TOP > なりきり > 好奇心旺盛が故に②【非募集】

好奇心旺盛が故に②【非募集】

最終更新 2019/01/22 02:04:23
レス数 265
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス265中:1-20

1:山姥切国広 2018/08/31 18:46:04 作成

ここは新人であり近侍補佐候補のへし切長谷部専用のスレだ。
二スレ目まで来たがこれからもよろしくな。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

247:山姥切国広 2019-01-16 23:11:09

はっ…あ……でき、る…

(指を抜かれるとはふはふと荒い呼吸を落ち着かせるために深呼吸しながら相手からの提案には自分もできるとこくこく頷いて押し付けられた自身にひくりと体は震えゆっくり体を離せば上手く力が入らない足で体を支えて腰を浮かし)

248:へし切長谷部 2019-01-17 08:31:52

はぁ、っ……いい子だな
(出来ると言って震えながら浮く腰にそっと手を添えて支えるがこちらから引き寄せるような事はせず、相手が自ら自身へと下りて来るのを見守るようなそれでいて欲を湛えた目で見上げながら幼子を褒めるようにその腰を撫で宥めて)

249:山姥切国広 2019-01-17 12:08:29

っ、…ぅ…んん……ぁ、あ

(そっと相手自身に触れて大分柔らかく解れた蕾へ押し当てると少しずつ腰を下ろしていき布もなければ今は手が塞がっていてだらしない顔をすべて相手の前で晒していることが落ち着かないのか下を見るふりをして顔を隠しすべて受け入れるころには以前よりも深く入っているように感じ少しの苦しさはあるものの充分に快感に感じており顔は隠しているものの声は抑えられずに口からは小さく喘ぎ声が漏れていて)

250:へし切長谷部 2019-01-17 19:56:38

っ……はぁ…っ、いいな…、お前のなか…
(自分から挿入する時とはまた違い、快感に対して身構えきる前に徐々に下りて来て自身が飲み込まれる直接的な快感と視覚的にも淫靡な光景に一瞬息を詰めながらも官能に感じ入り嘆息し、彼の腰が降りきって収めきられた後にもまた少しグッと質量を増やしながら褒めるように俯く相手の髪を撫で額に口付けて)

251:山姥切国広 2019-01-17 21:54:20

はっ、ぁ…あ…はせべ…………

(慣れるまで動けずにいると隠していた顔を暴かれるように額に口付けられて熱で蕩け欲に濡れた表情でぼんやりと相手を見下ろして慣れてくると時折軽く腰を揺らしたりもしてみて)

あ、ぅ……みるな、…みないで……

252:へし切長谷部 2019-01-18 00:23:41

ふっ、んっ……はぁ…いやだな、もったいない…
(すぐ目の前で艶めかしく誘惑しておいて無茶を言うなと内心でも思って実際に口から出た言葉も宥めるや取り繕うなんて事を茹だった脳は放棄して率直に欲と熱を持って反論し、柔らかな媚肉に包まれ彼の動きによって扱かれていると恍惚とし獲物を甚振って愉みながらも慈しむように目を細め、上に乗られ多少動かし難くはあるが揺れる彼がより深く咥え込んでくるタイミングに合わせて下からコツっと僅かばかりに突き上げて)

253:山姥切国広 2019-01-18 01:33:50

ぁ、あ…っ…う…んんっ…はずかし…

(自分の動きに合わせ動かれるとその度に体は震えて相手を受け入れるのが苦しさよりも快感が勝るようになったことに困惑しながらも更に快感を求めるように腰は動いて何より自分が行動を起こすことにより嬉しそうな相手の表情を見れるのは悪くはなくて口では恥ずかしいと言うものの自身はしっかりと反応しており腰揺らす度に相手の腹へとあたるほど硬くなっていて)

254:へし切長谷部 2019-01-18 07:55:47

んっ、はぁ…だが、うれしそうだぞ……くにひろ?
(蕩けきった表情をして自分の上で快楽を追い求め恥入りながら腰を揺らして甘く鳴く様を愛でて揶揄しながらも愛しげに名を呼び互いに快感を高め合って悦に入り、さほど触れもしなかったのに主張して腹に擦れる彼自身に指を滑らせた後にそっと手の中に包み緩々と撫でるような緩慢さで刺激して)

255:山姥切国広 2019-01-18 18:32:48

ぁ、あっ…んん……んっ…

(こういう時にだけ相手が名を呼んでくれるのが嬉しくてつい喜色を含んだ甘い声を出してしまいしかしそろそろ理性も羞恥も訳がわからなくなってくる頃合で自身にまで触れられると濡れた瞳で相手を見てあまりいじめないでくれ、なんて言いたげな視線を送り自分の名を呼んだ相手の口元をみるとだんだん口寂しくなってきたのか無意識にちろりと舌を出しては引っ込めを繰り返し)

256:へし切長谷部 2019-01-19 02:33:41

……こちらもさっき半端なままだったな…
(甘い嬌声を聞かされ潤んだ物欲しげな目を向けられると虐めたいとも可愛がりたいともどちらの衝動も湧き続けていて、濡れた碧もチロチロと誘惑する舌の赤さも飢餓感を煽って喰らってしまいたい位だがもう少し勿体付けてやりたくもあり、まだ可愛がってやれてないと刺激を待ちわびるようにつんっと眼前で尖っている胸の先へ舌を伸ばして転がしちゅっと吸い付いて)

257:山姥切国広 2019-01-19 10:08:13

…ぇ、あぁっ…あ…はせ、べっ

(自分が待ち望んでいたものとは別のところを刺激されると困惑したような声で相手を呼ぶもびりびりと痺れるような快感に中を強く締め付けて目の前にある相手の髪に鼻先を埋めすん、と息を吸い込むと更に長谷部のことで頭がいっぱいになる気がして)

258:へし切長谷部 2019-01-19 15:44:12

…っ、ふ……いや、か?
(強まった締め付けによって齎された快楽にまた思わず吐息混じりに小さく呻き、名前を呼ばれると胸元から相手をそっと見上げるように視線を上げ、軽く舌先や唇で胸の先を押し潰すように刺激してから口を離し気に入らないかと様子を伺って)

259:山姥切国広 2019-01-19 23:00:08

はっ、ぁ…あ…ぅ…ずるいぞ…それ…

(嫌かと問われるとむしろ気持ちが良くて体は素直に反応しておりそれを認めたくないような少し拗ねたように口を尖らせてそういうふうに聞くなと抗議して)

……いや、では…ないっ……

260:へし切長谷部 2019-01-20 08:03:00

んっ…聞かないと言わないだろう…?はぁ…ん…

(ずるいと言いながらも嘘や誤魔化しは無い言葉にクスクスと笑い、舌と指で両胸を捏ねてもう少し刺激して指の方は胸で戯れながら尖った唇にちゅっと一度吸い付いて舐め相手へ見せて誘うように舌を軽く出して)

261:山姥切国広 2019-01-20 20:15:59

ぁ、あ…ぁっ……んんっ…

(視線を下にやると興奮を煽られるような相手の痴態が目に入りぶわりと顔を赤くし呼吸を荒くしながら感じ入っていて強く快楽を感じる度に相手を包んでいる中が強く締まり時折自分ばかりでは悪いと緩く腰を揺らして)

262:へし切長谷部 2019-01-21 05:50:34

ぅ、あっ……、はぁっ…、ほら、くにひろ…舌をだせ…んっ…
(赤く染まって中を締め付けながら身を踊らせる相手の様に肉体的にも視覚的にも性感を更に煽られ呻いて息を荒らげながら堪らないとばかりに奥を目掛けて律動し、彼の後頭部へ手を回し抱き寄せ一度唇同士を触れ合わせてから催促すれば答えを待たずに相手の声や吐息ごと飲み込むように口を塞いで)

263:山姥切国広 2019-01-21 09:33:41

ふ、ぅっ…んん、む…

(相手の言った通りに舌を出そうとする前に噛みつかれるようなキスをされるとそのまま流され相手の口内へと舌を差し込むと不器用に舌同士を絡ませて目はきゅ、ときつく瞑ってキスに夢中になっており時折手が寂しくなると相手の肌を撫でて)

264:へし切長谷部 2019-01-21 21:23:48

んっ……んぁ、ふっ…
(自ずと高まる熱に浮かされながら不器用ながらも応えてくる相手にいっそう恋しさを募らせ、くちゅりと小さな水音を立てて舌を擦り合わせる快楽に浸りきり恍惚と目を細め密かに夢中になっている相手を見つめ、触れてくる手にも応えるように彼の髪や背中を撫でて可愛がり、飲み込み切れずにどちらの物とも知れぬ唾液が口の端から溢れても気に留める余裕も無いのか首筋まで流れていき)

265:山姥切国広 2019-01-22 00:06:56

ん、ぁ…ふぁ…っ…

(だんだんと苦しくなってくるとぺろりと相手の唇をひと舐めしてそっと離れ薄ら目を開けると自分の表情を観察する相手と目があい少し驚き恥ずかしくなるもその視線さえ今は興奮を煽る材料になりもじもじと腰を揺らし)

266:へし切長谷部 2019-01-22 02:04:23

はぁ…はぁ…、んっ……
(唇が離れてから自分が呼吸を疎かにしていたという事に遅れて気付く程度に夢中になっていて、すりっと甘えるか労りでもするように相手の肩や首筋に額を擦り付けてからお互いの姿に劣情を煽り合い元々限界が近かったのもあり、物欲しげに揺らされる腰を最後に向けての誘惑と受け取りソレを両手で鷲掴んで動きを誘導し強要紛いに揺さぶり、それに合わせて追い詰めるようにナカを犯し奥を目掛けて律動し突き上げて)

レスを書き込む