TOP > なりきり > \ 無性にムラムラした時どうしますかッ /【裏目的・多人数可】

\ 無性にムラムラした時どうしますかッ /【裏目的・多人数可】

最終更新 2018/12/13 22:31:59
レス数 283
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス283中:1-20

1:極限状況のおれ 2018/05/27 20:18:25 作成

答えは、ーーーー。




ムラムラ、苛々解消!〜健康な精活を〜


※注意
・裏目的のスレです。苦手な方は戻るボタンで
・希望によってはあま〜い恋人ごっこや、
ゆるっといちゃいちゃだけも有りです。
・主は基本的にタチをしますが、
男前になら抱かれても文句は言いません。
・ご参加の際は簡易的なPF(下記参考)と絡みロルを投下してください
・ロルは50〜、現在形推奨




※PF
名前:岩名 春臣(いわな はるおみ)
年齢:アラサー
職業:リーマン
容姿:黒髪ショートカット、糸目で黒子が多いけど顔は薄め。平均的な身長と体型。服はジーパンとTシャツでほぼ適当だけど黒っぽいのが好き

萎え:会話受け、幼児、ショタ、受け身、マグロ、みさくら、流血、グロテスク、スカトロや汚い物

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

265:相馬 恵一 2018-12-04 20:12:04

あー、今全国の変わり者さんに喧嘩売ったよお兄さん。(己の気持ち等露知らず、一言で一刀両断されてはさも相手が悪者のように指差して。じわりじわりと熱が上がる様に丹念に裏筋を舐めていれば、後頭部の掌が耳から頬へと伝うように降りそのまま頬を撫でられては何かするのでは無かろうかと、ちらりと上目で視線を遣り。先程迄とは違い確かに芯を持ち始める自身が愛おしく再び視線を落としたが、先を急かす言葉と共に今度は直接先端を口許へ寄せられ、それでも挑発するには充分過ぎる一言を漏らしてから根本を緩く握り直し先端を口内へと招き入れ。ぷっくりと腫れる亀頭との境目である括れ部分を濡れた唇で行き来し、時折垂れそうになる唾液を先端ごと吸い上げれば鈍い水音を響かせ。若干前のめりになれば一気に喉奥迄咥え、握る手と頭を同時に上下すればじゅぷじゅぷと卑猥な音と吐息を漏らし。)…せっかち。ん、……は… っ

266:岩名 春臣 2018-12-04 21:07:21

>> 265

何言ってんだよ……あと人のこと指差すんじゃない。(心的には年相応では無いのかと思わせるような素振りにやれやれと肩を落とし呆れたように見遣り、只此方に指を指すそれには宥めるように喚起を促し。こちらの動きを伺うように上目遣いで視線を感じれば焦点だけ合わせてそれを見遣り、再び宛てがわれる舌の熱に心地良さを感じ。催促は成功したようで咥内に招き入れられると舌よりも遥かに感じる濡れた粘膜と熱に侵されぞわぞわと首筋の辺りが擽ったくなり。先程とは反して鈍い水音を淫らに鳴らしながらの奉仕に見入り、踏ん反り返るような体勢からゆっくりと身体を起こすと腰を引いたり前に突き出したりと揺するのを繰り返し、咥内では咽喉から上顎に掛けて先端で撫で付けるように擦り。その間一瞬頰を撫でていた手は元の後頭部に戻り場所を固定するように添えて。)……お前もな。あー、やっぱ慣れねえし、加減が分からねえ。

267:高橋 透 2018-12-04 21:18:05

ンッ…、ほんと、1回きりで終わりにするつもりだったんだけどな…。(自分を縛るものは何も無いのだからのらりふらりと適当に彷徨うのが今の自分には丁度いいだろうと、考えていたが為に1度このぬるま湯のような温もりの心地良さを感じると少し離れ難いような心地も感じてしまうと独り言のようにポツリと呟き。此方の性感帯を探るような指の動きに、息を詰めて耐えようとすると自然と動く手が止まってしまい。それを相手に指摘されてしまえば埋めていた顔を上げて首を横に振っては、互いのを再度上下に擦り始め、前よりも質量と硬さが増している相手の熱を感じては無意識に相手の指を締め付け) ッ、分かって…る、ンッ、ハ…、

268:岩名 春臣 2018-12-04 22:51:02

>> 267

分かんねえよ、違うとこでいいもん見つけたら本当にこれっきりかもしんねえしな。(どこか後悔に似た念を感じるような口調には、これから先の事は誰にも予知できないというのを分からせるように呟き。此方の指摘通り手の動きを再開するが、己の自身を意識するような行動を見逃す筈も無く悪戯に指を増やし3本、4本とよく慣らしもせずに異物の容量だけ増やして。手首をひねりながらぐりぐりと侵食するような動きを繰り返しては、顔を覗き込み首を傾け耳朶をひと舐めし、そのまま極小さな穴に舌先を忍び入れて。)じゃあ、もうちょっと頑張れるよな?

269:相馬 恵一 2018-12-04 23:18:58

ふ、真面目なお兄さんもなんか良いね、ぐっとくる。(相手も充分変わり者であると思っているのだが、己相手になると制する側に回るその常人さに思わず笑みが零れ差していた指も下ろし。丹念に舐めていた甲斐あってか終始滑りが良く、頭を上下する中で舌を押し上げたり下げたりと圧迫に緩急をつけ。不意に相手の意思で腰が揺れ始めれば意図していなかった為一瞬苦しさに顔を顰めるも、即座にタイミングを合わせればより喉の奥深くへと誘うべく大きく頭を動かして。頬に触れていた指先が離れたかと思えば再び後頭部へと添えられ、押さえ付ける程では無いが動きが制限されては襲うという名目が薄れる気がして。追い討ちを掛けるような相手の呟きに、添えられた掌払うように軽く首を振って自身から口を離し、握ったままの片手はゆるゆるとした上下の動きを続行させつつ単刀直入に問い掛け。しかし応えを聞く前に慣れない行為に戸惑いがあるのなら、羞恥もあるのではと首を傾げ舌先の尖りで鈴口をちろちろと擽りながら双眸細めて見詰め。)ん、む…っぷは……気持ちくない?あ、実は恥ずかしいんじゃない?

270:岩名 春臣 2018-12-05 00:30:48

>> 269

いや、だから、何マニアよ。(ああ言えばこう言うとはまさにこの事で何を言っても自分に都合よく解釈をするであろうこの男に律儀にツッコミを入れるのもそろそろ飽き、一息ついては細い目を更に細くして只見つめて。咥内の熱と一体になり、喉奥や舌の愛撫を受けぼてっと膨らみを持ち主張するように反り返り立ち上がったのも束の間、此方が零した一言のせいで口からぼろんと溢れるように離され、心配なのか尋ねてくる相手には正直に答え。外気に晒され秘部がひやりとすれば腰が独りでに引きつったように揺れ、話し終えると再び己自身へ舌が伸ばされ、鈴口に宛てがわれると瞳は此方に向き、まるで口淫を見せつけるかのようなそれに思わず感想を述べ。比例して先走りの量が均一を崩しとぷんと増すと止まっていた腰の動きを再開させてゆっくり揺らしてゆき。)気持ちいけど、落ち着かねえんだよ。いや、そういうわけじゃ……お前えろいな。喘がせたらどうなんのか見てえ。

271:相馬 恵一 2018-12-05 18:40:31

嗚呼、その蔑むような冷たい目…もっと見てほしい。俺Mなのかな。(自分の相手をするのはさぞ疲れるのだろう、そんな事は分かっているのだが諦めた様にただ細められた瞳で見詰められれば鼓動は高鳴り。刺激を感じ取っているのなら問題はないと諭し、鈴口を擽りつつ視線を遣ればそれが相手の興奮材料になったようで、先走りが水滴の様にぷっくりと溢れてくれば余す事無く嬉しそうに吸い付いて。再び腰が揺れ始めれば此方も再び口内へ含み、頬を上気させ唾液を含ませた舌でしゃぶりつき。本来ならば相手の乱れる姿を眺めながら楽しむつもりだったが、口淫で響く水音や赤黒く腫れ上がる肉棒にすっかり此方が興奮してしまい、己のベルトを片手で器用に緩めてはボタンも外して前を寛がせ。手を下着の中へ差し込み窮屈になっていた中から己自身を取り出してやり。)気持ちいならそれに集中すればいーの。…あ、いっぱい。ん、俺可愛くあんあん鳴くの苦手だから、期待しない方がいいよ。

272:高橋 透 2018-12-05 19:33:47

俺を男漁りする軽い男みてーな言い方はやめて欲しいもんだけどな。(何処へでも行けとでもいうような言い方に不満を感じては顔を逸らし、拗ねたような口調で呟き。先走りが後ろへと垂れてきてはいるものの、ローションもろくに使わずに指を増やされては質量の多さに苦しさを感じると息を詰め。頑張れるよな、という言葉に何を?と疑問を覚え首を傾げるも、相手は気持ちよくないのだろうかと思っては互いの先走りで掌を濡らしては先端を覆うようにしてクル、と回転を加えながら刺激してみせ) ッ、ク…ん、ンッ…ァ、

273:岩名 春臣 2018-12-05 23:12:55

相馬

嗚呼、気質はあるなって今思った。(通常であれば蔑んだ眼差しに心を痛めたり、怒りを向けたりするだろうがまさか興奮材料になるとは思いも寄らず吃驚したように再び瞳が開かれれば眉を上下させて。此方の一言一句、ひとつひとつの動きに新鮮な反応を示し、先走りという体液に食いつき嬉しそうにしゃぶりつく姿を見ると今までの告白が口先だけの出鱈目ではない事が改めて分かり。腰の動きに合わせて咥内に招き入れ、再び熱に溶かされるような感覚に陥ると完全に勃起した状態になり先走りは途絶える事なく溢れてゆき。もぞもぞと彼の隆起した肉棒を器用に取り出す一部始終を見れば口元に怪しげな笑みを浮かべ、膝を立てて押し上げるように下腹部を刺激してやり。此方の期待を汲み取ってか、前置きするような物言いに良い印象を受けず、むすっと下唇を突き出しあからさまに反応してみれば相手の後頭部をめいいっぱい押さえつけ喉奥へ自身を挿入して。)……お喋りはここまでな。ふっ、あんあん鳴いてるだけなら誰でも出来んだろ?俺の好みは俺が決めるから関係ねえの。



高橋

嗚呼、ごめんな。そういうんじゃなくて、何が起きるか分かんねえって事言いたかったんだよ。(言葉足らずなのは元より上手く伝わらなかったようであからさまに拗ねたような態度を取られると前言撤回して。内壁に埋めた指は中がうねっているせいかよく解れていないのかどうにも動きが鈍くなり、ゆっくりゆっくり時間を掛けて愛撫を繰り返し。きょとんと首を傾げられては口角をやんわりと上げ、意味を解していないのを分からせようと角度を変えながら啄ばむように何度か甘い口付けを施し譫言のように小さく呟き。)あー…深い意味は無いけど、お前のテクで煽られてみせろってことな。まあ、キャラじゃねえなら難しいかもしんねえけど。

274:相馬 恵一 2018-12-06 07:21:50

いっその事そういう趣向で踏み出してみるのも手、か…ンッ(相手に褒められた気がして、能天気に先の事を思い浮かべれば自然と頬は緩み。口内に広がる先走りを溢さぬ程度に潤滑油代わりとして残し、頭と手を休ませる事なく上下に揺らし。興奮で隆起する己自身を己の手でどうにかしようとしていた矢先、不意に局部を押し上げられては肩が小さく跳ね同時に小さな声漏らし。更には唐突な勢いある挿入によって喉奥の異物感に双眸見開かれ、反射的に根本を握る手に力が籠り瞼をキツく閉じては、迫り上がる何かを嘔吐こうにも行き場が無く目尻に涙を溜め。ぼんやりと潤む瞳を晒して見れば何か気に障る事でもあったのか、相手の表情はまるで子供が拗ねた様な分かりやすい表情で。珍しさに一瞬魅入ってしまうも直ぐ様苦しい思いをした事に対し不服げな表情を全面に醸し出し、文句を言いたげに唸りながらジトッと見詰め。)…は…、っ…ふ、ん゛ッぐぅ、!……ぅ゛ー…

275:高橋 透 2018-12-06 22:39:55

別にいいけどな…何人目とか関係無く、男漁りしてるみてーなのは変わらねぇし。(拗ねたところで男漁りしている事は何度目とか関係無く言えば否定出来ない事実であり、首を緩く振っては小声で呟き。甘い口付けを甘受しつつ相手の言葉を聞いては、4本も埋められた後孔の圧迫感に小さく呻き。酸素を求めるように空気を吸い込んでは相手の腕を片手で握って固定させると腰を揺らして相手の指を挿し入れすると同時に自身の先端で相手のを刺激するように、竿から先端へと擦り付けてみせ) ッく、ァ…あ、ァ…ンッ、

276:岩名 春臣 2018-12-07 15:15:58

相馬
まあ、お前次第だな。(表情がころころと変わり、見た目の割に幼げで忙しないそれを見守る様に眺めつつ相槌を打ち。徐々に大きさを増す雄を唾液と先走りが混ざり合った体液を含み咥内に収められ、頭と口を引っ切り無しに動かし奉仕を続ける相手をまじまじと見つめて。深々と挿し込むと苦しそうに反応するそれに加虐心が掻き立てられ、生理的な涙で潤ませる瞳へと手を伸ばし、涙袋を指先で伝うようになぞってやり。脚に当たる相手の熱には自分の肉棒を奉仕してなのか、または奉仕という行為自体に興奮を得られるのか計り知れないがいずれにせよ目の前にいる上品な男が口淫によって興奮を得ているという状況に高揚し。ゆっくりと腰を引くと亀頭部分の浅いところだけを咥内に残しては目元を滑った手を頰へと伝い。)……そろそろいいか。俺もお前に触りたいんだけどダメ?男前を組み敷くほど興奮する事は無いよなァ。



高橋

大丈夫、俺もだし。(どこから来たものか知れない自身に糸目を片側だけ若干伏せウィンクを送り。己の腕を固定し、自ら腰を揺すって昂りを摩りつけるその様子は愛撫を欲して止まなく欲情を示す行為のように見えて。か細くも甘い喘ぎ声が鼓膜に届くと高揚したように吐息を荒げ、嬌声が漏れる唇は塞がずに頰や耳たぶ首筋を啄ばむように吸い付き、興奮のあまり加減が出来ず時折淡い紅色の痣を作り。腰をゆっくりと引き寄せる様に抱き直し、指を差し抜くと相手の肉壁を愛撫していた指を見せつけるように舐めながら尋ね。)……っふ、可愛いじゃねえか。指だけじゃ物足りないって感じだな。そろそろ挿れてもいいか?狭いくらいがよく締まるしなァ。

277:高橋 透 2018-12-07 20:50:52

ま、確かにお前は何人とでも経験あるようだし…気にすることはないか…。(自分が複雑に考え過ぎだったのかと、相手の言葉を聞いて思えてくれば気が楽になったような気持ちになってくると胡散臭げなウインクにデコピンを喰らわせては可笑しげに笑ってみせ。腰を揺すっていると、時折前立腺を掠めて身体を震わせつつ相手からの口付けを受けては、痕を残すような強い吸い付きにチクリとした痛みに一瞬眉を顰め。埋め込まれていた指が引き抜かれ、肉壁を擦る感覚に掠れた声を上げては後孔が疼き、まだ足りないと熱を欲しては相手の問いに頷いて勃ち上がった相手自身へと手を伸ばしてそっと触れ)ッ、ァゥ…ひ、ん、ゥ…あ、欲し…い、俺のココ…熱、ィ…

278:岩名 春臣 2018-12-08 15:22:09

>> 277

嗚呼、まあ否定はしないけどな。…ってぇ、後で後悔させてやるよ。(励ましの言葉を掛けた筈だが仇となって帰ってきたデコピンに額はほんのり赤くなりそれを覆うように抑えて。此方の問い掛けに喘ぎ声に混ざって返答され、己自身を欲している素ぶりを見せられると居ても立っても居られず、相手の腰を捕まえればふつふつと湧き上がる欲情のまま硬く張り巡らせた肉棒を突き上げるように腰を落とさせて。小さな蕾に先端が当たるとぐりぐりと中に押し入るように腰を下へ下へと落としては亀頭をようやく飲み込ませて一息吐き。)……あっは、可愛いなぁお前。ゆっくりでいいからもっと腰落としてみ?

279:高橋 透 2018-12-08 23:35:23

な、デコピンくらいでムキになんなよ。(相手なりの不器用な励ましが可笑しくて思わずしたものの、相手の言葉にたじろいでは呟き。乱れる息を整える間も無く、腰を掴まれ相手の自身の先端に添えるように浮かせられてはこれから来る刺激に心臓が痛いくらいに高鳴れば衝撃に備えるように相手の肩に顔を埋め。グッと押し付けられ、あまりの質量に圧迫感を覚え相手の背中にしがみ付きつつ受け入れては、1番太さのある雁を飲み込んで深くの息を吐き、あとは自分でと言われてはゆっくりと腰を下へと降ろしていき)ん、ンッ…あ、太…ぃ、あァッ!、ゥ、ンッ…

280:岩名 春臣 2018-12-09 22:05:32

別に。そんなんじゃねえよ。(くすくすと可笑しげな笑みが続いているのにもやもやしつつも、相手の言葉には否定して。柔らかな粘膜を硬い雄が押し退けてどんどんと中へ侵入して行くと、指とは比べ物にならない質量感に身を震わせ肩に顔を埋める様子が見受けられるとくしゃりと髪の毛を撫でてやり。促されるまま腰を埋め全長まではまだ遠いが侵入を許す内襞は吐息を漏らす度に無意識的にきゅんきゅんと締め付け、此方も怒張に張り巡らされた血管を浮き出る程興奮は高まり互いの吐息だけに耳を澄ませて。)……ゆっくりでいい。お前の声も楽しみたいからな。

281:相馬 恵一 2018-12-10 21:46:00

実はドMなイケメンです、とかって需要あると思う?無かったらお兄さん責任取ってよねえ。(己次第とはどういう事なのか、良く分かっていないが気にする事なく提案を続け。少々乱暴な挿入に下瞼を持ち上げこれでもかと言う程不満を露にし見詰めていたが、目元を拭うそれは優しさが垣間見える様な手つきで更に双眸細まり。先端部迄腰を引かれては残った亀頭を名残惜しそうに口内で弄び、まるで大きな飴玉を口内で転がしているかの様に頬が丸く膨らみ。断りを入れて来る辺りまだ余裕があるのだろうと解釈するが、手中にある己自身は期待からか然程刺激を与えてもいないのに先走りが滲み出し、手を上下に滑らせれば別の生き物のように小刻みに震え。焦らす必要もない為口内に先端残しつつ問い掛けに応え。)らめじゃないけろ、下になってあげれう程素直じゃないから…上か後ろかならいいよー。

282:高橋 透 2018-12-10 22:15:17

なんていうか…俺より年上っぽい癖して子供っぽいところあるよな。(実際の所は相手の歳がいくつなのかは知らないものの、相手の反応を見ていれば案外子供っぽい反応を見せる所がチラホラ見えるような気がしては小声で呟き。髪を撫でる手の感触を感じつつ詰めていた息を深く吐き、まだ全部埋まりきっていないのを感じ取っては相手の言葉に、悪趣味だと返しつつ喘ぎ声を聞かれるのはどこか気恥ずかしさのようなものを感じては相手の肩に力を入れないように気を付けつつ噛み付き、声を聞かせまいとしながら腰を下ろしていき)俺の喘ぎ声とか、萎えるだけだっての…あ、ぐ…ん、ゥッ…、

283:岩名 春臣 2018-12-13 09:11:13

相馬

どうだろ。好きな奴は好きなんじゃね?俺は興味ねえなー。(イケメンであればいくらか崩れていても問題無いのではと真剣に思考を巡らせるも相手の意見に賛同するほど素直でも無ければ、幼げに騒いでいる姿が簡単に想像できてあえて適当な返しをして。頰を膨らませほんの先端部を咥内で遊ぶように舐める様子は幼子が大きな飴玉を咥えているようでふつふつと笑いが込み上げ。彼の下腹部も触れずとも充分に昂りを見せるのを目視しては、腰を引き咥内から逸物を取り出し外気に触れるとひくっと一瞬揺れ立ち上がったそれは服の裾を押し上げるまでも反り返り見せつけるようにゆっくりとした動きでベッドから降りると早速彼の臀部を露わにしようと乱雑にズボンを掴み下着諸共膝下まで巡り下ろし。)あそ。じゃあ後ろからでいいか?お前なんか慣らすもんある?



高橋

うーん、根性曲がってるからな。よくムキになるなって言われる気がする。(相手の言葉も一理あり否定はせずとも認めたくないのも事実で眉をしかめながら呟き。こちらのリクエストに敢えて答えず肩に歯を立て声音の根源を断ち切ろうと動きを見せるそれには残念そうにもこちらにも考えがあり。相手の腰を掴み一気に怒張を抉るように全長を埋めてやれば今度は自ら腰を揺すり深浅な動きというよりかは質量を襞にぶつけるように太腿の付け根に力を入れて縦横に揺さぶりをかけ。)萎えるもんわざわざリクエストするかよ。まあいいや、余程、俺に、…聴かせたくないらしいしな。




おふたりさん遅くなっちまって悪いな。

284:相馬 恵一 2018-12-13 22:31:59

そだね、中には物好きも居るだろうし。深く考える事でもなさそう。(完全に突き放される訳でも受け入れられる訳でもなく、それならば大丈夫だろうという解釈に至り一人納得して。滔々口内から昂った熱を抜かれてはその口寂しさに吐息を漏らし、ただその全貌を初めて視界に捉え収める事への期待にふるりと身震いし。眉を若干下げ急に冷たいな何てぼんやりと考えつつも、ゆったりとした動きで背後へ回られ一人分の重みが無くなったベッドが軋む音と共に身体が揺れ。双丘が外気へ曝されるとひんやりとした空気に微かに強張っては締まり、振られた問い掛けを合図に両手を己自身へと伸ばせば顔を足元へ向け、片側の肩と両膝のみで身体を支えれば腰を高々と突き上げた格好へとなり。相手の家なのだから何かありそうなものの、取り敢えず勝手に上がり込んだ己は何も持ち合わせていない事を伝え。ふと片手で自身を撫でれば潤滑油にはもってこいと言うべきか、溢れる先走りは留まる事を知らず指先で軽く掬っては、相手の様子を窺いながら口許に弧を描きペロリとそれを舐めてみせ。)は、……。なんにも。お兄さんこそ何も持ってないの? だったら俺のせーえき、使う?



俺の方が先に遅かったし、全然気にしてないよー。

レスを書き込む