TOP > なりきり > 『世界を愛せるただ一つの理由』

『世界を愛せるただ一つの理由』

最終更新 2018/12/11 00:08:20
レス数 40
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス40中:1-20

1:セス 2018/11/30 09:21:02 作成

作り直しました!

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

22:海 2018-12-02 17:22:07

突き放しすぎたかな…
(明日の講義の準備、資料の整理などをしていても相手のことが気がかりで作業は進まず夜までかかってしまい。外へ出たものの家に帰る気にもなれず心ここに在らずのまま知らぬ路地に入り、飲屋街なのか酔っ払いたちにからかわれながらも家に帰る道を探し)

23:カイ 2018-12-02 17:38:19

(怪しげな雰囲気を放つ路地にはそれ相当の柄の悪い者達ばかりがたむろいその身体には深く飾れたタトゥーや注射器使用後の瘢痕、中には如何にも薬を決めていそうな視点の定まらぬ者など奥に進めば進むほど雰囲気は険しくなり。己といえばすっかり酔いも周り本日も何処か屋根のある場所で寝床を見つけようかと連中と外へ出た所で、何やら見覚えのある姿が視界に入ればぴくりと片眉を動かし)

24:セス 2018-12-02 17:39:14

やっべ、名前あんたのにしちまった。
ミスった事で許して。

25:セス 2018-12-07 15:55:59

カイ、上げるよ。
君が来れない理由があるなら、ここは際募集させてもらう。

26:カイ 2018-12-07 20:15:05

やめて…もらえないかな?
(明らかに危険だとよく見なくても雰囲気や空気でわかるが慣れない場所、しかも考え事をしていたせいで入った道もよく覚えておらず、彷徨っているうちに複数の音にターゲットとされており困ったように眉を下げ苦笑し、掴んだ腕を放してもらえるよう訴え)




セス…申し訳ない、レス数で更新を判断していたものだからずっとセスが来ていないのだと思って待ってしまっていたんだ…
まだ僕とやり取りしてくれるなら、もう一度頼む…
本当にごめんなさい、、

27:セス 2018-12-07 22:00:59

(こんな場所に気弱な日本人が訪れるとは思わなかった為、暫し眉を顰めて眺めていたものの男らの間からチラリと見えた米国が持たぬ髪色、スンッと赤くなった鼻先を晒して近寄れば矢張り囲われているのは自身の想いは人で。「…カイ、何やってんだよこんな場所で。」怒鳴る事も癇癪を起こす事もせずズカズカと男達を押し退けて顔を覗き込み、まじまじとその顔を見つめては困ったように眉を下げて。この辺一帯の者達は己と顔見知りの者が多く、男らも例外では無い、不満そうに肩をど突かれ共に金を巻き上げようと誘ってくるが首を横に振り)
行こうカイ、此奴ら平気で迷い込んだ奴らから金集って強姦するから。



お帰りカイ、待ってた。
俺のクソみたいなミスで嫌われたのかと思ってた、良かった…。
うん、またやろう。今度こそ俺に惚れさせてやるから。

28:カイ 2018-12-07 22:30:10

(闇に似た背景に交わりそうなほどの黒髪と、気弱そうな顔がガラの悪い自分を囲む男たちを呼んでいるのだろうかと困っていると、気にかけていた相手の声が聞こえ一気に安堵を感じ息を吐いて。「セスこそ、ここで何を…」自分を囲む男たちに誘われている相手はこの男とどういう関係なんだろうかと不安などが過ぎり安堵した顔はまた不安で滲み)
強姦って…本当か?




待たせてごめん、
ちゃんと確認すればよかったね…楽しみにしてるよ

29:セス 2018-12-07 22:48:19

…本当。俺もカイと出会った頃、同じような事したろ。
(強姦までは考えいなかったものの悲鳴すら上げられない日本人から金品強奪する気満々だったあの頃を思い返せば表情を歪めて、未だに最高なカモを狙う男達から誘いを受けるも相手を掴む手を振り払い、相手をこの身に引き寄せて。“また”と男らに一言告げ、相手を片手に抱きながら路地の外へと歩み)
つか、カイも何で来てんだよこんな所。



ん、改めて宜しく。

30:カイ 2018-12-08 02:33:11

そうだが、あれから君は変わったようだから…
(初めて相手と出会った頃も思い返せば男に囲まれお金を要求されていたなと、近しい過去を思い返しては苦笑して。屈強そうな男たちとは相手に連れられることで別れ、相手に握られた手で引っ張られながらも迷路のような路地をでて)
考え事をしていたら、どこにいるのかわからなくなってしまってね……

31:セス 2018-12-08 08:39:49

カイに対してしか変わってないよ。
(変わったという言葉にはナチュラルに否定、あくまでも想い人に対してしか優しくはしないが、確かに金を集る事は無くなったなと考えてから酒で赤くなった頬で柔らかく微笑み。路地を抜ければいつも通りの風景、それでも相手の腕は離さず)
はあ?日本人みたいな全身金ヅルがふらりと立ち寄ったら食われるぞ。今後一切近寄るなよ。

32:カイ 2018-12-08 14:39:02

普段の君を知らないせいだな、
(出会いのシーンは最悪で、先ほどまで自分を囲んでいた男たちと雰囲気は変わらなかったが今では随分可愛らしくなったが、自分との関わりだけと主張する相手に苦笑して見せて。平和な街頭まで連れて行ってもらうと礼を言い腕を引こうとして)
そうだね、気をつけるよ。セスありがとう

33:セス 2018-12-08 17:23:39

ん、カイ。
(相手は馬鹿じゃない、一度言えば恐らくもう近付かないだろうと考え、それ以上釘を打つ事は無く。腕から離れようとするのを感じ取ると直ぐには離さず、間を置いてから漸く離してやり)
俺今日宿無し、カイがこっち来たせいで泊めてくれるやつ探しそびれた。

34:カイ 2018-12-08 17:35:32

セス、家がないのか?君のご家族はどうした
(腕を引こうとしたことで離してやらないとムキになるのかと思ったが、少し経って離してもらい見慣れた夜の街を見つめると、宿がないと聞き大学生とあれば両親の住む実家があるのではと心配したような目で問い)

35:セス 2018-12-08 17:58:44

あー、うん。
(やはり家族の事に触れるかと一度開いた唇を閉じ、ぽりぽりと頬を人差し指でかいては「泊めてよ、一泊でいいから。」自身から家族の話を出すつもりはなく、話を逸らす形で)

36:カイ 2018-12-08 18:19:23

普段はどこに住んでいるんだ、1泊ぐらいいいが…
(家族の話をするとばつが悪そうな相手を見て、あまり家族について話したくない事情があるのだろうかと眉を下げ。このまま家へ帰れと突き放せばガラの悪い男たちの元へ戻るのだろうし、酒も入っていることから一泊程度ならと了承し)

37:セス 2018-12-08 22:28:14

(当然断られると想定していたがまさかのオッケー、いくら日本人といえど生徒を、それも性的対象で見ていると自白している男をこうも簡単に泊めさせてくれるのかと瞳を丸くさせて強請った張本人が心配になる程の呆気なさ。しかし、嬉しい事には変わらなく柔らかく子どものような笑みを浮かべて)
本当?やった、カイの部屋見れる。

38:カイ 2018-12-08 23:05:53

君の身を心配してのことだ、本当に一泊だけだからね。それとこのことは他言しないこと、いいかい?
(大事な生徒には安全で平和に暮らして欲しいのか、良くはない友人の元へ行って欲しくなく了承したものの職場にしてたらどうしようと悩み始め。他言しないことを条件に加え、「日本で同じことをすれば懲戒免職なんだから…」無邪気に笑う相手をやはり無下にはできずに)
家庭もないし、家ですることも特にないから部屋には何もないさ

39:セス 2018-12-10 20:31:55

勿論、誰にも言わない。
(誰かに伝えて相手の家に押しかけられても困る、この幸福は己だけが噛み締めよう、心の中で満足気に微笑み約束を。もう一歩程隣へと近付き彼の歩幅に合わせながら歩みを進め、”日本はつまらなさそうだ”と考えながらそっと相手の持つ鞄へと手を伸ばし)
それでも楽しみ、カイがいるから。ねえ、持つよ、鞄。

40:カイ 2018-12-10 22:49:23

それならいいが…、部屋散らかっているかもしれない
(昨夜は自身があの大学で講師をするきっかけとなった恩師と自宅で呑んでいたため、部屋に空瓶や缶など置いてあり汚いかもなと思い始めて。紳士的な男性が恋人にするように鞄や荷物を持とうとする仕草を目の当たりにし、そんなことしなくていいと遠慮しながら反対側に持ちかえようとし)
女性じゃないんだから、大丈夫だよ。

41:セス 2018-12-11 00:08:20

男の部屋なんて散らかってるもんだろ。それとも、如何わしいものでもあんの?
(少々酔いも覚めてきたようでまだ鼻先は赤くしたまま呑気に笑い、もし清純そうな彼の家にも性欲を掻き立てるような何かが有れば面白いのにと揶揄いを付け加え。遠慮しようと構わず、反対側へと移動中の荷物へと手を伸ばせば取っ手を掴み軽く引き寄せ)
泊めてもらうお礼。

レスを書き込む