TOP > ニュース > 漫画・アニメ作品で舞台になった実在の土地や場所を巡る「聖地巡礼」が人気です

漫画・アニメ作品で舞台になった実在の土地や場所を巡る「聖地巡礼」が人気です

最終更新 2015/05/06 15:27:14
レス数 1
タグ

全レス1中:1-1

1:おとまる@管 理 人◆fvTfeimKzI 2015/05/06 11:32:05 作成

漫画・アニメ・小説(ライトノベル)などの物語の舞台となった場所や縁のある土地を「聖地」と呼び、この「聖地」を実際に訪れて憧れや興奮に思いを馳せる「聖地巡礼」。

この「聖地巡礼」が流行り過ぎて、思わず地方自治体が食いついてきちゃうほどなんだそうです!
ブームのきっかけは、『らき☆すた』の大ヒットに伴う埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現在の久喜市鷲宮)への「巡礼者」激増によるもの…と言われています。
ちょっと前だと、『SLAM DUNK』の湘南地区周辺への「巡礼」も話題になりましたね☆

「聖地巡礼」を行なうために地方を訪れるファンやオタクの方々をターゲットにした町おこし、通称「萌えおこし」を行なっている自治体も数多くあるほどの過熱ぶり!

例えば『夏目友人帳』の舞台となった熊本県人吉球磨地方は、地元の花火大会の広告ポスターにドーンと『夏目友人帳』のイラストを起用。
一部ファンの間では実際に人吉を訪れ、アニメ内で登場した場所を「巡礼」し、人気キャラクター『ニャンコ先生』のぬいぐるみを置いて撮影した写真をSNSに上げるのが話題になりました。
「夏目効果」だけではないのでしょうが、人吉へ旅行に行く若者は、劇的に増加しているそうです!

夏冬の「大祭」で億単位のお金を流通させちゃうオタ魂は、ついに政治まで動かしちゃうほどなのですね☆

「この場所であのキャラがアレをして…☆」と思うと、目の前に本人がいるわけでもないのに興奮しちゃう気持ち、わかります…♪
他にも『Free!』の鳥取県や、東北新幹線で話題の石川県金沢市が舞台の『花咲くいろは』など、「聖地巡礼」スポットは47都道府県いたるところにいっぱいあります!

GWは終わってしまいましたが、次の夏休みやお盆休みなどを利用して「巡礼体験」してみるのもいかがでしょうか☆

★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

2:名無しの萌語り 2015-05-06 15:27:14

戦国BASARAの効果で奥州筆頭が某花火大会と某選挙に描かれてたの思い出した。
ちなみにその右目も某鬼のお祭りに描かれていまして。
経済効果どうだったんでしょうねぇ?

てか、実際こう言うのコラボして、そこまで経済効果上がるんですかね?

レスを書き込む