TOP > なりきり > 青い月は白き鶴に恋をする 2 非募集

青い月は白き鶴に恋をする 2 非募集

最終更新 2018/08/21 17:19:40
レス数 62
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス62中:1-20

1:名無しの萌語り 2018/07/17 20:15:17 作成

お待ちしております!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

44:鶴丸国永 2018-07-27 13:02:26

俺?片付けと、あ、あと、シャワー借りさせ貰った。服も、適当に借りた、悪い、
(ベランダに出て風にあたり乍濡れた髪に指を通して、此方の事を尋ねる問いに何処と無く自分の事を把握したいのだろうと感じ。然しそれを言葉にする事なくのんびりと答え、本丸に居た頃も着心地の良い相手の服をよくくすねて着ていた為か全く悪びれる様子も無く)

45:三日月宗近 2018-07-27 14:27:08

いや。…服、大きいだろう。…お前の家に取りに行くか
(着てもらう分には問題は無いし、むしろ着ている姿を愛でたいくらいだが、体格差がある程度あるのだから着心地がいいとは言えないのではないかと首を傾げながら問いかけて。そのうちすべて食べ切らずに食事を終えると手を合わせ)

46:鶴丸国永 2018-07-27 17:46:01

…また、暇な時でいい。きみの着やすいから好きなんだ。勿論、三日月が嫌なら今から取ってくる
(此方を気遣う言葉に少し迷ったが、袖口を鼻先に持ってくればすんと嗅いで香る大好きな匂いに瞳細めれば其れを断り。自分で発言しておいて、相手を死なせない為、など理由をつけ結局は自分が好きに甘えている事に気付き己に呆れ。そう謂えばとスマホの時間に眼を遣り)
三日月、今日、何時頃帰ってくるんだ?

47:三日月宗近 2018-07-27 18:56:28

いや、それならいい。俺のを着ていろ。
(結局甘えられている、そうわかっているがそんなことは口にせず、さらりと相手に対して命令口調でそう伝えて、空にもなっていないお弁当の蓋を閉じて捨ててしまえば小さく息を吐き。この後移動はないおかげで早く着替える必要もなく、また坐り直すと相手と話すためだけに脚を組んで嬉しそうに笑って)
…んん、今日か。どうだろうなあ、日付は超えないだろうが遅くなったら寝ていていいぞ

48:鶴丸国永 2018-07-27 19:26:09

(着ていろ、キッパリ告げられればこんな些細な事ですきと感じてしまい、マゾ気質でもあるのかと小さな溜息。然し電話越しに相手からも溜息が聞こえれば不思議そうに瞳瞬かせ、然し直ぐに明るい声音になれば問い質す事はせず。代わりに其の内容に少しばかりつまらなそうに)
…あー…、…そっか。分かった、夕飯は作って置くから。無理するなよ?ちゃんと休憩取って、水分も。

49:三日月宗近 2018-07-27 22:37:01

…早く、終わるかもしれないから。…撮影が終わったら連絡する。
(つまらなそうな声音にすぐに気付き、はっとしてまるで機嫌でも取るように、取り繕うような言葉で伝え、そうしているうちに楽屋のドアが何度かノックされ、電話を切らないまま立ち上がり「ちょっと待っててくれ」と一言告げ。ドア薄く開くと案の定マネージャー、そろそろ準備をと言われれば頷いてからすぐにドアを閉めてスマホの前へと戻り)
……鶴、すまん。そろそろ切る

50:鶴丸国永 2018-07-27 22:58:40

いや、良いって別に。…ああ、また、
(明らかに自分に対しての機嫌取りだと分かれば忙しい相手を待てない程もう餓鬼じゃないと余計に不機嫌そうで、呼ばれたと分かれば少々素っ気なく返事をし此方から通話を切って。ベランダから中に戻ればやる事も無く、相手の事もあり不用意に家から出る事も躊躇われ、思い出した様に昨日スタッフから貰った雑誌取り出し)

51:三日月宗近 2018-07-27 23:38:08

あ、…っ、
(何故か不機嫌そうになってしまった声、自分がそろそろ離れると告げた途端素っ気なく、すぐに電話が切られてしまうと困ったように眉を下げて思い切り悲しんだ様子を見せ。だがそれに浸っている時間もなく、スタッフが入ってくると衣装替え、化粧直しに撮影の確認、説明を聞く限り何枚も取らないといけないと分かるとやはり時間が掛かってしまいそうで早く帰りたいという気持ちを抑えつつ準備を進め)

52:鶴丸国永 2018-07-27 23:55:42

……、…この時の俺は、未だ何も知らなかったんだよなぁ…、
(取り出した雑誌の表紙には相手と肩を並べる己の姿、こう見ると今朝まで見ていた相手の筈が別世界の人間に見え。中のページをパラパラ捲れば相手が写るページでピタリと止まり、ピンで写る相手の次のページには表紙とはまた違う格好で自分と寄り添う相手がおり。上記呟けば指先で撫で、「かっこいい」と零し暫く相手のページだけを行き来して。最後のページにオフショットと題し載せられている撮影の合間の写真の一枚に、凡矢理する己を優しい眼差しで見詰める相手の姿があり。小さく息を呑めば罪悪感とと共に嬉しさと羞恥が込み上げ頬赤く染め)

53:三日月宗近 2018-08-01 10:51:25

最近遅れがちで申し訳ございません...!

───

(拗ねさせてしまった、としゅんと眉を下げていたが、撮影が始まるとそんなことを気にしているようには見えないほどの集中力ですぐに撮影を終わらせてしまい。もうそろそろ夕方に差し掛かる頃、随分早く終わった為スタッフ等に打ち上げに行こう、と言われてもどうしても早く帰りたい気持ちが強く、丁寧に断ったあとてっきりもっと遅くなると思っていたため相手に早く帰れると報告の連絡をしようと電話を掛けながら帰る用意をし)

54:鶴丸国永 2018-08-01 20:22:31

大丈夫ですよ…!お気になさらずに、

────────────

(其の後大事そうに雑誌を仕舞い、暇を持て余していれば少しソファで転寝をしてしまい。夕方、西陽で目を覚ませば欠伸零しのろのろと外に干した洗濯物を取り込んで畳んで置き、キッチンに行けば相手の帰りが遅いにしろ夕飯は作って置かなければと取り掛かり始め。食材を切っていれば不意に鳴り響く着信音、手を洗いソファに置きっ放しだったスマホを手に取り誰だか何となく察しがついており確認半分に通話ボタンを押して)
…はい?どした、三日月。

55:三日月宗近 2018-08-01 21:58:33

ありがとうございます!

───

ん、ふふ、何していた、愛しの雛。…存外早く撮影が終わったから今から帰る
(すぐに電話をでてもらえれば、撮影も早く終わったため、嬉しそうに笑いながら楽屋で着替えもせずに椅子に座って足を組み、ふわりと欠伸を零してぱたぱたと脚を動かしているうちに相手の返事を待たずしてマネージャーが声をかけてくるとともに入ってくると首を横に傾げ)
…んん、なんだ、まだ準備なんて終わっていないが。

56:鶴丸国永 2018-08-01 22:38:19

……、…別に、何も、…え、早く帰れるの、か、……、
(出るや否や「愛しの雛」等と嬉しそうに呼ばれれば突然の事に頬に朱を差し、真逆、「三日月の載った雑誌をずっと眺めて居たら寝落ちした」等言える訳もなく。昼の電話もあってか少しぶっきら棒に答え。然し続いた言葉に双眸がきょとんと丸まり、確認する様に尋ねたが後半、自分の声に重なる様に相手では無い声が聞こえきゅと口を噤み)

57:三日月宗近 2018-08-01 23:41:28

ああ、用意するから。…わかった、行く。うん、服は買い取らせてもらう。
(相手の電話をすぐに切ることはなく、流石に切れないために早くマネージャーがここからでてもらうことを願いながら、簡単な業務連絡と、そう言えばと相手との撮影のことを言われるとふとそこですっかり忘れていたことを思い出して、軽く目を見開き。ちらりとスマホを見て、このまま3人で会話しては面倒なことがバレてしまうことを不安視して何もせず着替え始めて)
…連絡、取っておく。

58:鶴丸国永 2018-08-02 00:07:21

(何やら自分の知らぬ相手の仕事の話が聞こえれば、何だか引っ掛かりを覚え。直ぐに終わる事がなく当たり前だが分からない話ばかり聞こえれば聞こえぬ様小さく溜息、然し突如自分の名前が出れば此方も驚いて。自分との関わりを隠し「連絡しておく」と短く返す相手に其れが正しい判断だと分かっているが無意識に表情が抜け、ガサゴソと電話口から聞こえる音にふとスマホを耳から離し通話を切って。じっとスマホ見詰めた後、ソファに放ればキッチンにスタスタと戻って行き)

59:三日月宗近 2018-08-02 23:08:17

(予定をその後少し話した後、あとでと出て行ったのを見てからスマホを見てみると切れてしまっていたため流石に切られてしまったかと申し訳なさそうに眉を下げ。流石に掛け直すくらいの勇気はなく、深くため息を零した後にゆっくりと立ち上がって着替えをすませた後、カバンやら荷物を全てまとめてからマネージャーの待っている、駐車場まで行けば車もすぐ気付くところに止められており、乗り込んで家に帰る間怒らせてしまっただろうかと後悔をして)

60:鶴丸国永 2018-08-03 16:07:51

(自分の我儘加減に呆れ乍も夕食の準備を済ませてしまい、然し相手の現場が何処か分からない以上用意しても冷めてしまう可能性が有り、食器やサラダだけ先に並べておけば小さく息をついて。本丸にいた時の様に上手くいかない、難しそうな顔をしては、御守り代わりでもある首元に光るネックレスに触れ)
……、……あ、…また、光坊に連絡とっとかないと、

61:三日月宗近 2018-08-03 22:47:11

(自宅からはそこまで遠い撮影場所ではなかった為車で送ってもらえれば数十分で着いてしまうと明日の撮影のことを聞くと、明日の撮影は夜からと言われたことで目を見開き、それなら今日でもいいではないかと思わず文句を言ってしまいそうになるのを抑えて小さくため息をこぼした後、ゆっくりと車から降りて家の中へと入り)
──…ただいま

62:鶴丸国永 2018-08-03 23:18:00

(スマホの着信履歴を良く見れば、昨夜から何件もの連絡が入っており、燭台切に連絡して仕舞おうか、スマホ取り出して電話帳眺めて居れば玄関のドアが開く音が廊下に響き肩を震わせて。慌てて電話帳閉じればスマホをポケットに捻じ込み立ち上がって、リビングから玄関の方へと顔を覗かせれば先程中途半端に通話を終わらせた男が居り。気まずさと再び顔を出す微かな嫉妬心、口調が少しぶっきら棒になり)
……おかえり。早かったな、思ったより。…もっと遅くなるかと思っていた、

63:鶴丸国永 2018-08-21 17:19:40

────────────

お久しぶりです。失礼します。
お忙しいのでしょうか…?
一応、上げさせていただきますね、

レスを書き込む