TOP > なりきり > テンカウント

テンカウント

最終更新 2018/06/23 12:51:16
レス数 91
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス91中:1-20

1:城谷忠臣 2018/06/01 20:56:51 作成

閲覧ありがとうございます。

ええと…今回俺が捜してるのは黒瀬くんだけです。

約束事は簡単に。描写を最低行動がわかる程度には回してくれる黒瀬くんだと嬉しいです。
始まりはどこからでも。まだ出会った頃でも、黒瀬くんのことが好きだと自覚した時でも。パロディもありなのでそこも気軽に教えてください。

俺の萎えは、
死ネタ、切断、グロ、過度流血、修復不可能系、大スカ、浮気(勘違いで終わるようなものなら萌え)、ロル無し、展開任せ、鸚鵡返しロル
です。基本アブノーマルって言われるようなものも萌えです。
展開相談のときは背後の方が良ければそうしますし、俺のままで良ければ俺で。

それじゃあ、黒瀬くんのこと待ってます。
……俺のこと、めちゃくちゃにしてくれるんですよね?

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

73:城谷忠臣 2018-06-13 22:21:28

さ、さすがに1ヶ月何も言わないってことはないですけど…!無断放置で黒瀬くんの萎えに当たっちゃいますし。でも、黒瀬くんが待っててくれてるんだと思うと嬉しいです。


……え?あ…!いや、あの…それは…。
(呟かれた相手の言葉の意味がわからず一瞬きょとんとした表情で相手を見るもそれも束の間。ようやく自分の失態に気がつくとあからさまに慌てた様子で相手から視線を外し両手を胸の前で横に振りながら言い訳を紡ごうと思考を巡らせ)

74:黒瀬 陸 2018-06-13 22:46:26

もちろんずっと待ってますよ。大好きですよ、城谷さん。




…まぁ、それなら改めて言う手間も省けたって感じですかね。
(責めるつもりなどは毛頭なかったが、あれを聞かれていたというのはさすがに少し恥ずかしく、照れ隠しも含めて強がりを吐くと、わたわたしている城谷のあたまを改めてこちらの肩に引き寄せて)
あのとき、言ったことは全部本当で本心で、俺は城谷さんに本気なんです。そろそろわかってくれました?

75:城谷忠臣 2018-06-13 23:01:54

だ、大好きって…どうしてそういうことサラッと言えちゃうんですかね、黒瀬くん…。…俺も、黒瀬くんのことならいつまででも待ってられますから。


……ずるいですよ、寝てる時に話すなんて。
(寝た振りをしていたことに相手が怒らなかったことに安堵を覚えつつも、むしろそれは本当に寝ていたら聞くことができなかった言葉。文句を言いつつも改めて思い出すと恥ずかしさと嬉しさが一気に増してきたのか、ようやく抜けていた腰も戻ったことが幸を期してばっと立ち上がり「い、行きましょう、黒瀬くん」と慌てて促し)

76:黒瀬 陸 2018-06-13 23:15:37

好きだから、ですよ。…素直じゃない城谷さんにはわからないですかね。
俺もなるべく事前には伝えたいと思っていますが、突発的なことが続くと余裕ないかも… でも、絶対戻ってくるんで、待っててください。



…寝たふりしてなにもさせないのはずるくないんですかね。
(あの夜、いざ…!というときに寝てしまった城谷に、燃え滾る下心を何とか抑えつけた結果、そのぶん湧き上がって来た愛情を、自分なりに確認するために言葉にしていただけなのに、そんな言い方しますかね…と、ちょっと不貞腐れるが、こんなやりとりも愉しくて。不意に立ち上がった城谷をゆっくり見上げてから自分も立ち上がれば、軽く意地悪に微笑んで)
行く?…ホテルにですか?

77:城谷忠臣 2018-06-13 23:34:01

俺だって素直な時は素直ですし…それに、黒瀬くんはすらすら言い過ぎてて胡散臭いじゃないですか。
…律儀ですね、黒瀬くん。俺も同じようにするつもりですし、ちゃんとずっと信じて待ってますよ。


違っ…。
(投げ掛けられた想像もしていなかった相手の質問に思わず咳込み顔が紅くなるのを自分でも自覚しながら慌てて首を横に何度も振って否定する。「ね、寝た振りした分はご飯ご馳走しますから…」とバツが悪そうに相手から視線を外し)

78:黒瀬 陸 2018-06-14 00:01:41

胡散臭い……(白目)
そうなんですか。知りませんでした。以後気を付け…方がわからないので、これまで通りで行かせていただきます。
城谷さんはすぐに無理をするので、それだけはやめてください。ね。





性欲を食欲で等価交換… できるんですかね。
(本人の本意か無意識か、寝たふりをしたことを認めてしまった城谷のお門違いのあたふた感が面白く、ははっと笑いながら、またひとつ意地悪な言葉を吐いて。しかしデートは続けたい気持ちもあるため、この話題を一旦終わらせると、目安をつけていたショップへと向かい歩き始めて)
こっちですよ、城谷さん。とりあえず、城谷さんをかわいく仕上げましょう。

79:城谷忠臣 2018-06-14 00:43:45

黒瀬くんは冗談なのか本気なのかわからないんですよ。
…って開き直らないでください!言わなければ良いだけの話ですし…でも、俺はそういう黒瀬くんに惹かれたんですし…なんか、何とも言えないですね。


か、可愛くって…俺、男ですよ?!
(つい数十分前まで感じていた嫉妬心は何処へやら、歩き始めた相手に慌てて後を追うようについて行きながら今更すぎる前提を。手袋をしていた関係もあり今まで入ったこともないようなショップの前に辿り着くとその中で買い物をする客や店員の服装に目を向け)
俺、こんな感じの服装、似合うんですかね…?

80:黒瀬 陸 2018-06-14 13:46:25

俺は嘘はついていない。城谷さんが信じないだけ。…って以前も言いませんでしたっけ?安心して信じてもらって大丈夫です。
ああ、今日は城谷さんが少しだけ素直だ。俺のことを好きって認めましたね。



似合いますよ。
(ずかずかと店内に進むと、様々な商品が並んでいる棚を一瞥し、先程見かけて、気にしていた白地にネイビーの細めボーダーが入ったTシャツを探し出して。半袖のものと長袖のものを手に取って、城谷に見せて)
半袖も涼し気ですが、もしも手袋が気になるなら、長袖で手を隠すとか…どうです?

81:城谷忠臣 2018-06-14 14:28:05

その返答ずるいですよ。まるで俺次第みたいじゃないですか…。
す、好きとは言ってないです!あ、いえ、あの…もちろん黒瀬くんのことは好き、ですけど…(小声)


この服装…。
(つい数十分前に相手が食い入るように見詰めていた男性が着用していた服装と雰囲気が似ていることに気が付くと、ようやく自分がとんでもない勘違いをしていたのだという事実を知り。申し訳なさが一気に押し寄せてくる中暫く長袖と半袖とを見比べて悩むもののぱっと半袖の方を指差し)
…こっち、着ます。

82:黒瀬 陸 2018-06-15 08:52:11

そうですか?…わかりやすい構図だと思いますけど…… ま、ずるくてもいいです。城谷さんが傍に居てくれるなら。
聞こえませんよ。もう一度言ってください。



ようやくわかってもらえました?
(シャツを見たことで、なにかに気付いたらしい表情をする城谷にふっと微笑みかけると半袖のシャツを城谷の胸元にあててサイズを確認して。問題ないとわかれば、城谷の身体をぐいぐいと押しながら、試着室に向かって)
試着、してみましょう。かわいい城谷さんを、まずはオレだけに見せてください。

83:城谷忠臣 2018-06-15 19:56:16

そりゃ、黒瀬くんにとっては単純かもしれないですけど…黒瀬くんってどこまで本気なのかわからないですし…。
っ、も、もう言いません!

か、可愛いって…俺みたいな男に使う言葉じゃないですよ。
(相手の言葉によってやはり自分の勘違いだったのだと悟り、勝手な思い込みで暴走してしまったことに今更恥ずかしさがこみ上げる。どことなく慌てた動作で相手からハンガーを受け取りおずおずとした速度でフィッティングルームへと入り、カーテンを閉めるついでに相手を振り返り「…待っててくださいね」と声を掛け)

84:黒瀬 陸 2018-06-17 10:07:25

…疑り深いですね。ぜんぶ本気ですってば。どうしたら信じてもらえるんでしょうか。
俺なら何度でも言いますよ。やってみましょうか?



城谷さんは充分に可愛いですよ。
(カーテンの向こうに消えていった城谷に声を掛けると、今度はパンツのコーナーを探し出し、少し丈の短いチノパンをネイビーとブラック一本ずつ手に持ち、足早にフィッティングルームへと戻って)
城谷さん、大丈夫ですか?パンツも持って来てみたんですけど、受け取ってもらえますか?

85:城谷忠臣 2018-06-17 22:05:05

どうしたら…って。……どうしたら良いんでしょうか?…ずっと、黒瀬くんが俺の傍に居てくれたら信じるかもしれないです。
!?い、いやいや、良いです!大丈夫ですから!(慌て)

……あ、はい。…黒瀬くんってセンス良いですよね。
(フィッティングルームのカーテンから顔を出し片手で相手の持っているパンツを受け取り。基本的にスーツスタイルで過ごしている自分にはあまり服のセンスなどはわからないものの、それでも着てみた服は爽やかな印象のあるもの。フィッティングルーム内で手早く黒のパンツの方を履き終えカーテンを開き)
終わったんですけど…見てもらっても良いですか?

86:黒瀬 陸 2018-06-18 10:52:13

わかりました。では風呂もベッドも傍にいることにします。
城谷さんは本当にわがままですね。…そんなところも可愛いからいいんですけど。




自分ではそうは思いません。ただ城谷さんを可愛く仕上げたいだけです。
(自分の服にもあまりこだわりはなく、いつも適当に選んだものを着ているだけなので、先程から周囲を見渡しては城谷に似合いそうなものを探していただけで。それでも今のチョイスはなかなか似合っているのではないかと、フィッティングルームから出てくるのをそわそわと心待ちにして)
もちろんです。早く見せてください。

87:城谷忠臣 2018-06-20 21:16:29

まっ、ままま待ってください!そういう時間は一緒じゃなくて良いですから…!
…本当に黒瀬くんはそういうことを…前世、イタリア人とかじゃないですか?


可愛くって…だから俺、男ですよ?
(最早訂正したところで相手が言わなくなるとは思っておらず諦め半分に呟きながら微苦笑を浮かべ。フィッティングルーム内に設置されている等身大の鏡でおかしな部分がないかぐるりと一回り確認してから妙に緊張した面持ちでフィッティングルームの扉を開けて待っていた相手と対面し)
ええと…どう、ですか…?

88:黒瀬 陸 2018-06-21 17:07:52

「黒瀬くんが俺の傍に居てくれたら信じる」んですよね?そうしたらなるべく傍にいる時間は長いほうがいいでしょう。
城谷さん、それはそれはジョークですか?笑った方がいいんですかね。




………。
(普段スーツ姿しか見ていないといっても過言ではないため、ラフな格好という特別なシチュエーションは、思いのほか刺激的で。しかもボーダーのシャツも少し丈の短いパンツも爽やかさ可愛さすべてが倍増しているように見え、見惚れていれば自然と頬は赤くなっていき、片手はにやついてしまいそうな口元を隠して)
すっごく可愛いです。可愛い。可愛い……

89:城谷忠臣 2018-06-21 21:41:32

うっ…それは確かに、言いましたけど…。
冗談半分、本気半分…?…俺、思っててもそんなに言えないですし…黒瀬くんは言えすぎですって。

え、あの…、……黒瀬くん?
(今日で一体何度目かの相手の言葉にも未だ慣れず慌て気味に否定しようとしたものの、心無しか掌でほぼ隠された相手の顔が仄かに赤味掛かっていることに気が付き。それにふと悪戯心が沸き上がると近くに人が居ないことをちらりと視線で確認してから一歩相手の方へと踏み出し、首を緩く傾げるようにして顔を覗き込み)
……どうしました、黒瀬くん?

90:黒瀬 陸 2018-06-21 22:35:16

決定ですね。ではさっそくお風呂行きましょうか。(キリッ
100回言っても城谷さんが一度も信じてくれないからそうなるんです。あんなことまでしてるんですから、今更好きじゃないわけないと思うんですけど…



…すみません。
(もしかしてこれが「ときめく」という感情なのか…と、ほぼ初めてに近い感情に一瞬戸惑ったが、胸の高鳴りや頬の紅潮などから「そうだ」と冷静に判断をすれば、無防備に近付いてくる可愛くて仕方のない城谷を、自分の背後、周囲をちらっと確認したうえで、衝動的にその場でぎゅっと抱き締めて)
今、俺は城谷さんにときめいています。ちょっとだけ…許してください。

91:城谷忠臣 2018-06-22 19:22:44

急にですか!?え、あの…俺、風呂は1人で入れますしトイレも1人で大丈夫なので…!(あわあわ)
わ、わかってるならむしろ聞かなくたって良いじゃないですか!


わっ…!え、黒瀬、くん…。
(予想もしていなかった相手の行動にビクッと身体を跳ねさせ驚きで目を丸くし。人が居ないとはいえいつ人が来てもおかしくない状況にドキドキと高鳴る心臓とは裏腹に、硬直しつつも拒むことのない身体。不安げに周囲へ視線を向けながらも恐る恐る相手の背中に腕を回し)

92:黒瀬 陸 2018-06-23 12:51:16

ベッドがひとつしかなければ一緒に寝ますよね?では風呂がひとつしかないなら一緒に入る…となりませんか?(ガン見
だから言葉にしてほしいって思っているんですよ。




(ぎこちなく背中にまわされた手のあたたかさを感じると、しばらくこのままで居られたらいいなどと思ってしまったが、ここが家でもホテルでもない、ふたりきりの場所ではないことを思い出せば、ゆっくりと城谷の身体を離しては、ゆるく微笑んで)
城谷さん、よく似合ってると思います。それ買いましょう。

レスを書き込む