TOP > なりきり > お気に入りの君

お気に入りの君

最終更新 2018/08/14 22:15:02
レス数 25
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス25中:1-20

1:138 2018/08/04 12:19:40 作成

140様お待ちしております

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

7:名無しの萌語り 2018-08-11 20:22:04

ありがとうございます!度々遅れてすみません…!

一応ロルテから始めさせていただきたいと思っていましたので、そちらに返信させていただくような形でも大丈夫でしょうか?
問題ないようでしたら次レスから始めさせていただきますね

8:140 2018-08-12 13:26:06

はい!大丈夫です!

よろしくお願いします!

9:笹塚 契 2018-08-12 20:26:48

かしこまりました。1の方に続けるように返させていただきました!よろしくお願いします

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


...そう?.....ならお部屋で何をしようねえ。
(震えて会話ができない状態が数分、困った様子で、それでも直視して過度に緊張させまいと気を付けていると、ふとやっと返事が返ってきてくれたことに笑顔を浮かべて。人差し指を握られたことでまるで子供みたいだと笑顔を浮かべながら、自分から再度触ることはなくカルテを見つめながらそこでやっと当初の目的である問診をしようと口を開き)
.....さ、じゃあ問診をするよ。気分はどう?気持ち悪くない?

10:遠坂紫苑 2018-08-12 21:49:12

はい!こちらこそよろしくお願いします!
すみません、あと呼び方なんですけど「先生」「けい」「お兄さん」とか、どんな呼び方がいいですかね?

*



お、部屋で・・・・・・一緒にいる。

(目の前で優しく笑みを浮かべる相手にようやく震えるほどの緊張がおさまり始めて、口調もやっと安定しながらも問いかけにはずれた答えを返し。ぎゅっと握った指で相手の存在を確認しながら振られるいつもの質問にこくこく頷いて答えて異常がないことを伝えて、指先だけでは少し心許なくなったのか指と指を絡めて手を繋ぎ)

へいき。

11:笹塚 契 2018-08-13 00:15:48

そうですね、では名前で呼んでいただいていいでしょうか?よろしくお願いします。



うん、もちろん。……一緒にいようね。
(異常がないことに笑顔を浮かべ、先程の過度な緊張状態や、ある程度会話はできているもののずれていること、自分が見るだけなのに酷く丁寧にペンで書き留めていると掴まれていた手が今度は繋がれると笑顔を浮かべて。手を伸ばし、今度は相手の髪を触りながら、ゆっくりと相手の首を撫でるように触って相手の隣に腰かけて)
…窓開けようか。風が入って気持ちいいかもしれないよ

12:遠坂紫苑 2018-08-13 10:09:42

わかりました!
こちらはどう呼んでくれても大丈夫ですよ。お悩みでしたら名前で大丈夫です!


*



うん。

(優しい言葉と共に笑みを返されるとこちらもとけたように満面の笑みを浮かべて短く返事をして、紙の上を細かく動くペンに視線を落とし。寝起きの極度の緊張感も相手の笑顔にようやく消えて、綺麗な指が髪から首に触れれば一瞬身をすくませるも逃げはせずに隣に来た相手との隙間を埋めるようにその肩にもたれかかり。窓、の言葉に外に視線を向ければ太陽がさんさんと眩しいくらいで握っていた手を再度握り直し)

・・・ちょっとだけ。

13:笹塚 契 2018-08-13 12:06:43

かしこまりました!では後は特にありませんので、背後は失礼させていただきますが大丈夫でしょうか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

...ん、ちょっとね。
(手を繋いだままだとベッドから窓に手は届かず、相手の手をするりと解いてから窓を言われた通り少しだけ開け。ほんの少しだが、太陽の照りとは真逆温くはない涼し気な風が緩く髪を揺らし満足そうに口角を上げ、閉じていなかったカルテを閉じて机の上に置き)

14:遠坂紫苑 2018-08-13 15:01:41

はい、また何かあればよろしくお願いします。
こちらも失礼しますね!


*



や・・・

(手が届かないことは認識できておらず、繋いだ手が解かれてしまうと途端に不安感に襲われて引き止めるように白衣を捕まえて。相手がどこかに行ってしまうのではと見上げれば心地いい風ともにその髪が揺れる様子に視線を奪われて、相手が再び隣に戻ってくれば今度は手ではなく腕を捕まえて抱え込みその肩に頭を載せて)

お外・・・暑く、ないの?

15:笹塚 契 2018-08-13 17:38:18

んん?ちょっと暑いかな。……外、少しだけ出てみる?
(暑いかなんて言われると目を見開いて、まさかそんなことを聞かれるとは思わず、相変わらず相手から距離を詰めてくれるのはどうしても嬉しくて笑顔を浮かべ。優しく相手の髪を触りながら、そこまで今日は体調が悪いようには見えず、首を傾げて問いかけて)

16:遠坂紫苑 2018-08-13 18:02:59

・・・いや。

(優しい笑顔の問いかけながら、未だ慣れない外の環境は自分にとっては恐怖の対象でしかなく短く答えたあとじんわりや滲んだ不安を打ち消すようにぎゅうと捕まえる力を強くして。誰かと会うかもしれない、何があるかもわからない外の世界より相手と見知った物しかない部屋が唯一自分が安心できる場所で言い聞かせるように呟きを漏らし)

・・・けいとここにいる。

17:笹塚 契 2018-08-13 18:46:46

...病院のお庭くらいなら、気分転換になるかも。この敷地内には関係者しか入ってこれないから.....、俺がいれば、大丈夫だよ。
(掴む腕が強くなると首を傾げて、不安なのだろうかと一抹の心配をしながら、先程から何度も相手の髪を触っていたが、さすがに医者としてずっとここにいるよりは回復してほしいという気持が少しはあるため気分転換にも外の空気を吸ってほしい一心でもう1度同じように伝え)

18:遠坂紫苑 2018-08-13 19:39:54

・・・一緒?

(外には出たくないものの相手がダメ押しのように外出を勧めてくると相手が傍に居てくれるなら、と条件を確認して相手を見上げ。髪を触られることには慣れてきたのかそのままにしていれば相手の髪が気になったのか手を伸ばしきゅっとその髪を捕まえて指先に絡ませて遊び、その感覚が気に入ったのかへら、と抜けたように笑って見せ)

けいの髪、楽しい。

19:笹塚 契 2018-08-13 19:54:24

...うん、勿論。
(元々自分がいないことを考えていなかったのか、楽しそうに笑ってからゆっくりと頷いて。いつの間にか自分の髪を触られると目を見開いて、弄ぶように指を動かす姿は子供のようで、瞳を瞬かせてからすぐに笑い始め)
...そう?...うん、触ってていいよ

20:遠坂紫苑 2018-08-13 20:07:00

じゃあ・・・行ってもいい。

(それなら、と気持ちは乗らないままだがこちらも頷いてチラリと眩しい窓の外に一瞬視線を向けて。自分のパサパサになってしまっている髪とは違う相手の髪を夢中になって絡ませて遊びながら自然と接触は増えていつの間にかその頭を撫でていて)

気持ちいい。

21:笹塚 契 2018-08-14 00:58:09

そう?…紫苑くんの髪、今度整えてあげようか。…俺こう見えても手先、器用なんだよ。
(夢中に遊んでいる姿にそれをやめさせる気は起きず、相手の痛んだ髪も、整えればきっともう少し良くなるだろうと、痛んだ相手の髪を触りながら首を傾げて、ここまできっと触らせてくれるのだから、髪を切ることくらい許可をもらえればできるだろうと自慢げに指先を動かしながら問いかけてみて)

22:遠坂紫苑 2018-08-14 10:40:58

はさみ・・・嫌い・・・

(相手の大きな手に髪をくすぐられるのは心地よく、そんな相手が整えてくれるというのは悪い気がしないものの刃物に対してあまりいい思い出がないためかぽそりと小さくこぼして目を伏せて。髪を触ることに満足したのか手を引くときゅうと抱きついてぴったり寄り添って)

23:笹塚 契 2018-08-14 12:05:13

そう。もう少し、伸びてくれれば結んであげられるのにね
(刃物が嫌いなのは度々聞いていたため確かにそうだったと思い出して、今度は髪から手を離されて抱きつかれると小さくだが笑顔を浮かべて、優しくだが相手のことを触って自分とは違って少し固い髪を触り)

24:遠坂紫苑 2018-08-14 16:58:31

伸びたら、けいが結んでくれる?

(切られることには抵抗があるが、かといって傷んだ髪はチクチクと時折肌をくすぐるのも事実で結べるようになればもっと楽かと確認するようにじっと相手の顔を見上げて。抱きつけば相手の匂いや熱をじんわりと感じて安心し、とろんと少しまぶたを重くしながらもそのまま手を離すことはなく)

25:笹塚 契 2018-08-14 20:46:35

勿論。.....起こしちゃったから、疲れたかな。...寝てもいいよ
(抱き着いてくる相手をしっかりと腕の中に収めながら、やはり首に少し触れている髪を触り、可愛いと思いながら、このままでも結べそうだと思いつつ瞼が下がり瞳が虚ろになっていることに気づくと眠いのだろうと相手のことを心配して)

26:遠坂紫苑 2018-08-14 22:15:02

寝たら、けい・・・居なくなっちゃうから・・・

(自然と自分を包み込んでくれる相手の温もりが心地よくとろとろと微睡んでいるも、自分が眠れば相手はこの部屋からいなくなってしまうとなんとなく分かっていて駄々をこねるようにぼやき。つぶやきとは裏腹に首筋をくすぐる指も相まってとろとろと瞼は重くなるばかりで)

レスを書き込む