TOP > なりきり > Capra falconeri

Capra falconeri

最終更新 2018/05/06 23:33:22
レス数 15
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス15中:1-15

1:草食獣人マニア 2018/03/22 00:56:02 作成

募集版にて声を掛けていただいたエヴァンス様をお待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:ステラ.エヴァンス 2018-03-22 06:28:45

移動しました!これからよろしくお願いします。先程のpfに修正を加えたものを上げます。

名前]ステラ.エヴァンス

[年齢]20歳

[容姿]明るめのブラウンで、少し癖のあるショート。はっきりとした二重のアーモンドアイの色はアンバー。身長174cm。一見すると痩せ型に見えるが筋肉はそこそこついてる。

[性格]大家族の長男として生まれたため、しっかり者に育ったが、甘えることは恥ずかしくて出来ない。思ったことはすぐ顔に出るため、裏表などはない。お人好しで世話好きな部分があり、たまに友達からお前は母親かとツッコミを入れられる。

[備考]姉が領主様の元で働いており、妊娠出産のため退職したため、血縁者である自分にお仕事の話が舞い込んできた。
生まれてこの方ずっと両親の農業を手伝っていたため、この町の外の世界を知らない。祖父は昔貿易を行っていたため、その文献がまだ家にある。なんでも他に出回らない非常に貴重な文献らしいが、それを読むのが楽しくて他国の歴史、地理などにとても詳しい。いつか色々な世界を飛び回って練り歩き、その土地の文化を学ぶのが密かな夢。

[ロルテ]

は、はい。ステラ.エヴァンスと申します。姉がお世話になりました。
(屋敷にたどり着くや否や老執事が部屋へ案内すると言うため、ついて行った先にいた者に目を丸くして。
山羊だ…姉から聞いてはいたものの、本当に山羊だ。両親は領主様に会ったことがあり、優しいお方だと言っていたが、自分は会うのは初めてのため驚いて。
表情はわかりづらいものの、その身振り手振りや声のトーンで歓迎されているであろうことはなんとなくだが分かり。一度は警戒したものの悪いお方では無さそうだとわかるとまだ少し緊張しているが笑みを浮かべて言葉を続け)
未熟者ではありますが、今日からよろしくお願いします

3:草食獣人マニア 2018-03-22 19:18:07

移動ありがとうございます!
こちらもpfを載せておきますので何かありましたらお申し付けください。

[名前]アダルバート・ガードナー
[年齢]30
[容姿]見た目は完全に服を着て二足歩行する山羊。より詳しく言うと種類はマーコール。手だけは使いやすいように5本指になってはいるが、それ以外は角の先からつま先までマーコール。身長190(角は除く)。体毛は焦げ茶。いつもスーツを着用し気分によってはステッキも持っている。

[性格]子供や女性に優しく、ユーモアと平穏を愛する温和な紳士。荒事はあまり好きではないがルールを守った決闘ならば好んで受ける。身体的な特徴上非常に表情が分かりづらいのでややオーバーに表現する様にはしているがどうしても伝わりにくく、特に初対面の子供達には怖がられがちなのが悩み。

[備考]とある穏やかな田舎地域を治める貴族。領民から慕われており呼び名は普通に「領主様」。都にも一応家を所有しており12歳の妹(人間)が住んでいる。妹とは腹違いだが兄妹仲は良好。味覚や消化器官はやや人間に近いのか、肉以外なら海産物だろうが香辛料だろうが平気。肉は食べない。人語を話す。古書と舶来品が好きで収集している。

この後の展開としてはロルテの続きをしつつある程度日常生活をしたところで、仕事の付き添いか何かでエヴァンス君を都や他の街に連れ出すとかどうかなと思っているのですがいかがでしょうか…!もちろん何か他にやってみたいことがありましたらぜひぜひおっしゃってください!

4:ステラ.エヴァンス 2018-03-23 02:56:11

とても素敵な紳士獣人で今からとても楽しみです…!

賛成です!私も同じことを考えていました。そうですねぇ、これがやりたい!というものが色々な世界をめぐるというものだったので、強いて言うならば最初は甘えることも甘やかすことも恥ずかしくてできなかったステラが、そのうち自然に甘え、甘やかせるようになり、ガードナー様が一緒にいて1番心安らぐような関係性が望ましいですね…

5:アダルバート・ガードナー 2018-03-25 01:15:32

そう言って頂けるととても嬉しいです!
うわぁ…とても素敵ですね…!暖かい陽だまりの様な関係が築けたらいいなと私としても思っております!
では一先ずは日常的な仕事や生活をともに過ごした後にいろいろな都市や国を回るという流れでよろしいでしょうか?よろしければ次からロルテの続きより始めていきたいと思います。

6:ステラ.エヴァンス 2018-03-25 14:58:09

ありがとうございます!では続きからよろしくお願いします。まだ不慣れなところもありますが、何かあったら言っていただけると嬉しいです!

7:アダルバート・ガードナー 2018-03-28 00:19:35

ふむ、エヴァンス君、これからよろしく頼むよ。
(やや緊張した様子で挨拶をする青年に手を差し出し握手を求めながら顔を改めて眺めれば、確かに少し前まで働いてくれていたメイドの面影があるななどと考え、彼女が紹介すると言っていた家族は弟だったのかと一人納得して。帰りにでも出産を控えているという彼の姉の為に何か食べ物でももたせようと頭の隅で考えながら用意していた執事達の着用している服を手に取ると差し出し)
早速ですまないがこれに着替えてきてくれ。部屋ならば私の部屋の真向かいにある衣装部屋を一時的に使ってくれて構わない。その後に仕事の話をしよう

8:ステラ.エヴァンス 2018-03-30 22:47:24

精一杯努めさせていただきます!よろしくお願いします、ご主人様…
(差し出された手を握り返し、手は人間のそれと変わらない形で少し親近感を覚え。姉や両親、それに近所の漁師のおじちゃんたちが言っていたように表情はまだ全くと言っていいほどわからないし、ヤギの顔にも少し違和感はあるもののこれからきっと上手くやっていけるという期待に胸をふくらませ。早速着替えを手渡されると、元気に返事をして衣装部屋で着替えるものの、自分が今まで着たことのないような服だったため、着るのに時間がかかり、しばらくして戻ってきて)
お、お待たせしました…着慣れなくて時間がかかってしまい申し訳ありません

9:アダルバート・ガードナー 2018-04-03 16:36:55

あぁ、構わないよ。誰か付ければ良かったね…申し訳ない。
(相手が出ていった後仕事を進めていたが相手が戻ってきたのに気づくと手を止め振り返り満足気に頷き。申し訳無さそうな相手に配慮が足りなかったかと内心反省しながら、着替えの前に言った通り仕事の話をしようと来客用のソファーセットに座るよう促しながら自分も腰掛けて)
では先程言った通り仕事の話でもしようか。そこに座ってくれ

(前回のレスにて言い忘れてしまいましたが、改めてこちらこそよろしくお願いします!こちらも拙い文章かと思いますので、何かありましたら仰ってくださいね!)

10:ステラ.エヴァンス 2018-04-06 23:06:07

いえ、他の方も仕事があるでしょうし、僕も早く慣れるよう頑張ります。
(申し訳ないと告げる相手に首がちぎれるのではないかと言うほどに首を横に振り、早くご主人様の力になりたいと明るく笑いかけ。続いて高そうな来客用のソファに座るように促されると、なんだか申し訳ないと思いつつもちょこんと浅く腰をかけお仕事の話になるとこくりと頷いて)


(ご丁寧にありがとうございます!では、本体は引っ込みます!今後ともよろしくお願いします)

11:アダルバート・ガードナー 2018-04-16 22:54:42

(返信が遅くなってしまい本当に申し訳ありません‥!私事なのですがリアルが少々立て込んでおりまして、今週の水曜日までにはお返事ができるかと思いますので誠に勝手ではありますがお待ちいただけると嬉しいです‥)

12:ステラ.エヴァンス 2018-04-16 23:28:39

(こんばんは。返信してくださるということでしたら、待つ分には構いません!リアルを大事にしてください!)

13:アダルバート・ガードナー 2018-04-18 22:22:24

そうか…そう言ってもらえると助かるよ
(ひどく恐縮した様子の相手を宥めるべきかと考えたが明るい笑顔を見るとこちらも目を細め笑顔を作り。相手が腰掛けたのを見るとおもむろに服の胸ポケットから茶色の革表紙の手帳を取り出し差し出して)
これは私のスケジュールの書かれた手帳だ。君にはこれから私のスケジュール管理…いわゆる秘書の様な仕事をしてもらいたい。

(お待たせしてしまってごめんなさい…!そして待って頂いて本当にありがとうございます!)

14:ステラ.エヴァンス 2018-04-26 06:20:05

秘書…ですか…かしこまりました。
経験はありませんが、精一杯頑張ります!
(手渡されたスケジュール帳を受け取り仕事の内容を大まかに説明されれば、全く経験がないため多少の不安はあるものの、何事も挑戦してみないと分からないという考えに至り二つ返事で了承し)




(私も遅れてしまい申し訳ありません!またよろしくお願いします)

15:アダルバート・ガードナー 2018-05-03 01:23:32

うん、いい返事だ。よろしく頼むよ
(急に任せるにはいささか酷な仕事かもしれないという懸念は元より抱いたので二つ返事に承諾した相手にホッと内心胸を撫で下ろすと頷いて。壁にかけられた時計をちらりと確認し時刻を確かめると口を開き)
…では早速だが仕事を任せてもいいだろうか?といっても、町の視察に行く私に同行してもらうだけなのだけどね。

(もちろんできれば末永くよろしくお願いします…!そしてお互いリアル最優先で、体調にもお気をつけくださいね)

16:ステラ.エヴァンス 2018-05-06 23:33:22

はい!頑張ります!
(両手で拳を作り意気込み。早速自分の初めての仕事である町の視察の同行を告げられると、再度二つ返事で了承し。町は幼い頃から駆け回ったため、近道や散歩道、どこに何があるかなども分かるが、自分の主と歩くのだと思うとなんだか不思議だな…などと思っていて。)
町の視察ですか…慣れ親しんだ町も、ご主人様と視察するとなると、また違ったように見えるんだろうなぁ…
初仕事で粗相しないよう頑張ります。



((ありがとうございます!私も末永くご一緒できるととても嬉しく思います。ステラ共々是非ともよろしくお願いいたします))

レスを書き込む