TOP > なりきり > 〜寂しがり屋のお狐様〜【募集】

〜寂しがり屋のお狐様〜【募集】

最終更新 2019/01/16 22:44:44
レス数 353
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス353中:1-20

1:秋 2018/07/13 15:14:17 作成

人里離れた山奥の稲荷神社、そこに住まうはその美しさと優しさ故に周りと馴染めず孤独に嘆く化け狐にございます。

募集:属性攻めの、獣人や妖など隠世に住まうお方。人間の方の場合は陰陽師や祓い師など干渉できる能力を持っていればOKです。
何かリクエスト等あれば可能な限り応えていくつもりです。できるだけレスが早く、長い間放置などしない方お願いしたいです。
※こちらが京都弁キャラなのでお相手様も関西訛りがあったりすると嬉しいです…

プロフ 秋(しゅう) 年齢不詳 170cm 細身
人間の姿では項にすこしかかるくらいの黒髪 切れ長できらきらと光る金色の瞳をもつ色白で痩せぎすな美青年。
気分が高揚したり理性が飛んだりすると目と同じ黄金色の狐の耳と尻尾が出てしまう
シンプルな様相を好みいつもの服装は藍の浴衣に草履
口調はゆったりとした京都弁 一人称は「僕」
とある山の稲荷神社に祭神として祀られている。
容姿があまりにも美しかったため周りからは近寄り難い印象を持たれていたが本人にはまったく自覚がなく、どうして皆自分と話してくれないのだろうかといつも淋しさを募らせていた。
長く生きてはいるものの周りとあまり関係を持っていなかったため世間知らずで初心なところがあり、ちょっと子供っぽい
お酒に弱い(自覚なし)記憶は飛ぶわ甘えたになるわ酷いことになる。

萌:中出し メスイキ 尿道 潮吹き 軽度のSM 玩具 羞恥 人外 妖術 他萎以外
萎:愛無 大スカ グロ

参加希望の方は大まかな容姿と種族、性格、萌萎、テストロルを書いてください
何か質問などあればお気軽にどうぞ!


テストロル
…退屈やなぁ…何か面白いことでも起きへんかなぁ…(縁側に腰を下ろしてぷらぷらと長い脚を揺らし、時折傍らに置いた茶菓子を摘んではつまらなそうに目を細めて空を眺め)

エロル
んっ、ぁ…ぁう!!ひゃ、ぅ…いや、やぁ…いじわるしんといてぇ…(乱暴に自身を扱かれ、胎内には相手の怒張が熱く息づいているのがわかりぴくぴくと内股にした脚が震え。今すぐにでも達したいのに決定的な快感は得られず涙ながらに顔を赤く染め相手に訴えて)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

335:秋 2019-01-15 07:50:00

あ、重いやろアキ。手伝うよ?(2人分をいっきに持っていこうとしていたため上に重なった布団をひょいと持ち上げ)


アキ
(一気に持っていこうとしてさすがに重みにふらふらしていたが、ひとつ持ってもらいバツが悪そうに頭を下げて)

336:白雅 2019-01-15 17:34:46

そういや、ミヤはどしたん?
(昨日確かにアキのもとに送り出した筈なのにここにきたのはアキのみで不思議そうにしていて

337:秋 2019-01-15 19:16:36

…ふむ、ふむ…?えっ、大変やんそれ!大丈夫なん!?(主だからなのか言いたいことは言葉がなくてもなんとなく理解ができ、通訳としてアキの言っていることをこれこれしかじかと相手に説明して)


アキ
…!……!!(はっと気がついたように顔色を変えては白雅のもとへ駆け寄って昨晩起こったことを必死に身振り手振りで説明しようとしたが複雑なためにうまく伝えることができず)

338:白雅 2019-01-16 08:55:23

おぉ…俺らが寝てる時にそないなことが…
(2人が教えたくれたことにあまり慌てる様子はなく式か対応してくれたと聞けばならば自分が出る幕はないなと)
式がやってくれたんなら大丈夫や、一応俺が持ってる式らの隊長みたいなもんやしなかなか霊力も高いからなぁ








「なんや褒めてくれるんなら、いる時に言ってほしいわ
(ズルリズルリと音を立てて部屋まで来てはニコリと笑って朝の挨拶しつつ、初対面の秋には深々と頭を下げて)
初めまして、我が主がお世話になっとります。それと…昨日は末が失礼を…どうか許してやってくださいね、何も分からぬ赤子のようなものやので

339:秋 2019-01-16 10:53:44

えっあっ、丁寧にどうも…ミヤくんのことは気にしてないんで大丈夫ですよ、こちらこそ昨日はうちのアキがいろいろお世話になったみたいでありがとうございました…(深々と頭を下げられて謝罪されてはつられて相手は式にもかかわらず丁寧にお礼を言って)


アキ
(部屋に入ってきた相手にミヤは大丈夫でしたかと心配そうな顔をして尋ね)

340:白雅 2019-01-16 13:50:55

秋くん、相手式やから。そない堅くならんでも…
(ヘラヘラと笑ってはこんこが俺の一番最初の式やのと話してはなかなか強いでと)




「ん? 大丈夫やったよ…めんどいから乗せてきたんやわ
(アキの様子ににこりと笑ってはそっと体を下げるとぴょんとミヤが飛び降りて)
ほな、私は戻るわ。じゃぁね、アキちゃん、お狐様






ミヤ
(音もなく床に着地してはアキのもとに来て大丈夫だからと言うように軽く手を振って見せて

341:秋 2019-01-16 15:28:16

ああ、昨日言ってはった子かぁ…蛇さんそっくりやねぇ(体こそ一回り小さく下半身は蛇の姿なもののそっくりな見た目に思わず感嘆の声を漏らして)



アキ
!(ほっと安心した様子でミヤのもとへ駆け寄り)

342:白雅 2019-01-16 16:21:35

そ、一番目や
(しゅるりと煙のように消えた式長の様子を見ては畳に落ちた仮札をアキに手渡しつつ相手と話して。アキくんの抱えていた布団を抱え立ち上がりそろそろ飯食わんと行くのが遅くなるでと)





ミヤ
(駆け寄ってきたアキと顔を合わせて元気そうだと分かれば怪我もないんだろうと判断し、よかったと安心している様子がみえ

343:秋 2019-01-16 19:02:35

ふふ、お友達できてよかったなぁ、アキ?(すっかり懐いた様子のアキを見て嬉しそうに微笑み)


アキ
(主の方をみてにぱっと笑うが白雅に布団を運んでもらってしまったのでそれならみんなの朝餉の支度をしようと厨へ行き)

344:白雅 2019-01-16 20:52:14

あ、せや。秋くん俺都会行った後そのまま別れるわ
(ミヤもアキの後に続いて走っていきそれを見送ってから言い忘れる前にと告げて、力はほぼ回復したしもう問題ないからと)

345:秋 2019-01-16 20:59:04

………ぇ…?(顔でも洗いに行こうかとしていたところに信じ難い言葉をかけられ、かなりショックを受けたような表情で振り向き)

346:白雅 2019-01-16 21:03:18

?…ぇ、え?
(相手の動きが止まり不思議そうに見ていたが振り向いた相手の表情に此方が驚き何か変なことでも言ったかと慌てて

347:秋 2019-01-16 21:12:20

な、んで?け…怪我治るまで、っては…言ったけど、でも、いくらなんでも早すぎひん…?(久方振りの客人というのもあるが、相手にはそれだけでなく結界の恩もありなにより初めてできた友のようなものでもあるために今にも泣き出してしまいそうなほど金色の瞳を潤ませて)

348:白雅 2019-01-16 21:27:26

な、泣かんでよ
(相手の様子にさすがにワタワタしてはどうするべきかと頭をひねり)

349:秋 2019-01-16 21:40:29

こ、ここつまらんかった?ご飯口に合わんかった!?はっ…それとも僕があんまりうざったくベタベタしとったから…!?(オロオロとしたままなぜなのかと考え込んで)


アキ
…!?(ご飯と味噌汁にお漬物といった軽い朝餉を用意してミヤに手伝ってもらい部屋まで持ってくると主が泣きそうな顔をしていて驚き)

350:白雅 2019-01-16 21:49:39

いやいやいや、そんなことない! 凄いいいとこやし2人の作るご飯はうまいから
(慌てて相手の言っていくことを否定していき、そういうことじゃなくてとちゃんと説明せねばと)
ちゃんとした神がいる社に別々の神がおるなんて変やと他の神や妖が面白半分に見にくるかもしれんとおもったんや






ミヤ
(アキに続いて朝餉を持ってついてきたが部屋の中の様子に不思議そうにしていて

351:秋 2019-01-16 22:04:36

…そんなん、別に構わへんよ…むしろ賑やかになって僕は嬉しいんやけど…?(悪意を持った者が入ってくるかもしれないという考えには至らない様子で)



アキ
(なにやら揉めている様子の2人に不安げな顔をして)

352:白雅 2019-01-16 22:14:50

うーん……こうやって俺を入れてんなら他の棲家をやられた神が俺も俺もとこぞってやって来るやもしれん。そんでここを乗っ取ろうとする奴もおるかもしれん……それでもええの?
(相手の様子に自分は違うがそうやって悪い考えを持つものたちだっているのだと必死に伝えて)
う"ー……番いやったら種族が違うても何も変に思われんのやけどなぁ

353:秋 2019-01-16 22:40:01

の、乗っ取る…!?(自分をここに閉じ込めたような人間がまた来ないとも限らないし、神として未熟な自分では悪い妖が来た時にアキを守ってやれないと思えば怯えたようにぶるっと震え、相手が零した言葉に首をかしげて)つが、い…?

354:白雅 2019-01-16 22:44:44

ぁー…じゃあ、こうしよ。秋くんがこの社を守れる立派な神様になるまで俺が先生って形で住み込みするんわ。俺は住まわせてもろてるけどおしえてるし、秋くんは住ませてくれてるけと教わってる…どうやろ?
(取り敢えず、あんなに悲しい顔をされてはそう易々と出ていけないと感じそんな提案をしてみて

レスを書き込む