TOP > なりきり > 夢ごこちな愛(非募)

夢ごこちな愛(非募)

最終更新 2018/12/06 21:21:59
レス数 105
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス105中:1-20

1:249 2018/09/08 12:05:29 作成

256様、お待ちしております。

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

87:古谷優利 2018-11-12 23:29:07

ッ、はぁ…、外に出せよ、もう…
(奥へと温かいものが流し込まれる感覚に僅かに表情を顰めるも、怒る気力もなくベッドへと沈み込んでは荒い呼吸を整えて)

88:卯月 涼 2018-11-14 01:25:37

悪い。でも、中に出して欲しそうに俺のを締めてきたのはそっちだろ。
(相手の言葉に息を整えつつ謝るも、自分が中に出したのは相手がきつく締め付けたからだと言って、相手の頬を撫でて)

89:古谷優利 2018-11-14 21:33:43

はぁ…?締めてないし…。
(頬を撫でられれば気持ち良いのか双眸を細め掌へと擦り寄るも、告げられた言葉には照れくさそうに頬を赤らめながら答えて)

90:卯月 涼 2018-11-15 01:15:58

締めたし、一緒にって言ったのは誰だったけ?
(気持ち良さそうな相手に可愛いと思いながら、言われた言葉に小首を傾げつつからかうように言って)

91:古谷優利 2018-11-15 23:05:03

ッ…生意気、執事ならもうちょっと主人に気遣えよ…。
(相手の言葉で咄嗟に口走った言葉を思い返してしまえば耳まで真っ赤に染まり、腹いせに頬を撫でる相手の手に甘く噛み付いて)

92:卯月 涼 2018-11-19 10:36:33

残念ながら気を遣えるほど俺は出来てねぇよ。
(頬を赤くして手を甘噛みしてくる相手に可愛いと思いながら、軽く口の端を吊り上げて耳元で囁くように言えばそのまま相手の耳に舌を這わせて)

93:古谷優利 2018-11-22 06:57:23

んっ…あっそ、…てかいつまで挿れてんだ、バカ。
(耳へと舌が這うと小さく肩を震わせ、また何かされない内にと自ら身体を動かしては自分の中から相手のものを抜いていき)

94:卯月 涼 2018-11-22 23:49:39

たっく…さっきまではあんなに可愛かったのにつれねぇな?
(相手が自分から離れていくとため息をついて、相手の身体を拭こうとタオルを取ってきて戻っては濡らしったタオルで相手の身体を拭いて)

95:古谷優利 2018-11-25 08:01:20

…文句あんなら別の執事雇っても良いんだぞ。
(今更相手以外と親密に関われる気はしないが、やられっ放しも癪だと大人しく身体を拭かれながら脅しじみた言葉を吐いて)

96:卯月 涼 2018-11-26 01:25:11

脅しですか?他の執事のほうがいいというならどうぞ。所詮、私も雇われた執事なので。
(相手の言葉ににこりと執事の穏やかな笑みを見せながら、自分を辞めされるのも主人の自由だと言って、服を着せると自分も服を着て)

97:古谷優利 2018-11-27 09:12:02

……なんで、…やだ…っ…卯月だけは、俺のこと捨てないって…思ったのに…!
(離れても良い、という相手の言葉に過敏に反応しては表情を一転させ、嫌だと縋り付く様にして相手の腕を掴み、帰宅時と同じ様に泣き出してしまい)

98:卯月 涼 2018-11-28 07:56:45

なら、そういうことは言わないでくださいね。もしご主人様たちがさっきのような言葉を聞いたら私はすぐに辞めさせられてしまいますから。
(相手が腕に縋り付いて泣くのを見つつ、相手の頬を手で挟んで上を向かせると相手を見つめながら、自分は辞めさせると言われるとそれしか道はない為、言わないようにと言いながら、目元に軽く口付けて)

99:古谷優利 2018-11-29 22:38:32

っ、ぅ…卯月がいなくなったら、独りになる…っ、やだ……。
(頬に手を添えられれば無意識に相手の掌へと擦り寄るも、次いだ言葉を聞くなり更に涙を溢れさせては何処にも行かない様にと相手の服を強く掴んで離さず)

100:卯月 涼 2018-11-30 01:17:30

そう簡単には独りにさせませんよ。
(しっかりと服を握る相手の額や頬に口付けて、相手を抱き締めるとそのままソファへ座って自分の膝に乗せて背中を軽くトントンと叩いて)

101:古谷優利 2018-12-02 21:14:02

ん…独りにしたら、許さない…。
(相手の言葉を聞くと少しだけ落ち着いたのか未だ溢れる涙を時折拭いながら小さく頷いて、子供の様な扱いにいつもなら不満を溢すも今はそんな余裕もなくただ相手に抱き着いたままでいて)

102:卯月 涼 2018-12-02 21:31:56

はは、こわいですね。ご飯食べますよね?
(抱きつく相手をそのままにしつつ、頭を撫でながら額に口付けて、小首を傾げると夕飯をと問いかけて)

103:古谷優利 2018-12-03 02:49:27

…あんまりお腹減ってない、昼も勉強してたら食べれなかったけど。
(学業のストレスからか以前より食も細くなり、薄くなった腹を擦りながら呟いては、別に食べなくても良いと更に相手へと凭れ掛かれば目を瞑り)

104:卯月 涼 2018-12-03 21:16:44

そのうち倒れますよ。
(相手の言葉に周りからの期待に応えるプレッシャーはすごく、なかなか食べる気もしないんだろうなと今までを踏まえて思いながら、凭れる相手の頭を撫でて)

105:古谷優利 2018-12-05 19:21:54

ん、まだ大丈夫…誰にも勘付づかれてないし…。
(頭を撫でられれば心地良さそうに表情を緩めつつ相手の方へ身体を寄せるも、他人に弱い自分を見せるのは嫌で意地を張っており)

106:卯月 涼 2018-12-06 21:21:59

まわりは気付かなくても、私は心配になりますよ。
(相手の言葉にやれやれと思いながら、自分は心配するのだと言って、甘やかすように相手の額に口付けたりして)

レスを書き込む