TOP > なりきり > 森の奥の奥 非募集

森の奥の奥 非募集

最終更新 2018/08/06 04:08:52
レス数 14
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス14中:1-14

1:48 2018/07/16 11:03:31 作成

51様、お待ちしております!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:51 2018-07-16 12:10:02

スレ建てありがとうございます!
募集板から移動して参りました51です。この度はお選びいただきありがとうございました。…まさか選ばれるとは思っておらず喫驚している次第であります(汗)

3:名無しの萌語り 2018-07-16 13:07:25

いえいえこちらこそここまで好みの方が来るとは思わず…!!

よろしくお願いします!では早速プロフ作成したいと思うので、記載していたものに加えてなにか希望がありましたらお願いします!

4:51 2018-07-16 13:43:01

なんと嬉しいことを言ってくださるのでしょうか!!恐悦至極でございます。拙い部分もあるかと思いますが、何か不快な点等見受けられましたら修正していきますのでご指摘お願い致します!


希望と言いますか、質問なのですが、容姿が若いおじいさんと言うことなのですが 壮年〜初老位の容姿ということでしょうか?それとも 容姿は若く 中身(性格や性質)がおじいさんと言う解釈でしょうか?

5:名無しの萌語り 2018-07-16 13:47:29

ああ分かりにくい明記ですみません!後者ですね、見た目は20代、中身はいっても魔法使いなので、何百年と生きている、ような感じでしょうか…。

6:51 2018-07-16 13:56:28

ありがとうございます。読解力がなくすみません(汗)
了解しました。此方に何か希望はありますでしょうか?

7:名無しの萌語り 2018-07-16 14:15:47

いえいえ、むしろとにかく好みなプロフでしたので、そのまま詳細を練っていただければと思います。

ではプロフ作成してまいりますので少々お待ちくださいませ!

8:名無しの萌語り 2018-07-16 21:11:46

リュシー・アイル
容姿
182cm、見た目年齢は27歳
本当の年齢は自分でももう数えていないくらいには生きている、容姿詐欺のおじさん。柔らかい金髪、琥珀色の瞳。黒いローブに花の装飾がついた銀の自分と同じくらいの背丈まである杖を体の支えとしての杖としても使用している。
銀の綺麗な装飾を腰に回し、今でも必要とあれば人を殺すために銃も持っているし短剣も吊るしている。が、それは外出ようで、相手と二人で家の中にこもっていることが多いため中々その姿を拝められるのは少ない。
普段は白のシャツに黒いパンツ、などなど簡単な服ばかり着用し、外出するときもその上にローブを被る程度。

性格
元は植物を操る魔法使いなのにもっぱら攻撃的な魔法を得意する。
今こそ穏やかで優しい魔法使いだが、昔は人里を荒らし潰し回った荒くれ者。そのせいで、特に食べもしない人の子を何人も今でも生贄として与えられていてほとほと困っている。基本的になんでもできる上、物知り。魔法使いらしく薬剤だって作れるし料理も得意。ただし魔法使いなのにあまり魔法は使わない、今は森の奥で隠居中。
とにかく今の趣味は相手を可愛がること。暇つぶしも同じく。特にやることはないため可愛がっているが、完全にやることがないわけではなく、一応薬屋を営んで生活を送っている。元来植物が大好きなおかげで、野菜こそ育てないが薬の材料にもなるハーブに始まりいろいろな植物を庭中で育てている。


一応魔法使い設定なので日本名ではなくしたのですが大丈夫でしょうか。変更可能ですので仰ってくださいませ!

9:51 2018-07-17 06:34:03

遅れました!すみません(汗)

めちゃめちゃ素敵です!
私も西洋系の舞台設定だと思っていたので洋名に違和感はありませんので是非そのままでお願いします!

身長や体つきに関しましては出会った頃のものとして記載しています。一緒に生活しはじめて、すくすく育つ予定ですのでご了承ください。
過去や私なりのCの解釈も添えていますが違和感ありましたら修正いたしますのでご指摘お願いします。

名前: なし
年齢:12〜15
身長:132cm〜(Max 172cm)
容姿:浅黒い肌は栄養状態が悪く手触りは大変悪い。二重の双眸は白目と黒目が反転しており、虹彩は白、瞳孔は縦長と言う人外と断定するにはふさわしいシロモノ。プラチナブロンドの髪は湿気で波打つ癖毛、耳の上あたりに出来損ないの巻角が髪の毛に隠れてはいるがツノより目立つのはエルフを彷彿させるかのような端が尖ったしかし長さは人間程度の耳。口から覗くのは発達した犬歯。飢餓状態特有のお腹だけがぽっこりとし、腕や足、肋などは骨と皮のような体つきに細かい傷や火傷の跡、青あざなどが刻まれている。背中には端が毟られたような形跡が見受けられる異形の翼。デフォルトはボロ布で作られた酷く汚い貫頭衣。

性格

純真無垢であり無知。生まれは悪魔と交わり異端狩りで処刑され埋葬された墓場にて産声をあげる。墓地管理をする教会に拾われるもヒトは違う奇異な容姿、悪魔の子と烙印を押され見世物小屋に下げ渡され、物心ついた時には見世物として好奇の目に晒され、碌に食事や学習の機会も与えられず過酷な労働を課せられ育つ、金に困った見世物小屋の団長は端金で異神崇拝の集団に売られ、贄として差し出され 今日に至る。「そういうもの」として扱われて来た為、ボロ雑巾と同じ位の自尊心、自分の待遇に「助けて欲しい」等 一切不満はないが痛いものは痛い、出来れば痛いことはやめて欲しい。笑っていると不思議と最後は気味悪がって痛いことをやめてくれる。唯一学習した笑顔。悲しいことや痛いこと、何かあるとすぐ笑う。死ぬとか生きるとか何もわからないまま贄に出される、「まほうつかい」?と言う人も自分を殴るのだろうか?笑っていればやめてくれるだろう。……暫く経つが殴られないし、美味しい食べ物をくれたり、色々なことを教えてもらえる。あったかい「まほうつかい」だいすき(雛鳥状態)

その他
人外とのあいの子なので30ヶ月位お腹の中にいて、肉体年齢と実年齢に齟齬があったりします。
魔法使いさんに対しては好意1000000……%の雛鳥状態なので基本何でも受け入れます。
出会いの時点では1+1どころか数字もわからない位の本当に何にもわからないまっさらな状態です。
呼び方はおじいさんみたいなので「じじさま」→りゅーさまくらいまで進化させていけたらな、と

10:名無しの萌語り 2018-07-17 19:46:18

いえいえこちらこそ…!素敵なプロフありがとうございます!

やりとり開始時点では出会ってどのくらいにするか考えていたところでして…ロルテからであれば、一緒に暮らし始めてもう少しで一年、くらいかなと思っていたのですが、出会ってすぐでもいいかと思っています。どちらの方がいいでしょうか?

11:51 2018-07-17 20:04:00

ありがとうございます。


先ずは出会いのロルから始めて、区切りが良いところで場面転換とかいかがでしょうか?

12:リュシー・アイル 2018-07-18 21:53:03

かしこまりました!ではそのような流れで進めて行きましょう。初回回させていただきますね、改めてよろしくお願いします!
キリが良さそうなところでまた背後からお声がけさせていただきますね。

───

(森の中の小さな小屋、夕陽が差し込んできた窓の前、椅子に座って読書に勤しんでいると外で物音がして、目を見開いてから外を見つめ、随分と小さな子供を視界に入れるとゆっくりと立ち上がり。杖もローブも身につけず、外に出てからボロ布どなんら変わりのない服を身に纏った子供の前へと近づいて、首を横に傾げつつなんとなくここにいる理由はわかったのか呆れたような溜息を零し。だが随分と怪奇な容姿をしていることに気付くと手を伸ばしてするりとその頰を指先で触り)
……ああ、贄か。…おやおや、まあ、随分綺麗な瞳だね

13:ナナシ 2018-07-21 15:20:03

……てんしさま?
(見世物小屋での生活から一変、売られた先は妖しげな宗教団体、その昔災厄を振り撒いたと言われるとある大魔法使いを信仰しているだとか。もちろん自分にはおかれている状況は1ミリも理解できない、黒の頭巾を被った人間に連れられ森の奥の奥を抜けた先、拓けた場所に辿り着く。一軒の小屋の前で「ここで待て。良い贄になれ」と言い渡され放置。「にえ」の意味を考えながら言いつけ通りにしばらくその場で待機していると、ドアの中から物音が聞こえる、そう時間もしないうちに開け放たれたドアから出てきた人物は夕日に反射しキラキラした金の髪、慈悲のような深みをもつ琥珀の瞳、柔らかな容姿は幼い頃にみた教会のステンドグラスに描かれた天使のようであり、ぽかんと見上げたまま所管を述べ。そうして呆けていると無遠慮に伸ばされる腕、殴られる、そう感じて身を硬くし目を瞑る。いくら待っても衝撃はこない、柔らかい手つきで頬を撫でられる感覚、そして褒めるような言葉。目を開けば小首を傾げて貰い手であった見世物小屋の団長の言葉をなぞり)
…きれいはにんげんさまにつかうことば。ばげものちがう




レスが遅くなり申し訳ありません!先ロル有難うございます!
仕事の都合で浮上ができませんでしたが、これからは1日1レスは確保できると思います。

14:リュシー・アイル 2018-07-21 20:47:16

いえいえ、お仕事お疲れ様です!
ではとりあえず背後ここで失礼いたしますね。何か余したらお呼びくださいませ…!

───

天使、か。…私とは程遠い言葉だね。
(まさか天使なんて言われると目を見開いて、目を瞑られても気にしなかったが、それがどこか怯えているように伸ばした手を動かして優しく撫でているうちに、どこか辿々しい言葉で綺麗という言葉を否定されるとこちらも同じように首を傾げ。人間だろう、と口にしようとしたところで流石にその瞳の色や耳の形、羽を見て人外と断定するにはたやすく。触っていた手を離してから、悩んだように瞳を閉じ、少し考えた後に相手の手を取り自分の家へと連れ込んで)
…んん、…自分のお名前は分かるかい

15:ナナシPL 2018-08-06 04:08:52

2週間もの放置申し訳ありません!仕事が立て続けに入りまして生存報告や遅々報告にも参れず無言放置という形になってしまい誠に申し訳ありませんでした。

まだ居られますでしょうか?

レスを書き込む