TOP > なりきり > 【ヒプノシスマイク也】-Division Rap Battle-

【ヒプノシスマイク也】-Division Rap Battle-

最終更新 2018/11/11 22:57:46
レス数 999
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス999中:1-20

1:入間銃兎 2018/05/29 00:38:22 作成

閲覧有難う御座います。(にっこり)
この場に足を踏み入れたという事は、貴方もヒプノシスマイクをお持ちですよね?ならば話が早いです、ざっと私が決めたルールを説明するので大人しく聞いていて下さい。

〜RULE〜
・荒らしや成り済まし、オリキャラでの参加は厳禁
・一人一役厳守
・ロル必須、長さは豆~長まであり
・恋愛発展あり、ただし浮気や略奪もありなので特定の恋人作らなくてもOK
・参加する際は属性を必ず申告すること
・特定の人物とだけ絡むのは禁止、皆と話すこと
・背後同士で話す時は()等を付けて区別すること
・キャラリセは主の判断で行います、行う時は事前に報告します

これくらいでしょうか。もしも、このルールを一つでも破ったらどうなるか…ああ、頭の悪い方でなければ解りますよね?理解して頂けたのならば、私の元に来て下さい。参加者に相応しいかどうか、私が見定めてあげますよ。(眼鏡かちゃ)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

981:入間銃兎 2018-11-07 23:07:14

>左馬刻
ぁ、そんなこと…っ、左馬刻…ぁ、あ、(押し潰されたソコがびくびくと痙攣するかの様に震えて、膨らんだり縮んだりとヒクつきが止まらず、声を洩らしてもぞりと身体動かせば尻を押し付ける様にして腰が揺れ。案外マメに自分の事を気にしてくれる相手にくすっと笑みが零れ「あぁ、そんな心配しなくても平気だから行って来い。」と部屋を出て行く相手の背中を眺め、少しぼんやりすると長く息を吐いて布団の中へ潜り、眠りにつこうとゆっくり瞼閉じて)

982:碧棺左馬刻 2018-11-07 23:37:31

>銃兎
は、ッ…すげ…女みてぇ、
(顎を相手の肩に乗せて下を覗き込み,外に出ている親指で入り口をくぱりと広げてみれば震える肉が見え、その淫らな姿に既に自身は窮屈そうに服の中で起立しており,呼吸を荒くして呟き爪で軽く引っ掻き摘むなどして更に刺激を加え。迎えの車に乗り込み事務所に着くなりもう一度軽くシャワーを浴びてから眩しい白のスーツに着替え,適当に乾かし無造作に散る髪をワックスで後ろへ撫で付けていれば、ふといつもの服を相手の家に置いてきたことに気付き,どうせならばこの間にここで洗濯しておきたかったと思うが時すでに遅し,まぁいいかと諦め)
…あ、そーいや服置いてきちまったな、

983:入間銃兎 2018-11-07 23:57:25

>左馬刻
女と、一緒にすんな…っ、ん、も…弄るの、やめ、ろ。(これ以上刺激に堪えられそうになく、軽く背中仰け反りつつ一度天井を見上げると相手の耳元で甘く喘ぎ、相手のモノが欲しくなると腰を揺らし続けてアピールし。一人になった後身体の疲れもあってかすぐに寝付いていて、ふと目が覚めると時刻を確認し、二時間程寝ていた事を知るとそろそろ動くかとベッドから降りて洗面所で顔洗っては私服に着替えを済まし「腰、痛てぇ…」と呟きながらも眼鏡かけて出る準備をし)

984:碧棺左馬刻 2018-11-08 00:42:04

>銃兎
…腰、ちょっと浮かせろ……オラ、よっ…欲しいか?銃兎
(じゅぽ,と音を立て抜いた指で自分の膝の上で揺れる腰を撫で上げ、そのまま軽く持ち上げてその隙間でズボンと下着を膝下まで下ろし硬く勃起した自身を割れ目に擦り付ければ先走りが相手の体の筋に沿って流れ落ち。三十路手前の男の体力の程は当然想像もつかないが奴も警官で体力もある,最低限のことはできるかと心配を辞め、取引先までをまた送迎してもらっている車の中で煙草をふかしながら無表情ながらにぼぅっと最中の相手の顔を思い出し脳内に浮かべ)

985:入間銃兎 2018-11-08 07:18:17

>左馬刻
〜っ、ん…欲し、い…、…左馬刻だって、挿れてぇだろ?(相手の硬くなったモノを擦り付けられるとぴくっと身体が震えて瞳潤み、自分ばかり欲しがるのも悔しい為相手にも言わせようと軽く頬に口付ければ口許に笑みを浮かべて優しく問い掛け。外に出て歩きながらスーパーに向かおうと思うも何を夕飯にするか迷い、相手にリクエストを聞こうと携帯で電話を掛けて)

986:碧棺左馬刻 2018-11-08 22:27:22

>銃兎
ったりめーだろ、とっくにな
(だいぶ前から自身はこの時を待ち侘びていたのである,相手に腰を浮かせるよう促すと先走りを垂れ流す先端を穴にゆっくりと挿入しては亀頭も入らぬまま抜き焦らしてみて。取引相手と長机を挟んで話を進めている途中スラックスのポケットの中で振動する携帯に気付きはしたが取ることは叶わず、キリの良いところで会釈し一度抜け廊下の方へ出て折り返しの電話をかけ)
____わり、どうした、何かあったか?

987:入間銃兎 2018-11-08 23:01:52

>左馬刻
ぁ…っ、ん、焦らしてねぇで、早く挿れろよ…!(一度挿入されるとそのまま奥まで突かれるかと期待してしまい、浅く挿入されたモノがすぐに抜かれると物足りず自ら穴に相手の性器を押し当てて腰振り。すぐに電話に出ない相手は今忙しいのだろう、リクエストを聞く事は諦めるかと思いながら早速買い物をしていると相手から電話が掛かってきて、少し驚きながらも出て「…いや、大した用事じゃねぇんだけどよ。夕飯、何食いてぇのかと思って。」と聞き、緊急でもないのに電話を掛けてしまった為怒りそうだなと予想しつつ返事を待ち)

988:碧棺左馬刻 2018-11-08 23:52:22

>銃兎
ちょろっと遊んだだけだろ、オラッ、すぐにくれてやるよ…!
(背中に浮き上がる筋の凹凸を舌でなぞるように舐め、急かす腰を掴んで一気に落とし,一瞬にして根元までずぷりとはめ込み。一先ず何かあった訳ではないようで安堵し、夕飯のリクエストか,とどこか懐かしい気がしてつい口元が緩んだが相手に見えていないことが幸いだったと二度目の安堵の息を漏らして間を置いてぽつりと答え)
……クリームシチュー、とか

989:入間銃兎 2018-11-09 08:54:33

>左馬刻
ぁあ…っ!!ば、か…そんな、一気に挿れてんじゃ、ねぇよ…!(浅かった挿入から急激に深く突き刺さる相手のモノにびくんと大きく震え、少しの間苦しそうに表情歪んだものの腰を振りだすとまた蕩け顔へと変わって。相手から言われた素直なリクエストに一瞬ぽかんとしてしまうもすぐにぶふっと吹き出す様に笑い「クリームシチュー、な…っ、ふ、はは、可愛いとこあんじゃねぇか。」と笑い堪えながら喋り)

990:碧棺左馬刻 2018-11-09 19:26:26

>銃兎
お前が欲しかったモンだろ?…っはは、中、あっちぃ…
(自身全体に伝わる熱さに長い吐息と共に呟き思わず舌を覗かせ、相手の背中に抱きつくように頬を寄せて。何がいいと聞くから答えてやったというのに可愛いと笑われ,一体何がおかしいのだと小声ながらに声を荒げ、顔を赤くしながら最後には不貞腐れたようにボヤいて)
なっ、いや、オメーが聞いてきたんだろーが…!…別に、何でもいいっつの、

991:入間銃兎 2018-11-09 20:36:56

>左馬刻
うる、せ…っ、もっと熱くなるもの、くれんだろ?ここに…っ(背中越しに相手の頬が当てられているのがわかると更に身体が火照り、否定してもからかわれるだけだと思い煽る様な発言すると自ら尻肉掴んで横へぐっと拡げ。電話の声だけでも今相手がどんな表情しているのか想像出来て、くくっと笑い続け「肉系を言ってくるかと思ってたからな…、ふ、クリームシチューがいいんだろ?楽しみにしてろよ。」と告げれば最後に「そろそろ切るぞ」と一言添えて通話を終了しようとして)

992:碧棺左馬刻 2018-11-09 21:16:12

>銃兎
ッ…、ほんと誘うの上手ぇな、お前…天然かそれ
(色気を越してふしだらな相手の様に自身は更に硬さを増しみちみちと中を広げていき、腰をグラインドさせ隙間なく挿入された自身の先端を奥の壁へ擦り付けて。まだ続く小さな笑い声に「クソッ、いつまで笑ってんだよ…」と意味も無く携帯を睨みつけ、わざわざ今聞くことでもないとも思ったが,コンマ数秒迷った末ついでだからいいかという決断に至り)
あ、銃兎、…明日は、休みじゃねぇだろ?

993:入間銃兎 2018-11-09 22:52:54

>左馬刻
…さぁな、わざとかもしんねぇぞ。(相手のモノで中がギチギチになると甘く吐息洩らし、天然かと聞かれれば緩く首傾げてくすっと笑みを浮かべつつ曖昧な返事を残し。取り込み中だろうに、あまり長々と話すのも良くないかと思いながら切ろうとすると、電話口から聞こえてきた質問に頷くも不思議に思い「あぁ、仕事だ。…それがどうしたんだよ?」と聞き)

994:碧棺左馬刻 2018-11-09 23:41:45

>銃兎
だったら尚更タチ悪ィな、ッ、は…ふン、…
(首を傾げて笑う様子は大変色っぽく,性欲,独占欲を共に掻き立て、にやりと笑って先程のしこりをごり,と突き上げると同時に目の前のうなじに歯を立てしゃぶりつき。昨日,正確には日付も跨いでいた為今日だが散々してしまったこともあり次に互いの休みが被るまでは無理そうだ、コンビニで“色々”を買う必要は無いなと判断すれば最後に「…なるべく早く帰る」と少々早口で言い残し通話を終了し)
…いんや、ただ聞いただけだ。じゃーな、

995:入間銃兎 2018-11-10 00:29:13

>左馬刻
〜っ、いっ、て…!んなとこ、噛むなバカ刻…!(しこりをピンポイントに突き上げられると目の前がチカチカして思わず軽く達してしまい、更には項に噛み付いてくる相手の頭をべしべしと叩いて。通話が終了した後、なるべく早く帰ると言ってくれた言葉が頭の中で何度もリピートされ、思わず緩みそうになった口許を片手で隠せば買い物を再開して)

996:碧棺左馬刻 2018-11-10 10:42:07

>銃兎
っ、う、…今イっただろお前…
(予期せぬ相手の絶頂に息を詰まらせ動きを止め、噛まなきゃいいのかと噛んだ箇所を舐めながら相手の性器を後ろからそっと握り,余韻に震える先端を指で刺激し。“あー、本当に奴等と話すのは肩が凝る”、長いネゴシエーションを終え古びた雑居ビルを出るなり凝り固まった肩を回して解し心の中で呟き、日も短いせいかもう辺りは薄暗く腕時計を覗けば少し遅くなってしまったかと舌打ちし裏に停められていた舎弟の送迎の車の元へ向かい)
クソッ、………

997:入間銃兎 2018-11-10 13:54:22

>左馬刻
イ、ってねぇ、し…(与えられる刺激に自分の性器は正直に反応してしまうも、気のせいだと首を横に振って否定し。帰宅すると早速夕飯の支度へと取りかかり、ある程度終わると後は相手が帰ってくる時に皿に盛り付けるだけで。正確に何時に返って来るかはわからないが、もう少ししたら来るだろうと予想しつつソファに座ってテレビを眺め)

998:碧棺左馬刻 2018-11-11 02:01:55

>銃兎
嘘つけ、バレバレなんだよ
(連動して震える中のお陰で相手が達したことは明らかで、髪の襟足を掻き上げ白く綺麗なうなじに紅い痕を付けていき、そのまま相手の性器を扱きながら腰を器用に動かしてしこり,所謂前立腺を突き。事務所に寄り着替える時間も惜しく,朝きっちりセットした髪型もそのままに違反ギリギリのスピードで車を相手宅近くまで走らせ,書類の入った鞄を舎弟に預け、ネクタイを乱し走って着いた玄関前で前に伝えられた番号を入れオートロックを解除すると扉を開けて)

999:入間銃兎 2018-11-11 08:54:10

>左馬刻
ぁ…っ、あんま、見えるとこに痕付けんな…っ、(ちくりとした痺れが何度かくると相手が背後で何をしているのかを察して、勤務中に誰かに見られたらと思えばぐっと眉寄せて、前立腺突かれる度に中を締め付けつつとろとろと先走り溢れ出して。相手が帰って来た気配を感じると一度テレビを消して玄関の方へ行き、急いで来てくれたのか少し乱れてる姿にふっと笑みを零し「おかえり。…何をそんなに急いでんだよ、腹でも減ったのか?」と聞きながら軽く頭撫でて)

(/次にこちらが返事する時は、新しく建てた方のトピへ移動しますね!そちらで続きを返信します。)

1000:碧棺左馬刻 2018-11-11 22:57:46

>銃兎
ン、ん…、…は、サツがヤクザのオンナやってるなんて笑っちまうな
(完全にシャツの襟から出るであろう部分にも一つまた一つと花を咲かせ,俺様には関係無いとヘラりと下品な笑みを貼り付け、カリ首を凹凸に引っ掛け小刻みに腰を振りながら先走りの溢れる尿道口に軽く爪を立て,空いた手を相手の胸へと伸ばし突起をキュッと摘んで。一秒でも早く顔が見たかっただなんて言ったら笑われるだろうか,空腹もあながち間違ってはいない為そう適当に応え、艶のある革靴を雑に脱ぎ捨て上がるなり相手の肩にぽすりと顔を埋め長く息を吐いて)
おう。…んまそんなとこだ



---
了解ですー!

レスを書き込む