TOP > ニュース > オーストリア首都ウィーンに登場!『同性愛者に友好的な信号機』

オーストリア首都ウィーンに登場!『同性愛者に友好的な信号機』

最終更新 2015/05/14 15:00:09
レス数 0
タグ

全レス0中:-

1:おとまる@管 理 人◆fvTfeimKzI 2015/05/14 15:00:09 作成

オーストリア首都ウィーンに登場!『同性愛者に友好的な信号機』

オーストリアの首都ウィーンで、『同性愛者』をテーマにした信号が登場!
歩行者信号機の「止まれ」「進め」の表示が、ゲイカップル&レズビアンカップル仕様に大胆チェンジして、ウィーン市内で既に10数カ所以上も設置されているとのことです。

なぜウィーンで??というのは、2015年5月に開催される欧州最大級の祭典『ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2015』が開催されるから。
昨年のユーロヴィジョンの優勝者、コンチータ・ヴルストさんがヒゲメイク&女装のコラボレーション姿で歌を披露するという『ヒゲ女装』の歌手だったことから、欧州全体でLGBTムーブメントが発生し活発化。
※LGBTムーブメント:(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)の性や性的少数者の社会的な受容を目指して改善を求める行動。

そして、世界で最も人気のある音楽祭の一つ「ユーロビジョン・ソング・コ­ンテスト」の第60回大会が開幕するということで、開催地のオーストリア・ウィーンでは、節目の年を祝うた­めのユニークな取り組みを開始しました。
その一つが、横断歩道に設置された『同性愛者に友好的な信号機』というわけです。
同性愛やジェンダーコンプレックスに関する、ウィーンの「寛容さ」を示すためのものなんだとか。

この信号の歩行者用信号のライトのイラストは、従来の1­人の人型から『ハートマークの付いた男女のカップル』や『同性カップルの人型』に変更されています。
男女のカップルのイラストも見慣れないのに、それをすっとばして同性カップルのイラストとは…。
「欧州事情は、複雑怪奇」という感じですね;
でも、イラスト自体がなんだか可愛らしくて、日本でも導入されたらいいのにな~と思います!
池袋とか新宿2丁目とかに☆


★このスレッドをお気に入りに追加

最初から 最新レス 全部見る

レスを書き込む