TOP > なりきり > 私は貴方の従順な下僕です坊ちゃん(受け募集)

私は貴方の従順な下僕です坊ちゃん(受け募集)

最終更新 2018/04/17 00:12:31
レス数 15
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス15中:1-15

1:盲目な執事 2018/03/14 07:05:40 作成

薬師寺財閥と言う大きな財閥がありました。
そこの一人息子である坊ちゃんには従順な下僕である執事がいました。
坊ちゃんの身の回りの世話から食事、入浴、夜の添い寝まで何でもこなす、執事です。
しかしながら坊ちゃんは財閥の会長の愛息子。
悪い輩に目を付けられ誘拐されてしまうことも!!
そんな時はこの私がたとえ火の中水の中!!
坊ちゃんを必ず救い出して見せます!
だから…変態扱いしないで少しは笑ってくださいよ!

●○●○●○●○●○●○●○
《内容》
【従順変態執事】×【冷静クール系ショタ】で坊ちゃんを愛してやまない変態執事さんに半ば呆れつつも表情には出さないが頼ってくれるクールなショタ坊ちゃんのギャグ多め日常ほのぼのです。たまに事件も起こったりしてアクション系になったりすることも!?

《萌え萎え》
萌え:基本的にはほとんど萌えます
萎え:気弱、愛無し、スカトロ、マグロ、死にネタ、修復不可能な喧嘩、すぐに裏に走る、汚い喘ぎ

《ロルについて》
○豆、短ロルは禁止。中から長ロルでお願いします。
●返信は2日に一回のペースで大丈夫です。ただし失踪はしないで最後までお付き合いしていただけると嬉しいです。
○終止形ロルでも寛大な方。(小説ロル大歓迎です)
●展開を任せきらないで一緒に考えていけたらいいと思います。

《提供キャラ》
【従順変態執事】
名前:一之瀬 累(イチノセ ルイ)
年齢:26歳
性格:明るく真面目な好青年だが、主人の坊ちゃんに関するとモンペかつ変態に成り下がってしまう。ドМ気質でもあるため、坊ちゃんに踏まれたり蔑んだ眼をされると興奮する。趣味は坊ちゃん観察(盗撮)
容姿:黒髪でミディアムボブで瞳の色は少しだけ黒色に藍色が混ざっている。肌は白く体格は細まちょで身長は175㎝。常に白い手袋と燕尾服を着用している。懐中時計を所持しておりそれで時間を確認する。
概要:薬師寺家につかえる執事で坊ちゃん専用。元はFBIに所属していたがある事件をきっかけにFBIを辞めて薬師寺家の世話になっている。そのため会長には頭が上がらない。FBIの経験から坊ちゃんのボディーガードも務めている。誘拐されることもあるためその時は鬼の血相で誘拐犯を半殺しになるまで追い詰める。坊ちゃんが三度の飯より大好きで常におそばに仕えていたい…もといい眺めていたい。そのため言動が変態染みていることがある。

こんな感じです。
お相手になってくださる坊ちゃん(10歳~13歳)を募集しますね。

坊ちゃんにお会いできることを心より願っておりますね。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:名無しの萌語り 2018-03-14 13:35:20

こちらはあまり小説ロルになれていないためあまり使えないかと思うのですが、それでも大丈夫でしょうか?使っていただく分には特に問題ありません。

それでも良ければぜひ執事さんにあれこれ面倒見ていただきたく思いますので、お返事頂いた後プロフ提出しますね。

3:名無しの萌語り 2018-03-14 14:33:53

なかなかの面白そうな設定に惹かれ是非参加希望したく、プロフを考えたので目を通していただけたら幸いです。


名前〉薬師寺 蒼介(そうすけ)
年齢〉10歳
性格〉年齢の割にはしっかりしており冷静沈着頭脳明晰。大企業の一人息子という事もあって物心ついた頃には周りの大人たちにちやほやされ甘やかされてきたからか高飛車で偉そう。表裏との顔を使い分けており外では言葉遣いや所作など完璧に振る舞ういい子振る坊っちゃんで猫被りだが執事の前では口が悪く悪態つきまくり。脚癖悪く執事の度が過ぎた行動などに苛立った時は脚蹴りをお見舞いする。性格に関してはむしろこっちの方が表っぽい。
容姿〉黒髪で眉にかからない前髪は左に流し、サイドは耳にかからない項も見える程の短髪。身長は130センチ。父親に似て格好いい顔立ちだが目は母親に似ていて大きな瞳を持つ。左目下に泣き黒子ひとつ。
備考〉金持ちの有名な学校に通い制服はブレザー、下は半ズボン。母親の前では甘えん坊。成績は優秀で将来の夢は会社を引き継ぎもっと大きな企業にすること。身の回りのこと全て執事に任せてある為一人では何もできない。ずっと傍にいてくれている執事に素直になれず冷たくあしらってしまう事もあるが、いきすぎなところは置いといて、本当は大好きな存在。


こんな感じになりましたが、訂正して欲しいところなどあれば修正も可能なので選考宜しくお願い致します。

4:一ノ瀬 塁 2018-03-15 04:44:39

>>1
ロルに関しては短過ぎなければ終止形じゃなくても大丈夫ですよ。
素敵な坊ちゃんのプロフィールをお待ちしております!

>>2
プロフィールありがとうございます。
>>1様のプロフィールが揃い次第ご返答致しますのでしばらくお待ちください

5:1 2018-03-15 17:36:03

お返事ありがとうございます!
主様、3番様お待たせいたしました。
では、プロフ載せますのでご検討よろしくお願いします。身長等変更可能なので遠慮なく仰って下さい。

薬師寺 優人(ゆうと)12歳 小6
141cm
大人ぶりたい年頃の為、色々背伸びしがちでその度に過保護とも言えるほどに干渉してくる執事には若干の苛立ちを覚える事も。外面は良いが家に帰れば甘い物が好きなど年相応にはしゃいだりする姿もたまには見られる。最近の悩みは執事の行き過ぎた行動、それに対して冷たい対応をしても興奮しているようなので手に負えないとも思っている。たまにはわざとそういう反応をして喜ぶ姿を鼻で笑うといった冷めた面も。
執事の事は頼りになるし、財閥の息子としてでなく自分をちゃんと見てくれる存在であることを認識していて大好きで特別な人なのだが素直に言えず。心配してほしくて怪我をしたり仮病をつかったりする事も。

暗めの茶髪(地毛)は指通りの良いサラサラストレート、長さは項に掛かるぐらい。少しツリ目で瞳はこげ茶色。色は白い方で割と細身だが執事の管理のおかげで肌ツヤも良く健康優良児。

有名私立小学校に通う。教師や周りからの評判は良く本人もそうあるべきと理解しているため、たまに家でストレスが爆発する。(大抵執事に八つ当たり)

6:一之瀬 累 2018-03-17 02:31:37

お二方、可愛らしい坊ちゃんのプロフィールをありがとうございます!
どちらも本当に素敵なのですが、今回は>>3様にお相手をよろしくお願いしたいと思います。
>>1様、誠に申し訳ございません。
どこかでご縁があれば、よろしくお願い致しますね。

7:薬師寺 蒼介 2018-03-17 12:28:52

わー、ありがとうございます。
此れから蒼介共々宜しくお願いします。

8:一之瀬 累 2018-03-18 07:02:19

こちらこそよろしくお願い致します、蒼介坊ちゃん。
早速ですが、こちらからロルを回させていただきますね。

●○●○●○●○●○

(朝6時、執事長である累の一日は早い。自身身支度から、主人である坊ちゃんの為の準備まできっちりとこなしてゆく。内ポケットに入った懐中時計を確認し、そろそろ坊ちゃんを起こす時間だと思い立てば、自身の主人で愛おしく尊い存在たる蒼介坊ちゃんの部屋へと向かい、扉をノックする)

坊ちゃん?…蒼介坊ちゃん?
入りますよ?

(まだ寝ているであろう主人の返事がないことを確認すると、部屋の中へと入る。そのままベッドの傍まで行くと、坊ちゃんの顔を覗き込む。「あぁ…今日も坊ちゃんは可愛らしくいらっしゃる。このまま閉じ込めてしまえたらどんなに良いだろか」などと行き過ぎた方向へ思考を向けつつも、肩をゆすって揺り起こして)

坊ちゃん、朝ですよ?

9:薬師寺 蒼介 2018-03-18 16:13:47

(小さな身体には似つかわしくない大きなキングサイズベッドに規則正しくすやすやと寝息をたて、身体を横に傾けながら布団を目深に被り、あどけない寝顔を眺められている事など知る善しもなく熟睡中。声を掛けながら小さな身体を揺すり起こされると意識は浮上しゆっくり瞼を開ければ視界にはいつも通りに執事の顔が。身動ぎながら上体起こすとぴょこっと跳ねた寝癖がついており、ベッドの上で大きく伸びをしてから累に挨拶を交わして)

おはよう、累。

10:一之瀬 累 2018-03-19 08:22:36

はい、坊ちゃん。
おはようございます。朝食はもうできています。今日はオムレツにトースト、チキンスープです。トーストはいつもと同じでハーフ。ジャムはアプリコットでよろしかったでしょうか?
(体を起こした坊ちゃんにカーディガンをかけると、部屋のカーテンを開いて回る。東向きの窓からは暖かい春の日差しが差し込んでくる。庭のさくらがほころび始めた。今日も坊ちゃんは学校へ行く。朝食から支度、学校へと送り届けるまでが午前の仕事になる。振り向き、坊ちゃんの前にひざまづくとふわふわのスリッパを差し出して)

11:薬師寺 蒼介 2018-03-19 13:10:54

うん。いいよ、ありがとう。でも、そろそろアプリコットにも飽きてきた。そうだな…、ベリー系のジャムがいいんだけど。
(開いたカーテンから温かな日射しが全身へ降り注ぎ、窓へと視線をやると外は気持ちのいいくらいの快晴。“今日は体育があったな”と思い出しては、用意されたスリッパへ足を通して顔を洗いに部屋を出て。自分の斜め後ろを歩く累に朝食のジャムの変更をお願いし、洗面台の前に立てば大きな鏡に映る自分の姿を見れば跳ねた寝癖を指差し、鏡越しに累に視線やり)

これ、なんとかして。

12:一之瀬 累 2018-03-21 20:24:39

かしこまりました。アプリコットではなく、ベリー系…ではクランベリーのジャムにいたしましょう。すぐにお作りしますね。
(せっかく作ったジャムだが、坊ちゃんが飽きたと言うならば作り直せばいいだけのことである。丁度冷蔵庫の中にデザート用のクランベリーがあったのでそれをジャムに変更し、余ったアプリコットジャムでケーキを作ろうと思い、早速レシピを思い浮かばせながら、坊ちゃんの斜め後ろに立ち、タオルの用意をしていたところに、寝癖を直せと言われれば、フッと笑い、ブラシとクリームを手に持ち)

かしこまりました、すぐにお直しいたしますね。
(そう言って髪の毛を整え、いつもの髪形に仕上げてゆく)

13:薬師寺 蒼介 2018-03-22 13:33:43

クランベリーか。いいね、よろしく。
(寝癖を直してくれている累の手元を鏡越しにじぃと眺め、見る見るうちにいつも通りのヘアスタイルに変わっていけば満足げに笑みを浮かべて「ありがとう」と一言。蛇口捻ってぬるま湯で顔を洗うと傍でタオルを持ち待機している累の手からタオルを取りふかふかのタオルに顔を沈めて。そこからスタスタと歩いてダイニングルームに着き、用意されている朝食の前に着席すれば飲み物を頼んで)

今日は野菜ジュース、量は少なめで。あとホットココア。

14:一之瀬 累 2018-03-24 00:58:07

承知しました。すぐにお持ち致しますね。
(ダイニングに付くとすぐにキッチンへ進み、クランベリージャムを作る片手間、ジューサーを使って野菜ジュースを作ってゆく。その手際の良さは、熟練のシェフ同様で無駄がなくすぐに、野菜ジュースとオムレツ、温かなチキンスープが出される。キッチンからはクランベリーの甘酸っぱい香りとトーストの香ばしい香りがダイニングテーブルまで届いて来る。程なくしてクランベリージャムが添えられたトーストが出てくる。朝食を作り終えるとすぐにアプリコットジャムを使ったデザートを作り始める。丁度そのころには、父と母も目覚めて来て、ダイニングルームに入って来る)

母「おはよう、蒼介…昨晩はよく眠れたかしら?」
(目の前に座った母が優しい笑みを浮かべながら語り掛けて、その隣では父が新聞に目を通しながら会話を聞いていて)

15:薬師寺 蒼介 2018-03-24 02:59:32

(累がキッチンへ向かってから程なくして朝食の匂い、パンの焼けた匂いや甘酸っぱいクランベリージャムの香りが此方まで漂い、その香りを胸いっぱいに吸い込んではぐぅと腹の虫が鳴って。待ちきれないのか椅子の上で脚をプラプラさせ落ち着きがない様子。まだかまだかとそわそわしていれば父親と母親も朝食を取りに現れ、両親の前でしか見せない笑顔をぱあっと咲かせて。父親とは仕事が忙しい為なかなか顔を合わせる事が無いが、朝食は出来るだけ家族三人でという両親が決めたルールがあり、家族三人が揃うこの時間が何気に幸せだったり)

お父さんお母さん、おはようございます。
はい。累がアロマを焚いてくれてたので、その効果も相まってかとても良く眠れました。

16:Warning: Illegal string offset &◆HGqXNxmVoM 2018-04-17 00:12:31

Warning: Illegal string offset 'text' in /home/www206kv/public_html/_ftalk/wp-content/themes/f-talk_PC_SMP/make_res.php on line 175

レスを書き込む