TOP > なりきり > 【特殊】ゆかいな牧場【注意】

【特殊】ゆかいな牧場【注意】

最終更新 2018/04/16 16:31:22
レス数 30
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス30中:1-20

1:ぼくじょうちょう 2018/03/25 19:39:40 作成

ここは牧場。愉快な牧場。
四つの動物暮らしてる。
ツノが立派なウシさんと、
綿あめみたいなヒツジさん、
紙は食べないヤギさんと、
牧場守るワンコさん。
みんながみんな、オスばかり。
ここは牧場。愉快な牧場。
今日も楽しい一日を。

>>2

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

12:モカ 2018-03-29 00:19:58

じゃあこちらも絡みに行きますね!



レン
(広場に寝転がりぼんやりと空を眺めて空想に浸っていたが、そんな中でも聴力が優れていることもあってか誰かが広場に入ってくる足音がはっきりと聞こえ、音の聞こえた法に体を動かし)

13:ラテ 2018-03-29 13:33:37

>>モカ

モカ!丁度いい!お前もやるか!?気持ちいいぞ!
(相手の声に振り向けばそこにいた人物を認め犬歯が覗く口を笑みの形に綻ばせると、楽しげに尻尾を振り。相手がそばに居ることに配慮もせず反射的に頭をぶんぶんと左右に振ればあちこちに水飛沫が舞ってしまい)


>>レン

…!!レーン!レンレンレーン!!
(花畑で蝶々を捕まえるべく尻尾を振りながら追っていると、遠くからでも分かるそのスラリとした体躯を見つければ目標を蝶々から相手へと変更し、タックルしてしまいそうな猛ダッシュで何度も名前を呼びながら嬉々として相手の元へと駆け寄り)

14:レン 2018-03-29 20:23:29

>>モカ

モカさん、こんにちは。突然ですが今日お客さんから面白いことを教えてもらったのです。
(ちょうど良いタイミングでそこにいた相手に表情は素なものの機嫌の良さそうな声で挨拶し、早速本題に入ろうとして)

>>ラテ

っ!あ、あぁラテさん、こんにちは
(勢いよく飛んできた相手にびくと肩を大きくはねさせ。表情は相変わらず変わらないものの声が震えていて、とても驚いたことを物語っていて)

15:モカ 2018-03-30 10:17:54

ラテ
気持ちいいの?…っぷ、わ!
(自分を誘ってくる相手に更に近付くと飛んできた水飛沫が顔にかかってしまい、少し驚いたものの楽しそうに笑うと、ぐしぐしと濡れた顔を手で拭いて)


レン
こんにちはー。…面白いこと?なになにー?
(表情からだけでは分からないが相手の声色から何か楽しいことがあったのだろうと思い、体を起こすと既に話を始めようとする相手の方を向いて)

16:ラテ 2018-03-30 16:23:23

レン

おう!こんにちはだ!……レン、搾乳してきたのか?
(相手の驚きに意にも介さず満面の笑みで挨拶を返せば、相手から漂う知らない匂いと山羊乳の匂いに鼻をすんすんと近づけては、相手を少し見上げる形で質問し)


モカ

いひひ。うらー!
(相手の表情が楽しそうになったことにより自分もより一層楽しくなってくると、尻尾をぶんぶんと振りながら弾けんばかりの笑みを浮かべては噴水に足を踏み入れ、両手に掬った水を遠慮なく相手にかけようとして)

17:レン 2018-03-31 06:13:54

>モカ

なんでも人間さんたちは、白い粉を水でまとめて叩いて伸ばして切ったものを食すらしいです…おかしなものですね。
(無表情の中に少しのドヤ顔を見せつつ先ほど教えてもらった知識を披露し。要するにうどんの事なのだが、まだ生まれて1年程しか立たない自分にとっては全く未知の物で)

>ラテ

えぇ、体験館の方で…さすがの嗅覚ですね
(相手にしていたことを見抜かれるのはいつものことではあるものの、やはり毎度驚きは隠せず。かなり薄く微笑みを表情ににじませながら、自分を見上げる相手の頭を撫でて)

18:モカ 2018-03-31 22:01:14

ラテ
あー、ラテずるいーっ。
(噴水に入ったかと思うと水を自分の方にかけようとする相手に、自分も噴水に入って同じことをし合いたいと少し拗ねたような声色で言い)


レン
白い粉…あ、うどん?だったかなあ。
(相手の言う物が何だろうと少し考えていると、自分自身見たことはないがうどんという食べ物がそんな作り方だったなあと思い出し)

19:ラテ 2018-03-31 23:03:42

レン

大丈夫か?痛くされてないか?
(眉根を寄せ、心配そうに相手のことを見上げるも頭を撫でられると反射的に尻尾が揺れ、断りもなく衣服の上から相手の胸をペタペタと触れては痛がらないか様子を窺い)


モカ

ならお前も来いよ!
(ノリ気な相手に目をキラキラと輝かせはち切れんばかりに尻尾を振っては、片方の腕を伸ばし相手の手を掴んで引っ張ろうとして)

20:レン 2018-04-01 09:34:56

>モカ

確かにそんな名前でしたね…知っているんですか?
(相手のあげた名前にそういえばそうあったと顎に触れつつ思い出し、知っているなら教えて欲しいと瞳を輝かせて)

>ラテ

っ!…え、えぇ、大丈夫です、よ
(流石に急に胸に触れられると驚いて体を一度硬直させ。少しくすぐったそうに身をよじりながら、相手を安心させようと薄く微笑みを作り)

21:モカ 2018-04-01 22:47:27

ラテ
いいの?じゃあ行くー!
(まさか相手の方から噴水側へと誘ってくるとは思わず目をパチクリさせ、手を掴まれると抵抗することなく、されるがまま相手の居る噴水の方へと向かい)


レン
んっとー、俺もお客さんから聞いただけだから、そんなに詳しくないけど…もっちりしてて美味しいらしいよー。
(自分も相手とそれ程変わらない知識程度しか持っていないが、あえて言うなら、とそのうどんの味に関する情報を言い出して)

22:ラテ 2018-04-02 14:53:00

レン

ほんとか…!?なら…よかった…。どんな奴だった?
(微笑した相手に少しの間尚も心配そうに見つめていたが、すぐに安堵に表情を綻ばせ少し相手から離れると、興味に尻尾が左右に揺れながら質問してみて)


モカ

どっちがずぶ濡れに出来るか、競争な!うらー!
(悪戯っぽい意味を終始浮かべながら前かがみになり、両の手のひらいっぱいに噴水の水を掬っては相手の返事も待たず先手必勝とばかりに水をかけ始め)

23:レン 2018-04-03 08:19:35

>モカ

もっちり、ですか……モカさんの頬くらいですかね。
(基本決まったものしか食べない為もっちりの感触が分からず、しばし顎に手を添えたまま考えたあとすっとその手を相手の方に伸ばしてぷにと相手の頬に触れ)

>ラテ

成人済みの男性2名のようでしたね。搾乳自体はとても楽しまれていましたが…やはり僕の乳はいけませんね、匂いと癖が強すぎるようで。
(安心した様子の相手にほっとし、どんな人物だったかと思い出しながら説明し。しかし試飲のときのことを思い出すとやや声のトーンを落ち、耳も尻尾もしゅんと垂れ下がって)

24:モカ 2018-04-04 11:04:09

ラテ
いいよー、っんぶ!やったなあー!
(返事を言い終える前に相手に水をかけられ、ふるふると体を震わせ今度はこっちの番だと言わんばかりに思いっきり水をかけ)


レン
んぅ?…んー、もっと!だと思うよ?
(自分の頬に手が触れるときょとんとした顔で相手を見つめ、へにゃりと笑うと自分の頬よりももっちりしていると思うと告げ)

25:ラテ 2018-04-04 12:58:46

レン

そうか?俺は好きだぞ、レンの乳。それに…ツンツンするとコンニチハするところも面白いしな!
(首を傾げてから落ち込んだ様子の相手の耳をめざとく見つけると相手の言葉を否定し相手の乳の味や乳首の様子を思い出しては自然と尻尾が揺れ無意識に鼻を相手の胸へと近づければまだ残り香がするのかふんふんと嗅いでいて)


モカ

わぶっ!……っととと…!
(思っていた以上に水を掛けられて驚いて数歩後退するとバランスを崩してしまい、そのまま尻餅をつくと丁度噴出された水が頭にかかり続け、言葉通りのずぶ濡れになってしまい)

26:レン 2018-04-05 13:02:46

モカ

なんと、それではかなりのもっちり具合ですね
(耳をぴょんと跳ねさせて驚きをにじませると、ふにふにと相手の頬を軽くつまんだり離したりして薄く微笑み)

ラテ

!…なんだか照れてしまいますね。ありがとうございます、ラテさん
(好きだと言ってもらえるのはとても嬉しくて、同時に自分の陥没乳首についても触れられると照れくさそうに頬を染め。尻尾をゆっくりと左右に振りながら礼を述べると、相手の頭の上に置いたままの手を動かして再度撫で)

27:モカ 2018-04-07 18:24:52

ラテ
わーい、ラテびしょびしょー。
(まさか驚き尻餅をつくとは思わず、自分の思惑以上にずぶ濡れになった姿を見るといつも元気な相手がそうするようにはしゃぎ)


レン
もっちもちだよー。
(しばらく自分の頬を弄ぶ相手の様子を見ていたが、しばらくして相手がつまんできたところでぷくーっと頬を膨らませ)

28:ラテ 2018-04-09 10:56:39

レン

…なあ、匂い嗅いでたら飲みたくなったんだけど…ダメか?
(頭を撫でられながら依然として残り香を嗅いで入れば腹の虫が小さく鳴き、眉を寄せてねだるように見上げては相手の腰のあたりに腕をまわして抱きしめて)


モカ

なんだよ、もう!
(噴水が直にかかる場所から四つん這いで少しずれ、肘から下、膝上からしたが水につかっている状態でずぶ濡れの頭をぶんぶんと振れば鼻がムズムズしてしまい短いクシャミをして)

29:モカ 2018-04-11 11:01:07

ラテ
あー…、大丈夫?
(相手に乗って水をかけたはいいもののクシャミをしている姿を見ると風邪を引いてはいけないと思い、心配そうに近寄り、タオルか何かを持ってきた方が良いだろうかと考え始め)

30:レン 2018-04-11 18:41:51

モカ

…なんだか楽しくなってきました。
(しばらくもちもちと遊んでいたが、相手が頬を膨らませることによって触った感触が代わった事に驚き。弄ぶ手を止めることなく一言呟くと、両手で相手の両頬をつまみ)

ラテ

!…構いませんが、あまり出が良くないかもしれませんよ…?
(飲みたいと言ってくれることは嬉しくてむしろ進めたいのだが、搾乳の直後の為相手の腹を満たすほど出せるかは自信がなく。シャツのボタンを一つずつ外して陥没乳首を顕にしながら首をかしげ)

31:モカ 2018-04-16 16:31:22

レン
んぅっ…んゆー。
(今度は両頬をつままれ、自分の頬で遊ばれている自分の方も楽しくなってくると目を細め、つままれる度に声を上げて)

レスを書き込む