TOP > なりきり > 風声鶴唳 【鶴審/非募集】

風声鶴唳 【鶴審/非募集】

最終更新 2018/08/23 06:59:57
レス数 1000
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス1000中:1-20

1:鶴丸国永 2018/04/29 16:16:09 作成

募集スレ452より、454の審神者の君と俺だけのスレだ。
遅くなってすまない。これから宜しく頼むぜ!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

F-talk
このスレッドはもういっぱいです。次のスレッドを立ててください。
982:鶴丸国永 2018-08-21 18:19:15

…成る程。此処で言えば加州や五虎退なんかはそれに属するんじゃないか?それとなく話を聞いてみるか…強くなれるとわかれば受け入れるだろ、俺たちは刀剣だからな。
(詳細を聞くに一定の成果を上げた後に更に上昇出来る物でありステータスとしての目安にもなる事がわかれば顎に手を添え思考を巡らせ、初期刀の加州や此処での生活が長い五虎退や短刀達はきっと修行に行けるはずだと。しかし言い出さないのと抑も知らないのとでは雲泥の差があるため近いうちに話をしてみようかと薬包を手渡しながら。)
痛むなら少し横になるなりして休むといい、書類の片付けくらいは出来る。




【お疲れさん、此方こそいつも有難う。件の話については外れていても特に問題はなかったが、君は真面目だな。わざわざ気に掛けてくれてすまん。重ねて礼を言う。
それと、もうじき此処も終わるが、次を作っても構わないか?この話の流れであれば次の分から他の本丸に邪魔するなど変化を付けても良いだろう、勿論続くままでも良いが、何より君の意思が優先だからな。】

983:梶木 当麻 2018-08-21 20:17:36

(もし修行という存在を知らなかったとして近侍から聞いて自ら名乗り出てくれるだろうかという不安はあったがそれに今から頭を悩まさせてても仕方ないと返事は曖昧に、受け取った薬を口に入れすぐに水で喉に流し込めば『良薬口に苦し』を具現化したようなそれに顔をしかめるもすぐに腹の不快感はなくなるだろうと近侍の提案に甘えることにして、腰を落ち着けていた座布団を丸めてその場に横になり)
まだ全部の確認は出来てないから机の上にでも置いといてくれ。それまで自分で読むなり休むなり好きにしてくれて構わない。




【あんたが謝ることではない、こちらの落ち度だ。
もうそんなに時を過ごしているとは驚いた…そうだな、俺もその方が良いと思う。まだ限度までは残ってるが次のものに移る時には切り替えていこうか。作ってくれるのならお願いしたい。
何度言っても言い足りないくらいだが、ここまで付き合ってくれてありがとう。これからもよろしくな。】

984:鶴丸国永 2018-08-21 21:13:32

(ん、と短く返せば書類を纏めつつ様々な本丸があるものだと一枚一枚丁寧に目を通していき、主君の側に腰を落ち着け寝転ぶ相手の頭を撫でながら頭のなかで情報を処理して。幼いながらに審神者として立派に職務を果たしている者や、老齢で趣味を楽しみながらゆったりと政府に貢献している者など実に様々だと興味深く、ふと一枚の書類を見つければ自分を近侍にし功績を残している審神者に目が行き、話題に出した手前はあるが自分は確り勤め上げているだろうかと不安になれば見なかった事にして。)




【長いようで短いと言おうか…それにしても続けられる事は嬉しいな。次を作れる事が有り難い事だ。君のおかげだ。此方こそ言い尽くせない程だがお礼合戦は尽きないからな、一度控えさせて貰おう。つぎの場所に移ったら切り替え、という纏めも出来たし此処は流して良いからな。】

985:梶木 当麻 2018-08-21 22:39:23

(完全に意識を手放して程なくすると見学先は決まったのだろうかと先程盗み聞きしていた刀剣男士達が戻ってきて開いたままの襖の影から中を覗き込んでいて、人妻は小さい子はと近侍に問おうとするも眠る主を見るなり口を閉じ、寝かせてやろうぜと獅子王に促されそのまま静かに去っていき。半刻と少しの時が経つと自然と目が覚め寝る前よりだいぶ落ち着いたお腹にほっと安堵の息をついて腹をさすりながら起き上がり)

986:鶴丸国永 2018-08-21 22:47:47

(賑やかだった声が主君を見た途端に静かになり、また後でと部屋を出て行くのを見送った後は騒音にならないよう気を付けながら文机の上に書類を纏めて置いておき、相手が起きるのをゆっくりと待っていたが昼までの打ち合いで消耗し満腹だったのもあり少しうつらうつらと船を漕いだものの主君が起きたらしく身動ぎ音がすると其方へ視線を遣り。)
ん…おお、起きたか主。体の調子はどうだ?

987:梶木 当麻 2018-08-21 23:36:48

だいぶ落ち着いたが…ずっとそれ見てたのか?午前中手合わせで動きっぱなしだったろう。少しは休め。
(眠そうに目を擦り欠伸を1つ、流石に今朝のような何が何でも寝ると意地になってしまいそうな程の眠気はなく丸めていた座布団を元に戻し相手に向直れば、気になる本丸は見つかったかと問いかける前にその今にも閉じてしまいそうな瞼に片眉を上げ、なんなら布団を用意してやると立ち上がろうと)

988:鶴丸国永 2018-08-22 05:38:29

いや、休むなら自室に行くから問題無い。気持ちだけ受け取っておく。
(立ち上がろうと腰を浮かせた主君にゆるりと片手を上げ制止させ、いくらなんでも甘え過ぎると適当な理由付けで自分が部屋に戻れば良い話であり重たい腰を上げ。先程の書類に目を通した事であまり迷惑になるようでは近侍として情けないとは言わず。)
…そうだ、皆が遠征先や編成について気に掛けてたぞ。後で教えてやって欲しい。

989:梶木 当麻 2018-08-22 11:13:15

…そうか、分かった。
(止められてしまうと本当に大丈夫なのかと視線を向けるも自室に戻るらしく無理に引き止めることはないと判断して、そのまま腰を落ち着けて近侍を送り出したら文机に向かい相手が片してくれた書類をまたすぐに読めるよう机脇に置き編成にとりかかり。然程時間はかからずにそれも仕上がれば紙を握り早速部屋の外へ、内番や遠征編成の掲示板前に向かえば加州が他の刀剣男士達と会話を楽しんでおり主に気づけばパッと表情を明るくさせて)
あぁ、腹はもう大丈夫だ。…で、前に決めておいた編成あっただろう、それを変更したからもし時間があるなら皆に伝えて欲しいんだが…。

990:鶴丸国永 2018-08-22 11:36:11

…お、あれは…
(歩いた事で少し眠気も取れてきたが欠伸は時折出てしまって、自室に戻る途中で五虎退の白虎を見つけると、尻尾を振りながらどこかに行こうとするので気が向いてついて歩いてみれば縁側の程よい日陰にたどり着き。こりゃ良いと虎の邪魔にならないように横になるとひやりと涼しい板や風が心地良く、すぐに意識を手放し眠りにつくと虎が一体ずつ増え自分の側で寝ているのも気付かず。主君より伝言を言い渡された加州はいつも通りに良いよとゆったりと返答しどう変わったのか確認しつつそういえばと遠征の件がどうなったのか尋ね。)

991:梶木 当麻 2018-08-22 13:39:17

遠征先は長篠城や本能寺調査とか長時間にはならないものを部隊ごとに時間をずらして頼もうと考えている。あまり本丸を空けたくないからな。
(問われれば今のところ計画している内容を話し現時点で決定している申し込みがあった審神者からの手合わせに出す刀剣男士の名前も上げて、初めてのことだから不安ではあるだろうが何か些細なことでも何かあれば自分か近侍伝に聞くよう伝え。その頃虎を探しに来た五虎退が近侍と共に虎が寝ていることに気づけば自室まで戻り薄手のタオルケットを持ってきて近侍のお腹から下までかけてやり、自身もきょろりと辺りを見渡し誰も見ていないことを確認したならそっと寄り添って横になり、いつの間にか獅子王の鵺もやってきて上に軽く覆いかぶさるようにして寝息を立て始め)

992:鶴丸国永 2018-08-22 14:22:09

(該当する刀剣を聞き自分が入っていない事でまた留守番かあと態と大きく溜息をついたものの、主君に必要とされ役目は全うするから任せてと自分の胸を軽く叩いた後に主こそ気をつけてねと気遣う言葉をかけて。寝ているうちに、涼しかったはずの縁側が暑く感じ、また腹部も重たく感じられ小さく唸りつつ目を覚ませば鵺が寝ている事に驚き体が跳ねるも声は出さず、また側でふわふわふかふかとした感触があり顔を擡げてみれば五虎退本体を始め虎が自分の周囲を囲うように寝ていたためこれにも驚くが、ふっと笑みを浮かべると頭を元に戻し起こさないようにしながらも頭を撫で。)
…参ったな…まあ、偶には良いか……

993:梶木 当麻 2018-08-22 17:40:38

今回は俺1人じゃないから大丈夫だ。
(残念そうな加州に頭を撫でて悪いなと一言、そのまま別れこんのすけの連絡が来るまで残りの本丸のデータを見ておこうかと自室に帰ろうとするもふとそのまま真っ直ぐ戻る気にはなれず、遠回りしようと特に考えもなく適当に道を選んで廊下を進めば程なくして縁側に出てその先に何かが転がっていることに気付き不審に思ってそれに近づき。正体が五虎退の虎と鵺に埋もれた近侍だと分かればその様子に思わず吹き出して笑い始め)
あんた…っふふ…なんだその状態は…!

994:鶴丸国永 2018-08-22 18:16:37

その声は主か?何だと言われても俺も知らんうちにこうなっていたんだ…
(鵺によって視界が狭く、撫でるには心地いいがいよいよ暑くなって来たなと思っていたところに笑い声が聞こえ、聞き馴染みある声に上体をゆっくり起こすと鵺を始め虎達も次々に目を覚まして。涼んでいた筈がすっかり寝汗をかき、やれやれと苦笑し襟を開き風を通しながら、隣でスヤスヤと眠る五虎退を軽く揺すって起こし。)
…五虎退、そろそろ起きろ。このままだと風邪を引くぞ。

995:梶木 当麻 2018-08-22 18:42:00

あぁ…カメラを借りてくればよかった…。
(一頻り笑った後は浮かんだ涙を指で拭いながら大欠伸をしている鵺を抱えて上から退かしてやり足元に擦り寄ってきた虎達の喉を擽ったり腰を撫でたりと戯れ、着物の裾を掴んで気持ちよさそうに眠っていたが揺すり起こされ寝ぼけ眼で上体を起こした五虎退が近侍を見るなりすみませんと何度も謝りながら立ち上がり。同時に探しにきたらしい獅子王に抱えていた鵺を渡し腰を下ろし、懐から手拭いを取り出すと近侍の首元の汗を拭い)
軽く汗を流しに行ったらどうだ?

996:鶴丸国永 2018-08-22 20:58:00

ん、ありがとう主。……そうだ、五虎退も一緒にどうだ?暑かったろうし汗を流しに。あまり君と話す機会も無かったからな。
(陸奥守が居ればシャッターチャンスだと良いように写真を撮られただろうなと主君の言葉に笑いながら、獅子王を見送った後にベタつきを拭われ、思わず気の抜けた表情で礼を言っては提案に乗ることにして。そこで閃いた後に五虎退を誘えば、少し動揺しているのを尻目にたまには良いだろうと言う近侍に対しどうすれば良いのか迷い、主君の方に視線を投げ。)

997:梶木 当麻 2018-08-22 21:29:28

あぁ、行ってこい。俺はもっと皆が皆と話して仲良くしてくれれば嬉しい。
(どうしようと語るような表情に目を細めては頭を優しく撫でてやり、未だに戸惑ってはいるが分かりましたと返事の後に汗で濡れてしまったので着替えを持ってお風呂場に行きますと虎達を連れて足早に去って行き。その背中を見送って先ほど話していた修行のことを伝えるのか相手を見やり)
…すまないな。

998:鶴丸国永 2018-08-22 22:23:48

なに、大した事じゃない。五虎退から伝播して皆が強くなりたいと思うようになれば言うことなしだ。
(主君の言葉に何を謝る必要があるのかと自分に出来る事をするだけだと笑えば、思惑通りになるかは神のみぞ知る所ではあるが好転する気がする、と呑気に笑みを浮かべ主君に寄り添おうとするも汗ばんだ体で触るのは躊躇われて。俺も着替えを持って行こう、と自室に戻る為にすれ違い様に相手の頭を優しく撫でた後に自室から部屋着を取り脱衣所へと向かい。)

999:梶木 当麻 2018-08-22 22:59:08

(優しく触れた手はすぐに離れ足音も遠のいていき完全に聞こえなくなってからなんとなく自身の頭に触れてみたのは手の温もりが残っているように感じられたからで、しかし熱を持っているのは頭ではなく自分の顔のようにも感じられて。廊下の向かいから来た長谷部は自身の赤くなった顔を見てもしや熱をと慌てて駆け寄ろうとするも、それをついてきていた次郎太刀が野暮なことを言うんじゃないよと羽交い締めで抑えそのままこちらにどういう意味なのかウィンクをしてから来た道を戻っていき、自身は軽く頭を下げてから自室に向かい。脱衣所では服を脱ぎながら五虎退が虎達に何か怒られるようなことをしてしまったのだろうかと不安そうに語りかけていて)

1000:鶴丸国永 2018-08-23 06:38:05

…そう構えるな、取って食うなんてしないから。
(脱衣所で再度会った五虎退が何処か怯えているように見えると苦笑し。謝る必要も怯える必要もないと返し浴室へと入れば畑の事や虎達の事など世間話から入り鍛錬について話していけば矢張り自信がなさそうな様子で、頑張り屋なのだからと励ました後に風の噂として修行の話を出せばこんのすけや主君に聞いてみたらどうだと促してみれば少し思案顔になり。その後はまた他愛ない話をしながら二人で風呂を出て其々の場所に向かうべく分かれ。)

1001:梶木 当麻 2018-08-23 06:59:57

(自室前では半開きになっている襖の陰から中を覗き込む誰かがいて信濃と静形だと気付くなり声をかければ直後信濃は静形の脇に腕を回していたところをこちらに飛んできて静形も大股で近付くので話を聞けば風の噂で自分達が選ばれたのは本当かという確認をしにきた様子。いつだと2人から同時に質問攻めにあうもまだ日程も見学にいくのか受け入れるかさえ決まっていない旨を説明、決まったら真っ先に教えるから内番や手合わせを頑張るよう宥めて部屋に帰し自室の中へ。こんのすけが持ってきてくれた資料を細部まで読み込んで時間を過ごし)