TOP > なりきり > 【ヒプノシスマイク也】-Division Rap Battle-

【ヒプノシスマイク也】-Division Rap Battle-

最終更新 2018/08/22 02:04:56
レス数 668
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス668中:1-20

1:入間銃兎 2018/05/29 00:38:22 作成

閲覧有難う御座います。(にっこり)
この場に足を踏み入れたという事は、貴方もヒプノシスマイクをお持ちですよね?ならば話が早いです、ざっと私が決めたルールを説明するので大人しく聞いていて下さい。

〜RULE〜
・荒らしや成り済まし、オリキャラでの参加は厳禁
・一人一役厳守
・ロル必須、長さは豆~長まであり
・恋愛発展あり、ただし浮気や略奪もありなので特定の恋人作らなくてもOK
・参加する際は属性を必ず申告すること
・特定の人物とだけ絡むのは禁止、皆と話すこと
・背後同士で話す時は()等を付けて区別すること
・キャラリセは主の判断で行います、行う時は事前に報告します

これくらいでしょうか。もしも、このルールを一つでも破ったらどうなるか…ああ、頭の悪い方でなければ解りますよね?理解して頂けたのならば、私の元に来て下さい。参加者に相応しいかどうか、私が見定めてあげますよ。(眼鏡かちゃ)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

650:碧棺左馬刻 2018-08-18 11:37:25

>銃兎
……ん、…
(相手の後頭部を押さえつければ離れていく唇を追い、ちゅぅと音を立てながら吸うように長く口付け,最後に舌でひと舐めし離れ。一瞬不敵に笑っては立ち上がって「便所行ってくるわ」と呑気にひらり手を振ってリビングを出ていき。一度引っ叩いてしまおうかと悩んだが不機嫌になられてはより面倒になる為止め、「オメーこそ寝た方がいいんじゃねぇの?」と相手の背中を見つめながら)

651:入間銃兎 2018-08-18 16:06:31

>左馬刻
ん、…っ、(長い口付けに目元が緩まりかけ、離れたと思えばこの場から出て行く相手にぽかんとしてしまい。自分の前髪をくしゃっと掻き乱すとチッと舌打ちし「なんで拒否んねぇんだよ…」と呟いて。冷蔵庫から一気に三個もの缶ビールを取り出すと相手の方へ振り向いて「まだ平気だ、なんともねぇから。」と言いながらも内心ではヤケ酒してやろうと思っていて)

652:観音坂独歩 2018-08-18 17:14:31

>入間
……ふふ。あ、すみません。笑うなんて失礼ですね。嬉しそうだったので…なんというか、微笑ましくて。
(文句を言いながらも何処か楽しそうな、心の底から迷惑では無いんだろうというのが伝わりくすくすと笑ってしまったものの、ハッと顔をあげた後にぺこぺこと頭を下げて)

653:入間銃兎 2018-08-18 21:26:41

>観音坂君
……今の話を聞いた上で仰ってるんですよね?どこをどう取ったら私が楽しそうに見えるんですか?(笑われると途端に図星を突かれて恥ずかしくなり、にこにこと人当たりの良い笑みを向けながら聞くとギロリとした目付きで睨んで)

654:観音坂独歩 2018-08-18 21:32:27

>入間
ひぃ゛っ!?すすすすすみませんすみませんすみません!な、なんというかその、本当に嫌ならチーム解消してるでしょうし、入間さんがいるからチームとして成り立ってるんだなあとか色々考えまして…
(斬られるような目つきに変わるとヒュッと息を飲み込んだ後に平身低頭ペコペコと謝罪して。自分の中で入間本人とチームを評価して出た感想だった為に不快感を与えたことを謝り。)

655:入間銃兎 2018-08-18 22:03:09

>観音坂君
おやおや、突然怯えてどうかしましたか?(くすくすっと笑みを浮かべながらドSの表情が滲み出ていて、わざとらしく問い掛け。自分の事を褒められると数秒固まりかけるも恥ずかしそうに視線逸らして「そうかもしれませんね…私以外、あのバカのお守りは出来ないでしょう。」と小さく鼻で笑って)

656:碧棺左馬刻 2018-08-18 22:15:03

>銃兎
……ハ、俺もアイツも色事なんざ興味ねーのに、
(自分に“その気”は無いと思っていたが、たった今目にした相手の緩んだ表情を思い出してはずくりと腰が重くなるのを感じ、レストルームの扉を閉めるとそこに寄りかかり,自分は何をやっているんだかと自嘲的な笑み浮かべ。相手が酒を飲むのは知っているがこの数を見るのは久々で、残り少なくなったビールを缶の底で揺らしながら「おいおいヤケ酒かよ、まさか女かぁ?」とにやにやしながら見つめ)

657:入間銃兎 2018-08-18 23:18:16

>左馬刻
…アイツ、絶手ェ引いたよな。(中々戻って来ない相手に対して自分の行動が悪かったのかと思い始めると心がもやもやし、ぼすりとソファに身体倒して天井見上げ。じっと見つめ返すとぐびっと缶ビールを飲んで「女なんて関係ねぇよ、お前絡みだ。」と酒の勢いで暴露してしまい)

658:碧棺左馬刻 2018-08-18 23:52:59

>銃兎
、…寝てんのかと思ったわ
(らしくもなく悩む女々しい自分に嫌気がさし頭をブンと振って思考を停止させ落ち着いたところでレストルームを出て、リビングに戻ると相手の姿が見えず,近寄ってみればどうやら相手は横になっているようで、ソファの背に両肘を置き覗き込んで見下ろして。唐突にこちらを話題に出てきたことにピクリと動物が耳を立てるように反応し、少し俯いて目を空になった缶に向けふちを指で撫でるとにやりと笑いつつ目線だけ相手に向けて)
!……詳しく聞かせてもらおうじゃねーの

659:観音坂独歩 2018-08-19 10:42:34

>入間
…良い関係なんだろうなと思います。俺も、チームに貢献したいなって考えますし。
(いちいち相手のペースに飲まれながら座り直し、素直にチームの貢献度が高そうで羨ましいと感じると同時に自分の何も出来ない様が浮き彫りになった気がしてならず。両手を弄びながらいじけるようにして)

660:入間銃兎 2018-08-19 14:24:56

>左馬刻
…寝てねぇよ、起きてる。(視界は天井でいっぱいだったものの相手の顔が入ってくると少し驚くもむくりと上体を起こして、先程の事について話を切り出し「さっきの事、…忘れてくれ。」と言えばふいっと視線背け。詳しく、と言われるとどこまで話していいか解らず首を横に振って「詳しくなんて言わねぇよ、アホ。」と悪態をつきつつぐびぐひっと酒を喉に流し込んで)

>観音坂君
…そうでしょうか?良い関係というには、少し違うと思います。……ですが、観音坂君のリリックは新宿ディビジョンの強みになっていると私は思いますよ。まともに喰らったら手強そうですし。(自分については否定の言葉を述べるも、渋谷ディビジョンとラップバトルをしていた相手を思い出すと微笑んで励まし)

661:碧棺左馬刻 2018-08-20 01:31:01

>銃兎
…あ?…お前のせいだとか言ってキスまでしといて忘れてくれだぁ?随分と勝手だなぁ銃兎サンよォ
(明らかに不機嫌そうに眉を寄せ眉間にシワを作り、相手の顎を片手でがっちりと掴み強引にこちらを向かせ、睨みをきかせて言い切れば最後には口元を三日月のように緩め。詳しくとは言ったがいつもの小言だろう,それならば聞くだけ無駄だろうなと考え、「どうせまたくだらねぇことだろ、」と2つ目の空き缶をテーブルに置きつまらなさそうに柔らかなソファに体を沈め)

662:入間銃兎 2018-08-20 10:10:15

>左馬刻
…それはそうだが、あんなの気の迷いだ。(いつも自分の心を掻き乱してくる相手は左馬刻だけだと思いつつも、もしも今の関係が壊れて先の事が最悪になったらと考えたくなくて、表情歪めながら若干瞳揺らし。ソファに体が沈んだ事で相手の目線の位置が低くなると見下ろす様にじっと見て、上から覆い被さる様に抱きつくと相手の耳元に唇寄せ「…左馬刻」と名前だけ呼んで目を伏せ寝そうになり)

663:観音坂独歩 2018-08-20 11:56:38

>入間
……そうでしょうか…そうだったら良いと、思います。普段から俺は何をやっても駄目なので、せめて先生や一二三に迷惑かけないようにって、そればっかりなので…
(バトル時は無我夢中になっている事もありあまり周りが見えておらず、誰がどうしたなどもわからない為に相手からの評価に値するものであるかどうかは不安になり、そうだったら良いなという願望として気の抜けた笑みを見せて)

664:碧棺左馬刻 2018-08-20 15:06:54

>銃兎
、……はっ、なんつー顔してんだよ
(“気の迷い”にしてはもっと何かを思い詰めているような雰囲気で、黙って見ていると僅かに相手の瞳が潤み始め。ソファに乗り上げ再び相手の隣へ戻ると、挑発的な笑みとは違う,目を細めどこか柔らかに笑って相手の目元を親指で撫で。影が差した方に自然と目を向けると相手は目の前,というより自分の上に居て、慌てて体を起こそうとするがもう半分夢の世界へ行きかけている様子を見てはその気力も失せ、「ぁ?何…っ、お、おい!…もう酔ったのかお前」とビールの缶と相手の顔を交互に見つめ)
寝んならせめて部屋行け

665:入間銃兎 2018-08-20 21:15:52

>観音坂君
そうですよ、きっと。自信を持って下さい。(気の抜けた笑みを浮かべる相手を見るといつもの無理な作り笑いとは違い可愛らしく見えて「…それに、そんな風に笑顔にもなれるんですから。」と言葉付け足す様に述べつられて頬が緩んで)

>左馬刻
っ…お前は何とも思ってねぇだろうな。俺は、意識しちまう。(目元を撫でられると少し驚いて顔を上げて、相手のその表情がいつもとは違う笑みになっていて心臓がぎゅっと締め付けられる感覚にあい。一度伏せていた目をゆっくり開けると気だるそうに身体を起こして相手の上から退き「酔ってねぇ、けど…眠いから先寝る。」あれこれ考えていた頭の中の整理がまだついていないものの呟くと立ち上がり)

666:碧棺左馬刻 2018-08-21 00:03:20

>銃兎
どうだろうな、少なくとも…、
(曖昧ながらに何か言いかけたが突然言葉の途中で黙り込み相手を見つめ、ふと目元に置いていた手をするりと普段堅く守られている相手の首元まで落とし撫でながら「…“意識”、ねぇ……どんな風か言ってみろよ」と相手の心情を察しつつにやにやと笑って。相手は違うと言っているが酔いか,睡魔か疲労か、部屋に着くまでに倒れてしまいそうな起き上がり方に大丈夫かよと眺めつつ空いたソファのスペースにごろりと仰向けになって)

667:入間銃兎 2018-08-21 09:43:36

>左馬刻
少なくとも、なんだ?(相手の言いかけた言葉が気になるとじっと相手の瞳を見つめて真剣に聞こうとし、ここまで言ったら相手に伝わっている事が分かりからかわれていると思うと眉を寄せ「…お前と居ると、胸が苦しくなったり嬉しくなったり、するんだよ。…好き、って思っちまう。」と心の中に秘めていた想いを打ち明け。少しふらつく足取りで歩みを進めれば片手を挙げ「お前も、あまり夜更かしすんなよ。」と一言忠告すれば自室へと向かい早速ベッドへと寝転んで)

668:観音坂独歩 2018-08-21 09:55:06

>入間
じ、自信、ですか……いや、まあ…そうですね…善処します。
(笑顔と聞くと恥ずかしくなり俯いてしまい、前髪で顔を隠すようにし。友人らしい友人がいない事もあり弾む会話など出来ず申し訳ないと思っていた為に不安があって)
俺その、と、友達とかいないし、つまらんと思われてたらどうしようって、そればっかで…

669:碧棺左馬刻 2018-08-22 02:04:56

>銃兎
…やっぱいいわ
(真剣な眼差しを見て悩んだ末やはりキャラじゃないなと首を横に振り、いつも自分に飛んでくるのは説教や愚痴ばかりであったが影でそんなことを思っていたのかと思うと男相手に可愛いなと思ってしまい、「へぇ…ンなこと思ってたのな」とにやける顔を抑えきれずにいながら頬を撫でた手を引っ込めようと。壁掛け時計に目をやりつつ毎度毎度世話焼きだなと,「親かよ」と笑い呟いて。不意に鼻を啜れば自分の今着ている服と相手の居た場所からは当然ながら同じ匂いがして、一瞬でも体の熱が上昇した自分をまた自嘲して)
ハハッ、……はぁ、…いつから女みてぇな思考するようになったんだ俺は

レスを書き込む