TOP > なりきり > (創作提供)Dete/ctive Con/an (降谷零募集)      

(創作提供)Dete/ctive Con/an (降谷零募集)      

最終更新 2018/11/15 22:42:45
レス数 55
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス55中:1-20

1:主 2018/07/27 22:48:01 作成

DC (降谷零)×創作C×降谷零




※(表現はやんわりですが)殺人等の表現有り、全体的に暗い。
※設定上警察庁等の内部を好き勝手してる。
※オリジナル展開有り。
※シリアス多め。
※オリジナルキャラ多め、そして原作でなりきれるCはサブ提供有り。

設定。


1.創作Cはかつての降谷の教育係(上司)にあたる人物で、一番最初に黒の組織に潜入させられた存在。
しかし、現在は退職設定の利己的な元上司やその周りからのプレッシャーに耐えることはなんてこともなかったが、ある日組織から一人の男の始末を命じられる。
すぐさま当Cは、上司に掛け合いその者の保護を要請。しかし、上司は自分の利益になる任務の要請を優先したことにより、それを叶えることなく「奪った命の数よりも救った命の方が多ければ問題ない」と当Cに組織の任務を全うすることを告げた。当Cは組織と上司の言葉に従い、それを遂行。
それから暫くは、警察庁に出入りし、他の件を片付けていたがひょんなことから自分の先輩であった憧れの女性の退職の真実を知ってしまう。
上司の数多くの不正や違法捜査を大きくはみ出した件を知り、そんな上司に従っていた絶望、そして同じ目に合わせたくない後輩のことが頭をよぎる。
崩れかけていた理想が崩壊し、当Cは降谷に「お前がそうであるように、俺もこの国が好きだよ、」と告げて、降谷を守る為上司を親友と共に退職に追い込んだ後、公安との連絡を絶ち、組織の仕事を優先しながら深くに潜ることを決意。
数年後、組織内で再会したことで、ジンに目を付けられている降谷を護るべく、その真意を隠したまま「NOCだと報告されたくなければ俺のそばで役に立て」と告げる。
一方降谷は当Cを連れ戻そうと告げーーー。(以下展開により)


C設定。

天上 幾斗 (33)  警察庁警備局警備企画課
偽名は 秋本 一矢(カズヤ)  塾の講師。
コードネームはカミカゼ。 基本的になんでもする。
黒髪に赤い瞳。見た目は少々若く見える。(25くらいに見られる)
常になんでか黒のワイシャツに黒のズボン。そしてスニーカー。
降谷のことは初めての後輩で物凄く可愛がっていた。恋愛感情だと自覚しつつも降谷の人並みの存在を願っている。
昔は温厚で常に笑顔を絶やさず時には厳しくと日本を守るという使命に誇りをかけており、国民の安全のために、どんな手を使ってもいくつもの事件を終わらせてきた。
しかし今では笑顔は滅多に見せなく、口調もどこか突き放すような言葉を放つ。
公安時代からの協力者との関係は切れておらず、今も尚自分に協力してくれる優秀な人材を捜している。
かつての上司の不正の証拠を先輩にたくされ、上司から逃げつつ親友と先輩を捜している。
家族構成は、父、母、妹二人の、兄一人である。
愛車はフェアレディZ。タバコも酒も好き。
運動はからきしダメなくせに身軽でパルクール会得者。。
苦手なことは料理、掃除、爆弾物、そして意外とスポーツ系は苦手。(走る等基本はいい方だがテニスや、バスケ、野球等球技は本当にからきしダメ)
得意なことは仕事、嘘、動物と戯れること、車の運転(荒い)、違法捜査の類。スイッチ切り替え。銃の扱いや改造
好きなことは推理小説やドラマを見ること、なんでか警察なのに刑事ドラマ見るの好き、降谷を可愛がる。平和。日本の平和。
嫌いなことは降谷を傷つけること。組織の仕事。弱さ。




2.当Cは公安委員会の中の義理の父親により殺し屋として育てられた。
勿論必要な知識などは覚えさせられた為頭の回転は悪くないと見られる。
その目的は公安の要でもあるゼロを護らせる為である。
降谷に仇なす存在はどんな存在でも消すように命じられつつ、それと同時に降谷の邪魔や不利になるような事はしてはならないと教え込まれた。
降谷の命令は絶対であり、そんな彼とは絶賛主人と犬のようなものだが、それを降谷に知られるわけにはいかないと父親は考えた。
それ故に当Cを公安委員会から警備企画課に派遣し、普段は逆の立場で違和感を消そうと試みた。
「ばれたら消すぞ」と父親からの言葉を受け入れつつも、当Cは降谷零という存在に惹かれつつあり、共に組織に潜入してのドタバタを見せるのであった。


C設定。

佐伯 黒真(コクマ) 殺し屋。((仮)警備企画課)
結城 幸哉 (ユウキ) 大学院生。
コードネーム ライラ。

色素の薄い茶髪に紫の目で顔つきは年相応。
常になんでか白のワイシャツに緑のズボンで裾を足首より上まで折っている。両耳に青色のピアス。
常に無表情でありながらも降谷に接する時は表情が和らぐ。無口だと思われるが結構喋る。
設定上大学院生だが全然通っていないし、あまり家からでないひきこもりである。
降谷と同居しているうちに彼のためになら死ねると思えた故に心を開いている。降谷のそばから離れない。
小さい頃両親に育児放棄をされたところを義父に保護され、養子として迎い入れてもらった。
唯一降谷の弱点である赤井が嫌いである。(嫉妬とも言う)
家族構成は、義父のみ。
愛車は日産スカイラインGT-R。
苦手なことは感情表現、命令違反。父親。
得意なことは仕事。命を奪うこと。
好きなことは寝ること。あとは降谷のそばにいること。守れる事。
嫌いなことは嘘。命を奪うこと。公安委員会。



提供。

創作C


募集。

降谷零。属性はリバ~(受けまで)。



条件


背後様が成人済み。
多少の流血、無理矢理等可能な方。
無断放置、無言打ち切りの類はしない方。
打ち切りは必ず一言くれる常識のある方。
ロルは50文字以上。こちら100文字以上になる場合あり。(こちら心情使います。)
一日に2、3回は返せる人。こちら日によってですが即返時間有り。
長期可能。
長く間が空く場合一言でもいいので置いてくれる。











萌/萎

萎。
無言放置、無言打ち切り過度の遅レス(1週間に1度など)、嘔吐、アヘ顔、ダブルピース、大スカ、原作Cとメイン2人の死(モブはOK)、パロ。


萌。

シリアス~ギャグ、甘、修復可能な喧嘩や怪我、SM、強気、挑発的、ストーリー重視、ヤンデレ、嫉妬、束縛、軽い暴力、駆け引き、無理矢理、淫乱、多喘ぎ等。萎え以外。




末永くお願いいたします。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

37:降谷 零 2018-09-02 15:46:26

嗚呼…、ええ、僕もそう思います。

(日本の為なのだとそう聞こえ、変わらぬ愛国心に己と目的はそう大差無く、嬉しそうに頷けば胸からそっと手を離し。突然頭を撫でられては子供扱いをされているようで若干不満気な表情を露にするものの、相手との突然の再開やかなり気を張っていた所為で確かに疲労感を感じ言葉に甘える事にして。相手はどうするのだろうかと視線を合わせ首を傾げ)

わ、……。そうですね。お言葉に甘えて使わせてもらいます。
貴方は、どうされるんです?

38:天上 幾斗 2018-09-05 23:30:25

…悪いが俺も同室させてもらおう。
ベッドはお前が使っていい。

(相手の本来の感情が目に見えるほど表情に出されれば、内心嬉しくもあり愛おしさが深まるものの、自覚ある自分の臆病さから突き放すような言葉を発しそうになり。それを奥歯を噛みしめることで必死に抑え込むと少々思案した結果、自分も同室し泊まることを決め。目を伏せ、自然な動作で手のひらを向けベッドを相手に譲ると歩を進めて先程座っていたソファーに腰を落とした後に意地の悪い笑みを浮かべ)

落ち着かないだろうが休め。
寝ている奴に何にもしやしねぇーよ。



--------------------------------------------
遅れてすみません…!!

39:降谷 零 2018-09-06 07:58:12

へぇ…僕が敵か味方かも分からない人物の前で無防備に眠ると思いますか?元々眠りも浅い方なので、安眠出来るものならしたいぐらいですよ。

(話が一段落したからであろうか、落ち着きを取り戻すと同時にバーボンらしさでもある挑発的な態度が見え始め、掌で促されたベッドへ腰を掛ければ横髪を掻き上げ鼻を鳴らして。胸の前で腕を組み相手へ視線をやれば首を傾げ、寝るのであれば手足が伸ばせるベッドの方が断然疲れは取れるはずで。ベッド自体もダブルなのか己が横になっても充分な広さがある為、此方で寝ることを提案しながらクスリと笑って)

寧ろこの状況で貴方は眠れるんですか?それならベッドで、隣で寝ても構いませんよ。僕だって寝込みを襲う趣味はありませんので。


~~~~~~~~~

お気になさらず、お手空きの際にお返事いただければ…!

40:天上 幾斗 2018-09-06 20:37:35

……我儘なお姫様だ。

(心の中に秘められている相手への想いも知らずに挑発的な言葉を悪気もなく言い放たれれば自然と表情は無に近づき。己の足元へと目線を落としながら自分が誘いに乗らなければ相手も眠らないのだろうと、軽く溜息を吐き出し。独り言のような小さな声で上記を呟き、渋々と言わんばかりに腰を上げベッドへと歩を進め相手の隣を通り過ぎ際に笑みを浮かべ挑発し返し。スリッパを脱いではベッドに身を投げ、内側に背を向けるように横向きで寝転がり )

…俺は寝る。
今この部屋に俺の脅威になる存在は居ないからな。



----------------------------------

有難うございます!!

41:降谷 零 2018-09-06 22:43:37

……緊迫感のある方がお好みですか?貴方が寝ている間にベルモットでも呼んでおきましょうか。

(流石に顔を合わせて早々では拒否されるだろうと踏んでいた所、意外にもあっさりと受け入れられては呆気に取られ己がした挑発なのだが双眸瞬かせ暫く動きが止まり。擦れ違い様に再度挑発仕返されてはハッと我に返り、振り向きはしないものの悔しそうに口を結び。言い返さなければ気が済まないのか捨て台詞とも取れる言葉を吐き、相手と同様に背を中心へ向けお互い反対側を向く形で横になり。不満を残しつつも自然に挨拶を済ませれば目を閉じて)

横で鼾かいたら許しませんから、お休みなさい。

42:天上 幾斗 2018-09-06 23:14:07

分かってるって、おやすみ。

(相手の言葉に軽く返せば目を閉じ、セキュリティの高いホテルを選んだが念の為に明日相手を見届けるまで眠るつもりは毛頭無く。目を閉じるだけ閉じ、時間が経つのを待つように目を瞑っているとその内閉じた瞼越しに明るさが伝わりゆっくりと瞳を開け。最初に目に入れたのは壁に掛けられた時計で、時刻は五時半と表示されているのを見、ベッドが軋まぬよう身体を起こすと隣で眠る相手の髪に触れ、愛おしそうに瞳を揺らし穏やかな表情を見せた後何となく相手の名前を声に出し)

バーボン、…安室透…”降谷零”。
…零。まさか、またお前の名を呼べる日が来ようとはな…。

43:降谷 零 2018-09-07 21:13:02

…───……ん…。

(目を閉じ暫くは今日起こった事の降り返りを頭の中で繰り返し、脳がまだ興奮状態なのか眠気も全く無く。一体何れくらい時間が経ったであろうか、己も身動きひとつしなければ背後で眠っている筈の相手からも物音ひとつ聞こえず。しかし仄かに伝わる懐かしい匂いやその雰囲気に徐々に飲まれ、あれだけ高を括っていたにも関わらずいつの間にか浅い呼吸繰り返し眠っていて。どこか遠くで己を呼ぶ声が聞こえる、それは心地好く夢の中で響き反応するように微かに身動ぎ表情を柔らかくして)

44:降谷さん 2018-09-16 15:25:16

勝手ながら、上げておきますね!

45:スレ主 2018-10-19 20:50:46

長らく開けてしまいすみません。
引っ越し後の環境に馴染むのに日々苦悩している日々でしたが、漸く日常が落ち着いてきましたので明日にでもお返事をさせて頂きたいと思います。
もし、まだいらっしゃいましたら改めて宜しくお願い致します…

46:天上 幾斗 2018-10-20 18:23:29

先日投稿させてもらった通り返させて頂きました…!!
改めてお待たせしたこと深くお詫び申し上げます。
そして今息子のIQは3以下です…ごめんなさい(

-------------------



零。…お前が生きてさえいてくれれば…。
(その先の言葉を言葉にすることはしなかったが相手の幼さの残る表情が和らぐと自らが超えてはいけない境界線として作り上げた心の壁が僅かに罅が入ると髪を撫でる手を止めると身を乗り出し。そっと顔を近づけ整った顔を至近距離から見つめ、感情のまま相手の唇に顔を近づけたがあと一歩の所で引き返し前髪を掻き上げると額にキスを落としてゆっくりと唇を離し再びベッドに寝っ転がると肘をついて頭を支えて相手の寝顔をまじまじと見つめ)

47:降谷 2018-10-23 01:12:53

お引っ越しお疲れ様でございました…!私も転勤族の家庭に生まれ引っ越しは幾度も経験しておりますので、その大変さはよくよく理解しております。ただ、ただ何か一言でも頂けると嬉しいです。でないと…何かの事件に巻き込まれてしまったのか、何処かへ行かれてしまったのか、心配やら不安でソワソワしてしまいますので…『1ヶ月開ける』これだけでも全然大丈夫です!

返事の方も有難うございます。次レスにて載せますので、またよろしくお願い致します。そしてIQ3可愛らしい…。←

48:降谷 零 2018-10-23 01:17:06

─……ッ…な、にか…されましたか…?

(人の動く気配、己の体がより深く沈む感覚、幾ら安心して眠りについていたとしても3つの顔を持つ今の生活で警戒心を解くことは無く、微かに浮上する意識の中額へ柔らかく暖かい何かが触れれば途端ビクリと肩震わせ瞳を開いて。視線の先の此方を見詰める相手へ気付けば分かりやすく顔を顰め若干体を引いて距離を開け。自分がいつから眠ってしまったのか、いつから見られていたのか、考えれば沸々と恥ずかしさが込み上げ思わず視線を逸らし何とか悪態をつくことで取り繕い、ただ自然に相手の名前を呟き)

…人の寝顔を眺める趣味があったんですね、天上さんには。

49:天上 幾斗 2018-10-26 22:07:53

そうですよね…!ご心配お掛けしてしまい申し訳ございません…。
これからはご連絡するよう心がけますので…!寛容なお心に感謝致します…。
またこれからも息子共々宜しくお願いいたします…!!恋は盲目ですね…(蹴り可

---------------


いや、何も。
(相手が目を覚ますと問い掛けにはバレてはいけないと素っ気なく返し、寝顔を見たことを咎められていると捉えると上半身を起こし口元に手を当て一言告げ。昨夜の延長戦かとカミカゼとしての顔を見せようとしたのも束の間、本来の自分の名前を呼ばれると驚愕を隠す等到底出来るはずもなく感情のまま双眸を大きく開き。数秒後直ぐに短く吹き出すと肩を震わせて笑い視線が交わることがないと理解しながらも相手に目線を向けはにかむと相手の髪を撫でようと近づいては髪に手を伸ばし)
…まあそう気にするな。
それに、やっと俺の名前。呼んだな。いい子だ。

50:降谷 零 2018-10-27 14:41:33

……、…っ……

(何もしていないと言われればそれ以上深くは聞かないものの全く納得はしておらず口を噤んでシーツを眺め。相手の言葉に己が無意識に名を呼んだ事を気付かされ気を抜いていた、では済まされない事態にしまったと息を飲んだのだが、小さな笑い声に恐る恐る視線を向ければ公安に居た頃と何一つ変わらないその優しい笑顔に体の力が抜けていき。漸く上体を起こせば伸ばされた手を先に取り、両手で包むように握れば相手の真意がただ知りたくて再び視線を落としつつも静かに問い掛け)

貴方は突然…僕の前から姿を消しました。貴方程の人が何故…

51:天上 幾斗 2018-10-27 18:04:34

…くっ…ふははは!
(物言いたげな相手の様子は容易に感じ取ることが出来、同時に愛らしく思うと再度吹き出つつも包み込まれた両手を見てはそれを数秒間凝視し。無理に振り払うことはせずに相手の言葉を最後まで遮ることなく聞き終わると静かに笑い声を零しながら真実を告げることはなく表面上の理由だけを口にしつつも、己のかつての上司を思い出し。一瞬だけ双眸を殺意にギラつかせギリ、と奥歯を噛みしめ片方の手で拳を握ったが、落とされている目線を上げるよう促す様に頬を優しく撫で微笑み)
何、そう難解なことじゃない。お前にならもうあの場所を安心して任せられると思ったからで…。
俺の目的を果たすには丁度いいタイミングだっただけだぞ。

52:降谷 零 2018-10-27 22:33:35

…!……そんなに、笑う所では…

(突然の大きな笑い声に弾かれた様に肩をビクリと震わせ頬へと優しく撫で付けられる感触に促されるまま、ゆっくりと顔を上げ幾度か瞬きながらその表情を見詰め。既に柔らかい微笑みで此方を見詰めている相手に昔の面影、更には先立たれた嘗ての仲間達が重なりその尊さに堪らずくしゃりとはにかんで。重ねる手には力が籠り温もりを求めるかの様に、瞼を閉じれば添えられた掌へ頬を擦り寄せ。この先共に行動するのなら、今でなくてもきっと真意を聞くことが出来るであろうと相手を信用する事に決め)

目的…。その目的とやらが何なのかを…貴方から話してもらえるのを僕は待つことにします。

53:降谷 2018-11-02 12:04:10

上げておきますね!

54:天上 幾斗 2018-11-02 21:16:31

再び遅くなるtt
すみません…レスぺがこのような感じにばらばらになってしまうことが本日決定事項となり…。恐らく年末年始か、或いはその明けまでこのような感じだと思われます…と報告させて頂きますね…本当に申し訳ございません…。(土下座

--------------------

…良い子。
( 相手の性格上ボロが出るまで深く追求してくるかと思いきや素直に引かれ予想外の反応と、表情に空いた口がふさがらなかったが直ぐに表情を繕うと薄い笑みを浮かべ慈しみを含んだ目で相手を見つめて。その後幼子に接するかのように棘のない声音で上記を呟いた後に頬に添えていた手を相手の肩に回すと己の方に強引に押し自然と相手を自分の胸へと抱え込む形となり。懐かしい温もりに安堵すると睡魔が襲ってくると瞼が落ちるものの気合で意識を保ち時計に目線を向け朝食の提案をし )
…取敢えず、朝飯でも食うか。

55:降谷 零 2018-11-07 18:06:36

お仕事が忙しくなるのは仕方の無い事ですので、お気になさらず…!その期間も教えて頂きまして有難うございます。それでは私はのんび~り待っておくことにしますね^^

____

…………わ、…

(目を閉じ相手の温もりを肌で感じていた所その温もりが離れて行けば吊られるように瞼をそっと開き何故、と瞳で訴えようと顔を上げるも背を押されれば心地の良い衝撃と共により密着する形となり。流石に驚きで体が強張り小さな声が漏れるものの、告げられた言葉は他愛も無い事で。鼓動は普段よりも忙しなく打ってはいるが、既に気を許している為肩口にそっと顎を乗せ言葉を続け)

…そう、ですね。何か頼みますか?それとも何処かで……あ、今日僕のバイトしてる喫茶店お休みなので、貸し切り営業でも良いですよ。

56:降谷 零 2018-11-15 22:42:45

体壊してないといいですけど…。僕はちゃんと居ます、っていう生存確認の為に上げておきますね。

催促じゃありませんから、しっかりこの国の為に、働いてきて下さいね。(!)

レスを書き込む