TOP > なりきり > 暴力に塗れた愛

暴力に塗れた愛

最終更新 2018/05/27 18:32:46
レス数 110
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス110中:1-20

1:761 2018/05/19 07:14:46 作成

765様お待ちしております

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

92:陽向 詠祐 2018-05-23 15:53:32

…ありがと。またね。
(肯定の言葉に嬉しそうに頬を緩ませると、手を振り返してから帰路につき。パートナー兼恋人と二人で住む自宅へ帰ると、それから暫くして帰宅した恋人を迎え。果たして恋人が鋭いのかパートナーとして当然の反応なのか、随分と怪しまれコマンドを掛けられては終わりだと思ったが、どうやら気分が良いらしい彼からそこまでして聞き出される事は無く、気紛れな彼から久々に貰った口付けに小さく微笑み。。一先ず胸を撫で下ろすがこれからやって来るのは普段と変わらない苦痛を只管に耐える時間で、ネックレスの代わりに無骨な首輪を嵌められればそれから数時間は一心に彼の欲望を受け止め。痛みと苦しさに呻きながら思い浮かべるのは相手に優しく触れられた感触ばかりで、漸く満足したらしい恋人が部屋を出て行くと早々に起き上がり甚振られるのに使われた道具を片付け、床に付いた血やら汗やらを拭き取り長かったプレイを終えて。同じ場所で寝起きしていても与えられた部屋はこの一室のみ、プレイに使う道具以外には何も無い一室の真ん中に座り込み床に頬をつけるようにして横たわると、また相手の温もりを思い出してしまい。一度知ってしまった温かさがぞんざいに扱われる事に対して感じる虚しさを加速させ、ぼんやりと虚空を見詰める瞳から涙を流し。完全なdropに陥ってしまう前に突然襲い来る眠気に任せて瞼を下ろし)


──


恋人との描写を入れてしまった為に長くなってしまい申し訳御座いません;;現パートナーとの関係は上記のようなものを想定しておりますが、よろしかったでしょうか…?何か問題が御座いましたら訂正致しますので、ご遠慮無く仰ってくださいませ!!
また今後についてですが、一先ずもう一度貴C様のお宅にお邪魔させて頂き、その後に恋人との決別に繋がるシリアスな展開も入れていければと思っております…!細かな展開は今後の二人のやり取りの流れに任せるでも良いかなと考えているのですが、何かお考えが御座いましたらお聞かせくださいませ!!

93:緑井 明 2018-05-23 19:30:55

いえ、大丈夫です!恋人様との関係も全く問題ありません…!
そうですね、シリアス入れたいと思っていたのですが、パッと思いつくようなシチュがなく…とりあえず流れに任せつつ思い浮かんだらでいいでしょうか…?
とりあえず飛ばさせていただきますね!

───

(相手が帰った後、先程まで二人だったせいか一人でいる部屋が不思議と静かに感じ、本当にまたきてくれるだろうかと思いながら、明日の業務を考えながら風呂に入り着替えをして、帰らせてしまったことに少しだけ寂しく思いながらベッドに入りゆっくりと意識を手放して眠りに入り。相変わらず朝早くから目を覚まし、ぐぐ、と伸びをしてから、着替えるべく服を取り出しながら相手のことを思い出してしまい深く溜息を零して)

94:陽向 詠祐 2018-05-23 20:36:47

では、今後の展開については一先ず流れに任せていきましょう!!もし何かこれをやりたい、というシチュエーションがありましたらお互いに報告する形で良いかと思います!!
場面転換ありがとうございます!!此方からも時々状況に応じて場面を変えさせて頂く事もあるかと思いますので、よろしくお願い致します!!


────


──ん、
(翌朝セットしておいたアラームの電子音により目を覚まし、痛む体に表情を歪めながらゆっくりと体を起こし。痛みに時々手を止めながらゆっくりと着替えを終えると、リビングで恋人に首輪からネックレスへと付け替えてもらい二人で家を出て。それぞれ違う講義の彼とはキャンパス内で別れ、友人達と合流すれば周囲と何ら変わり無い日常を過ごし。それから時間はあっと言う間に過ぎ恋人から今日は一人で帰れと連絡があった放課後、思わず以前教えてもらった相手の番号に電話を掛けてしまい。まだ仕事中だろうか、迷惑になりはしないだろうかと些か緊張しながらコール音に耳を澄ませており)

95:緑井 明 2018-05-23 21:09:11

わざわざありがとうございます…!ではとりあえず、ある程度の方針としてこの後恋人様と決別のシリアス展開ののち、緑井との契約で大丈夫でしょうか?問題ないようでしたら一旦背後は失礼させていただきます!

───

──…はい、もしもし。…詠祐くん?何かあった?
(普段通りの勤務、変わらずにパトロール等を済ませたが結局定時に上がることはできずに相変わらず少しの残業を済ませた後、相手から電話がかかってきていることに気づいて、殆ど切れる寸前で慌ててでればもしかしたらまた何かあったのだろうかと問いかけて)

96:陽向 詠祐 2018-05-23 21:22:43

はい、そういった展開で参りましょう!!では、此方も背後は失礼させて頂きますね。また何かありましたらお声掛け致します!!


────


……あ、えっと…ごめん、忙しかった?
(暫く待ってみてもコール音が途切れる事は無く、やはり仕事中かと一人落胆し。しかし電話を切ろうとした寸前で相手の声が聞こえて来ると、慌てて再度携帯を耳に当て。本当に何と無く掛けてしまった為に何を言ったら良いのかが分からず、少しの間の後ぽつりと問い掛け)

97:緑井 明 2018-05-23 21:35:52

ううん、大丈夫だよ。…いま仕事終わったところ。学校は?
(危うく切れてしまうところだった、と相手の声がすると安心して笑うが特に何かがあって電話をしてきたわけではないらしいことがわかり、ならばなんでもいいかとこちらからも簡単に問いかけながら帰路について)

98:陽向 詠祐 2018-05-23 21:46:19

そっか、お疲れ様。…俺も今終わったとこです。今日は一緒に帰んないから。
(仕事終わりと聞くと無意識に頬を緩めてしまいながら労いの言葉を掛け。同じ問い掛けに答えると、ついでに今は恋人の存在が近くに無い事を伝えておき。それから少しの間口を噤んだかと思えば、遠慮がちに問い掛けて)
…あの、電話…迷惑じゃないかな。

99:緑井 明 2018-05-23 22:05:52

…迷惑だったら電話番号教えてないよ
(今日は一緒に帰らない、ならばこうして電話していても大丈夫だと安心していて、だがまさか相手から電話のことを言われるときょとりと瞳を少しだけ瞬かせて。そういうところは控えめなのかと思わず笑ってしまいながらはっきりと自分が思っていることを伝えて)

100:陽向 詠祐 2018-05-23 22:24:02

そっか、良かった。
(相手の言葉に安堵の息を吐くと、頬を緩ませて呟きながら鞄を片手にキャンパスを出て。顔を合わせて話すよりも電話越しの方が何を話せば良いのか分からず、浮かぶのは会いたい、という気持ちばかりで。それを口にする代わりに再び口を開くとぽつりと告げ)
…特に話す事無いんだけど…もう少し声聞いてたい。…だから切んないでほしい、な。

101:緑井 明 2018-05-24 12:19:41

…勿論。どうせ家に帰るだけだから
(会いたいなんて思われているとは夢にも思わず、声をききたいと言われただけで笑ってしまいながらどこか嬉しそうにしつつ受け入れて。昨日帰ったあと大丈夫だっただろうかと軽い心配はするが、こうして電話をかけてくれているのだからと深い心配はなく)

102:陽向 詠祐 2018-05-24 20:14:30

ん、ありがと。…あ、そういえば今度明さんのお休みっていつですか?また家行っても良い?
(快い返答に嬉しそうに頬を緩めた後、ぽつりと礼の言葉を呟き。そこでふと昨日また家に行っても良いと言われたのを思い出すと、些か弾んだ声色で問い掛け)

103:緑井 明 2018-05-24 23:23:25

ああ…休み。一番早くて明後日かな。休日にでた振替だって。だからその日ならいいよ
(以前家に来ていいと言ったことを、相手が覚えているとは思わず少しだけ意外そうにしたが、こちらとしても会うのは嬉しいのか自分ではわからない程度に嬉しさを言葉に滲ませつつ休みの日を思案しつつ一番近い休みを伝え)

104:陽向 詠祐 2018-05-24 23:39:07

明後日、…分かった、行くね。楽しみにしてます。
(次に会えるまでどれくらいの期間が空くだろうか、そんな事をぼんやりと考えていたために二日後にその機会が訪れると知ると思わず目を見開いて小さく復唱し。その日は特に予定は無かったはず、思わず嬉々として弾んだ声色になってしまうのを抑えられず頬を緩ませながら告げて)

105:緑井 明 2018-05-25 19:13:45

うん。…来れる?迎えに行く?
(行く、と言われると少しだけ嬉しそうにしながら、相手は自分の家までの道のりを覚えているだろうかと、一回くらいで道を覚えてもらえるとは思っていないのか、自分が世話を焼きたいという気持ちもあり問いかけて)

106:陽向 詠祐 2018-05-25 21:36:21

…あ、じゃあ…また待ち合わせしたい。昨日と同じ所で良いですか?
(電話をしながら相手の家までの道のりを思い描き、大体の場所なら分かりそうだと考えていたところに“迎えに行く”という選択肢を投げかけられると心は簡単に其方へ傾き。先程から頬が緩みっぱなしであるのを自覚しながら、小さく頷いて遠慮がちに問い掛け)

107:緑井 明 2018-05-26 00:06:37

うん、じゃあ迎えにいくね。…恋人さんに何か言われなかった?
(やっぱり道はわからなかっただろうかと簡単に勘違いしながら、相手の声が変わらず明るいものであることに安心しつつ、少しなら聞いてもいいだろうかと控えめな声で問いかけて)

108:陽向 詠祐 2018-05-26 00:37:11

…うん、平気。大丈夫だったよ。
(相手の返答に胸を弾ませていたのも束の間、電話口から聞こえた問い掛けに一瞬のうちに思考は冴え。相手の声にコマンドの響きが無い事に安堵しながらも短い間で何と答えるべきかを逡巡し、少しの無言の後に答え)

109:緑井 明 2018-05-26 11:09:08

…そう。……、明後日、学校?
(相手の声が急に冷たくなってしまったのに気付くと申し訳なさそうにするが、何となくそれが誤魔化されていると感じてしまうと、コマンドでも使ってしまおうかと思い。唇を動かしてすぐにそれを思い止まって逸らすように問いかけ)

110:陽向 詠祐 2018-05-26 11:59:40

うん。夕方前には終わるから、真っ直ぐ行きますね。
(相手の心境はいざ知らず、逸れて行った話に安堵して頷くと明後日のスケジュールを考えながら嬉々として告げ。しかしその間に自宅が見えてくると一度足を止め、徐に時間を確認するとそろそろ恋人も帰って来る頃だろうとぼんやりと考えており。ほんの少し気が重たくなるのを感じながら告げて)
…じゃあ、家着いたから切るね。急に電話してすみません。

111:緑井 明 2018-05-27 18:32:46

…うん。……相談、いつでも乗るから言ってね…ばいばい、詠祐くん
(切る、と言われると流石に家に着いてまでまだ繋げておけるほどではないことは分かっており、ほんの少し声が暗くなったのを聞き逃さず笑顔でそう伝え。自分も丁度マンションまで辿り着けば丁度いいとそこで電話を切り)

レスを書き込む