TOP > なりきり > おやすみ おにいさん。 (非募集)

おやすみ おにいさん。 (非募集)

最終更新 2018/07/01 01:33:06
レス数 15
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス15中:1-15

1:ふとん 2018/06/21 04:45:47 作成

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



家に帰ると 何かの擬人化がいた。




ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:ふとん 2018-06-21 05:06:32

待ち人有りです!


ふとん
188cm
長年使われていた布団がなにか拍子で付喪神的な変異を遂げたもの。
羽毛布団が作用してかふわふわしたゆるーい天パ。
常時おねむ顔。間延びしたおねむボイス。
無駄な脂肪はついてませんが、心地よい柔らかさ。
様々な寝方に対応してきたので柔軟性も抜群。
大きさに対して体重は軽い
日光浴が好き。



女々しい/ロル無し/豆ロル/ロル内の顔文字/死ネタ/愛無し/暴力/無言放置

3:お兄さん 2018-06-21 05:29:49

お兄さん
年齢21歳大学生、一人暮らし
身長178センチ、筋肉質、良い上腕二頭筋を持つ
金髪、一重、中々のイケメン
趣味→筋トレ、寝ること
何故か彼女いない歴=年齢、童貞

見た目に反してぼんやりまったりマイペース
温厚で適応性が高くあまり感情を表に出さない
寝ることが大好き、おふとん大好き
一人暮らしを始めて2年が経過、実家からせっせと運んできたおふとんを使い倒している
休日の楽しみは洗濯して柔軟剤の匂いとお日様の匂いに包まれたおふとんで寝ること(休日の度に洗濯する)
買い替える予定なし
筋トレ後の汗だくの身体でおふとんにダイブしては後悔する(度々)


__
移動完了です
コピペ+お兄さんの性格を加えました
萎えはあまり違いがないので記載していません

4:ふとん 2018-06-21 05:38:24

ご移動ありがとうございます!
これからよろしくお願いします〜

早速始めたいと思うのですが、何か質問などありますでしょうか?

5:お兄さん 2018-06-21 05:47:59

こちらこそよろしくお願いします!

あ、一つだけ確認させて頂きたいです
お兄さんの名前ですが、つけた方がいいですか?
それともそのままお兄さん呼びの方が雰囲気的に似合いますかね…?

6:ふとん 2018-06-21 06:19:03

おにいさんにとっての布団は人間になった「おふとん」だけですし。
ふとんにとっても所有者はおにいさんだけなので
お兄さんとふとん呼びの方がなんか素敵かなぁとか思ってます。
お兄さんっていっても おにいさん にいちゃん にいに にいなどなど呼び方はたくさんありますしね笑

逆にふとんに名前をつけなくても大丈夫ですか?


一応初回失礼します。
冒頭の何故だか人間に変化してお兄さんが学校から帰ってくると言う感じから始めていきたいなと思ってます。

_____

わあ……すごい。
(西日に照らされていた室内が段々と暗くなる夕方から夜に成り替わるような曖昧な時間帯。突然視界が開ける、音、匂い、気温、感じたことのない情報が頭を駆け巡る。手足、身体、顔、順番に触っていく。家主である彼と同様の種族のもの。シーツと同様の青地にチェックのパジャマに身を包み、身体機能を確かめつつ段々と近づく足音に耳を傾けて)

7:お兄さん 2018-06-21 06:38:05

そうですね
よろしければおにいさん呼びがいいです笑

いえ、おふとんのままでお願いします
可愛らしいですし長身の擬人化男子の名前がおふとんとか、とても萌えます

ありがとうございます!


___


……ふぁ…

(バイトも無く学校から自宅のアパートに帰宅途中、辺りの薄暗さにつられて思わず欠伸をもらしては涙が浮かぶ目元をグシグシと擦り。だいぶ蒸し暑くなってきたな、なんてどうでもいい事を考えながら漸く自宅が見えてくるとポケットから鍵を取り出して指先に引っ掛けくるくる回し。部屋に戻ったら服を着替えて一眠り…、幸福な時間を想像するだけで口元を緩みそうになるのを堪えガチャリと玄関の扉を開けて。)

8:ふとん 2018-06-21 06:54:03

ではおにいさんとおふとん呼びでいきましょう!


ロルについてやそのほかに何かありましたらお申し付けください!

___


あーおかえりぃ
(足音はちょうどこの部屋の玄関の前で止まると、続け様に鍵を差し込む音とドアの開閉音。ぎしりと床を踏みしめて近づいてくる自分以外の気配。何時も彼が布団を敷いている定位置で帰ってきた相手に向けてゆったりとした口調で出迎えの言葉とひらひら手を振って)

9:お兄さん 2018-06-21 07:13:51

了解しました!
よろしくお願いします。


___

た~だいま………、?

(鍵が開きそのまま扉を引いて玄関に上がると靴紐を緩めながら聞こえてきた声に返事をし。靴紐のちょうちょ結びを解いてよっこらせ、と部屋に上がるとふと聞こえてきた声の主の姿を探して。キョロキョロと辺りを見回してみると普段布団を敷いていた一室にのんびりと座ってこちらに手を振る男の姿が目に入り首を傾げて。)

………誰?

10:ふとん 2018-06-21 07:52:25

ん〜……ふとん?
(少々警戒したような硬めの声音からの質問にたいして、誰だと問われても名前はないためどう説明したものだろうかと思考して。答えにはならないだろうが嘘をついても仕方ないので正直に自身の個体名を告げて、立ち上がればそのまま相手に向かってひょこりひょこりと歩き出して。目の前で足を止めれば、ばっ、と腕を開いて)
おいで〜

11:お兄さん 2018-06-21 08:27:53

……んなわけ…、ッ

(疑問形で告げられた言葉にさらに困惑し固まり、漸く発した言葉は力無く掠れてしまい相手に聞こえているのかさえ不安な程で。しかし意図に反してのそのそと近づいてくる姿にギョッとして後退ってしまえば距離が縮むほど背の高い相手の影が自身に落ちるのを感じ恐怖から目を瞑り。)


っ……?
……変なヤツ…

(目を瞑ったままでいるがいつまで経っても動きを見せることない相手を不思議に感じ恐る恐る顔を上げれば両腕を広げて仁王立ちする様子にキョトンとし。普段見ていたシーツと同じ青色のパジャマにふわふわと柔らかそうにカールした髪、自身を包み込めそうなほど大きな体、それを見ると何故か安心感を覚えて大人しく胸元にぎゅう、としがみついてみて。)

12:ふとん 2018-06-21 18:14:25

ほい、きた。いつもはやくかえってくるひはおひるねするでしょ?
(怖がる様子の相手を根気強く待ち続けていると、やっと恐る恐るだが腕の中に飛び込んできてくれたようで。ふんわりと顔を綻ばせると抱き締めたままその場に寝転がり。部屋内いつもいる物しか知らないような相手の情報と共に頭を撫でて)
がっこう、おつかれさまあ

13:お兄さん 2018-06-21 20:09:54

ん…

(広い胸板に顔を埋めてみるとパジャマから嗅ぎ慣れた安い柔軟剤の香りが鼻を擽り、思わず鼻先をパジャマに擦り寄せ相手の大きな背中に腕を回して。さらに頭を撫でる手の心地良さにうつらうつらと重くなる瞼を何とか開きながら、本当におふとんなのかとゆっくり顔を上げて。)

……本当におふとんなのか?
変質者じゃない?

14:ふとん 2018-06-22 04:04:34

ん〜いつもとおんなじくらいすぴすぴねれなかったらおいだしてい〜よぉ
(背中に回される腕が、掛け布団を抱き枕にする際の力具合に全くそっくりであり、やっぱり人間になってもあんまり変わらないなぁなんて思いながら緩い笑みを浮かべ。だいぶ警戒は解いたものの不安げに此方を見る相手の首筋に顔を埋めて、犬猫の甘えのようにすりすりと寄りながら、条件をつけて)

15:お兄さん 2018-06-22 11:10:26

……わかった

(耳に届く相手の声は優しく眠気を誘うように心地良く、条件など既に頭に入っていないがぽつりと上記を呟くと重い瞼を漸くぴたりも閉じて相手の懐に潜り込み。パジャマに包まれた相手の長い足に自ら足を絡めながらそのままぐっすりと深い眠りに落ちていき。)

…Zzz

16:お兄さん 2018-07-01 01:33:06

お返事お待ちしていましたが、いらっしゃらないようなので辞退させていただきます…

魅力的な設定だったので残念です
またご縁がありましたらお願いします

レスを書き込む