TOP > なりきり > 【攻or攻リバ募集】仕事が終わらない【オリジナル】

【攻or攻リバ募集】仕事が終わらない【オリジナル】

最終更新 2018/10/24 00:51:44
レス数 60
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス60中:1-20

1:赤毛 2018/07/29 22:24:57 作成

いくら仕事を増やしても、いくら残業しても、どうしても追い付けない。あいつはいつも要領が良くて、人気者で、大した努力もせずに軽々トップを独走していく。そんなあいつに負けたくなくて、一泡ふかせてやりたくて、俺はーーー



横暴で短気、けれど人知れず努力家な社畜のお相手(攻めor攻めリバ)を募集します。
人気者の同僚でも、上司でも、部下でも!保護しても弱味を握ってもからかっても、どんな関係でもお気軽にご相談くださいませ。
もし興味をもっていただけましたら、簡単なプロフと萌萎を記載していただけますと幸いです。
以下、こちらのプロフ。




名前:紫崎 影一(しざき えいいち)

年齢:28歳

職業:システムプログラマー

性格:超が付くほど短気な社畜。仕事は出来るが部下や同僚に怒鳴り散らすのは日常茶飯事で、あまり好かれてはいない。思考の切り替えが得意ではなく、放っておけばひたすら仕事の事ばかり考えてしまう。社交性がなく理屈屋で、嫌みったらしく口が悪い。
嫌いなものは仕事が出来ない奴と言い訳で、好きなものは甘いもの。本人は仕事の結果以外どうでもいいと言っているが、存外承認欲求が強い。

容姿:身長169センチ。肩まである黒髪をオールバックで一つに纏めていて、口は大きめで尖った歯が目立ち、痩せすぎな身体とくっきり隈の浮かんだ鋭い目付き、基本的にしかめられている表情のせいで、人相は大変悪く全体的に不健康。スーツのポケットにはいつもタバコを入れている。

備考:とあるIT系の会社に勤める社畜。有能だが負けん気が強く、同じ会社に所属する温厚で天才的な同僚を勝手に目の敵にし、そいつに追い付こうと毎回過労死寸前まで仕事をしている。
決して仕事が出来ないわけではなく、むしろ几帳面でマメな為、資料作成など細かい仕事も完璧なのだが、皮肉の多い言葉と高圧的な態度、人と距離を取ろうとする性格が災いし、人気度の方では致命的なまでに同僚と差がある。
甘いものが好きだが仕事中は眠くなる為、無理してブラックコーヒーばかり飲んでいる。
長時間かけていると頭痛がする為仕事中は眼鏡をかけていないが、かなりの近眼で、それが目付きの悪い原因のひとつでもあるが、本人は気にしていない。

萌/萎:甘々、ほのぼの、飼い殺し、犬猿、調教、焦らし、主従、その他萎以外/死、過度の暴力、永遠の喧嘩、2カ月以上の無言放置



ロルテ
なんでこんな仕事にそこまで時間かかってんだよ馬っ鹿じゃねぇの!?脳ミソねぇなら考えても無駄なんだから、せめて手ぇ動かせよ愚図が!いいからさっさと未処理の分持ってきやがれ!
(部下が半泣きで持ってきた未完成の報告書を片手にフロア中に怒鳴り声を響かせ、最終的にはもういいとばかりに部下を追いやる。これくらいの仕事ならものの半日で片付けられるだろうが、時刻は既に定時過ぎ。また泊まり込みかと、頭痛がしてきた額を押さえつつ、自分のデスクに座って作業を開始し)

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

42:泉谷 一樹 2018-08-04 12:20:50

…気持ちよさそうな顔しちゃって、…鬼の上司が、大好きなオフィスでこんないやらしい姿で喘いでるなんて、誰が思うだろうね。
(クスリと笑いながら、自身の先端を強く吸って絶頂を促したが、すぐに口を離して先端を指で押し込めた。イキたくてもイケないぎりぎりの状態で、相手から快楽を求めるようになればいいという目論みだった)

43:紫崎 影一 2018-08-04 12:41:38

っぁ…………!?くっ…………だっ、まれ……………!
(もう少しで達してしまうというところで急に口を離され、無意識に小さく名残惜しそうな声を漏らしてしまい。自身は切なそうに震えたが、幸か不幸かまだ理性は残っていて、相手に屈するなど死んでもごめんだと、涙が溜まり若干目尻が赤く染まった目で相手を睨み付け、精一杯の虚勢を張り)

44:赤毛 2018-08-08 02:07:23

ちょっとだけ上げてみる

45:泉谷 一樹 2018-08-09 15:57:12

早々に長く返事ができなくて、待たせてごめん。
ちょっと背後が急に忙しくなっちゃったみたいで、これからもだいぶ不定期になりそうなんだ。
もしあれだったら、再募集をかけてもらった方が良いかもしれない。本当にまだ全然話せてないのに申し訳ない。

46:赤毛 2018-08-09 16:31:08

あ、ごめんなさい、大丈夫です!
ひょっとして流れて気付かれなかったかな?と思っただけですので、待つのは全然平気です!

むしろお忙しいのに、催促したみたいになってしまって大変申し訳ありませんでした;
お暇な時だけで大丈夫ですので、もしよろしければ、引き続きお相手いただければとても嬉しいです。

47:泉谷 一樹 2018-08-26 02:06:12

1ヶ月近くも空けちゃって本当に申し訳ない。
9月に入ったらもう少し時間が取れそうなんだ、もしまだ君がここに居たら、そこまで待っていて貰っても大丈夫かな…一言も返事をせずにこんなに経っちゃって、本当にごめん。

48:紫崎 影一 2018-08-26 06:33:07

久しぶり。
仕事してりゃ時間経つのなんてすぐだし、気にしてないし待つのも問題ねぇよ。とりあえず気長に待ってる。

49:泉谷 一樹 2018-09-10 00:16:09

久しぶり。ようやく背後の方が一段落して、少しずつだけど返事が返せそうだから書き込んでみた。
待たせてごめんね。前回の続きから返せば良いかな?

50:紫崎 影一 2018-09-10 02:24:16

お帰り。
おぅ、前回の続きから、やれる速度でいいから相手してくれたら嬉しい。

51:泉谷 一樹 2018-09-10 20:53:34

──…物欲しそうな顔。イキたい?素直に言えたら気持ち良くしてあげるよ。
(涙の浮かんだ瞳でこちらを見つめるその顔を見ながらくすりと笑い、相手の理性を堕としてしまおうとまだ先端を強く指で押さえたまま時折緩く指で刺激を与えて相手の言葉を待ち。)


待っててくれてありがとう。ゆっくりだけど返してく。

52:紫崎 影一 2018-09-10 21:24:48

ひぅっ、く………ぁ、ん……………ぅぁ……………!?
(耐えれば耐える程熱は蓄積され、強すぎる快感と出せないもどかしさに意識が朦朧とし始め。始めは死ね、変態と抑える声の合間に相手を罵っていたのが、徐々に無理、嫌だと弱々しい声に変わっていき、無意識のうちに腰が揺れてしまい。気持ちいい、なのに出せないという体験したことのない苦痛に耐えきれず、ついに涙が溢れる顔を背け歯を食い縛りながら、イきたい、と消え入りそうな声で言い)




お帰り。お前のペースでいい、のんびりやる。

53:泉谷 一樹 2018-09-11 00:31:21

…素直で良い子。可笑しくなるくらい気持ちいいよ。
(相手の様子に笑みを深めるとそう耳元で囁き、根元と先端を抑えていた指を離して再び刺激を始めると強烈な快感に悶える相手に容赦なく強く扱いて行き。)


ありがとう、これからも宜しくね。

54:紫崎 影一 2018-09-11 01:31:26

ぁっ!?やっ、それ、っ強、ぁく、んぁああっ!?
(与えられた刺激は、それこそ頭に電流を流されたかのような強すぎる快感で、組み敷かれたままの身体がビクビクと跳ね。一際大きく仰け反れば、ようやく解放された先端から濃い白濁を勢いよく吐き出し)
ひ、ひぅっ……………ぁー………………
(溜まりに溜まっていたものをようやく吐き出せば、ぐったりと脱力した身体をソファに沈ませ。元々体力が限界だった事もあり既に意識が朦朧としていて、時折余韻に震えるだけで、もはや抵抗のそぶりもなく)




こっちこそ、よろしく。

55:泉谷 一樹 2018-09-11 01:56:34

…今日はこれ以上しないからさ、俺のもちょっと慰めてくれない?イカせてあげたんだし、もう生意気な事は言わないよね?
(勢い良く白濁吐き出した相手見ると笑みを深めつつ、今日はまだそれ以上のことをする気は無いらしくそう言って首を傾げて。これから残業で2人きりになる度に少しずつ調教して行けばいいだろうと思いつつ。)

56:紫崎 影一 2018-09-11 02:02:40

ぅ、ぁ……………?
(くらくらする頭では、自分に話しかける声がどこか遠くに響くように聞こえ、ここ数年で初めて、相手に敵意のないぼんやりとした視線を向け。まだ意識がはっきりしないらしく、相手の要求にも反抗らしい反抗を示さず、小さく開いた口から、不明瞭な掠れた声を洩らし)

57:泉谷 一樹 2018-09-11 02:24:21

…珍しいね、君が俺にそんな目を向けるの。
話は全然聞いてないみたいだけど。
(相手のぼんやりとした視線に普段の鋭い敵意は無く、そう言いながらも自分の要求に対して反応を示さない相手にやれやれとため息をついて。不健康な仕事サイクルのせいで、1回絶頂しただけでも随分と体力を消費したらしい。)
──まあいいや、仕事。終わってないんでしょ。

58:紫崎 影一 2018-09-11 08:23:21

し………ごと………?………………!?
(そこそこに終わらせていて、且つ自分が気絶している間に相手が進めてくれた分もあるのだからもう作業はほとんど残っていないはずなのだが、それでも、相手の一言は気付けに十分だったらしい。数秒遅れて我に帰れば慌てて起き上がろうとしたが、まだ相手に組敷かれたままの状態では到底不可能で、疲れきってはいるものの敵意が戻り始めた目で相手を睨み)
っくそ……………もう十分だろ、さっさと退けよ………!
(今すぐ相手を殴りたくはあるが、それよりも、仕事である。ほとんど病気レベルで仕事に依存している社蓄は、これだけ体力が削がれていてもまだ仕事する気満々らしく)

59:泉谷 一樹 2018-09-12 00:56:46

さっきまであんなによがってたのに、さすが、仕事って言葉には敏感だね。
仕事って言葉に涎を垂らして、パブロフの犬みたいだ。
(相手の反応に熱が冷めたとばかりにそう言って軽く笑いつつ、軽く服を整えると立ち上がり。今日はもうする事もないと、呆れたように小馬鹿にした言葉を投げ掛けつつ鞄を持って相手を見て。)
じゃ、頑張って。お先に。

60:紫崎 影一 2018-09-12 01:34:17

るっせぇ………んなっ!?
(解放されればすぐに衣服を整えたが、勝ち目がないことなどわかりきっている為、もう相手に殴りかかったりはせず。慣れない行為に疲れきっていてうまく頭も回らなかったが、とにかく仕事は終わらせなければと立ち上がろうとし……あまりの快感に腰が抜けていたらしくそのまま床に崩れ、想定外の失態に顔を赤らめ)

61:紫崎 影一 2018-10-24 00:51:44

1ヶ月経ったし、一応上げるだけ上げてみる。
特に急いではねぇから、暇なときに返事くれ。

レスを書き込む