TOP > なりきり > Please teach me how to…! 【非募】

Please teach me how to…! 【非募】

最終更新 2018/08/20 10:25:34
レス数 133
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス133中:1-20

1:西木 隼磨 2018/02/07 15:50:21 作成

当方、23歳、社会人2年目のリーマン男子です。
中高一貫高偏差値男子校を経て、某有名国立大学を卒業後、そこそこ知名度のある会社に就職を果たしました。
順風満帆な人生…!だと思っていたのですが、「恋愛」や「性的な経験」をすべてどこかに置いてきてしまったようだと最近気付きました。

職場の先輩や上司から「キャバクラへ行こう」「フーゾクおごってやる!」などと言われるのですが、その…お、女の人と付き合ったこともなければ、自分で自分を慰めたこともなく…その… 生粋のDTなのです。

というわけで、いろいろと教えてください…!!

お相手決まっています!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

115:速水 誠 2018-07-23 21:53:59

ん、は…あんま見んな…。(口淫するのはいいがまじまじと見られるのは流石に羞恥心というものがあり、相手の言葉を聞いて口を離しては片手でクッションを掴み取って相手の顔に押し付け。半ば強制口を閉じさせ、再び相手のへ唇を寄せて口に含んでは今度は先端を咥えるだけでなく口の奥へと相手のを口に含んでいき)

116:西木 隼磨 2018-07-24 14:56:05

もがっ……!
(ぼんやりとでもしっかりと眺めていた先から飛んできたクッションをよけることができず、まともにくらうと思わず変な声が出たが、その声はすぐに甘ったるいものに変わって。舌が、口腔内が、くちびるが…もうどれがどれだかわからないが与えられる初めての快感には、顔の前で抱きしめたクッションに涙をにじませながら耐えて)
あっ…ぅー…… んんっ……

117:速水 誠 2018-07-25 12:09:13

はッ…お前、のデカ過ぎだろ…っん…、(1度達したにも関わらず直ぐに質量を増す相手のを口に含もうとするも、全てを受け入れる事が出来ずにいれば含みきれない根元部分に手を添え。上下に擦りつつ竿部分に舌を這わせては、溢れ出す先走りを啜り)

118:西木 隼磨 2018-07-25 19:34:15

ごめ、な、さ…っ……
(いったい何が大きすぎなのかもわからないが、とにかく怒られているようだと感じれば、まったく力の入らない声をとぎれとぎれに吐きつつ謝って。やわらかく熱いものにくるまれなぶられる自身は、すでに痛いほどになっており、止まらない涙でうるみっぱなしの瞳のまなざしをクッションの陰から送って)
せんぱ… 気持ちいい… けど、痛い、でふ…っ…

119:速水 誠 2018-07-25 21:56:04

ん…?は、…バカ、謝んなよ…ほら、見たけりゃ好きにしていいから取り敢えずリラックスしろ。
(口淫で気持ち良さは感じているようだが達する事が出来ず、質量が増すばかりで自身が張り詰めて辛そうにする相手を見ては緊張しているのだろうかと考え。視界を遮ったままでは緊張も解けないままだろう、と思えば一旦相手のから口を離し、顔に押しつけるように抱き締めるクッションへと手を伸ばしては顔から外して胸に抱くように誘導し。口の中で唾液を絡めて再び相手のを咥えてはジュ、と時折水音を立てつつ頭を上下に動かして相手のを刺激し)

120:西木 隼磨 2018-07-26 12:20:21

あっ、や、だ…っ……!
(クッションをどかしてもらったおかげで視界は開けたが、涙でぼやける視点を自分の下腹部に落とせば、自他ともに求めるほどにガチガチのこちらの自身を躊躇なく咥え、むしろ積極的に様々なことを施してくることから目が離せなくなり、じぃっと見つめていれば、突如射精感が高まり、誠を汚してしまってはならないとはっと身体を緊張させたが間に合わず達してしまって)
ひあっ……!せ、先輩っ… !ご………め、な…ッ!!

121:速水 誠 2018-07-26 23:05:21

ンッ…!む、ぐ…っぷは、
(視界が開けたことで自分の今の状況を理解して一気に射精感が募ったのか、先走りの量が増えればすぐにでも達してしまいそうなのを感じ取り。間も無くして相手が達してしまえばまだ濃さも量もある白濁に口では全てを受け止めきれず、軽く噎せて相手の自身から口を離せば顔にも掛かってしまい。口に残った分を飲み込みつつ顔に掛かった精液を指で絡め取っては眺め)
まだこんなに出んのか…。

122:西木 隼磨 2018-07-27 20:27:42

はぁ……・・・
(どうにか迎えることができた絶頂に、深い息を吐きながらクッションを抱きしめ直し、とろんとした表情でまどろんでいたが、そういえば下腹部のあやりに誠がいるじゃないかと思い出し、ぱっと目を開けて視線を移せば、口元に白いものがついたまま、何かを飲み込む様子などが見え驚愕して)
せ、先輩っ…それ、なに、して…?!

123:速水 誠 2018-07-28 22:42:10

なにって…おまえの、飲んだだけ。(何をしているのだと驚いた様子で見下ろしてくる相手を見ては、何をそこまで驚くのだと逆にこちらまで不思議に思ってしまい。口の中のものを飲み込んだ証拠を見せるかのように あ、と口を開いて見せては相手を見上げつつ首を傾げると感想を問い掛け)
で、気持ちよかったか?

124:西木 隼磨 2018-07-29 10:26:46

あ、そうですか……
(「飲んだ」とひょうひょうと言われると、いわゆる常識がわからないため、そういうものなのか…と知識として脳に刻むべく誠の行動の一連をなぞれば、同機されて思い出されてしまう快感に、誠の咥内を眺めながらひとりぼーっとしていて。感想を尋ねられれば赤らめた頬をにへらと緩めながら、再度クッションを胸の前でぎゅっと抱きしめ、満足そうに言葉を吐いて)
…はい。すっごく気持ちよかったです。…先輩、いろいろとありがとうございました。

125:速水 誠 2018-07-30 18:11:22

ん…で、少しは自慰の仕方分かったかよ?(口元を拭い、当初の目的は経験皆無な自分に色々と教えて欲しいということでありまだ序の口といったところではあるが相手のペースというものがあるから、どこまで求めているのかが分からずにいては更に問い掛け)
それと、お前はどこまで教えてもらいわけなんだ?

126:西木 隼磨 2018-07-30 21:42:27

え?あ、あぁ……自慰、そうでした……
(自分の手ですると教えてもらったはずだが、誠の手やくちのイメージのほうが強く残っており、ちょっと自信はなかったが、ここまでしてくれた誠のことを思えば、それは言えず口ごもり誤魔化して。ようやく呼吸も落ち着くと、ちらりと誠のほうに申し訳なさそうな視線を移し質問に答えて)
それは、もちろん… さ、最後までですけど…… でも、先輩もお疲れ、ですよね?また、今度でも…

127:速水 誠 2018-07-31 21:01:23

まぁ、俺は別にいいけど…マジで女呼ばなくていいのかよ?
(教えてやると決めた以上、今更止めると言うつもりはないものの初めての相手が男でいいのだろうかという疑問が未だにあっては相手の気持ちは変わらないのだろうかと真意を知るべくジッと見つめ)

128:西木 隼磨 2018-08-03 15:02:17

おんな…?え?!いや、む、無理ですっ、まだ…!
(職場の同僚など自分の周囲にいる女性や、テレビやネットで見るような女性たちが、今の自分を受け入れてくれるかと想像すれば、深く考える間もなくふるふるっとあたまを振って。がばっと起き上がるときれいに正座し、三つ指をつくと、シーツに額がつくまで頭を下げて)
先輩!!お願いします…!ご面倒でしょうが…どうか、ご教授のほどお願いいたします!

129:速水 誠 2018-08-03 19:15:28

お前がそれでいいならまぁ、別にいいけど…じゃあ教えてやるからちゃんと覚えろよ。(深々と土下座をしてまで教えを請う相手を見てはどうしたものかと頬を掻くも、教えてやると言った手前ここで断るのもと考えては相手の頭に手を乗せてポンポン、と頭撫で。ベッドサイドのテーブルの引き出しからローションとゴムの箱を取り出しては、ゴムのひとつを箱から取り出して相手に差し出し)
なぁ…ゴムの付け方は習ったことあると思うんだけど、自分で付けれそうか?

130:西木 隼磨 2018-08-06 10:48:52

はい…っ!
(見捨てられなくてよかった…と、ぱあっと笑顔を見せながら、相手の行動の一部始終を見守っていれば、自分にとっては見慣れないものたちが出てきて「ゴム」と言われたものは、昔授業の一環で触った気がするが、自分の人生には無関係!とばっさり記憶を切り捨てていたようで、誠の手元をきょとんと眺めて)
……ちょっと自信ないです… これ、必要なんですか?

131:速水 誠 2018-08-07 10:21:59

バーカ、当たり前だろ。女相手にゴム付けるとか基本だからな。つか、付け方分からねぇってマジか…。(ゴムに関しての知識も捨ててきたという相手に、本当に初めから教えなければならないのか…と途方に暮れそうになるもののそれを態度に出せば泣いてしまうのではなかろうかという懸念があれば溜息を押さえ込み。ゴムを付けるにも先ずは勃てさせなければならないからと、相手には自分でやるように促してみせては己の自身に手を掛けて上下に擦り始め)
じゃあ早速復習がてら、お前は自分で自慰しろよ。ただし、イッちまったら意味がないから勃ったらそこでストップな。

132:西木 隼磨 2018-08-12 11:42:26

基本…ですね。わかりました。
(「基本」と言われると、勤勉な性格に響いたのか、はっとなり忘れないように言われたことを脳内に刻み込んで。受け取った小さなパッケージをまじまじと眺め、こんな形状だったけ…などとぼんやりしていると、目の前で始まった行為に目を丸くしたが、慌てて正座のまま自分も自身を握り、誠の動きをまねするように動かして)
は、はい…っ…    ん…

133:速水 誠 2018-08-16 21:21:56

んッ…、(こんなものか、と手を止めてゴムの包装を開けて自身に装着させては相手へと視線を向け。相手の様子からして復習だとか馬鹿真面目に考えながらこちらを真似て自身を擦っているのは容易に分かり。自分は今となっては女性経験よりも男性と行為に耽ることの方が多い為、最後までさせて欲しいという要望に応えるのはいいのだが、初めてが男というのは本当に良いのだろうかと疑問に思いつつ拙げに手を動かす相手をジッと眺め)

134:西木 隼磨 2018-08-20 10:25:34

んー……
(想像もなにもないままに、ただ自身を握り上下に動かしてみると、硬くなってきているようには感じるが、先ほどのような快感などは得ることができず、それでも誠を困らせるわけにはいかないと物理的な刺激を与え続けて。腕が疲れてきた…などと思ってしまうと、ふと、誠にくちでしてもらったときのことが脳裏に浮かんできたため、それを思い出すと徐々に快感を得られるようになり、しっかりと勃ち始めて)
はぁ… せ、んぱい……っ

レスを書き込む