゆけば)
そうだ。今後はユニと名乗るといい。……っとついたな。

11:ユニ 2018-01-20 23:30:07

ゆに、……ゆに!
(まさか名前を付けて貰えるとは夢にも思わず。高い教育は受けていなくとも、言葉の意味くらいは理解できるので、その意味を思い出すと嬉しそうに繰り返して己の名を呼び。嬉しさのあまりに出したままの猫耳をピクピクと揺らしては、ふわりと微笑んで)
シフィアさま、ありがとう。

12:シフィア=オレウリウス 2018-01-21 09:42:48

どういたしまして。……まずは、お風呂かな。
(我ながら単純なネーミングセンスに内心苦笑していたものの、思わぬ好反応に目を丸くして。ずっと動いている猫耳に触りたい欲求が芽生えるものの放浪していたのがありありにわかる薄汚れた身体を見れば、広い廊下を抜けて浴場へと向えば相手を下ろして服を脱ぎ出し)

13:ユニ 2018-01-21 12:48:12

…おふろ。ぼくお風呂、久しぶりです。
(己を抱き上げたまま広い屋敷内をどんどん進んでいく相手を不思議そうに見つめれば、風呂という単語が聞こえて。あまり良い対応を受けていなかった孤児院時代も滅多に入る事はなく、組織に捕まり牢に入れられてた間は以ての外であったので、久しぶりに入れるそれに嬉しそうに尻尾を揺らして。元々薄い布のような服装であったので、パパッとすぐに服を脱ぎ去り、相手の腕を取ってはくいくいと引っ張り)
シフィアさま、おふろ!おふろ!

14:シフィア=オレウリウス 2018-01-21 15:34:36

っと、と……あんまり急ぐな。別に風呂は逃げないから
(風呂についてからの相手の行動は素早く更に浮足だっているようで、水気があるためはしゃいでいては転ぶ心配もあるためにこちらを急かす様子を軽く諌めて。服を脱ぎ終われば、転ばないように手を引いて一緒に浴室へ入ればまずは体と髪を洗うところからだと洗い場に相手を適当に座らせれば石鹸を泡立てて丁寧に身体を洗ってやり)
痒かったり、痛かったりしたら言って

15:ユニ 2018-01-21 18:41:55

ん〜… シフィアさま、きもちい、です、..
(はしゃいでいたところを諌められてしょんぼりと肩を落としていたものの、洗い場に連れて行かれ、優しく相手に触れてもらうとふにゃりと頬を緩ませて。丁度良い温度と手付きに、張っていた緊張の糸が解けたのか、次第にうつらうつらと舟を漕ぎ始めて)

16:シフィア=オレウリウス 2018-01-25 17:54:25

おっと…
(洗っている間にずるりと脱力する身体を抱きとめれば、眠りの世界へ行ってしまいそうな様子で。子供のようなその様子にくすりと笑みを浮かべれば丁寧に身体の泡を流してやれば抱き上げ、風呂を上がり)
拭くから起きて

17:ユニ 2018-01-25 20:17:59

ん、ん……っは、ぼく、寝てました?
(突然の浮遊感に驚いたようにビクッと身体を跳ねさせてはパチパチと瞬きをして。身体を洗ってもらっていたはずなのにいつの間にか終わったようで、己を抱き上げる相手を見ると申し訳なさそうに眉尻を下げて)
...あ、あの、シフィアさま、ぼく自分で歩けますよ…?

18:シフィア=オレウリウス 2018-01-25 21:05:02

知ってるよ?ほら、ばんざーい
(こちらを伺う相手に何を当たり前なことを言っているのだろうと逆に首を傾げて。脱衣所につくと、床に下ろして使用人に用意させたバスタオルを手にとれば丁寧に身体を拭いてやり)

19:ユニ 2018-01-25 21:29:19

わっ、シフィアさま、ぼく自分でできます…!
(不思議そうに首を傾げる相手には此方の意図が伝わっていないようで。自分より位の高い者にこんな事をさせては駄目だと、焦ったように相手の腕を掴むとタオルの隙間からそっと見つめて)

20:シフィア=オレウリウス 2018-01-26 18:00:04

私が世話をしたいからしている。君はそれを甘んじて受けること。わかった?
(栄養状態や発育状態を確かめると言う名目もあるが、コレクションは自らの手で管理したいと言うのが本音であり、遠慮を露わにする相手に有無を言わさず強引に押し切れば髪の毛や身体を拭いて。粗方水気がなくなったことを確認すれば、ブラウスとズボンを手に取り着せてやり)
私の子供の時のものが残っていてよかった

21:ユニ 2018-01-26 22:45:05

わ、わかりました…
(出会ってからだほんの数時間であるが今まで優しい口調であったため、突然厳しく言われると驚きに目を丸くして思わず声を詰まらせながら頷き。そのまま大人しく髪や身体を拭いてもらうと衣服まで着せてもらい。ただその時不意に聞こえた'子どもの頃'という単語に思わずピンと耳を立たせて)
シ、シフィアさま… ぼく、17歳です…

22:シフィア=オレウリウス 2018-01-26 23:07:56

……13の頃には君の身長を抜かしていたよ
(年齢を告げられると予想外だったのかその場で言葉を失い表情を固め、目をはためかせて。軽い沈黙のあと、軽く頭を撫でてやり。服を着せ終われば、次は食事だと相手の手を引いて浴室を後にして)
食事の時間だ。さ、行くよ。

23:ユニ 2018-01-26 23:37:42

じゅ、13さい…
(確かに現在の彼も自分より十数センチは身長が高く、幼い頃から発育が良かったのだろうと伺わせる体躯をしているが、そんなにも早い頃に抜かされたのかと知ると過去の事ではあるが少々複雑な気持ちで。物思いに耽ながら、腕を引かれるままに後を付いて行き)

24:シフィア=オレウリウス 2018-01-27 10:50:54

(食事を用意するように伝えてある、広間へと向かい。テーブルには料理が犇めき合っており。手を引いたまま何時もの自身の定位置に向かえば引かれた椅子に座り、相手を当たり前のように膝の上に座らせれば)
食べられないものは?

25:ユニ 2018-01-27 18:47:55

ぁ、えっと、好き嫌いはありません!
(腕を引かれるままに相手の後ろをついて行くと、何やら良い匂いが漂ってきて。大きな扉が開いた先には、これ又大きなテーブルの上に豪勢な料理が並べられていて。驚きに目を瞬かせていると、いつの間にやら膝の上に座らせられていて。戸惑いはしたが浴場での事があるので何も言わず、相手の質問にしどろもどろに答えて)

26:シフィア=オレウリウス 2018-01-27 19:13:28

そう。じゃあ口をお開け
(アレルギー等はなさそうでよかったと頷けば、多分見立てではロクなものを食べて来なかったであろう痩せた体。いきなり味の濃いものや重いものを食べさせてはいけないと、スープを手に取ればそのまま自然な動作で相手の口元へ運び)
おいしい?

27:ユニ 2018-01-27 23:37:34

んっ、…おいしいです!
(口元に差し出されたスープを啜ると、野菜の旨味が滲み出た優しい味付けが口の中に広がり。このような繊細な料理を口にしたのは初めてで、感動したように瞳を輝かせると緊張していた表情が思わず緩んで。無意識のうちに尻尾をゆらりと揺らし)

28:シフィア=オレウリウス 2018-01-28 20:28:25

…人間の食べ物食べて平気?
(どうやら嫌いな味ではなかったようで安堵して、比較的薄味で柔らかめのものをチョイスして食べさせていたもののふ、とゆれる尻尾に目が行けば相手が半獣人なのを考慮していなかったため首を傾げて)

29:ユニ 2018-01-28 23:43:18

ぁ、はい…。えっと、今まで食べれない物なかったから、多分大丈夫だと…
(まるで己の心配をしているかのような相手の対応に、今までそういう扱いを受けたことがなかったのでしどろもどろに答えて。しかし戸惑いつつも、その優しさは温かく嬉しいもので。たどたどしく答えると、ふわりと綻ぶような笑顔を浮かべて)

レスを書き込む