TOP > なりきり > 隠れ家の教会

隠れ家の教会

最終更新 2018/12/07 17:26:42
レス数 32
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス32中:1-20

1:472 2018/11/19 19:39:27 作成

474様、お待ちしております!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

14:ヴィンス 2018-11-21 07:14:26

怪我があるんだから無理に...、破片か。ごめんね、先に片付ければよかった。
(鈍く重い音が耳に届くと水を止めて手を拭いてから小走りで相手の寝るベッドに近付き、床に落ちて表情を歪めている姿を見るとまだ治りきっていない怪我が痛んだのだろうと声を掛けたがふとすぐに違う事に気付けて。足の裏に割れたマグカップの破片が刺さっているのを見つけると小さく息を飲み、先にその場を離れた自分の責任を感じつつ、もう一度離れ、クローゼットの中から救急箱を取り出して。ついでに箒と塵取を手に取り、丁寧に掃いて先に破片だけ片付けてしまってから、ゆっくりと相手に近付いて手を伸ばし触れる寸前でぴたりと動きを止め)
...触るよ。痛いだろうけど我慢して

15:レオナルド 2018-11-21 11:29:33

(相手が謝罪する事では無いはずだが最も容易く述べる様子に此方の罪悪感も深まる一方で、眉間に皺を寄せて顔を横に向けて視線を逸らし。ただ打ち付けた全身よりもズキンズキンと脈打つかのような足裏への痛みが勝り、ふと視線をやれば破片が突き刺さった足裏から鮮血が床を汚しており、それが先程夢に見た穴という穴から赤黒い液体を吹き出す亡霊を連想させられ、脳内でフラッシュバックすると呼吸や鼓動は小動物のように速くなり、じんわりと冷汗を滲ませ。近付く掌に破片を用いて己を殺めるのでは無いかと過激な想像が膨らむと全身が強張り指の間から睨み付けては瞳には怯えと恐怖の色が現れて、止まれば一瞬怯むも直ぐそこに掌があるという圧迫感から火傷を負ったであろう手を叩いて払い除け)…ッやめろ!はぁ、っ、触るな、俺を見るな…!!

16:ヴィンス 2018-11-21 12:58:32

...っ、...じゃあ、自分でできる?
(その瞳に怯えと恐怖が見えた瞬間手を引こうとしたがそれは遅く、次にはもう掌を払い退けられていて。軽い火傷であったおかげでいいが、やはり痛いものは痛く眉間に皺を寄せて表情を歪め。思わず舌打ちをしてしまいそうになるのを飲み込み、息を吐いてから相手の横に救急箱を置いてゆるりと首を傾げながら問いかけ。血が出ているためベッドに乗せるわけにも行かず、足の裏はうまく見えないだろうし破片くらいは自分で抜くことは控えて欲しいが、触って欲しくないのなら仕方ないかと一度手を引き、問いかけの答えを貰うまでは隣から動こうとせず)
...手当しないのはダメだよ。化膿するからね

17:レオナルド 2018-11-21 13:24:14

……う”ッ…、これで満足だろ…
(負傷した手を叩く事により歪む表情は今の己からは増悪に燃えているような気がして堪らず、救急箱が床に置かれる音でさえ過剰に反応して開き切った瞳孔で見遣り。相手の善行が強要に聞こえてしまう程発作のように現れる精神状態の不安定さから、一雫の冷汗を床に垂らして垂らして徐に足裏へと腕を伸ばせば見えづらい分掻き毟るようにして破片を掴めば強引に引き抜き血塗れになった破片を相手側へ投げ付けて。深々と突き刺さっていた物が抜けると溢れ出る鮮血が止まらず、血の付着した手で冷汗を拭えば爛れた左側の顔を汚し、その錆びた匂いから身体を震わしてパニック寸前の途切れ途切れの呼吸を繰り返し)

18:ヴィンス 2018-11-21 14:05:25

.......、ごめん、触るよ
(冷や汗の垂れる姿、脚の裏からはただでさえ体力の無いであろう相手から鮮血が流れ出ているのはもういい加減相手に我慢の限界が近づいている事が分かり、それでも流れ出る血の量は心配の元、一言断りを入れて。少し厚めのタオルに止血剤を含ませ手に取り、騒ぎ出されることも承知で止血するようにゆっくりとそこを圧迫し。逃げ出されてズレてしまう前にとほぼ強制的に止血を終わらせてから、消毒液を含ませたガーゼを当てて綺麗に素早く包帯を巻き終え。)

19:レオナルド 2018-11-21 14:36:07

—————ッ!!
(タオルが触れた瞬間、強張ってた身体が弾けるように飛び跳ねてそのまま勢い良く胸倉に掴み掛かれば消毒液の滲みる痛みに歯を食いしばらせて獣のようにフーッフーッを荒い息をたてながら怯えた瞳で睨み付けて。手際の良さに騒ぎ逃れるまでの思考には至らず、自身の足に白い包帯が巻かれていると理解すれば未だ荒い息はたてたまま胸倉を掴む手から力が抜けて行き、身体の重心も横に傾けば真っ赤に染まってしまった相手の襟元から胸にかけて引っ掻くように手形を付けてから相手の肩口に寄り掛かり。こんなにも身を案じているにも関わらず信じる事のできない天邪鬼っぷりは己自身も嫌気がさす程で何とか落ち着こうと肩口に顔を埋めて短い深呼吸を。)

20:ヴィンス 2018-11-21 15:07:39

.......ゆっくり深呼吸してごらん
(胸倉を掴まれると目を見開き、獣のようなそれも、怯えられているのだと分かれば怖いものではなく、赤く染まった服を横目で見ながら、少しずつ力が抜け、重心が掛かると流石に鍛えていた騎士であっただけあり、自分よりも随分重く感じる体重に困ったように眉を下げ。肩口に頭を乗せる相手の姿を撫でてやりたかったが触れば更に刺激してしまうと判断すれば、上げかけた手を仕方なく静かに下ろし。落ち着いて自らの意思で離れるまで動かず、聞こえてくる呼吸は短く、深く吸えている様には感じられなかった為、静かな落ち着かせるような柔らかい、子供をあやす様な声音で小さく言葉を発し。)

21:レオナルド 2018-11-21 15:35:50

はっ、はあ…、っ…
(今にも突き飛ばしてやりたい思いとは相反して寄り掛かる先がある事に幾らか呼吸も楽になり、加えて優しい声色に僅かに身体の緊張からの強張りが解けて。小刻みに振戦はするものの心身共に衰弱しきったこの身を案じる声掛けに目頭が熱くなり、奥歯を噛み締めて瞳から浮かび上がるそれを耐えていたものの、触れ合う肩口をじんわりと湿らせ。随分と長い間そうしていたようで次に顔を上げた時には微かに瞳と鼻先が赤くなっており、顔を背けながら唇を開き)…どういうつもりだ、何が目的でこんな場所に連れてきた。

22:ヴィンス 2018-11-21 16:11:51

.....放っておけなかったからかな。...ここは俺の協会だからね
(教会の近くに人が倒れていれば流石に放置はできなかった、くらいの理由だが、綺麗事には変わらず、肩口が少しだけ濡れて、相手の目と鼻が少しだけ赤くなっていることに気付いて少し泣いたのだろうかと思うと瞳を瞬かせ。何故、なんてそんな大層な理由ではなかったことで納得してもらえないかもしれないが、ゆっくりと立ち上がって、ホットミルクを拭き取るためにキッチンからタオルを取ってからそれを拭き取って。少し会話もしてもらえたことで、若しかしたら何か食べてくれるかもしれないと判断すれば、また相手の近くに屈んで柔らかな笑顔共に首を傾げ)
...なにか食べるかい。

23:レオナルド 2018-11-21 16:50:08

———……。
(通りでこじんまりとしながらも整った内装だと落ち着きを取り戻してきたようでぐるりと室内を見渡し。とすれば相手は神父かと無残にも全て落ちてしまったホットミルクを拭う様子を一瞥しては大した理由では無い返答を聞き瞳を伏せて。そもそも相手は己を大罪人だと認識しているのかと別の意味で疑いを持ち、その真相を確認した方が良いのではと一旦は口を開くも屈託の無い笑みから発せられた言葉に遮られて開いていた唇が閉ざされれば、バツの悪そうな顔をして小さく首を横に振り。しかしながら身体は素直で腹の虫が鳴ると更に眉間に皺を寄せて身を捩れて顔を背け)

24:ヴィンス 2018-11-21 19:52:55

...じゃあ、作ってこよう。ベッドに上がれる?
(肯定の動きや言葉は聞こえなかったが、腹の虫が鳴ると小さく笑いを零し立ち上がり、相手の足の裏の傷を考えると、自分でそれをするのは難しいだろうと先にベッドに寝かせてからの方かと思うが、先程自ら触れた時の事を思い出し。またああなってしまっては、自分もだがそれより相手の精神状態を心配してしまい、問いかけながら、ゆっくりと手を差し出し相手の反応を見て、これで無視されてしまえば諦めようと、先程から湛えている柔和な微笑みをそのままに返答を待って)

25:レオナルド 2018-11-21 20:43:04

……、いい。(足裏の痛みは幾度と戦場を体験してきた己にとって止血し包帯も巻かれれば今や擦り傷のようなもので、ズキズキと痛むものの心に刻まれた傷より到底浅く、差し出された手を一度は無視しようと仰け反るも故意ではなくとも負傷を追わせてしまった手の甲を見れば罪悪感から表情に影を落とし。怯えや恐怖とは別に後ろめたさからそっと片手を上げてほんの僅かに相手の指先に己の掌を押し当てて、ゆっくりと押し返し。直ぐにその腕は降ろされ視線を外せば、片膝立てたその上に腕を置いてそこに顔を埋め、今更ながらに腹の虫に笑い声を零した一連に気恥ずかしさを感じて)

26:ヴィンス 2018-11-21 22:16:23

……、大人しくしているんだよ。
(断られれば、仰け反ったことも相成って手を引こうとするが、その前に柔らかく手を払いのけられるとおもわず目を見開いて。少しだけでも、敵意が一切ない触れ方に目を見開いて、少しだけでも嬉しそうに笑顔を浮かべては頼られたわけではないものの触れられたことにはもちろん嬉しさばかりで、恥ずかしさを感じているなど気付かずに、先程よりも随分と嬉しそうな笑顔と共にまた先程のようにキッチンへと篭り。きっと何日も食べていないのであろう相手に、何を食べさせようか考えながら、何か食べやすいものを考えるとやはり粥で、鍋に水を張り火にかけ、薄味で食べやすいようにと食事を作り)

27:レオナルド 2018-11-21 23:01:57

(明らかに嬉しそうな表情を浮かべられれば些か悪い気はせず、それでも信じまいとする心から外した視線は床に向けたまま言葉は返さず無言で肯定を示し。静かになった部屋で相手が調理をする音だけが耳に届き、瞳を閉じれば何もする事のない身体は自然と耳を研ぎ澄ませていて。時折皿類がぶつかる音や流水が跳ねる音、ぼうっと火が付く音に続いて微かな淡白な米の香りは何故だかとても心地が良く、あれ程までに煩く脈打っていた心臓は落ち着きを取り戻していて。相手が戻る頃には久方振りに空腹や喉の渇きを強く感じて、床に腰を置いたまま足音と共に顔を上げ)

28:ヴィンス 2018-11-23 01:54:23

──…はい、どうぞ。
(柔らかく煮込んだ白米の上に味を整えるために調味料をいくつか、鍋のまま、鍋敷きを取り先程も使ったサイドテーブルへとそれを置くとちょうど良い大きさで。くるりと踵を返し、小さめのスプーン、器と、コップに水を入れてまた相手の元に戻り、丁寧にサイドテーブルに並べてから先程のように毒などと疑われやしないだろうかと少々不安になりつつ、まだ隣に置きっぱなしだった椅子に腰掛けて。相手が手をつけるまでじっと見でもするつもりなのか、反応が欲しい理由からじっと相手のことを見つめ)

29:名無しの萌語り 2018-11-27 20:40:04

一応あげさせていただきます

30:名無しの萌語り 2018-12-02 17:01:03

すみません、お返事いただけないようですので打ち切りとさせていただきます。ありがとうございました。

31:バルセト 2018-12-07 15:15:31

【初めまして、宣伝のスレにて拝見しまして心惹かれてレスさせていただきました。
宣伝にて提示されていたものに返ロル回しますので検討をお願いいたします】







はぁ…はぁ……
(魘され起こされては恐怖に引き攣る顔のままにベット上で後退り相手から離れようと動き。そのまま何処かに相手が向かってしまえばそれを警戒しながら目で追ってしばらくして何かを持って戻ってきた相手を見つめるが受け取ろうとはせず。以前もこうして好意を受け取れば毒が入っておりそんな二の舞は踏みたくないと動きを止めていて

32:名無しの萌語り 2018-12-07 16:23:49

初めまして、まさか来ていただけるとはおもわず驚いております、ありがとうございます!

ぜひお相手お願いしたいなと思いましたので、よろしくお願いします。

質問や何か設定に関してございますか?

33:バルセト 2018-12-07 17:26:42

【こちらこそ、よろしくお願いします。
バルセトの設定と言いますか…異常な怯えを見せ尚且つ心が壊れた影響で子供のような行動・言動を見せるというイメージでいるのですが大丈夫でしょうか?

レスを書き込む