TOP > なりきり > 藤の文鎮、万年筆。─弐─

藤の文鎮、万年筆。─弐─

最終更新 2019/01/16 21:06:27
レス数 791
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス791中:1-20

1:へし切長谷部 2018/02/10 09:53:02 作成

 
一等大切で、一等愛しい貴方のみ。

    Since:2015.07.20

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

773:へし切長谷部 2019-01-04 07:20:37

有難き幸せ。主に御期待頂けるだけで、俺には大きな力になりますよ。(小さな音聴こえて居ただろうかと気にする間も無く相手の零す笑みに肩縮込ませ、羞恥誤魔化す様一つ咳払いした後掌合わせ。正面腰掛ける相手の所作眺めつつ食事摂る箸進め空腹訴えた腹満たしていって、)

調子に乗っても赦されますし、俺としては有難い限りです。それに、確信犯は御互い様でしょう?──ええ、御任せ下さい。何処へでも御供致します。(一礼、)

774:審神者 2019-01-04 13:52:16

それなら遠慮無く期待させて貰う事にしよう。……多少無理したとしても、その時は俺が手入れする約束を果たせるもんな。(羞恥から来る仕草見ては聞こえない振りの方が優しさかと思いはすれ溢れた笑みは取り消せず。しかし腹の虫鳴かずとも自身も相手と同様それなりに空腹で、会話交えつつ遅くは無いペースで食器の中身減らして行き、)


その言い方だと悪戯っ子を許してる気分になるな……、うぐ、まあ、そう言われればそうなんだけど。――ああ、有難う。今年もどの刀よりお前を一番頼りにしてるよ。(こくり、)

775:へし切長谷部 2019-01-05 13:57:40

嗚呼……其れは益々無理のし甲斐も有ります。結果も残せて主手ずからの手入れもして頂けるとなると、俺には良い事尽くしですから。(正面に窺う相手の箸のペース見れば空腹己だけで無かったと安堵に双眸緩み。加えて以前交した約束に想像掻き立てられれば自然笑み深まり、次の出陣への意欲募らせつつ器の中身減らしていって、)


まあ……貴方に対しては悪戯っ子と言われても仕方が無いかも知れませんねぇ。こんなにも大人気無かったかと、俺自身も驚きですよ。──っ……有難き幸せ。誰よりも貴方の御役に立ちましょう。(桜ぶわっ、)

776:審神者 2019-01-06 07:02:53

……無理をしないのが一番なんだろうけど、そう言われると良いかなと思っちゃうな。(自分が何かする事で相手が喜ぶのが嬉しいならばこの件も当然当て嵌り、散々無理をしない様言ってきた身がそうなる事苦笑呼びつつも細め伏せた双眸は幸福感に満ち。緩やかに心温まるの感じつつ何時の間にか食器は空の物が多くなり、)


……そんなに?……まあ、そこまで大人気無いお前を引き出せてるなら、それはそれで光栄というか。――頼もしいな。ふふ、そして誰よりも俺に、一番可愛いところを見せてくれると嬉しい。(両頬へ掌添え、)

777:へし切長谷部 2019-01-06 19:30:10

死ななきゃ易い、ですよ。折れさえしなければ何とでもなりますし、折れるつもりは皆無ですから御安心下さい。(刀剣束ねる主としての相手が怪我に慎重な事理解出来ており、其れ故に此方の意志汲み絆される様な発言嬉しく相貌緩み。穏やかに言葉続けつつ最後の一口を運び終えれば、食後の茶を淹れるべく一度席立ち二つの湯呑みへ温かな御茶注いで、)


其れだけ貴方に心を掴まれて居ると云う事です。尤も、悪い気は致しませんが。──う、可愛い所……ですか。もう。主にしか見せられませんよ、此の様な所は。(かああ、)

778:審神者 2019-01-07 13:50:36

はは、お前は最初からそうだったな。大丈夫、安心して信じてるよ。(窺い見た表情の柔らかさ理由迄は測れずとも続けられる宣言への安堵も有り釣られて笑み浮かべ、心配こそ有れど相手を信頼して居るのも確かで緩り頷いて。会話の内容こそ何時も通りなものの緩り食事摂り任務に追われる事無く過ごす時間愛おしく、御茶入れる相手の姿眺めれば自然と口元緩ませ、)


なら仕方無いな。長谷部の心を掴めている分だけ、俺もお前に心を掴まれて離れられないんだから。――本当?良かった。こんな所を見せちゃうのはちょっと勿体無いからな。(ちゅ、)

779:へし切長谷部 2019-01-07 21:08:54

ふふっ。俺も主の采配を信じて居ります。──どうぞ。茶の間に膳は下げて貰いましょうか。(向けられるのが不安や心配でなく信頼と笑みである事に益々緩みそうになる表情咳払い一つで誤魔化し。茶の用意済ませ向き直った所で視界に入る口元綻ぶのを見れば何やら照れ臭く、数度頬掻いた後相手の前へと湯呑み一つ静かに置いて、)


ふふっ。俺だけが貴方の心を掴めるのだと思うと至極幸せですよ。今後も、他の輩には赦さないで下さいね。──そもそも見たがるのは主くらいだと思いますがねぇ……。(かあ、)

780:審神者 2019-01-08 02:35:27

そう言って貰えると審神者冥利に尽きる。――ああ、有難う。そうしようか。(幾度と無く見て来た周知や似た物誤魔化す手段見遣れば何事かと内心首傾げ。しかし此方の表情が為か結局照れた風な仕草目に入れば今度はふ、と小さく噴き出して、若干笑い混じる声で礼述べた後置かれた湯呑み口へ運んで、)


こんな幸せで良ければいつまでも贈るよ。……う、最後のは少しときめいた。――はは、俺だけかぁ。それならむしろ好都合ってもんだよ。(くす、)

781:へし切長谷部 2019-01-08 22:09:46

こんなにも頼もしい主は他に居ないでしょう。勿論、日頃の生活に於いては別ですが、なんて。──もう、笑わなくとも良いではありませんか……。(采配への信頼再度口にする最中ふと悪戯めいた笑み浮かべては楽しげに揶揄口に載せ。笑み交じりでの返答に拗ねた素振り見せはするものの其の表情何処か緩んだ物で、下膳頼んだ後自らも一度腰落ち着け自身の湯呑みへ口付けて、)


嗚呼……有難き幸せ。ふふっ、こんな些細な事でときめいて下さるのですか?──ええ。ですからどうぞ、今後も独占して下さい。……なんて。(ぽそぽそ)

782:審神者 2019-01-09 19:31:37

そう思われてれば上々だよ。生活はお前が世話してくれるだろ?――ごめん、可愛かったからつい。(刀剣からの信頼素直に嬉しく思っていた所不意の言葉に照れ臭さに唇緩み、其れ隠す様に口元覆うとちらり相手窺いつつ問い掛け。お茶飲みつつ聞く拗ねた声色尤もでは有るも返しは例の如く軽い物で、)


些細って。……お前は自分の威力を自覚してないからそう言えるんだぞ。――っ、ああ、もう、可愛いな!こんなとこ他の奴らに見せる訳無いだろ……!(こくこく、)

783:へし切長谷部 2019-01-10 07:45:09

ふふっ、勿論ですとも。圧倒的責任感を以てお世話させて頂きます。──全く、相変わらず絆すのが御上手で居らっしゃる。(揶揄に対して寄せられた己への信頼と期待の言葉に表情緩むばかりではあるものの即座に首肯返して。何時もの如く軽い調子で返されると此方も普段の調子で唇尖らせ、啜った茶の温かさにほっと一息つく最中膳が下げられるのを見送って、)


そうですか?うーん……主が俺に弱いからかなと思ったんですが、なんて。──っ、言い過ぎです……。でも、その……有難う御座います。そう言って頂けるのが嬉しいです。(桜ふわ、)

784:審神者 2019-01-10 20:43:45

ははっ、やっぱり。安心した。――いやいや、長谷部の方が絆されてくれるんじゃないか。(予想と寸分違わない肯定の返事返って来れば安堵やら何やらでくすり笑い零し。盆に食器載せ片付けて行く仲居さんが一礼と共に部屋閉じたのを最後に再び二人きりとなり、湯呑みのつるりとした表面指先で軽く撫ぜ乍揶揄う様に返して、)


え、俺が?……そりゃまあ、何も間違ってないけど。――可愛い、について言い過ぎたと思った事は無いぞ。……、ふふ、それなら本当に良かった。……これからも遠慮無く言っても良い?(首傾ぎ、)

785:へし切長谷部 2019-01-12 09:40:48

御安心頂けて何よりです。ふふ、ちゃんと俺に世話を焼かせて下さいね?──まあ、其処は否定出来ませんよ。惚れた弱味と云う奴です。(再び二人きりの空間訪れれば居住まいやや崩し寛ぐ体勢取り、同じく笑み浮かべる相手へことり、小首傾げ乍念押し加え。揶揄に照れから視線泳がせはするものの同意にて返し、誤魔化す様に湯呑み呷り中を空にして、)


でしょう?そりゃあ何時でもときめいて欲しいなとは思い乍言葉を選びますが。──う……、俺が拒めるとでも?元より、貴方に可愛がられるのは嫌ではありませんし……。(ぽそり、)

786:審神者 2019-01-12 21:33:27

……そうだな、出来るだけお前が満足出来るように。――ん、ふふ……、それは嬉しいな。(ぴしり姿勢整える相手が格好良いのは当然の事寛いだ姿も様になる、等とぼんやり考える所へ届く言葉にふむと首肯し。端から否定されはしないと想像して居たものの思いの外率直な返事にきょとり瞬き、堪え切れず口元緩めば他に言葉も無く喜色溢れ、)


……お前には俺の事をよく分かられてるから、そういうのに特別弱いんだってば。――拒めるかはともかく、拒まれはしないだろうなぁ、と思ってた。ははっ、聞いたからな。沢山可愛がらせてくれよ。(なで、)

787:へし切長谷部 2019-01-13 21:56:17

幾らお世話してもし足りなければ、四六時中片時も離れずに居られる……と云う事でしょうか、なんて。──……ほら、また。そう云う御顔を見ると、つい絆されて仕舞うんです。(現状に於いても不満無いものの相手の発言裏を返せば己に果てしなく好都合で、至極大真面目に呟き溢したかと思えば冗談めかし肩竦め。只同意返しただけで相手の表情に笑み浮かぶの見て取れば照れやら羞恥やら湧き上がり、しかし其れ上回る慕情に苦笑しはふり嘆息溢して、)


ふふっ、絆され易い主も大変御可愛らしいと思いますよ。──……有難き幸せ。ですが……言うからには、俺を一等可愛がって下さいね?(かあ、ぽそっ)

788:審神者 2019-01-14 17:33:30

……それは、まあ。そうしたいと思うなら。――本当に俺に甘いんだなぁ……ふふ、可愛い所が沢山見れて好都合ではある。(聞く迄欠片も思考に無かったものの裏を返せばまさしく相手の言う通りで、冗談ぽく纏められて締まった其れに全くの嫌悪等無く緩り頷きにて返し。先からの返事己への甘さ感じるばかりで湯呑みの中空にしつつしみじみと呟き、)


か、……わいいって言うのは良いけど、さぁ……もう、狡いな。――勿論、目移りなんてしないさ。お前を一番に見て、可愛がって、そして一番愛するよ。(ふふー、)

789:へし切長谷部 2019-01-15 07:36:47

常に貴方の御傍に居たいのは否定出来ませんから。勿論、立場と限度は弁えて居りますがね。──其れはもう甘いですよ。主であれば何でも赦して仕舞う程です。(冗談にて括った発言への返答存外感触悪くない反応得れば双眸緩め。先程より照れや羞恥煽られ乍も結局絆される流れから抜け出せず困った様に眉尻下げつつ頬数度掻き、如何に己が甘いか吐露した後身を乗り出しては軽く口付けへらり笑み浮かべて、)


おや、狡いのは俺だけでは無いでしょうに。ふふっ、矢張り御可愛らしいなあ。──嗚呼……有難き幸せ。主の一番で在るに相応しい刀で居られる様、今後も己を磨きますね。(桜ふわ、)

790:審神者 2019-01-15 20:40:32

はは、そうやってきちんと分別できる所も好きだよ。――…そういう事言われると余計抜け出せなくなるじゃん。(笑顔で続けられる言葉聞き乍本丸で他の面々と居る時に時折洩れる恋人としての姿思うも、否定返す所か愛らしさ増すばかりでこくり頷いて。照れ露わにする仕草微笑ましく眺める最中近付き触れる唇不意打ちで、多少頬熱くなるの感じ照れ臭そうに苦笑浮かべて、)


確かに俺ばっか言う事じゃ無いけど、それでも言いたくなるんだよ。……狡いぞ。――そうやって頑張ってくれる所も可愛いよ。さらに魅力を増していくお前を、一番近くで見せてくれ。(うんうん、)

791:へし切長谷部 2019-01-15 22:21:26

……んん。今のは不意打ちでした。──抜け出せずとも良いではありませんか。相手に甘いのも何でも赦して仕舞うのも、御互い様ですし、ね?(想定外の流れでさらり口にされた好意身構えて居なかった分響き、一気に押し寄せる照れやら歓喜やらに閉口した後心情誤魔化す様な咳払い一つし。隙を突いての唐突な口付け思惑通り相手の表情動かせば満足気に口元緩め乍ことり小首傾げて、)


そうして不服そうにする主も御可愛らしいので、俺としては『狡い』と言われるのも吝かで無いですよ。──ええ。貴方の為に己を鍛えるのですから、貴方にこそ見て頂かなければ。……少し、照れ臭いですがね。(くす、)

792:審神者 2019-01-16 21:06:27

そう?はは、やったぁ。――……まあお互い様なのは分かってるし、抜け出せると思った事は無いよ。抜け出そうとも思わないさ。(何か反応有るかと思いきや想定以上に照れに襲われたらしい相手に此方もきょとり瞬き、不意打たれたとの宣言に胸満たされるの感じ喜ぶ言葉朗らかで。肘付き頬杖ついて見る満ち足りた様な表情に絆され一欠片の不服も無い声で返し、)


……う。駄目だ、言いたくなくても狡いとしか言えないぞ。こいつめ。――それは良い。一つも余さず見させて貰うことにするよ。……照れる所も、な。(はは、)

レスを書き込む