TOP > なりきり > ちくわとスイートホーム

ちくわとスイートホーム

最終更新 2019/01/17 23:52:21
レス数 17
タグ

このスレッドは18禁スレになります。18歳未満の方は閲覧できません。

全レス17中:1-17

1:愛情が表現が暴走特急 2019/01/07 00:58:33 作成

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ



「ポッキーゲームをしよう」って言ったのに何故か竹輪を咥えて待ち構えてる。

「なんでなの」

「甘いの嫌ーい。魚のすり身最高。……でもチューはしたいわけ」

「普通にチューすればよくね?なんでちくわ?」

「ちくわも食べたいわけ」

「なら仕方ないか。」

もぐもぐちゅ

そんな日常。



【非募集です。】


ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:584 2019-01-08 00:01:04

スレ立てお疲れ様です~!!ちくわ美味しいですもんね!
これからよろしくお願いします!
早速pfを練ってきましたので何か気になる所があればお願いします!


名前 / 南谷環 ミナミヤ タマキ 
年齢 / 17歳

pf :濃墨のような黒髪黒眼、ほんのり垂れてる切れ長の目は睫毛が長め故意図せずにアンニュイな表情になりがち。そこまで髪型に興味もなくストレートの髪を少し首にかかる位迄適当に伸ばし中、前髪は適当に斜めに流して家だとピンで留めたりしている。肌が白めで唇も薄く一見ヒョロそうだがそこそこ引き締まった身体をしている。身長172cm程。左の目元と首元にホクロがある。ラフな服装がとにかく好き、制服を直ぐに着崩すのでよく怒られる

容姿は整ってはいるが愛想が悪めであまり笑わないのでそこまで目立ってモテない。愛想が悪くても冷徹な訳ではなく普通に他人にも優しい。自分が好きな相手にはとことん完璧に甘い(無自覚に甘いのと意図して甘いのと両方兼ね備えているのでタチが悪い)、勉強やスポーツから炊事洗濯掃除となんでもソツなくこなせるが芸術方面だけは目も当てられない程壊滅的に酷い。大体の我儘はそれが当たり前かのように応じるし訳の分からないような我儘には笑って応じる事にしている。相手が何をしようと大抵は愛おしい可愛い結婚したいの三連コンボ。普段はクールで冷めているように見えがちだが年相応にはしゃぐ事もあるがはしゃいだ後少し恥ずかしい

3:565 2019-01-08 01:17:44

ご移動&プロフィールの提出ありがとうございます!
ノリでつけてしまいましたがちくわ美味しいです(昨日の晩御飯)

プロフィールの方拝見させていただきました。
とても素敵です!甘やかしふやかし上手な聖母!!理想です!修正箇所なんてとんでもございません!これから絡むのが楽しみです。ありがとうございました。

下記より提供のプロフィールなのですが、 男子高校生を囲える年上と言うのを考え込んでしまいまして淫行条例を跳ね除ける強いの!と作成していくうちにくっそチート野郎(人間性最悪)になってしまいました……もし、苦手のようでしたら改変、作り直しいたしますのでご遠慮なくお申し付けお願いします。
(12歳年上 干支が一緒なのは運命仕様です←)


湯之元 椿 (ユノモト ツバキ)
29歳 182cm

ラウンドショート程度の長さに切りそろえた癖のない黒髪はいつも向かって右側が枕でセットされたような寝癖で乱れているのが特徴的。白磁の肌、薄めの平行眉、くっきりとした末広がりの二重は曰く、異性を惑わす桃花眼と言う形。色素が濃い緑がかった黒色の瞳、月の光に当たると緑味が濃くなるそう。だいたいが眠たそうに伏せられているのがデフォルト。高くもなく低くもないが形は整った鼻、そして自然と口角の上がった薄い唇。イケメンか否かと言われたら前者だが少々女性的な印象を受ける顔立ち。めちゃくちゃに童顔。XX男性のように長めの手足の左手の薬指には売却済を示す石のないシンプルな指輪。高めの身長に対して体重は少々軽めで薄い。少々猫背気味なので実際の身長よりかは小さく見える。だいたいタイトな感じの黒しか着ない。

10人に聞けば9人は肯定的な言葉が返ってくる美貌と有名大学卒業からわかる聡明さ、旧家の出自言う血統も証明されている、年収も一般的なサラリーマンでは一生届かない。天は二物どころか三物、四物と与えたもうたかと言うほど極上のカテゴライズ。引く手数多のハーレム状態かと言われれば、実家からは勘当されているしSNSには友人1人たりとも登録されておらず、唯一登録しているのは一回りも下の男子高校生のみ。というか男子高校生を一棟丸々買った愛のお城(タワマン)で囲ってる。倫理観や道徳観の類は皆無、殺人は悪いことではないと思ってる部類(少々何人か社会的含めて世界から存在を抹殺してきたこともある)の頭ぷっつんぷりんちゃん。夢見がちで周りは目に映らないし映っていたとしてもごーいんぐまいうぇい。社会に多大な功績を残せるであろうスペックを全て自分の為だけに使いきった異端児(精神年齢的に言えば2歳かそこら)。職業は不詳、やりたいことは全部やっちゃう。生活費は一応株やビット○インなどで湯水のように稼いでるよう。生活能力は皆無、炊事洗濯どころか髪の毛さえまともに洗えないし言われないと何日であろうがお風呂に入らないしもちろん手洗い歯磨きとか言う習慣もない、空腹感も薄いようでなかなか食事もしない。男子高校生に関しては「運命」とか言うやつ、世界の中心、いっぱいちゅき♡(月が欲しいって言われたら普通に権利書持ってくるレベル)
総じて スペック100点に対して人間性がマイナス1000億くらいの男(恋人除く)

4:584 2019-01-08 16:02:37

いえいえ、スレ立てお疲れ様です!。やっぱちくわってなんかほのぼのとした感じでいいですね…!

聖母だなんて最高の褒め言葉ありがとうございます…!、聖母感出てるならよかったです~!、あと背後様の好みによるんですが此方の提供Cの口調は砕けた感じかほんのり砕けた敬語(~ですし、しちゃってくださいね)かどちらがお好みでしょうか?、一応一回り年下ですし。

チート具合と生活力のなさのバランスがめちゃめちゃに好みすぎて語彙力が消滅しそうです…!!、現時点では普通に文句なしに最高ですけどもあまりに人間性がアレな時はしっかりCがお説教しますので安心してくださいませ←
 
あとなにか話すことはありますでしょうか…?、なければ恐縮ですが初回ロルを回していただきたいです、本当に楽しみすぎてもう今からワクワクが止まらないです!

5:湯之元椿 2019-01-08 18:01:54

ぜひぜひ砕けた感じでお願いします!

Cに修正等ございませんようですので上記のPFで最終決定とさせていただきます〜
お説教楽しみです!()

当方からも確認したい事は確認できましたので下記より初回ロル失礼します!一旦背後はドロンしますが、何かあればお申し付けください!
それではよろしくお願い致します。




(早朝。明け方近くまで自室にこもりきり作業に没頭しており寝室に入ったのはほんの2.3時間前であるが、ぱちりと目を開ける。普段から眠りが浅いのと隣ですやすやと眠る恋人は学生であるため平日である今日は学校に行かねばならない、そうすると半日は会えなくなってしまう計算。恋人のいない数時間、そんなことは想像するだけで過呼吸事案、出来れば学生なんてやめてほしいし、しかしそれは彼の本意ではない、恋人の嫌がることはしたくない、でも、しかし…と覚醒しきれていない頭でぐるぐると回る不安。考えを張り巡らせて数分、思考回路がショートを迎えると同時に健やかな寝顔を一瞥、相手に多い被されば晒された喉仏にむけて思い切り噛み付いて)
……

6:南谷環 2019-01-09 00:05:20

了解しました!

此方のpfもこれで確定とさせていただきます
自由奔放っぷりをとてもとても楽しみにしてます!()

初回ロルありがとうございます!、此方も引っ込みますがもし何かあれば遠慮なくじゃんじゃん言って下さいませ~!!
此方こそ改めてよろしくお願いします!

##

(日付が変わる前にさっさと寝てしまうのなんて日常茶飯事、眠りが深く相当な事をしないと起きはしないのを自覚したのはつい最近の事で。夢を見ない程深い眠りの中ふと首元に走る鈍い痛みに薄く目を開ければ覆い被さる姿が。何も回らない思考でも多分何かしら訴えたい事があるのだろうと噛み付かれた体勢のまま寝ぼけ半分でわしゃわしゃと髪の毛を乱すように撫で。カーテンから覗く光の加減はまだ夜明け前と呼んでもいいような早朝、遅くまで仕事をしていた事を考慮すれば多分腹が減っているのだろう。覆い被さるような背中に手を伸ばせば幼子を安心と共に寝かしつける様に背中を一定のリズムで軽く叩き)

ん、どうした、…お腹減った?。……寂しくなった?

7:湯之元椿 2019-01-09 03:36:55

……環の学校、買い取ろうと思うのだけれど
(口の中に広がる器官と骨の感触、起きる気配を感じると立てていた歯を離して恋人の出方をみる。怒る様子もなく、髪を撫でられると当然のようにそれを拒絶することはなく撫で受け。腹は減ってはいない、しかし寂しさは感じているのは事実だが肯定も否定もせずに伺うようにただ静かに相手の顔を伺い。片時も離れたくはない、しかしそれは恋人の望むところではないなんとか生み出した折衷案を暫くの沈黙の後口を開くがもちろん前後情報はなく突拍子もないもので。はて、公立と私立どっちだったかと次の段階に思考は移っており)

8:南谷環 2019-01-09 08:41:37

買ってどうすんだよ…、
(徐々にはっきりと目が覚めていけば軽い欠伸一つ。静かに此方を伺う薄明かりの中の表情に心臓の底から滲みでる愛おしさがこみ上げ。突拍子のない言動はいつもの事で突っ込みもせずにただ驚き故に小さく素っ頓狂な声が反射で洩れ。買ったとしても俺が卒業したら絶対に持て余すだろ、と思うも声には出さず。本当に買収し相手の思惑通りに行けば半日近く恋人から離れなくても良いようになるのは確信がついて。もう買うつもりで思考を回しているであろう相手に問いかけを投げながらも薄く笑って割れ物を扱う様に頬を撫でて)
__公立高校って買えるの?、…一緒に居れるならなんでもいいか、

9:湯之元椿 2019-01-09 16:14:37

……倦怠期がくるからやっぱりやめる。
(難易度は違うがどちらのケースであろうとも買い取れないことはないと算出するも、四六時中一緒にいると飽きがくると過去にテレビがネットかで見聞きした情報を思い出して。先程までの固めていた思考を全て捨てされば、甘やかす手に恭順するように擦り寄り、幾分か自分より小さい身体に腕を回すと。胸元に頭を寄せて心音に安堵したように目を瞑り)

10:南谷環 2019-01-09 23:32:33

(もしも何かが理由でいつか倦怠期が来たら自分はどうしようか、ここからを出ていってみたりするか、少し考えるも答えが出ないと分かりきっているので考えるのを諦め。四六時中一緒に居たらもしかしたら倦怠期になってしまうかもしれない、だからやめる。なんて昼のワイドショーで冗談半分で見た事があるような酷く可愛い理由に緩く笑って。猫のように甘えてくる相手の頬に軽く唇落として。心音を確かめる穏やかな表情に体温を分け与えるように掌を指絡ませて握れば少しづつまた眠りに誘われて瞼を閉じれはぽつりと呟いて)
……椿が飽きるまでそばに居るから、絶対どっか行かないって保証できる、マジで

11:湯之元椿 2019-01-10 00:10:30

それは大丈夫。環と俺の死に場所はもう用意してある。
(早朝の穏やかな微睡みの中で落とされた言葉に母の胸の上で安心する幼子風を一変して目をかっ開くとその場で飛び跳ねるように立ち上がり、良質のベッドは成人男性のバウンドに対してもスプリングは軋む音一つ立てる事なくベッドサイドへの静かな着地を支援して。寝室を慌ただしく駆け出ると己の作業室へ、引き出しや棚を突散らかしては目当ての書類を片手に廊下をどたどたと忙しなく移動し再び相手の待つ寝室へ。ベッドへ書類の束を散らばせると、記入済みの「安楽死同意書」なる必要事項のみかいてある一枚を恋人に見せながら)
今から31年後、60と48で計画してるけど、飽きなんて来ないからこれでいいでしょ?どちらか一方を残すとか捨てるとか俺たちそーゆー次元じゃないんだよ。神様とかよくわからんもんに勝手に余命決められるのも癪だしね。

12:南谷環 2019-01-10 23:59:51

こんなんあったんだ。あ、名前書くから紙貸して。……これで老後も安心だね
(慌ただしく起き上がる姿にどうかしたのかと上体を起こして。ふと帰ってきたと思えば雨のように散らばる紙束から読み取れる要所要所の言葉から大方の事は察し。いつの間に用意したのか分からない紙には自分の同意の箇所はまだ空白で、サイドテーブルに置いてあるペンでさらりと名前欄に自分の名前を書き足しながらも「じゃあもう婚姻届も書こうよ」なんて嘘か誠か分からないような適当な冗談を呟き。愛なんて言える程素直に生きてはいないが訳の分からない運命とやらで結ばれたなら今更もう一人で生きていく気は毛頭ない。今日洗濯する予定だった白のシーツ剥ぎ取れば自らの頭に被せ楽しげに笑って)
健やかなる時も病める時も…、あとなんだっけ?。…取り敢えず愛を誓っとく

13:湯之元椿 2019-01-11 22:35:04

んふふ
(自分の名前に連なって同意書に埋められた恋人の名前。筆跡を覚えるように指で紙面をなぞると確定した自分の思い描いていた恋人と共に潰える未来予想がまじまじと実感できて、堪え切れない込み上げてくる笑みを我慢することなどせずにもらし。冗談っぽく放たれた「結婚」という言葉、書類から顔を上げて真剣に相手の方を見据えるがそれもそのはず空気なんて読めるはずもなく読む必要すらない己にとってはジョークなんていうものは通じるはずもなく理解する術もない、脳内には同性婚の認められる国の国籍の取得方法や性転換など相手と自分が結婚するために必要な手順や方法などが数プラン浮かびだしており、合理性や成功確率などを踏まえてどの方法を選ぶか高速で精査しているところで、キリスト式の結婚式を真似しだす恋人に主な興味が移り。どんな感情かなんて推し量れない、でも恋人が笑ってるなら俺も嬉しい、伝播する機微。つられるように自身も口角を上げてくりそつに笑むと、身体のバランスをとっている片腕をとって崩れる際に働らく力を利用し此方に引き寄せると唇を重ね、一辺の隙間も許さないと言うように深く合わせると薄く開いた歯列に割り込み舌を絡ませながら流れるようにベッドへ相手を押し倒し)
……ん、ん……

14:南谷環 2019-01-13 01:48:10

 

(嬉しげな笑い声に文字をなぞる姿にゆるりと心が満ちて。白いシーツが頬を撫でる心地好い感触に双眸を細めながらも高校卒業したらプロポーズでもするかな、なんて似合わない位甘ったるい夢物語を思い浮かべ。ふと目の前を向けばそのまま額に入れて飾りたくなる綺麗な微笑みに自らの視線が合った途端魔法が宿ったような緑がかった目に射抜かれるような錯覚に息を飲みこんで。いつ見ても溜息が洩れるほどの愛おしさに見蕩れていれば手を引かれ、今度は何かと思えば唇を奪われた挙句に簡単に押し倒されてしまい。しかし相手との接吻は好きで空いている両の手で首に腕を回せばぎこちなく舌を絡め返して。やたらと深く深く重ねる口付けは今の恋人以外に経験がある訳でもなく未だ不慣れで息継ぎが出来ないまま屠るようにキスし続けていれば限界が来たのか一瞬唇が離れた瞬間に荒く呼吸を繰り返して)
__っ…は、…難しすぎ、なにこれ…

15:湯之元椿 2019-01-15 19:36:57

んーさくらんぼの枝結び…?
(ぎこちないながらも此方の動きに応えるように絡ませてくる健気さや、慣れていない様が汲み取れるそれに対して、初めて相手を穢したのは自分であるそんな征服欲からくる興奮に頬を上気させて、瞳を潤ませながら恋人の一挙一動を見逃さないように見つめ続けて。しばらくの逢瀬のあと苦しそうな挙動に気付くと唇を離して、捉えていた片手も自由にすると咳き込む相手、呼吸を落ち着かせるように背中を上下にさすってやれば、ぽろりと出た疑問を拾いあげて斜め上、頓珍漢な解答をし、得意げに鼻を膨らませて。そうこうしているうちにベッドサイドに置いてある目覚まし時計が相手の起床の時刻を告げるように鳴り響くと眉を寄せてあからさまに不機嫌になり、荒々しい動きで目覚ましを止め。恋人の被っているシーツないに潜り込めば、ぎゅっと背中に腕を回してホールドし)
行っちゃやだ………

16:南谷環 2019-01-17 08:49:17

(暫く少し咳き込んでいたものの呼吸も落ち着いてくれば頬に軽く唇落とし。目覚まし時計がけたたましく鳴り出せば途端に不満げな表情を見れば困ったように眉根を下げ。潜り込まれたシーツの中でゆるゆると頭を撫でながらもどうやって説得しようと思案して。学校に行く理由も特に思いつかず寧ろ「金持ちのおば様の若いツバメとして囲われてる」だとか一部の人間が流したであろう根も葉もなく訳の分からない噂が流れているのは確かで。そのため特に友達も居らず学校が終われば手短に買い物を済ませて家に帰るだけの平日、特に今日は予定もなくはやく帰って来れる、と思い出し。それに加えて先程相手が告げた来るのかどうかも分からないようなものだが倦怠期、なんて言葉を流用すれば揶揄うように悪戯心が滲み出た笑顔で呟いて)
すぐ帰ってくるから…。それに四六時中一緒にいると倦怠期来るんでしょー?

17:湯之元椿 2019-01-17 09:45:27

かわいそーな環。俺以外なんもない……でも、世界が環に気付くのは嫌だよ……
(胸元へ身を寄せ、自身を心底から甘やかすような腕の中で相手にかけられる言葉の内容ではなく声にだけに耳を傾けて。持ち物にはGPSを仕込んでいるし、制服のボタンに見掛けた盗聴器だって仕掛けているため学内や外での恋人の動向や他人からの扱いと言うものは知っているが友人がいないこと、周囲から遠巻きに見られていることなどむしろ己にとっては好都合でしかなく。顔を上げて相手と向き合えば、乏しめるようにあからさまな憐憫を浮かべて頰に手を触れるものの全ては不安の裏返しであり。短時間しか寝ていないこともあり、静かに寝息をたてはじめ)

18:南谷環 2019-01-17 23:52:21

(自分を取り巻いている世界が相手と少しの物だけで構成されている事の何とも言い難い心地良さに気づいてしまった今欲しい物など何も無く、向けられた底が見えない程暗い憐憫の目の本当の意図すら解る今はただただ何もかもが愛おしくて頬を撫でる手に自らの手を添えて口元を緩め。眠りを起さないよう静かに立ち上がりながらもふと考えるのは何処かに盗聴器やらGPSを仕込んでいるであろう事実については何故か信頼にも少し似た確信だけは持っているもその監視を疎ましく思った事はなく、寧ろ束縛されている方が自分に執着を持っていると分かって酷く安心する自分に気がつき。欠伸を混じりに予め用意してあった御菜を弁当箱に詰めるだけの作業のついでに相手の昼食を温めただけで食べられる状態に用意して冷蔵庫に入れておき。家事や大体の雑事が終わればやたらと堅苦しい制服に着替え。相手が静かに眠りについている寝室に向かえば起こさぬ様に頬を少し撫でてベットサイドに何時頃に帰る、等の旨を書いたメモを置くと共に一応行ってくる、と声を掛けて)
…行ってくるね、

レスを書き込む