TOP > なりきり > 異常な愛( 非募 )

異常な愛( 非募 )

最終更新 2018/04/19 00:56:58
レス数 39
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス39中:1-20

1:419 2018/04/04 00:55:21 作成

ゆる募にて募集。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

21:高崎悠希 2018-04-06 22:19:57

了解です!
今の時点で、他に何か質問とか決めておきたい事とかありますか?


(部屋へと着くまでに人の肉片だろうか赤黒い塊が台所へと置かれていたり、先程見た様な黒いポリ袋が散乱している余りに異様な光景に自然と身体が震えてしまうのを感じながらも恐る恐るといった様子で後についていき。ふと目的地に到着したのか扉を開けるなりベッドへと乱雑に放り投げられ其の儘覆い被さる様にして距離を詰められては、どうする事も出来ない儘に身包みを剥がされてしまい、その直後首筋へと鋭い痛みが走れば小さく篭った悲鳴を零すも次いだ脅迫紛いの言葉に閉じていた双眸を薄く開いては反論する事も出来る訳無く、こくこくと数回首を縦に振る事しか出来ないでいたものの、此処から逃げ出す事は諦めた訳では無い様で、相手の隙を見てどうにか床へと脱ぎ散らかされたスーツに入っている携帯を手に取るチャンスは無いかと機会を窺っている様で、震えた手で一度相手の肩を押し距離を取っては眉根を顰めつつ説得する様にして声を掛けて)
…こんな脅しみたいな事しなくても、俺は誰にもこの事は言わない…です。…だから、見逃してください。最上さんも、脅しの為とはいえ、男相手にするなんて、気持ち悪いでしょ…。

22:最上仁馮 2018-04-07 00:55:56

他に質問は特に無いです!お気遣いありがとうございます!



問題ない、俺はバイだ そして見逃す気もない
(肩を押す手を叩き払い証拠になるかどうかは分からないが叩き払った手を掴み熱を持ち膨れ上がった自分の股間に手を置かせ、逃げようとしても無駄だと静かに釘を刺すと右手を相手の背中に滑り込ませ柔らかな双丘の間に指を入れ硬い窄みにローションもないまま人差し指を挿入し少しでも解しておこうと闇雲に挿入した人差し指を動かして。焼けない体質なのか驚く程白い肌に舌を這わせ程よく筋肉のついた胸の突起を左手で弄び、軽く解した窄みに中指を追加で挿入しまだ硬い肉壁を乱暴に指で引っ掻き回し。もうそろそろと指を引き抜き仰向けの相手の体をうつ伏せに返し解しの足りないそこに自らの熱の先端を硬い窄みに擦り付けそのまま無理矢理内壁を割きながら熱を押し進め、あまりのキツさに苦しげに呻きながら腰を突きあげ相手の口を無理に開かせ)
声をだした…ッ方が…らく だぞ…!

23:高崎悠希 2018-04-07 02:10:35

いえ、それでは背後はとりあえずここら辺で失礼させて頂きますね!
また何か相談や質問があれば遠慮なく声掛けてください!
改めまして、これからよろしくお願い致します!



(ささやかな抵抗も虚しく払い退けられた手を引かれ熱を持った箇所へと押し付けつつ特に躊躇う事も無く放たれた衝撃の告白には吃驚した様に双眸を瞬かせ視線を上げるも、深く何かを考える前に一本二本へと次々と容赦無く肉壁を押し広げ掻き乱されれば其処を使う事も始めてでは無かった為か案外直ぐに相手の指を受け入れる様にはなったが、慣らしも足りない儘に態勢を変え自身を宛がわれては流石に無理だと首を振るも、遠慮無く熱を押し進められれば当然ギチギチと今にも割けてしまいそうな程の痛みが伴い、頭が真っ白になればただただシーツをきつく握り締め嬌声を吐く事しか出来ず。)
や、無理です…!ッや、あ"ぁ…ぅ、いだい…ッ!

24:最上仁馮 2018-04-07 22:58:58

ではこちらも失礼させて頂きます!その時は遠慮なくお声かけさせて頂きますのでご安心をっ!!
こちらこそよろしくお願いいたします!


ぐ…っ ん、ふ…
(相手の口から指を抜き唾液のついた手で萎えてしまった相手のものを優しく握り込み、少しでも興奮するようにと先端を指先で転がす様に扱き痛み喘ぐ相手の顔を軽くこちらに向けさせ強引に唇を奪ったかと思えば舌で唇をこじ開けぬるつく舌同士を絡ませ深い口付けを交わし。口を離し少し興奮が生まれたのか中で熱がぐんと質量を増し、汗で顔に張り付く黒髪を耳にかけると隠れていた左目が外気に晒され相手のものを触る手は止めないままゆっくり腰を打ち付け熱を孕んだ吐息がほのかに桃色に色づき始めた部屋の空気に溶け、次第に自分が漏らす声に興奮の色が混じり白い背中を見つめながら自分よりも痛い思いをしているであろう相手に大丈夫かと気遣いの言葉を投げかけ。)

25:高崎悠希 2018-04-08 00:06:44

っんん、ぅ...ふぁ、
(先程迄の乱暴なやり方ではなく何処か気遣う様な優しい手付きへと変わっていけば酷く顰めていた表情も自然と和らいでいき、僅かではあるが相手に対しての恐怖心も薄れていき、萎えていたものもむくむくと膨らみを持ち始め。不意にうつ伏せの儘に顔だけを向けているのも苦しいとゆっくりと身体を反転させ相手と向き合う様な態勢に変わっては、直ぐに左目の傷痕に気が付きはするも特に何も聞く事はしないまま相手の首へとそっと腕を回しては、案外整った顔立ちである相手の表情をじっと至近距離で見据えつつ控えめではあるが自身の要望を口にして。)
...は、本当に逃げないので、あまり痛くしないで下さい...明日も仕事なので...。

26:最上仁馮 2018-04-08 20:13:29

(痛くしないでくれとの要望を叶えてあげたいのは山々だが自信は無いため目を剃らせて善処しようとだけ言い、明日に響かぬよう奥を中心的に攻めていると不意にしこりに似た何かを擦り上げ迫り上がる射精感に身を震わせ。首に腕を回す相手の背中を抱き身体を起こさせ白い首筋に鼻を寄せ汗の匂いに混じる相手の香りに興奮が更に増して、前立腺だと思われる箇所をピンポイントで何度も突き、先程までの恐怖に歪んだ瞳がフラッシュバックしては切れそうになる理性を必死に繋ぎ止めるが腰の動きは止められず甘ったるい吐息が喉から漏れ出し。)
っは、う……はぁ、…

27:高崎悠希 2018-04-08 22:24:46

んあっ…!や、あぁっ...も、逝く…っ!
(暫く耐える様な篭った悲鳴や嬌声を零していたものの、不意に相手のものが前立腺を擦り上げれば一際甲高い声を漏らしてしまい、慌てた様子で口元を掌で覆い隠すも何度も何度もその箇所を集中して責め立てられれば最近は自己処理をしていなかったのもあってかあっという間に達してしまい、数度ビクビクと身体を痙攣させては精液を腹の上へと吐き出しつつ、更に相手を絶頂へと誘い込む様にして窄みをきつく締め付けて。)

28:最上仁馮 2018-04-09 11:43:30

は、…! キツ……っぁ…!!
(相手が達したと同時に自分も背中を丸め最奥で達し荒い息のまま双方が落ち着くまで待っており、呼吸が整ってきたら中に埋め込んだものを抜き溢れ落ちてくる精液を指で掻き出し残ってるような感触は無いか、腰は大丈夫そうかと尋ね。床に置いたままだったタオルを手に取ると汗ばんだ相手の体を清めクローゼットから適当な服とズボンを渡しそれを着て寝てろとだけ言い残すと自分は部屋から去っていき。階段を降り向かった先はリビング、置きっ放しのポリ袋を家の地下室まで持って行き地下室で死体の目玉をくり抜き瓶に詰め、血抜きと加工を行った後の肉をリビングの冷蔵庫に入れ自室に隣人を残したまま自分はソファで横になり。)

29:高崎悠希 2018-04-09 22:02:07

(あっさりと行為を終え丁寧に後処理をも済まされ着替えまで手渡されては殺すつもりは無いのか呆然と部屋を去っていく背を見詰めていたものの、此の儘言い付け通りに眠る事なんて出来る筈も無く、怠い身体をゆっくりと起こしては、相手に気付かれない内に家へと帰り何事も無かった様にいつもの日常へと戻ろうと未だにズキズキと痛む後孔を気遣う様に忍び足にて部屋の扉を開け玄関へと向かい。しかし、通り道にあるリビングのソファにて相手の姿を見付けては一瞬驚いた様に肩を小さく跳ねさせはしたものの、そろそろと近寄って行っては乱雑に落ちていた毛布を相手の身体へと掛けてやり。)...あの、大丈夫ですか?寝るんだったら俺帰りますし...、あ、警察とかには絶対に言わないので...。

30:最上仁馮 2018-04-10 02:29:19

…! いいから泊まっていけ動けば余計明日に響くぞ、朝食を用意しておくからとにかく寝ろ
(浅い眠りについていたところ聞こえてきた相手の声にまさか起き上がってここまで来たのかと沈みかけていた意識が浮上し上記を説教気味に伝え急いで起き上がり手を取り身体を気遣いながらも無理矢理押し込む形で部屋に連れ戻すともう一度ベッドの上に静かに寝かせ柔らかな毛布を上にかけ、その近くに腰を下ろしベッドに横たわる隣人の顔を見つめ眠るまで見てるからなと殺気にも似た何かを孕んだ声で言い。ふと気付いたのか耳にかけていた前髪を元に戻し相手の邪魔にならないよう隣に横たわると腰のあたりを赤子をあやす母の如く優しく叩きなんなら子守唄でも歌った方が良いだろうかと眠らせる為の方法を脳内で探し。)

31:高崎悠希 2018-04-10 20:42:31

え、あの、でも隣ですし…。
(瞑っていた双眸が開くなり不機嫌なのか何処か説教気味に言葉を捲られれば一瞬怯えた様に身体を跳ねさせつつ小さく言葉を返しはしたものの、連れ戻されベッド上へと再び柔らかく寝かせられ相手のされるが儘になっていれば想像以上に普通の人間らしい行動に自然と恐怖も和らいでいき、直ぐには寝られないなと相手と向かい合う様にして身体の向きを変えては、いつの間にか左目に掛かってしまっている前髪に気が付いてはそっと手を伸ばし前髪を分けては火傷の部分へと軽く触れてみて。)
…この傷、痛くないんですか?

32:最上仁馮 2018-04-11 23:11:06

ごめんなさい!質問なのですがこれはダメ!っていう行為はありますか?
そして返事が毎度遅くなって申し訳ございません、最近転職致しましてしばらく返事が遅くなるかもしれません申し訳ありません!


……ああ…
(ベッドの中で大人しくなった相手に安堵したのかふうと一つ息を吐き左目にかかった前髪を細い指がかき分け左目の傷に触れる手に、動きと思考が止まり見開いた瞳の奥に雷の如く幼い頃の記憶が過ぎり額の脂汗と荒くなる呼吸に口元を覆っていれば自然と呼吸は安定し始め。痛くは無いのかという問いにはぎこちなく頷き薄く開いた唇は小刻みに震えそれを隠したいのか前歯で口を噛むが瞳には恐怖の色が残っており不安を隠す為双眸を閉じ深く息を吸い込んで。)
視覚に、問題はない…

33:高崎悠希 2018-04-13 13:55:47

お仕事お疲れ様です!いえいえ、此方も遅れてしまう事あるのでお互い様です!
うーん、あまり萎は無いのですが、スカトロ類の汚い系は少し苦手ですね。そちらは苦手な事とかってありましたか?


…そう、ですか…無神経な事聞いてすみませんでした。
(自身の問い掛けに明らかに動揺や恐怖を滲ませる相手を見遣れば自身が軽々しく踏み込んではいけない事だったかと素直に手を引き、次第に落ち着きを取り戻してきた様子に安心した様に小さく息を吐いては額の汗や唇に滲む血を袖で拭い取ってやってから相手の手を緩く握り締めて。不意にその手へと視線を落とせば所々に傷が目立っており嫌でも相手は殺人鬼だという事を思い出させるも、先程の相手の怯え切った様子から何か理由があって殺しをしているのでは無いかと勝手に考えては相手を可哀想だと同情の念すらも抱いてしまい。ふと自身の考えを正す様に数度首を横へと振れば明日になりまだ自分が生きていれば警察へ突き出そうと考えを改めつつ、小さく相手へと声を掛けては双眸を閉じて)
…そろそろ寝ましょうか、おやすみなさい。

34:最上仁馮 2018-04-14 23:49:18

ありがとうございますぅぅぅ…!
スカトロ系が苦手なのですね、了解です!私の方は特にないです!なのでなんでもしてオッケーですよ〜


いや、いいんだ きにしないでくれ
(過ぎ去っていく記憶に段々黒い靄がかかっていき握られた傷ひとつない手の温もりに微かに目を細めその手を強く握り返すとありがとうと消え入りそうなか細い声を喉元から絞り出し。自分の体にも毛布をかけ握った手を体に寄せておやすみと返し瞳を閉じていれば微睡んでいた意識が一気に沈み。目を覚ました頃には既に午前5時、長い髪を結い上げ隣人を起こさぬようそっとベッドからおりキッチンにて二つの目玉焼きにもも肉のベーコンを乗せただけのシンプルなものを2皿、適当に野菜を詰め込んだだけのサラダと豆腐の味噌汁それぞれ二つをテーブルに置きテレビをつけると昨夜殺した女性の顔と未だ女性は見つからずのテロップに内心警察の無能さに罵詈雑言を浴びせ女性の写真を持って泣き叫ぶ遺族を観ながら人肉のベーコンを頬張り。)

35:高崎悠希 2018-04-15 01:24:12

分かりました!
背後様もお忙しければ無理しない程度で大丈夫ですので、少しずつ経過楽しんでいけたらと思います!


―――…生きてる。
(普段独り身の部屋では感じる事の無い優しい温もりを感じれば次第に睡魔が襲い規則正しい寝息を立て眠りにつき。環境や状況は違えどいつも通り6時頃に目を覚ましては薄く双眸を開き、昨晩の事は夢かと一瞬疑いはしたが見慣れない風景や匂いを感じれば直ぐに現実なのだと小さく溜息を零し、ふと身体を起こしては何かされていないかと服を捲ったり頬へ触れてみたりとするも特に異常は無い様でぽつりと上記を呟き、ゆっくりとベッドを降りては微かに朝食の良い匂いのする方へぶかぶかのズボンの裾を引き摺りながら歩みを進めて行き。リビングへと着き顔を覗かせてみれば相手が朝食を摂っており、眉根を下げつつ控えめに声を掛けてみて。)
…あの、おはようございます。…起きるの、早いんですね。

36:最上仁馮 2018-04-15 23:05:47

ありがとうございますゆっくり楽しませていただきます!!


…おはよう そんなに早いか?
(リビングの扉から顔を覗かせる相手に冷めないうちに食えと醤油をかけた目玉焼きを口に運び行方不明事件から話題の変わらないニュースに眉間に皺を寄せ空になった食器をシンクに積み上げ。ふとズボンの中の携帯がメールの着信が来たことを告げ画面を表示させると先日オークションに出した少女の肉が売れた事が書かれており結びには後で品を受け取りに向かいますとあり携帯をポケットにしまいリビングを後に地下室へ向かい買い手が決まった品をキッチンにある冷蔵庫に入れ買取の方が来るのを待ち。不意に昨夜の出来事が頭に浮かび上がり頰がじんわり桃色に染まり始めそれを隠すかの如く顔を手で多い軽く揉んで相手の向かいの席に腰を下ろし。)
身体は問題ないか?

37:高崎悠希 2018-04-16 00:02:54

…えっと、身体は大丈夫です…朝食も、態々ありがとうございます。
(机上を見遣ればご丁寧に自分の分迄も朝食が用意されている事に双眸を瞬かせるも素直に礼を述べ椅子へと腰を下ろしては朝から行ったり来たりと忙しない相手を気に掛けながらも、昨夜何も口にしていなかった事もあってか躊躇いも無く相手が作った目玉焼きや人肉のベーコンを頬張ってはあっと言う間に食事を終えてしまい。不意に相手へと視線を移しては頬が薄く赤らんでいる事に気が付けば不思議に思うも口には出さず、先程から流れている恐らく相手が起こしたであろう事件のニュースへと耳を傾け、今日此処を出たら警察へと届け出ようと被害者の名前を脳裏へと刻み込んではテレビから視線を逸らし、伏し目がちに相手へと声を掛けてみて)
……すみません、そろそろ家出ないと仕事に間に合わないんです…。

38:最上仁馮 2018-04-16 22:03:26

いいから食べろ
(迷いなく朝食を頬張る相手を見て味付けに問題が無かった事に胸を撫で下ろしあえてベーコンが人肉で出来ている事は言わず。同じ話題ばかりを垂れ流すニュースを消しそういえばと二階の寝室に散らばった相手の下着と床に落ちたスーツを拾い上げソファの背もたれに掛け、洗えてなくて悪いと少しでもマシになればいいと爽やかミントのスプレーをスーツに吹きかけ。玄関からのチャイムの音が聞こえ冷蔵庫の肉を持ち品物の受け取りに来た買取人に品物を渡し、冷蔵庫の中を思い返して今日は買い物に行った方がいいかとぼやいてはサイドリビングに足を踏み入れ朝の支度は終わったのかと相手に尋ねて。)

39:高崎悠希 2018-04-18 06:22:15

(昨夜と変わらず何処か棘のある言い様には微かに眉根を顰め不服感を顕にするも、其の言葉にそぐわず自身の身の回りの準備を進める様子を見遣れば本当に読めない人だと訝し気な視線を送っており。ふと早朝にも関わらずチャイムの音が聞こえ客人へと何かを手渡し早々に戻って来た相手を見上げては更に不信感を募らせつつも、次ぐ問い掛けに一度時計を確認するなり慌てた様子で立ち上がり、一度襲われた相手の目前で迂闊に着替える事が出来る筈も無く、スーツや鞄類を手にするなり足早に玄関へと脚を進めていき、直前で相手の方へと向き直れば心にも無い言葉を告げて。)
…まずい、急がなきゃ、…すみません、服はまた後日返しに来ます、…あの、この事は誰にも言わないので、見逃して下さい。

40:最上仁馮 2018-04-19 00:56:58

…口外したらすぐにでも殺しに行く
(腕を組み感情のない冷たい言葉を発し素っ気なく相手に背を向けて衣服の事には触れないまま一人二階の自室へと上がっていき。ベッドメイクや散らばった衣服を洗濯機に入れる等で有り余った時間を潰しそれでもまだ余る時間をどう過ごすか考えながら積み上がった未洗濯の衣類達を消化しつつ昨夜の色事でかいた汗を流そうと風呂を沸かし、衣服たちを洗濯している間湯船に浸かり病むはずも無いのにピリピリと痛む左目の火傷痕を爪で搔き。湯船に体を沈め口が湯で隠れるまで顔を沈ませると瞳を閉じ、父さんと呟くも言葉は意味を持たない泡となって消え虚しいまま湯船から上がりスポンジで体を洗い始め。)
いつまで、引きずるんだ 俺は もう終わっているのに

レスを書き込む