TOP > なりきり > 恋煩いとタンタシオン

恋煩いとタンタシオン

最終更新 2018/03/22 13:17:39
レス数 39
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス39中:1-20

1:加賀見 譲 2018/03/06 18:50:30 作成

思春期の時分にゲイセクシャルだと自覚してからというもの、人に拒絶されるのが怖くて恋愛のひとつも出来ずにいた当キャラ。
カミングアウトなんて以ての外、同じ性指向者の集まるコミュニティにすら近寄れず、ずっと本当の自分をひた隠しに続け、気付けば恋はおろか性経験も無いまま三十路を迎えていた。
さすがにそんな生き方にも慣れて来た頃合いだったが、新しい赴任先の高校で生徒の一人に一目惚れしてしまう。
一回り近く年下の男の子になんて感情を……そう思いつつも目は密かに彼を追ってしまい、それでも長年の経験でうまく隠せていると思っていた。
当の彼に指摘されるまでは。

「あんた、俺のこと凄い目で見てるだろ。…男が好きなのか?」

「ちっ、違うよっ!?男だからって、僕は誰でも見てるわけじゃ……、あっ」

恋愛に逃げ腰なゲイセクシャルの教師×同性愛に興味津々なノンケ(?)生徒

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

21:加賀見 譲 2018-03-12 01:42:20

(気付かれてしまっていた──しかしこの邪な恋心までは流石に勘付かれてはいないだろう。自分が今までどんな目で相手を見ていたのかも分かっていないためそう思い込み、かつてないほど近くで感じる体温や耳にかかる吐息に鼓動が早まるのを自覚しながら引き攣った笑みを浮かべ)あ…はは…、そんな、まさか。試合は確かに見ていたけれど…わ、ぁあ!?中谷くんっ!?(いつも通り繕えていたのはほんの僅かな時間。きっちり着込んだセーター越しに手が這い、それがやがて未だ兆していないにも関わらず既に並みの男性の勃起状態くらいには大きい自身の陰茎に到達するとまた跳び上がりそうなほど驚いて、目を白黒させつつ止めようとその手を掴み)

22:中谷蓮 2018-03-12 12:03:08

ふぅん…?あんなに熱い視線で見ておいて、そんなこと言うのかよ。もしかして、男なら誰でもいいんだ
(相手があくまで見ていたのは自分ではなく全体だと言うものの今まで何度もあの絡みつくような視線を向けられていたのは自分だと言うのに認めない様子に、それならば逆に相手の言葉にのってやりあの場にいたのは男子生徒のみであるため少なくとも男が好きなことには違いないとカマをかけて。撫でた性器は大きく既に勃起しているとばかり思い込んではあとひと押しだと思いつつ手を抑えられたため急遽指を絡めて恋人繋ぎにしてみて反応を伺い)

23:加賀見 譲 2018-03-12 12:23:00

ち…違う!僕は君だけ……っ、あ、…いや、えっと…。(あからさまな目で見ていた事を指摘され顔を赤くしたり青くしたりしながらも、誰でもいいのか、と言われてしまえば心外だとばかりに勢いで想いの丈を告げかけ慌てて口を濁し、下手な咳払いをして。後ろから抱きつかれたり体を触られたり指を絡められたりと先程から夢のような出来事ばかりで、まさか相手も自分の事が好きなのだろうか?なんて都合よく湧く妄想をそんな訳ないからかっているだけだと一蹴し、繋がれた手をやんわりと解くとぎこちない笑顔を浮かべて退室を促そうとし)と…とにかく、そのままだと風邪引くよ。早く着替えておいで?

24:中谷蓮 2018-03-12 14:59:41

やっぱり俺のこと好きなんじゃん。なぁ、せっかく二人っきりだし…俺の身体欲しいだろ?いいんだぜ、好きに触って味わったって
(相手が挑発に乗り男子誰でもではなく自分を見ていたのだと零せばニヤリと笑い上機嫌で、服を着替えるようにと退室を促す言葉を聞こえないふりをして離れようとせずにいて。ふと思い立っては背中から離れて相手の椅子を回し向き合う形にしては相手の手を取り未だ火照る身体に触らせて、舌なめずりをし挑発するように告げながらきっちり着込まれた相手のネクタイを片手で解きボタンを外し首筋に吸い付き)
先生だけに特別だぞ?なぁ…俺が欲しいって言えよ

25:加賀見 譲 2018-03-13 10:30:36

…勘違いだよ、僕は、そんなつもりじゃ…っ。(弱々しい言い訳を繰り返すものの、触れさせられた相手の火照った瑞々しい肌の感触に生唾を飲んでは一筋伝う相手の汗を無意識に指先でそっと拭い取り、遠くで見つめるだけだった求めてやまないものが間近にあるという刺激の強過ぎる光景を食い入るように見つめ、自らの中心に熱が集まっていくもそれが股間を膨らませる寸前で首筋に覚えた柔らかい感触に我に返り、相手の肩を掴み無理矢理に引き離して)…っ……だ、駄目だ!(湧き上がった衝動を追い払うべく鬼気迫る表情で叫ぶと共に授業の終わりを告げる鐘が鳴れば大きく息を吐き出し、自分は副担任なので出席はしないが、相手の事は担任が捜しに来るかもしれないと案じ、相手の顔をまともに見れず急いで机の上を片付け始め)……ほら、次はホームルームだろう?僕も、職員室に戻らなくちゃ…。

26:中谷蓮 2018-03-13 12:35:34

ぅ、わ…ッ
(相手の手を掴んで触らせれば汗をすくい食い入るように見ており、もう少しだと思えたにも関わらず、首筋に吸い付いた瞬間に今までにない力で無理やり引き離され鬼気迫る表情で自分にというより相手自身に言い聞かせるように駄目だといい、理由をつけて去ろうとする相手に逆に闘志が湧き。片付けわする相手を引き寄せ床に押し倒しては上に跨り逃げられないようにし、ニンマリと笑って汗が滴るのも構わず見下ろしてホームルームをサボる旨をラインで友人に伝えておりその画面を見せて)
俺を味わいたいけど、ホームルームだから、ダメなんだろ?大丈夫。ホームルームは先生のために\"おやすみ\"するって言っちまった。だから…な?
(これで断る理由はないはずだといい自身を刺激するかのように腰を小さく揺らしつつシャツの裾から手を入れて腰あたりをいやらしい手つきで撫でて誘うようにして)

27:加賀見 譲 2018-03-15 10:26:12

(あまり運動神経が良い方ではないので、相手の仕掛けてきた動きには咄嗟に対応出来ず、軽く打ち付けた後頭部の痛みに目を回しつつ気付いた時には床の上。それも相手の長駆に跨がられてしまい押し退けようにも手が届く範囲は相手の胸から下、この状況じゃどこを触ってもセクハラになるのではと思うと恐ろしくて中途半端に手を浮かせたままどうすることも出来ず、見せ付けられたスマホの画面を泣きそうな顔で見つめ)…い、いや…こんなこと、駄目だって…本当に、許されないから…!っうわ、…やめ、やめて…!(体操着越しでも分かる肉厚な尻臀に自身を挟まれ微妙にではあるが擦るような動きをされ、気崩れた服の隙間から肌を直接撫でられ、鋼の理性で抑え付けていた欲望が徐々に膨らみ、生娘のような反応とは正反対に大きくテントを張った硬い股間の感触を相手に伝える結果になって)

28:中谷蓮 2018-03-15 13:55:26

バレなきゃいいんだよ。先生だって興奮してるクセに。
(押し倒せば先程までの威勢はどこへ行ったのか、困ったような泣きそうな顔をしながら手をさまよわせる相手に捕食される小動物のようだと思いながらクスクス笑ってどういじめて食べてしまおうかと考えていると、臀部に立ち上がった相手の性器があたりあながち嫌ではないのだと分かればさらに強気になり、服を捲りあげ顕になった乳首に指をはわせ片方を舌で転がしながら相手の様子を伺って)

29:加賀見 譲 2018-03-16 16:12:21

そ、それは…!…その…っな、何かの間違いで…!うわ、わっ……(生真面目過ぎるが故に、相手と二人きりであるという状況下においても好都合だなどとはとても考えられず、そしてまた、興奮度合いを指摘されようと無理にでもとぼけていたが、徐ろにセーターと下のシャツを捲られて虚を衝かれるのも束の間、己の乳首を愛撫しながらこちらを窺っている光景と相手の体勢が変わったことで鼻孔を掠める汗の匂いに強い目眩がし、目を見開いたまま強張るだけの上半身に反し正直過ぎる下半身はむくむくと更に膨らみズボン越しにでも些か凶悪過ぎるサイズまで成長し、ろくに刺激されていないにも関わらずあわや暴発一歩手前の状態で、先走り液が染みでもしたのか若干パンツが濡れた感覚に危機感を覚え、無理矢理身体の緊張を解き上擦った声で必死に訴えながら相手を引き剥がそうとし、同時に自分も後ずさろうとして)な、なかや、くん!待って、一旦離れてくれ,一旦で良いから!

30:中谷蓮 2018-03-16 16:30:55

一旦退いたらもう二度とこんなヤレそうなチャンス作ってくれなさそうだしイヤに決まってんだろ
(相変わらず自分に惚れていることや興奮してることなどを一切認める様子がない相手に今までの相手と違い上手くいかないため少し腹立たしくもあるも、臀部にあたる相手の性器は硬くなるのは身をもって分かっているし舐め始めてから立ち上がる乳首や熱い息遣いなどに脈がない訳ではないのだと自信を取り戻し、相手の慌てたように一旦離れてほしいという要望も、相手ならばこのあと再びこの状態にしてくれる訳でもなくむしろ避けるに違いないとふみ合わせて二人きりでこんなチャンスは暫くないだろうといっそう攻めることにしてはふと気にしてなかった相手の性器の大きさに首をかしげて)
先生、こんなおっきいの隠してたんだ…?あぁ、もういきそうなんだろ。いいぜ、いっても
(1度身体を起こし後ろ手で性器を撫でれば平均より大きいと思っていた自分のものより遥かに大きくそんな相手がこれからむしろ自分に啼かされるのだと思うとご機嫌で思わず舌なめずりし、相手の様子から達しそうなのだとわかれば性器を扱くように服の上から刺激してやり)

31:加賀見 譲 2018-03-16 17:48:18

(懇願はすげなく撥ね除けられたが、その事実よりも相手の軽薄な言葉にガツンと頭を殴られたようなショックを受け、同性も性愛の対象であるかのような口振りを暢気に喜ぶことは出来ず、自分の恋心が純粋無垢なものだなどというつもりは全く無いものの感じたのは一抹の悲しさで、ほんの僅か表情に憂いを帯びたがズボン越しに手淫されればそれもすぐ快感に歪み)……っ、ぅ……ぁあっ……!(日頃自慰すらろくにしていないため快感への耐性が無く、パンツだけでなくスラックスまで薄く染みが出来つつありあっという間に昇り詰めそうなのを出してはいけない、我慢しなければと耐えれば耐えるほど思考力は削がれていき、相手が舌なめずりする様を呆然と見上げる目が徐々に据わってきて)

32:中谷蓮 2018-03-16 19:42:59

…ッ
(相手を組み敷いて思い通りに出来ることに上機嫌であったが相手が一瞬寂しそうななんとも形容しがたい表情をうかべたのを目にしては言葉を失うも、相手の自分への恋心を利用し踏みにじっていることなどは気づきもせず、その後快感に支配された表情に大丈夫だと言い聞かせ、ともかく相手を快楽に落とすことこそここにいる意味なのだと思い込んでは扱く手を早めていき)
なぁ、気持ちいい?
(相手の言葉が欲しく、そうすればこの行為は同意なのだとおもえばややいつもと違う瞳でこちらを見る相手に少しひるむも気にせず頬を撫で扱きながら問いかけて)

33:加賀見背後 2018-03-18 18:52:13

【こんばんは。多忙につき、まだロルを練れておりません…。明日必ずお返しさせていただきます。どうかお待ちくださいませ。】

34:中谷蓮 2018-03-18 20:17:10

かしこまりました。
またお時間あるときで大丈夫ですので無理なさらないでくださいね

35:加賀見 譲 2018-03-19 19:21:46

【お待たせ致しました。温かいお言葉、ありがとうございます。】



くっ……うぅ…!(問い掛けには最早答えられなくなり俯き唇を噛み締めたがそこからあまり長くは保たず、想い人の手の中だからだろうか、恥ずかしいほど大量の精液をパンツの中に吐き出してしまい。普通なら射精と共に頭も醒める筈が、陥った事態が事態なだけにひどく現実味を損ない、肩を上下させながらぼんやりと自分の腹の上に乗っている相手を焦点の合わない目で見上げ、夢でも見ているような心地で手を伸ばし相手の腰を抱き竦めて)

36:中谷蓮 2018-03-19 23:06:10

主様こそご丁寧にありがとうございました。またご都合が悪くなられましたら遠慮なく仰ってくださいませ。背後は失礼致します
ーーー

ん…学校で生徒にイカされちゃったな?ふは、沢山先生が出したからいやらしい音してる…
(自分の問いには答えないものの手の中の性器がこれでもかという程に膨れ弾けるように跳ねれば達したことは容易にわかり、やんわりと揉みこみ水音をさせながらぼんやりとこちらを見る相手に現実を告げるようにいい。相手から抱きすくめられればまさかのってくれるとは思っておらずドキリとするものの平静を装い挑発的に見下ろしながら問いかけて)
なぁ、次は一緒に気持ちよくなってくれるよな?

37:加賀見 譲 2018-03-20 10:57:08

(相手の煽りが聞こえているのかいないのか、沈黙を保ち緩慢に上体を起こして片手は相手の腰を強く抱き寄せたまま、もう片方の手はするりと下がり尻臀を撫で、密着した豊かな胸元に顔を埋めて深く深く息を吸い込めば相手の匂いで脳髄が満たされ痺れるような快感に再び股座が兆し始め、あからさまに興奮した息遣いでそのまま汗の滲む体操着越しに相手の肌へじっくりと舌を這わせては乳首のあたりを唇で食むように吸い付き)

38:中谷蓮 2018-03-20 15:43:46

ぁ…なにして…ッ
(何も言わないもののぼんやりと熱がこもった視線を向けてくればいつも感じるねっとりとした熱い視線を思い出しドキリとしつつ相手のすることを見ていたが、臀部を撫でられ汗くさい自分の香りをかがれればそこまでとは思わずいつもと違う相手の様子に慌て始めるも、相手の舌が乳首を捉えはまれれば慣れない場所への刺激でぞわりとし身体を引いてどうにか腕の中から逃げ主導権を取り返せないだろうかと考え相手の上から逃れようとして)

39:加賀見 譲 2018-03-22 11:38:39

(相手の身体が不意に離れていこうとすれば脊髄反射と言っても差し支えない早さで腰に回していた腕にぐっと力が篭り、尻を撫でていた手は徐々に揉むような動きへと変じ。時折また体臭を嗅ぐべく鼻先を胸元へ埋めながら、執拗に乳首とその周りばかりを舌や唇で愛撫し、興奮のあまり粘度の増した唾液が体操着をしっとりと濡らしていって)……ッ、はぁ…。

40:中谷蓮 2018-03-22 13:17:39

んぁ!?ちょ、せんせ…待てって…ひッ
(離れようとすればいつもの相手からは想像もできない速さと強さで抑え込まれ逃げ場を失ってはどう打開するか考えていた所、先程までは撫でるだけだった手つきが揉み込むような動きに変わり、体臭を嗅ぐ鼻息や舐める感覚だけではなく唾液でしっとりとした感覚さえ伝わってきては普段はきりりとした眉を下げ1度動きを止めようと声をかけるも止まるはずはなく、必死に平静を装い逃げようとするも力は適わずされるがままでしたことはあってもされたことがない刺激に快感は見いだせず戸惑うばかりで)

レスを書き込む